たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[456] [452] [451] [224] [216] [169] [168] [162] [139] [74] [73]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/08/31 (Sun)

親子ネタ2


*父と子ネタ、弁当編。
*最初、古泉の一人称で会話なしです。読みにくい!













彼が高校生になった。
僕の母校の制服を身にまとい、毎日元気に……と言えば少々誤解を招くかもしれないが――彼は基本的に少し、ダルそうにする癖があるので――、身体的には大変元気に通学している。親としてそれは大変うれしいことだ。
ただ、彼が高校に入学したことにより、僕には重大な使命とも呼べる仕事が増えた。世のお母さん方は毎日そつなくこなしているだろうその仕事。それは、そう。

お弁当、だ。

お弁当、侮るなかれ。普通に料理を作るのとは勝手が違うのだ。小さな箱の中に、栄養バランスが偏らないよう、そして見た目も悪くならないように彩るのは、はっきり言ってかなり大変だ。
料理自体は、今は僕が朝食、彼が夕食を担当して作っているが、彼がもっと幼い頃、まだ彼女がいたころからたしなんでいたものだから、下手ではないし、レパートリーも割と多い方だと思っている。けれど、知っている料理のすべてがお弁当に転用できるわけではないから、少なくとも2週間は中身がかぶらないように、と思うと、正直心もとない。運動会や遠足などのお弁当は、お寿司やサンドイッチなどの変わりものを用意するのが定番であるし見栄えもよくていいけれど、毎日のお昼ご飯用にそういうものばっかりでは、栄養も偏るし飽きも来るだろうし、何より、イベント時のお楽しみがなくなってしまう!それは彼的にもうれしくないだろうし、何よりも僕がいやだ。
お弁当を作らなくては、という事実に気づいたときに、お弁当の本なんかも買ってみた。それには豊富なバリエーションできらびやかなお弁当がたくさん載っていたが…なんというのだろうか、いまいち現実味がなくて頼れない。まず彼にキャラクター弁当なんて、出した次の日から「作るな」という命令が下されそうで絶対にできないし。というかまず、どうして本の中のお弁当たちはみんな、お弁当箱から飛び出しているんだろうか。あれは明らかにアウトだろう。結局のところ、お弁当の本からは部分的に案を拝借するにとどまりそうだ。
どうして高校に給食制度がないんだろう。いや、決して面倒だというわけではない。ただ、お弁当というのは、結構、大切なものだと僕は考えている。適当に昨日の残りなどを詰めて、彩りもなにも無いようなお弁当を、僕なら学校で開けたいと思わないし、お弁当を作っている側の苦労を知らない訳じゃないけれど、恥ずかしく感じることだってあるだろう。せっかく新しくできたお友達を前に、彼に恥ずかしい思いなんてさせたくない。むしろ、彼が自慢できるようなお弁当を、毎日食べてもらいたいと思っているのだ。それをできる自信が、今のところ少し、なのだけれど。
彼は、僕に「別に学食あるし、パン買って食べてもいいから、無理しないでいいぞ」と言ってくれたけれど、それこそお門違いというもの。学食もパンも、結局は栄養に偏りができてしまっていけない。暖かいご飯を食べられるのはいいけれど、やっぱり僕はお弁当を食べてほしいのだ。それに、彼がそう言いながらも、少しだけ残念そうにしてくれたのが思いの外うれしかったのもあるし。
だから、僕は毎日、朝食と一緒にお弁当も用意する。少しだけ起きるのが早くなったけれど、いっそのこと規則正しいとも言えるくらいの早起きだ、苦にもならない。
それに、お弁当を作ることは、僕にも思わぬ効果をもたらしてくれた。それは、僕もお弁当生活になったことに他ならず、僕の分の昼食代が浮いてきたこと、そして栄養の偏りが無くなってきたことにつながり、僕だけでなく、彼も喜んでくれた。だから、僕は少し大変ではあるけれど、お弁当作りをやめる気はない。
お弁当作りをやめたくない理由は、もうひとつ、あったりする。というか、そちらがもっとも大きな理由と言うか。それが何かと言えば、彼の、「おいしかったぞ」に由来する。
単純と僕を笑う人もいるだろうけれど、彼のその言葉は僕をやる気にさせるのに十分すぎる効果を発揮してくださるのだ。そして、彼の持って帰ってくるお弁当箱、それは今まで(とは言えまだ半年も経っていないけれど)なにか残り物があったことがない。これはもう、作り手冥利に尽きるというものだ。僕はそれがうれしくてうれしくて、お弁当の中身を考えるのはなかなか大変だけれど、やめられないのだ。







「キョンのお弁当、毎日すごく美味しそうだよね」
「…なんだ?急に」

ある平日の昼休み。いつも通り教室でいつもの奴ら──言わずもがな、腐れ縁の国木田とアホの谷口だが──と弁当をつついていたら、突然国木田がそんなことを言い出した。にこにこ笑いながら、箸の先で弁当のおかずを指して。欲しいと言ってもやらんぞ、これは俺のだからな。

「そういう意味じゃないよ、純粋に思っただけ。あの人が作ってくれてるんでしょ?」

国木田の言葉に、俺は非常に複雑な表情を返した。
国木田の言うあの人、というのは、今現在俺の父親になっている、11歳年上の古泉一樹という人のことだ。5歳のときに実の父を、12歳のときに実の母を亡くした俺に、いつも一緒に遊んでくれていた”隣のお兄さん”が「僕の家族に」と俺を息子にしてくれたことは、割と古いつきあいになる国木田は知っていた。それも、別にこいつ自身が好奇心丸出しにして聞いてきたわけではなく、中学の時の三者面談で順番が前後していたからこそ知っただけなのだが。まさに、今隣で米粒を飛ばしながら好奇心で突っ込んでくるアホとは真逆だ。

「なんだ?あの人って、おまえの弁当、母親が作ってんじゃねぇのか?まさか彼女とかじゃねぇよな!?」
「アホか、おまえは」

はぁ、とため息をついて、弁当に綺麗に詰められているだし巻き卵を口元へ運ぶ。ふわりとした卵は、本人には絶対言ってやらないが、いつも通りに絶品だ。今日はふつうのだし巻き卵だが、たまにあんかけになったりするのも、文句なしに旨い。
だし巻きを味わう俺の横顔に、まだぎゃーぎゃー言う谷口に仕方がなさそうな顔をした国木田が、少しだけ申し訳なさそうな顔に変えて俺を見た。要するに、話していい?というお伺いだろう。別にそんなお伺いなんぞたてなくとも、どうせこの先、国木田のように三者面談だったりその他父兄参加のイベント時にばれるんだ、好きにしろ、と視線に込めて国木田を見返す。というか別に、俺は隠してるつもりもないけどな。わざわざ言わねばならんようなことだとは思っていないから言わないだけで。
横で国木田が谷口にかいつまんで説明しているのを聞き流しながら、俺は2品目へと箸をつける。アスパラガスをベーコンで巻いて焼いただけのシンプルな料理だが、俺は結構これが好きだ。もちろん、だし巻き卵には及ばないのだが。

「───ということで、このお弁当はその人作っていうこと」
「うわー…顔が良くて頭が良くて料理もできるとか、どこの完璧超人だよ、男の敵だろ!」
「まぁ…谷口がそういうのはわからないでもないけどね」

男の敵、ね。なんとも谷口らしい話の帰結だ。でもまぁそこは俺も否定しないでおく。むしろ、追加でおそろしく優しい、というステータスも付け加えてやってもいいくらいだ。ほんとに、まさに男の敵、そのものではないか。

「最初に、別に無理して弁当なんか作んなくていいぞって言ったんだがな、「僕が作りたいんです」の一点張りで結局押し通された結果だったんだが、今じゃ当たりだったとしか言いようが無いな」
「毎日毎日、お弁当の中身ちゃんと変わってるし、栄養に偏りが出ないようになってるし…あの人、ほんとにキョンのことが好きなんだねぇ」
「っ……」

国木田の、何気ないはずの言葉に、俺は情けなくも酷く動揺した。たぶん表面上はふつうにできていると思うが、内心はめちゃめちゃだ。突然心臓の働きが過剰になり、細かな毛細血管にまで十分すぎるほどの血液が送られているのがわかる。特に、耳とか、そういうところに。
ああもう、なんということだ。人からそう聞くことに、これほど殺傷能力があるとは知らなかった。
古泉…一樹さんが俺のことを、すき。
それは家族としての愛情だけれど、俺には十分すぎるほどうれしい言葉だ。一樹さんは俺のことを、すきでいてくれる。家族でいてくれる。俺だけの。
そのことが、酷くうれしい。そんなの、絶対に、本人どころか誰一人にだって、言わないけれど。

「うちの母さんなんて、毎日毎日大変なんなんだから、たまには学食で食べなさいよって常々言ってくるけどね。僕のこのお弁当でそんなこと言うんだから、キョンのお弁当なんて、もっと大変なんじゃない?」
「そうだよなー!うちの母親なんか投げてるからな。パン買って食え!って。愛息子の体調が崩れたらどーすんだって!なぁ?」
「いや、なぁと言われてもな。それがおまえの母親なりの、おまえの愛し方なんだろうさ。喜んで受け止めとけよ」
「なっ、おまえ人ごとだと思いやがって!くらっ、その卵一個よこせ!」

さっ、と隣から伸びてきた箸が、もう一つ残っていた俺のだし巻きに襲いかかってきた。俺はとっさに弁当箱ごとそれをかわし、足で谷口の向こう臑を蹴ってやった。割と綺麗に入ったのか、谷口はうめきながら机の下に消えた。無事を確認した俺は再び机に弁当をおいて、何事もなかったように食べている国木田に倣う。まったく、ろくなことをしない奴だ。
俺は自分の弁当を死守できたことに安堵して、思わず国木田の言葉を聞き流しそうだった。いや、聞き流していた方がいっそ良かったのかもしれん。

「キョンも、あの人のこと結構すきだよね」
「へ?」

突然何をおっしゃいますか。いきなりのことに、俺の脳は機能を停止し、持っていた箸が机に転がる。ああ、床に落ちなくてよかった。机の上ならまだ、なんとなくセーフだ。

「だって、絶対にお弁当を他の人にあげたりしないし。嫌いってほどじゃないけど好きじゃない具材でも、絶対に食べきるじゃない」

それって、喜んでもらいたいからでしょ?なんて、何でもない日常の会話をしてるみたいな顔で、さらっと言い切る。おまえは俺の何を知っているというんだ、国木田よ。いや、あえて国木田様と呼ばせていただこう。頼むから、もうその辺はつっこまんでくれ。後生だ。

「まぁ、いいけどね。あ、じゃぁそのりんご一切れで手を打つよ。りんごなら、料理した訳じゃないし、いいでしょ」
「…おおせのままに、国木田様」

なくなく、俺は食後のデザートであるりんごを一切れ、国木田に差し出した。一樹さんの用意してくれた弁当の一部でも、人にやるのは大変心苦しいが、今回は仕方がない。これ以上根掘り葉掘り聞かれて困るのは俺の方だ。どうして弁当を人にやりたくないのか、の部分なんて絶対に誰にも言えやしない。完食する理由だって、こっぱずかしくて言えたものじゃない。…だって、最初に完食した弁当箱を見せたときの、

一樹さんの笑顔が、見たいからだ、なんて。

俺の脳みそがやばいことはわかってるんだ。もう、だから、誰も、つっこまんでくれ…







今日もキョン君は僕のお弁当をちゃんと全部食べてきてくれた。毎日毎日うれしいです、ありがとうございます、と言うと、恥ずかしがり屋なキョン君らしく、ぶっきらぼうに「別に」と言うだけではあるけれど、照れているせいだとわかっている僕にしてみれば、本当にかわいくて仕方がない。
さて、明日の弁当の中身を考えてから、寝るとしますか。







えんど。







なんか馬鹿みたいに甘い話になってしまったのはどうしてだろう。
こんな予定ではなかった!と言いたい!
最初はキョン→古泉要素が多めの予定ではあります。が…
あれもこれも書きたくて、まとまらない脳みそで書くとこんなことになるのだ…うおー…
次は、どうしようかな…呼称ネタでも書きたいんですよね。
親子の定番ネタを網羅していきたい(笑)
入学式直後の話とかも。
あとは…SOS団三人娘の立ち位置をどうしようか悩んでます。どうしよー…
ハルヒに能力を持たせるか、否か…と、考えているうちに、持たせた方がおもしろくなりそうなので、能力持ち設定かな^^
ただし、古泉を超能力者にするかどうかは…わかりません。

 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]