たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[169] [168] [162] [139] [74] [73] [71] [70] [34] [17] [16]
2017/11/19 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/05/29 (Thu)
※キョン先天女体化注意
下の記事「りんご飴」の続き

*そういえば、りんご飴の 1 で出した「榊君」ですけど、キャラは公式ですよ。
*ファンブックに載っている、キョンのクラスメイトです。
*確か、超美声設定の男の子。クラスの女子3人に惚れられていたはず。





結局俺は今、公園にいたり、する。
浴衣は母さんに出してもらった。
俺用の浴衣はもともと無いから、母さんのお古だけども。結構いいところで買ったのだと自慢するだけあって、生地も傷んでなかったし、柄も、流行のものとはそりゃちょっと違うけど、俺の好みには合っていた。少し、タンスの匂いが染みついているのが気になりはしたけど。
そこは母さんだ。俺はいいって言ったのに、いいじゃない、こういうときにしか飾れないんだから、たまには女の子を産んだ楽しみってものを味わわせなさいよ、とコロンだか香水だかを振りまかれて、今ではむしろそっちの方が気になる。臭くないか、これ…俺の鼻はもう麻痺してしまってわからない。
着飾らせたいなら、駄々を捏ねまくっていた妹のほうにしてあげればいいのに。
とにかく俺はそれを着て、扇子なんか持ってないから、見た目の悪くない団扇を持って、少しのお金を握って、古泉に教えられた道を歩いて、集合場所についたのだった。

集合場所に集まっているひとはやはりほとんどがちゃんと浴衣を着ていて、そういう意味では浮いて無くてほっとした。
けど、女の子達を見て、ああやっぱり、髪くらい伸ばすんだったな、と少し、後悔した。





りんご飴





ざわざわ、なんて定型の擬音語じゃぁ足りないくらいの人混みの中、俺たちは比較的広いパーソナルスペースを確保しつつ、集団で行動していた。
メインである盆踊り会場からそれなりに離れた場所だから、人もそんなにいないんだろうな。
ふぅ、と小さく息をつく。人混みはそんなに得意じゃない。
それに、今は浴衣で、動きにくいことこの上ないし。
クラスメイトの輪の端の方で、俺はぼんやりとみんなの姿を眺めていた。
男子は射的をしたり、子供騙しみたいなちゃちなゲームに熱を上げて、女子はそんな男子をからかったり、わたあめだとか、飴細工だとかを熱心に見つめていた。

俺はやっぱり、ひとりだった。

これじゃぁ来てもあんまり意味がなかったな。
でも、自分からどう参加していけばいいのか、俺にはさっぱりわからなかった。
転校なんてこれが初めてだし、小学校も中学校も学区割りのおかげで顔を合わせるメンバーはさして替わることはなかった。クラスの中に絶対に一人以上は友達がいた。
そんな状況では積極的に友達作りに励む必要もなかったし、そんなことをしなくても輪というのは勝手に広がっていた。今の状況は、初めてで、ほんとに、どうやって参加したらいいのかわからなかった。
気付いたら、俺の手は緊張してか汗ばんでいて、それが不快だった。ああもう、と適当にハンカチで手をぬぐって、俺は少しあたりを見回した。
今日はだめでも、今日のことをきっかけに、また明日とか、話すことはきっと、できるだろうと、俺は今現在の状況から目をそらした。
まぁ、いい。とにかく、せっかく来たんだし、俺は俺でたのしまないと。
ぐるり、と見回したら、ひとつの屋台が俺の目を引いた。
きらきらと、たくさんの果物が屋台の光に照らされていて、中でも、串に刺されてコーティングされたそれは、まるで宝石みたいに綺麗に輝いていた。
りんごあめ。
懐かしいな、昔、近所であったお祭りで、よく買ってもらったっけ。
そんなことを思い出しながら、俺はその屋台に近寄った。

おおきいものから、ほんとに一口サイズの小さいものまで、いろいろあった。
りんご飴は姫りんごで作るものだと思っていたが、最近ではりんごだけじゃなく、いろんな果物で飴を作るようだ。
たしかに、バリエーションがあって楽しいかもしれない。
妹のおみやげにでも、するかな。
そう思って、財布を出そうとすると、突然、頭上から声が降ってきた。

「りんご飴、お好きなんですか?」
「わぁっ!」

わぁっ、て俺、もっと可愛い叫び声とか、あげられないのか。
というか、え、なんで、こいつが、ここにいるんだろう。

「えっと…すみません、また驚かせてしまったようで…」
「いや、いいんだけど…」

中庭の時といい、今といい、こいつはなんだっていつもこう突然なんだろう。
俺が気を張ってないときばっかり、突然出てくるから心臓に悪い。
て、そんなことはいいとして、なんでここに居るんだ。さっきまでいろんな人に囲まれていたのに…

「射的で賭を始めてしまったので、僕は避難です。どうやら僕は運が悪いようで、ああいうのに勝てた試しがないので」

そう言って、古泉は軽く肩をすくめて笑った。
他の男がやると気障ったらしい仕草も、古泉だとなんだかえらくしっくりくる。顔がすでに気障ったらしいからだろうか。雰囲気か?
今日の古泉は浴衣の所為か、いつもよりさらに気障ったらしさが増している気がする。…イケメン度と言う方がいいのだろうか。
深い緑色の浴衣が、爽やかな外見によく似合っていると思う。柄は結構渋いのに、大人っぽくはなっても、古くさいと思わせないのは、こいつの顔のなせる技なのだろうか。

「買うんですか?」
「うん?」
「りんご飴、じっくり見ていたので、お好きなのかと思ったのですが」

古泉の姿について思考を巡らせていると、その当の本人から主語のない質問をかけられた。
補足された文章がじんわりと脳にとけていって、理解する頃には、俺の顔は真っ赤になっていたに違いない。
見られていた。
じっと、りんご飴を品定めでもするかのように眺めていたのを。
はっきり言ってかなり恥ずかしい。うん、そりゃあもう。
うわぁあ、食い意地の張った奴だとか、子供趣味な奴だとか、思われていたらどうしよう。
どうしようって、なんでそんな、どうもしないのに、焦ってるんだろう、俺は。

「いや、あの、その、いっ、妹に!妹のおみやげに、しようかな、と…!」
「妹さんがいらっしゃるんですか?」

不自然なほどに焦って言う俺の言葉の、一カ所だけに、古泉は反応を示した。
よかった、特になんとも、思われていなそうだ。安心した。
安心?なんでだ。

「え、あ、うん、まだ小学生で、親は用事あるし、俺はクラスのひとと行くからって、お祭り行けないの、散々駄々こねてたから…」
「…妹思いなんですね」

ふんわり、古泉が笑って俺に言った。
俺は直視なんてしてられなくて、俯いて、財布に付いている小さな鈴を揺らした。
屋台の、やわらかいオレンジ色の光に照らされた古泉は、いつもの蛍光灯の下で見る姿とは全然違って、心臓に悪い。
なんだ、俺って実は面食いだったのか?

「そんなことないぞ、別に妹のためっていうか、後で振り回されるのを回避するための自衛でも、あるし」
「それでも、買っていかなかったら振り回されてあげるのでしょう?…いいお姉さんですね、羨ましいです」
「古泉…く、ん、は、きょうだいとか…」
「呼び捨てで、いいですよ。えっと、そうしてくださいませんか?」

え、と顔を上げた。
古泉は、さっきとは少し違って、ちょっと照れたように、笑った。

「そっちのほうが、僕はうれしいです」
「……え、えっと、じゃぁ、こ、いずみ?」
「はい」

心の中だとか、あと、今まで友達として付き合ってきた男友達なんかは全部名字の呼び捨てだったために、俺としてはその申し出はすごくありがたかったが、まさかそれを実行するだけで、古泉がこんなに、喜んで、くれるとは…思わなかった。
思わず、俺もつられて笑った。
なんだ、こいつ、敬語だし、なんかすごくまじめそうだし、話しにくいかなと思ってたけど、全然そんなことない。むしろなんか、こんなこと、同年代の男に思う事じゃないけど、なんか、可愛い、かもしれない。

「お客さんたち、買わないのかい?」

あは、えへ、と笑いあっているところに、屋台のおじさんの、少し困ったような声が聞こえた。
そこで俺はようやく、屋台の前で長話をしていたことに気付いた。
なんという営業妨害だろう。
俺はあわてておじさんに謝ると、じゃぁ、と少し大きいりんご飴をさして、これください、と頼んだ。
おじさんはにっこりと笑うと、持ち帰るのか食べるのかと聞いてくる。それに持って帰る旨を伝え、お金を払うと、俺の隣から、腕が伸びて、中くらいの大きさのりんご飴を二つ、取り上げた。

「では、僕はこれを。あ、食べていきますので、このままで結構ですよ」
「まいどあり」

屋台のおじさんにまでスマイルを向けて、古泉はふたつ、りんご飴を買った。
おじさんはにんまりと笑うと、俺と古泉を交互に見て、古泉に向かって「がんばりな」と声をかけた。
俺はそれに首を傾げるが、古泉は困ったようなはにかみ笑顔を浮かべて、はい、と答えていた。おじさんとの意思疎通はちゃんと行われたらしい。
俺と古泉は屋台から離れて、人が立ち止まっている、道の端へと移動した。
そこで、古泉はおもむろに、俺に、持っていたりんご飴をひとつを差し出してきた。

「へ?」
「お好きなのでしょう?りんご飴」

どうぞ、もらってください。
古泉はそう言って、差し出す手を引っ込める気はさらさら無いようだった。
確かにりんご飴は好きだし、おみやげと一緒に、もうひとつ買ってもいいかな、なんて思っていたが。古泉にそう言った覚えは、ないぞ。
俺は焦って、ついでにかなり戸惑って、え、え、と言って首を振った。

「そんな、悪い」
「もう買ってしまいましたし。僕もひとつ食べますし。ね?」

おねがいです、と言われてしまっては、受け取らないわけにはいかない。
申し訳ないなと思いながら、俺は小さく、ありがとう、と言った。
面と向かって礼を言うのは、いつだって恥ずかしい。

「いえ、」

言いながら、古泉はくすくす笑う。
なんなんだ、いったい。何かおかしいことでもしたか?俺。
居心地が悪くて、俯いて、もらったりんご飴をかじる。
飴だから、噛み後も付かないし、もちろんかじれないが、甘い味が口の中に広がって、気持ちが優しくなる。
懐かしい味だ。どこで食べてもそう味が変わらんのはなんでなんだろうな、そういう協定でもあるんだろうか。

「頬が、赤くて、あなたのほうが、りんご飴みたいだな、と思いまして」

ボンッ、と音でもしたんじゃないだろうか。
なんだ、こいつは、なんでこんな、ああもう、恥ずかしい!
俺は思わず古泉を見上げて、口をぱくぱくと動かした。
そんな様子がさらに古泉のツボをついたのか、くすくす、という笑いが止まらない。
俺は何か言ってやろうかと思ったが、もう、いいやと力を抜いた。
なんなんだろう、こいつ。なんかやけにかっこいいことするかと思えば、その辺の男子みたいな顔もするし、何より、気障ったらしくて仕方がない!
俺はもう、無心でりんご飴をなめた。
なかなか小さくならないから、間を埋めるのにも大活躍だ。

「あ…もう、色、つきましたね」
「え?なに?」
「唇、あと、舌、真っ赤です」

すい、と古泉の手が俺の顎をとらえて、綺麗な親指が、唇をなでた。
かかか、と顔が赤くなっていくのが、実感できた。
う、あ、なんだ。なんだろうこの状況!だれか俺に説明してくれ!

「おーいっ、古泉!こんなとこに居たのかよ!!」
「っ!」

パニックになっていた俺の脳みそを活動へ導いたのは、企画立案者の谷口だった。
ばっと古泉の腕を剥がし、古泉と逆方向を向く。
もう顔なんて上げられない。ひどく、熱が集まっているだろうから。熱くてたまらない。
りんご飴を、ひとくちなめる。

「…谷口君」
「う、ぉ!いや、うん、気持ちはわかるが!落ち着けよ、な!」

なんだかやけに低音の古泉の声に、谷口が焦ったようになだめる。
なんだっていうんだろう、何か、古泉にとって良くないことでもあったのだろうか。
でももう、そんなことに気を配ってなんかいられない。
もうひとくち、なめる。

「ほら、あれだ、写真!撮ってやるよ!せっかくだしな!」

もうひとくち、と口を開けたところで、ぐい、と肩を引かれた。
え、と思うより早く、肩を抱かれ、すぐそばに古泉の顔があった。
訳が分からず呆然とするなか、目を光が焼いた。
それがカメラのフラッシュだと気付いたのは、二枚目を撮られて、谷口に、こういうときくらい笑えって!と声をかけられてからだった。

「え、え、え…!?」
「ほれ、1+1は~?」
「に…」

頭が働かないまま、呟いたところをまた撮られた。
谷口はそれで満足したのか、カメラを確認すると、古泉に手渡した。
これで許せよな、と言っていたところからして、やっぱり谷口は古泉を怒らせたのだろうか。
なんて、そんな事を呆然と思っていたら、谷口がにやりと笑った。

「こっから先は自由行動オッケーだぜ?帰るんなら、俺に連絡入れてくれよな、一応」
「わかりました」

谷口の言葉に古泉が返して、谷口は踵を返して来た道を戻った。
と、思えば、立ち止まって、俺と古泉を振り返る。

「お前ら、付き合ってるみたいだぜ」

俺は、今日何度目かの赤面をリアルに感じていた。
俺、血圧上がって死ぬんじゃないだろうか。










続くのか続かないのかはわかりません。
これで終わりかもしれないし!
とりあえず、書きたいことは書きました!
いろいろ長くなりそうなとこぶった切ったので、ふたりの会話が途中だったりするけど、気にしない!
続きというか、補足はする、かもしれない。わかんね!←

そのうちちゃんと、サイトの方にログ部屋作る、かな…

 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]