たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[216] [169] [168] [162] [139] [74] [73] [71] [70] [34] [17]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/05/29 (Thu)
※キョン先天女体化注意
下の記事「りんご飴」の古泉視点
*なんだかこう、いろいろ作りすぎて、少女漫画なのに古泉気持ち悪くなるかも。






彼女が僕のクラスに転入してきたのは、七月も半ば頃だった。
髪が短くて、背が少し、同年代の女の子と比べると高くて、顔は、失礼なことかもしれないけれど、特筆するほど秀でてもなく、一般的な、普通の子だなぁと、思った。
彼女は性格なのか、積極的に人と関わろうとはしなくて、気がついたらいつもひとりで居た。
だからといって暗い、というわけではないようで、彼女がクラスの女子と話しているのも何度か目にしたが、ほんとに、普通の子だなぁと思って、その印象だけはずっと変わらなかった。
彼女が他と違うところといえば、その一人称が「俺」で、口調が全体的に男子のそれのようであることくらいだ。なんでそうなんだろうと疑問に思いもしたけど、僕が聞くことでもない。
僕は知らずのうちに彼女を目で追っていて、けれど自分から声をかけようとはしなかった。



地域の夏祭りが今週末に行われる、という週のHRの時間。
クラスのなかで一番、きっとお調子者だとか、バカだとか言われている谷口君が教壇に立った。どうやら、一緒に行く女の子がいなくなったけど夏祭りに行きたいから、どうせならクラスみんなでいかないか、という提案らしい。
僕はもとより、人混みが嫌いな質で、お祭りに自体、かなり長いこと行っていない。けれど別にそれはなんとも思わなくて、特に予定もないけれど、面倒だなぁと考えていた。
けれど、一瞬、彼女のことを考えた。
彼女は、行くんだろうか。
ちらり、と彼女の様子をうかがうと、彼女は特に興味もなさそうにぼんやりとしていた。
ああそうか、彼女もあまり、人混みとか好きじゃなさそうだ。………行かないのかな。
夏祭り。
大人数になるなら、盆踊りの方には行かずに、きっと屋台を冷やかし回るんだろう。提灯とか、裸電球だとかの、柔らかい光が、お祭りの雰囲気を良くしていて、きらきらと綺麗で、そんな中に立つ彼女は、きっとすごく、可愛い、んじゃないだろうか。
たぶん、谷口君のことだから、浴衣は着用義務が生まれそうだし…彼女の浴衣姿、か。見たい、気がする。いや、見たい。
なんだか自分でもよくわからない思考回路の行き着いた先は、静かに、けれどしっかりと手を挙げることだった。

「あの、僕はいいと思いますよ。こういうのも、良い思い出になるんじゃないでしょうか」

それからは、割とトントン拍子に話がまとまった。
僕と榊君が行くと言っただけなのだが。



昼休み、彼女を見かけた。
僕はちょっとした用事で生徒会室をでてきたところで、彼女はどうやら、中庭に息抜きに出てきたらしかった。
さっきの会議では結局わからなかった、彼女が参加するのかしないのか。そのことが気になって、気がついたら僕は彼女を追いかけて、さらに声までかけていた。

「あの、」

僕がいることに全然気がつかなかったのだろう、彼女はこちらが驚くくらい肩を揺らして、こちらを振り向いた。いつもは少し眠たげに細めて見える目が、今はこぼれ落ちんばかりに瞠られている。
そんなに驚かせてしまったのか、と僕は少し反省しながら、言葉でも謝る。
謝りながら、彼女のいる、日だまりへと乗り出す。
さくり、と軽い音で芝生が折れる。
彼女はまだ混乱しているようで、僕の動きをまるで警戒でもしているかのようにじっと見つめている。…まるで、じゃなくて、警戒されているのかもしれない。
彼女の緊張を解こうと、得意の笑顔を浮かべて、

「あそこ、あの窓から、貴方がこちらにいらっしゃるのが見えたので、追いかけてしまいました」

と言って、言ってから気付いた。
え、それって僕、どんなストーカーだろう!姿を見かけたから追いかけるとか、普通、しない!
彼女もさらに混乱してしまったようで、困惑顔で「はぁ?」と言った。
僕は慌てて、聞きたいことがあるんです、と追いかけた理由を述べた。嘘じゃない、ほんとに、これを聞きたくて追ったのだ。…たぶん。きっと…。

「聞きたいこと?俺、に?」

どうやら彼女は僕の焦りに気付かなかったようで、きょとん、と僕を見上げてきた。
けれどどうやら緊張をほぐすことにはならなかったらしく、彼女の手は気まずそうにスカートの裾を弄っていて、僕は柄にもなく焦る一方で、参った。

「あの、さっきの話、あなたは、どうするんですか?」

とにかく聞きたいことを聞いてしまおう、と僕はぎこちなくなりそうな笑顔を必死で繕って、彼女に尋ねた。

「さっきの、話?って、あれか?あの、夏祭り、の…」
「はい」

なんでそんなことを聞かれているのかわからない、といったように、彼女は視線を彷徨わせた。
それは、そうだろう。
クラスメイトとはいえ、僕と彼女が会話をするのはこれが初めてなのだ。親しくもない異性から突然そんなことを尋ねられれば、きっと誰だって困る。
けど僕は、そんなことに構っている余裕がなかった。ただ、知りたかった。
彼女がもし、来ないのであれば、僕が参加する意義なんてない。僕は、そう…僕は…
気付いていた。その時にはもう。
僕がこうやって彼女を追いかけてまで、夏祭りの参加不参加を尋ねるのも、普段何気ない瞬間に彼女を目で追ってしまうのも、この、心臓のわずか上のあたりを痺れさせるような、甘い感覚によるものだということを。
特に何があったわけでもない。話したのはこれが初めてだし、接点もない。
出席番号が離れているから、班を作ることになっても一緒になることはないし、席も割と遠い。
でも、僕は、気付けばもう、好きになっていたのだ。

「えっと、俺、越してきてばっかで、神社の場所知らないし、浴衣、あるかもわかんないし、今回は、やめとこっかなぁと…」
「僕が」

気付けば、言葉が飛び出していた。やめようかな、と、その言葉が鼓膜を打った瞬間。
“僕が連れて行きますから”、と。“僕と一緒に行きましょう”、と。
ほんとはそう言いたくて、でも、僕の中の理性的な部分が、かろうじて止めた。
その言葉を言ってしまえば、僕の、彼女に対する感情まで暴露せざるを得なくなる。まだだめだ。
もっと、もっと確率を上げてから。確実に、彼女が僕に振り向いてくれるという確信を得られてから。
僕は臆病だから、そうやって、少しでも彼女を手に入れられるという確信を得るまでは、告白なんてできない。負け戦なんて、誰が好んでするものか。

「あ、えっと、場所!教えますから…行きませんか?」
「えっ?えっと…」

彼女から見たら、今の僕はすごく、情けなくてかっこわるいかも知れない。こんな、目に見えて必死になっているだなんて。
彼女にはもっと、頼りがいがありそうなところとか、少しでもかっこいいと思ってもらえるようなところを見て欲しいと思っているはずなのに。
ああもう、彼女の前に立つと、自分がこうも動けない人間になるのだとは知らなかった。
彼女は僕の必死さとか、どうして、必死なんだという、理由の部分に、気付いただろうか。
気付いてくれたらいいのに。いや、だからまだ、駄目なんだってば。でも気付いて欲しい。
気付いて、そして、その滑らかな頬を、できれば綺麗な桜色に、染めてくれればいい。
そうしたら、僕は。

「あ、う…、そ、そうだよな。いいチャンス、だし、俺、みんなとも、ちゃんと、仲良くなりたい、し、うん、じゃぁ、あの、教えてくれると、ありがたい、かも」
「え?」

一瞬、彼女が何のことを話しているのかわからなかった。だからつい、間抜けな声を上げてしまって、それを不思議そうに見返してくる彼女の表情で、僕はようやく正気に戻った。
何を自分に都合の良い、バカみたいな事を考えていたんだ。
彼女は、クラスになじむことを、ずっと、考えていたのに!

「あ、あぁ、はい。えぇと…」

急いでいつも通りの笑顔を貼り付けて、彼女に神社までの道のりを丁寧に教えた。
恥ずかしいやつだ、僕は。
…でも、いいじゃないか。彼女が来てくれると言ったのだ。
どうか、一緒に行動とか、できます、ように。






きもいいっちゃんのできあがりだ!(゜∀゜)ノ
こまった!これはおもしろくない!
にゃぁあ…こう、解説+補足的意味合いをかねて、と思って、いたのに…死亡フラグorz

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]