たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[452] [451] [224] [216] [169] [168] [162] [139] [74] [73] [71]
2018/04/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/08/29 (Fri)
家族ネタ
*また新しいネタ。
*親子ネタです。父古泉、子キョン。
*設定は超作りました。完全パラレルストーリー。
*古泉に想い人がいます。キョンじゃありません。しかも女性です。
*ネタ出しと設定づくりのためって感じで、あんまりキョンとか出てきません…
*それでもよろしければどうぞ。












僕の名前は古泉一樹。27歳の、いわゆる商社マン、というやつだ。
自分で言うのもなんだが、割りかし稼いでいる方だと思う。生活していくのに苦労しない程度の給料はいただいているし、それに見合うだけの功績も、残している。
まだ若いせいであまり高い役職には就かせてもらっていないが、僕が企業のトップ連中と肩を並べる日はそう遠くないと自負している。
仕事はそのように順調、生活の方も、お金に困ることだけはなく、ほぼ、順調だ。

恋なんて、くそくらえ、と思っていた。
別に何かトラウマがあったわけではない。
むしろ、僕はずっと、ずっとひとりのひとだけを、愛していた。
いつから、なんてそんなこと、もう覚えていない。覚えていないほど、ずっと昔から、僕の心は彼女だけのものだった。ずっと、僕は彼女だけを愛していた。
彼女には僕と11歳しか変わらない息子がいて、僕よりずっと大人で優しくて強い旦那さんがいて、僕はずっとそれを隣で見てきた。
僕は彼女も、彼女の家族も、みんな好きだった。旦那さんで、さえ。
彼女や彼女の家族たちもみんな、僕に優しかった。僕のこころの、小さく淡い想いに、誰も気づかないで、誰もが幸せだった。
僕が高校に入学するころ――それは彼女の息子がまだ5歳の頃だ――、彼女の旦那さんが、不慮の事故で帰らぬ人となった。本当に、運が悪かった。
あの時の彼女は、本当に、見ていられなかった。愛する人を失って、でも喪主(彼女と旦那さんは駆け落ち同然の結婚だったらしく、二人には親戚と呼べるような人はいなかった)として弱音は吐けなくて、ずっと、ずっと、細い肩を震わせて、ひたすらに涙をこらえて、まだ父親の死を理解できない息子に、それでも笑いかけていた。
僕は、耐えられなかった。彼女の家庭が壊れてしまったことも、彼女が誰に頼らないで、僕にも、頼らないで、ひとりで悲しみをこらえている姿に。
そのとき、僕は彼女を守りたいと思った。あの時の衝動は今でも忘れない。
いままでは旦那さんがいた。けれどこの先はいない。この先、彼女を支える人はいないのだと思い至ったときにはもう、僕は息子を抱いた彼女を腕の中に包み込んでいた。
旦那さんのように広い胸も、しっかりした腕も、いまはまだないけれど、その時はただ、必死だった。
僕はその時、まだ高校に入ったばかりのとんでもないガキで、必死に泣くのをこらえている彼女の前でおお泣きしてしまうほどの弱い存在でしかなかったけれど、でも、それでも彼女を、守りたいと思った。
僕の嗚咽にまみれた告白を、彼女は優しい瞳で聞いてくれた。
ありがとう、嬉しい、あなたの気持ちのすべてにこたえることはできないけれど、本当にうれしい。ありがとう、ありがとう。
彼女は、ずっとそう言いながら、僕の腕の中で、初めて、泣いた。
彼女の息子は分かっているのかいないのか、その時の僕にはわからなかったけれど、ただ静かに、彼女の腕の中で彼女と、そして僕の泣き顔を見ていた。
それから、僕は以前よりもっと頻繁に、彼女たちの家へと足を運んだ。
母一人、子一人になったせいで大変になった家計をやりくりするため、彼女は仕事を増やし、彼女の息子はひとりでいる時間が増えた。
その隙間を、僕が埋めようと、学校が終わればたまにスーパーに寄ったりしたけれど、比較的まっすぐに彼女の家へ向かった。
彼は最初のうちこそ、父の死に対するショックからか表情や声を出さない日もあったが、何度も何度も、根気強く通っているうちに、僕にも心を開いてくれるようになった。そんな彼のことも、僕はとてもいとおしく思っていた。
僕は彼の父に、兄になる努力を惜しまなかった。自分の休日は全部彼と彼女に費やしたし、忙しい彼女の代わりになるようにと料理も覚えた。その合間を使って、いつか、彼女にも彼にも苦労させないだけの収入のある役職についてやる、と、躍起になって勉強もした。
その甲斐あってか、地元の、最もレベルの高い大学に進み、その大学を首席で卒業し、一流企業へ入社することができた。彼女も、彼もまるで自分のことのように喜んでくれて、すごくうれしかった。
ずっと、ずっとこうした日々が続いていくものだと、僕は信じて疑わなかった。
それは、僕が23歳のとき。彼は、まだ中学生だった。
彼女が、倒れた。そしてそのまま、僕と彼の前から永遠に、いなくなってしまった。
僕はその時会社にいて、彼からの電話で知らされた。
電話を受けて、それから彼女の葬式が終わるまで、まるで夢か幻のようで、どうやって僕はその数日を過ごしていたのか見当もつかなかった。
僕は情けないほど動揺して、人から聞いた話によれば、葬式のすべてのことは、まだ中学生の、僕よりうんと若い彼女の息子が、彼が、しっかりと行っていたのだそうだ。それを聞いて、僕は自分が恥ずかしくなった。
一番悲しいのは、一番動揺していたのは、一番泣きたかったのは、彼のはずなのに。
僕はあのとき、彼を気遣うどころか、彼に気遣われて、自分の最後の肉親の葬式を、彼にさせてしまった。
彼は、泣かなかったと聞いた。
悲しくないわけが、気丈なわけがないのに、我慢して、我慢して、我慢して、みんなの前ではしっかりした息子をずっと、見せていたのだ。あの子は、まだ子供だというのに。
僕が少しずつ現実に立ち戻ってきたときに、彼が言った言葉を、僕は忘れない。

「古泉さん、母さんが好きだったんだよな?愛してくれてたんだよな?ありがとう、俺もうれしいんだ。母さんを愛してくれてありがとう、母さんもきっと、古泉さんのことを愛してたよ」

それは、旦那さんが亡くなったとき、彼女が僕の告白に応えてくれた、あの言葉に酷似していて。まるであの時の彼女のように、彼はひどく優しく僕に微笑んで、僕を抱きしめてくれた。僕の想いを、認めて、抱きしめて、許して、包んでくれた。その時に、強く思った。
ああ、彼は確かに、彼女の息子だ。
僕は本当にみっともなく、彼にすがって泣いた。
そして、僕は僕に誓ったのだ。これ以降、決して僕は、この腕の中のぬくもりを離しはしないと。僕の手の届かないところで死なせやしないと。
彼女を守り切ることはできなかった。だからこそ、僕は彼女の遺したいとしいこの子を、絶対に守り切る。一度破られてしまった誓いではあるけれど、僕はもう、二度と、同じ轍は踏まない。
だから、彼を施設に、と言う大人たちを押し切って、僕は彼を養子として引き取ることにした。
彼も、僕にならいいと、頷いてくれた。
そうして、僕は彼の父、彼は僕の息子としての生活が、はじまったのだ。





この春、僕は27歳、彼は、16歳になった。高校に、進学する歳だ。
彼は地元の、僕が11年前に通っていたのと同じ学校に通うことに決めたらしい。
あいにくと僕の制服はもう実家に残っていなかったために、制服は新調した。いや、僕にとってはそれでうれしいのだけれど。彼に僕のお下がりを着てもらいたい気持ちがあるのは本当だが、それよりも彼にはいろいろな物を与えたい。お金だけはあるのだから、物について不自由はしてほしくないのだ。そう言って買い与えすぎると彼自身に怒られるのだが。
僕だって金ですべてが解決するとは思っていないから、結局は彼の言うとおりほどほどの出費でおさまっているのだが。

「準備はできました?」

キッチンから顔を覗かせると、リビングにある姿見に向かって難しい顔をしている彼と目が合った。と、思えばすぐにそらされる。どうやら少々照れているようだ。
どうして照れる必要があるというのだろう。僕はその様子に少しだけ口元をゆるめて、彼の後ろに立った。

「よく、お似合いですよ。懐かしいなぁ、制服は全然変わってない」
「……ネクタイって、苦しいな」

ぐいぐいと引っ張ってなんとか息苦しくならないようにしようとしているのか、せっかく彼が頑張って結んだネクタイが曲がってしまっている。
僕はそっと手を延ばしてそれに触れ、形を整える。
彼は何度か僕のネクタイを結んでくれたりもして、結ぶこと自体には慣れていたけれど、自分側から見てやるのと相手のものを結んであげるのでは勝手が違うために、割と長い間ネクタイと格闘していたのだ。まだ学校に行ってもいないのに崩れてしまうのはもったいない。

「う~…やっぱり苦しいって。これ、緩めちゃだめなのか?」
「まだ我慢してください。今日さえ終われば、あとは自由でいいと思いますから」

彼がこれから三年間通う、僕が昔三年間通った高校は県立の高校にしては割と制服にうるさくなく、僕のころでさえ着崩している人は結構いた。そして教師はそれを注意することはほとんどなく、教師側からしてみれば、ちゃんとした式典の時だけでもきちんとしていればいい、という空気になってしまっていたのだ。
きっとその風潮は今でも変わらないだろう。

「…それより、一樹さん、ほんとに入学式来る気なのか?」
「おや?行ってはいけませんか?僕、今日を結構楽しみにしていたんですよ?」
「………」

いけなくは、ないけど、でも、しごととか、いそがしくないのかよ、なんてつぶやきが、ぽそぽそと彼の唇からこぼれてくる。
親子になってから、僕は彼に「仕事のこともお金のことも、貴方が心配することはひとつもありません。好きな時に好きなように、僕になんでも言ってください。我がままだって、大歓迎ですよ」なんて言ってみたはいいものの、彼はもともとそんなに自分の欲求を強く言う方ではないし、彼女の教育の賜物か、人に対する気配りが半端ない。自分の意思が無いわけでは決してないし、卑屈になっているわけでもなく、それはただ単に彼がものすごく優しい人であるからで、だからこそ僕は、彼が気安くわがままを言えるような人間になりたいと思っていた。最初のころに比べればだいぶんわがままも言ってくれるようになったけれど、でもやっぱりこういう場面では彼はいつも、僕の仕事を気に掛ける。自分の都合で僕の仕事が滞ってしまうかもしれないことを、彼が申し訳なく感じているのを、僕は毎回毎回、大丈夫だ、問題ない、と告げているのだが…もしかして本当に迷惑だったりしたら、僕はきっと大人げなく泣いてしまうかもしれない。

「仕事の方は、今は大きな企画もないですし、僕の分の仕事は昨日中に終わらせましたから、心配ありませんよ。…それに」
「…ああ」

僕がつなげた言葉を、彼は正確に汲み取ったらしく、眉を下げて、それでも笑った。

「父さんと母さんに、挨拶に行かないとな」
「ええ、貴方の晴れ姿を、おふたりともきっと、楽しみにしていらしたでしょうから」
「…一樹さん、ありがとな」
「いいえ、お礼を言われるようなことではありませんよ。さて、そろそろ出ないと遅くなっちゃいますね」

今日は午後からは何もなく、解散の運びとなるはずだから、帰りにどこかで昼食を摂って、それから彼女と、彼女の旦那さんの眠るお墓にお参りに行こう。そのあとは家でゆっくりするのもいい。
そんなことを考えながらガスや電気を確認している僕の背中に、彼が小さくつぶやいたごめん、の言葉は届かなかった。







おわり。






だめ、この設定すごく悶々とする!
最初、キョンのもとの苗字が古泉で、古泉は別で、養子縁組を組む時にキョンの苗字が変わらないよう、古泉が名前を変えてから引き取った設定にしようかと思ったけど、説明が面倒だったのでお流れ。
どうなんだろう、そっちの方が個人的には古泉いいやつっぽくていいけど。
つか、親子だから、キョンが古泉を古泉と呼ばないことに違和感。一樹さんって!

この設定を、シリーズものにして書いていきたいかもしれない。
現在進行形と、過去編で。
ショタキョン!ショタキョン!
昔から実はキョンにベタボレな古泉とか書きたいなー
この話は、ほのぼのと見せかけて、キョン→苦悩←古泉っぽいお話になりそう。
続いたらの話。続いたらの…

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]