たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[162] [139] [74] [73] [71] [70] [34] [17] [16]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/05/28 (Wed)
※キス表現有り
さくらんぼネタ


「…んっ、ん…ぅ」
「っは…」

静かな空間に、微かな水音と喘ぎともとれるような、吐息がひびく。
ああもう、耳を塞いでしまいたいところだが、あいにく俺の腕は自分の身体を立たせるのに必死なので、その任務を遂行できない。
なんで立てないのかって?そういうことは聞かないのが暗黙のルールってもんさ。
…仕方ないだろうが!俺が今どんな状態なのかってのは口が裂けても言えないが、原因は全て、さっきから俺を性的な意味でなくも喰おうとしている目の前の奴に聞いてくれ!

「…ずいぶん、余裕が、おありのようですね…」

余裕?そんなもんあるわけがない。
足は生まれたての鹿のようにがくがくだし、腰は立たないし、息も切れ切れだというのに、こんな俺のどこに余裕があるとお前は言うんだ!

「そうやって、まだ僕を、煽ってくださるところに、ですかね…」

こういうときに限って引っ込む胡散臭い笑顔を、俺は今切に希望するよ。
こんな場面で普段見ないような、生の“古泉一樹”を見せられたんじゃ、たまったもんじゃない。
くそ、お前の制服なんてな、ぐしゃぐしゃになっちまえばいい!明日泣くぜ、ブレザーの皺を直すのはかなりの苦労だ。と、うちの母親が度々文句をくださるからな、実証済みだ。
明日の朝、学校行くまでに困ればいいと、俺は自分を立たせる為にしがみつ…握っていた古泉の制服をさらに強く握りしめてやった。

「…貴方はもう…僕にどうしろというんですか、こんなところで、ああもう、反則ですよ…」

反則?それを最初に使ってきたのはお前だろうが。
俺はこんなことになる予定など、スケジュールに書き込んだ覚えはない。
学校で、昼休みで、突然腕を引っ張られたと思えば人気のない裏庭に引っ張られ、あの声でささやかれる。
そうだ、古泉の声は、あんなの高校生の持つもんじゃない。絶対にない。

「僕の声が、お気に入りなんですね?嬉しいですよ」
「そうやっていちいち息を吹き込むな、気色悪い!」
「酷いですね、貴方が好きだと言うから、今、サービス中、なんですよ…?」

ぞぞぞ、と俺の背筋を、悪寒だかなんだか…いや、悪寒に違いないな、うん、とにかくぞわぞわした。
これだからエロボイスの奴は問題だと言うんだ。

「んふ…いつか、僕の声だけでイけるようになっ」

いい音がしたな。我ながらすばらしい蹴りだったと思う。うん、ここ数年見なかったぞ、あんな良い蹴りは。せいぜいが、ハルヒがコンピ研部長にやった跳び蹴りくらいだ。アレを越える蹴りを、俺はついぞ見たことがない。いや、見たくないが、な。

「い、痛いじゃないですか…」

ふん、自業自得だ。
もう時間だし、俺はそろそろ戻るからな。
お前もさっさとしないと授業に遅れるぞ。優等生が遅刻じゃ、先生が泣くぜ。
そう言い残して、俺はその場を後にしようと思ったのだが。

「っ」
「わっ、大丈夫ですか?」

がくん、と膝が抜けた。
咄嗟に古泉が支えてくれねば、俺は今頃地面と大変仲よくなっていた頃だろう。
しかし、さっきの蹴りのときは何ともなかったのに、まさか。
いや、そんな、まさか。でも、しかし。逆接ばかりを並べてみても、事態はいっこうに前に進まないのはわかるのだが。
だってそんな、俺はそれを認めてしまったら、ああ、もう、どんだけだ。

「…まさか、まだ腰が立たない、ん、ですか?」

にやにやと笑うなこの、馬鹿野郎が!
かかか、と勢いづいて血が頭に、顔に集中していくのが感じられる。
信じられん、ありえない、無いだろこんなの。

「そんなに、僕のキスで、感じてくださったんですね…」

古泉が耳元で囁くように喋ってくる。またあの、ぞわぞわ、というか、ぞくぞく、というか、そんな感じが背中を走る。
ああもう、こいつ、調子に乗ってやがるな。
それもこれも、全部、全部だ、お前のせいだぞ、古泉一樹!

「僕の?なぜ、です?言っていただかないと僕にはわかりません」

なんでってな、それは、………それ、はな。
そこで俺は気付いたのだ。遅すぎることに。そこでようやく、だ。
俺の腰は逃げ出さないようにかっちりとホールドされている上に、密着しすぎで腕は思うように動かない。
俺は完全に動きを封じられていた。
そんなところで、今の切り返し。俺に、何を言わせたいのか、気付いてしまった。
アホだ、こいつ。アホだが、くそ、引っかかった俺はもっとアホなのか。

「ねぇ、どうして、ですか?」

ああもう、ちくしょう。
こいつはアホだ。でも俺も、そんなアホの拘束をふりほどけない…振りほどこうとしないほどには、そのアホに、愛着というか、情、というか、そんなものを、持っていないこともないのだ。
さっきから囁かれまくっている、俺の右耳は、もう戦闘不能だ。誰か復活の魔法をかけてやってくれ。耳としては、これまでにないくらい、忠実に仕事をこなしてくれているんだがな、感覚的に、俺の耳は死んでるよ。
はぁ、と熱っぽい吐息が耳から首筋に吹きかかる。
ぞわぞわ、は今では完全に、ぞくぞく、の類にかたちを変えていた。
もう、やめてくれ。

「…っお前な、しつこいんだよ」
「え?」

なんのことが、などと聞くんじゃないぞ、俺たちの話の主題は、先ほどお前が無理矢理俺に強いてきた行為から変わってはいないはずだ。
俺は悔しいことに、というか、男としてはなんとも悲しいことに、そういうことの経験がこいつ以外に無いから、世間一般的なことはわからんが、

「僕としては大変嬉しいことなのですが…」
「話の腰を折るんじゃない!でれでれと笑うな、イケメンが死んでるぞ!」
「ふふ…すみません、どうぞ、続きを」
「………」

とにかく、つまり、こいつはそれが長い。上に、しつこい。女の子に同じ調子でやったら、絶対に嫌われるくらいにはしつこいのだ。
こっちがいくら呼吸を求めても、最低限しか許しちゃくれないし、俺の足から力が抜けようが、腰が立たなくなろうが、こいつは全く気にかけもしない。
むしろ、俺が、目の前にこいつしかいないから仕方なく縋ってやっていることに、えらく上機嫌になり、そこからもまた、長い。
俺の全身から完全に力が抜けるまで、こいつはその行為をやめようとしないのだ。
どうだ、聞いているだけでもうんざりするだろう。俺はもううんざりだ。

「その割には貴方、結構気持ちよさそうですけれど」

黙れ!しょうがないだろうが、俺だって健全ないち男子高校生なんだぞ!
気持ちいいと感じられないほど枯れちゃいない。
それに、こいつのそれは…

「…おまえ、さくらんぼのへた、舌だけで結べる奴だろ」
「え?さくらんぼの…へた?ですか…?え、なんで突然…?」
「俺はな、自慢じゃないが、輪っかを作るのでさえ必死なんだ。けどおまえ、絶対結べるんだろ」
「チャレンジしたことがありませんので、事の真偽はわかりませんが…難易度はかなり高いのでは?」
「だからこそ、言われるんじゃねぇか」

何がです、と古泉が尋ねてくるのと同時に、授業開始5分前を知らせる予鈴が鳴った。
俺的にはナイスタイミングだ。
突然の話題の方に意識を持って行かれ、緩んだ腕の拘束からするりと抜け出すと、あ、と焦る古泉を置いて歩き出す。
待ってくださいよ、まだ答えが…と後ろから声がかかるが全部無視だ。
なんで全部俺から言わねばならん。そのくらい、知りたきゃ自分で調べろってんだ。
どっちかといえば、忘れてくれる方がありがたい、んだが、な。


結局、俺は喋らなかったし、古泉は放課後もずっと、俺を恨めしそうに見ていた。












「さくらんぼのへたを舌だけで結べるひとは、キスが上手いんだって」

彼の謎の発言からしばらく後だった。放課後の教室で帰り支度をしていた僕の耳に、その噂が飛び込んできたのは。
え、と思わずその噂をしている女の子達を振り返る。女の子達は自分たちの会話に夢中で、僕が興味を寄せたことに気付いてはいないようだった。

「あ、きいたことある。なんていうの?舌技?あは、すごそうよね」
「舌技って、なにそれ!でもそうねー、あたし一回試したんだけど、あれ、長さもそんなないし、割と固いし、舌が痛くなっちゃって途中でやめたわよ」
「そうそうー!曲げて、輪っかはできても、とおんないのよね、どうしても!あんなの、ほんとに結べるひと、その辺に居るのかしら」
「でもでも、彼氏のテクニック調査とかに使えない?いい話題提供にもなりそうだしね!」

いいよね、今度試してみようかな、なんて言い合う言葉は、もう僕の耳を華麗にスルーしていった。
ああ、彼の言いたいことは、そういう。
ほんとに、もう、あのひとは、僕をどうしたいんだ。
ざわざわと、背筋から、肺を通って、心臓の真上、あと、頬から、こめかみ、額のあたり。熱が灯っているような、微弱な電流が伝っているような、不思議で、なんとなく甘い刺激が走る。
ああ、早く彼にあって、思い切り抱きしめて、怒られても、ののしられても良いから、キスしたい。
彼が何度僕の背をたたこうが、足に力が入らなくなろうが、腰が立たなくなろうが、知ったことか。
深く、舌を絡めて、吸って、舐って、届く限り奥まで、犯してしまいたい。
そうして、潤んだ瞳で、嫌そうなそぶりを見せながら、でもいやがらないで受け止めて、僕に「馬鹿」と言う彼がみたい。
僕はあわてて荷物をしまうと、いつもよりも足早に、部室に向かった。
ああ、どうしよう、どうしよう。
いつもと同じに振る舞える気がしない。今までに無いくらい、僕は今浮かれている。幸せすぎる。死にそうだ。
そうだ、死にそうだ。こんな幸せ!
ああ、もう、今日は彼を離してやれそうにない。
どうやって僕と、彼の早退を、彼女の機嫌を低下させないで提案しようか、そんなことを考えながら、僕は部室へ向かった。
彼が居る、場所に。











「お前のキス、うまいから、気持ちいいから、むかつく、くそ、なんなんだ、この、ばか!」










えんど




やべ、初めてこんな、ばかっぷる書いたかもしれない。
うわ、ばかっぷる!
私の脳みそのピンクっぷりがかわいそうだ!
R-12くらい?古泉が。
あいつの発言で対象年齢に制限が出来る。
困ったものです。

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]