たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[168] [162] [139] [74] [73] [71] [70] [34] [17] [16]
2017/11/19 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/05/28 (Wed)
※キョン先天女体化注意
※超能力者とか神とかありません、普通の高校生。
夏祭りネタ

*有線で流れてた歌のどっかのフレーズを参考にしてる。
*アレは確か、女の子が転校してきて、あんまりクラスになじむ前にみんなで夏祭りに行って、今日こそ仲よくなろうと緊張している彼女に、「僕(俺かも)」が声をかける…って感じだったかな。
*今度ちゃんと調べます…まだ歌詞検索にひっかかってくれないんだもー…
*というわけで、 古泉(男)×キョン子 です。
*キョンが転入生です。
*古泉が普通の男子高校生…







俺が転入してきたのは、高校一年の、一学期ももう終わりにさしかかる時期だった。
クラスは下旬にある期末テストに軽くぴりぴりし始めていて、時季はずれの転入生になど、ほとんど興味を示さなかった。
この時期にはもう、だいたい仲の良いグループが決まり切っていて、正直、俺の入る隙間なんてなかった。
声をかけてくれる子も何人かいて、俺はその子達と昼ご飯を一緒に食べたり、移動教室への道のりを一緒にしたりもしていたけど、どこか、まだ、なじめなかった。
わかっていたしな、その子達が、ひとりでいる俺に気を遣って、誘ってくれているのだということくらい。

それは、俺がこんなだから、というのも多分にあるんだろうな、とわかっちゃいる。
一応、生物学上では「女」であるはずの俺は、一人称は「俺」だし、かわいくないし、それなのに笑うのが苦手でずっと仏頂面になっちまうし、一人称だけじゃない、口調だって乱暴だし。
一般的な女の子とは全然違って、だから、声をかけてきてくれる子たちも、どこかよそよそしかった。
まぁ、女の子らしい会話とか、苦手だから…休み時間に一人にしてくれる方が、お互いのためだとは思うのだけど。
でもやっぱり、少しはさみしいと、思うわけで。




りんごあめ




「せっかくだし、クラス全員で夏祭り行かないか?」

生徒達が自由に使っていい、HRの時間中、クラス一のお調子者、と呼ばれているらしい男子生徒がそう言い出した。
HRで決めることにはもう決着が付いていて、なにしようかーという雰囲気の中での発言に、クラスの視線が一気に集まった。
夏祭り…そんなの、あるんだ。ふぅん。へぇ。
俺は大して興味も持たずに聞き流していた。
だってそんなの、みんなで行くって…クラスの人数考えてみろよ、どんだけ大規模なんだ。
それに個人個人の予定もあるだろうしな。

「谷口、ひとりで寂しいからってクラスのみんなを巻き込むのやめなよ」

どうせ夏祭りまでに彼女作ろうと思ってたけど失敗して、でも夏祭りには行きたいから~って、苦肉の策なんでしょ、と、顔は俺よりかわいい系の男子が、顔に似合わない毒を吐き出した。
なんてやつ、あいつ絶対黒い。あいつ怒らせるのは絶対やばいだろうな。
ぼんやりとやりとりを聞いていたら、不意に、なんかすごい美声が聞こえてきた。

「あの、僕はいいと思いますよ。こういうのも、良い思い出になるんじゃないでしょうか」

声の元を辿ると、声にあった美形が軽く手を挙げながら発言していた。うわ、あいつもてるんだろうなぁ。
まさに女の子が好きそうな甘いマスク、見たところさらっさらな綺麗な栗色の髪、挙げた手はすらりとしてきれいで、なんだか非の打ち所のなさそうなやつだな。
まぁきっと、俺なんかが関わることは無いような、そんなやつだろうさ。

「古泉が来てくれるんなら、女子の大半は来たも同然だぜ!榊は?」
「俺?」

またも美声!
入ってから気付いたが、この学校は人間の見た目レベルがなかなか高い。なかなかっていうか、結構。かなり。
さっきの古泉しかり、今の榊しかり、黒いと太鼓判を押したさっきの彼…確か国木田、とか言ったかな、あいつも割と顔が良い。男子だけじゃない。女子だってかなりのものだ。
一年上に在籍している朝比奈みくるさんは、男子生徒のあこがれの的、まさに学校の女神的存在になっているし、同学年にも、破天荒だがめちゃくちゃ美人な子がいるらしいと聞いた(俺は見たことないけど)。
このクラスの平均もかなり高くて、俺がひとりでそのレベルを下げてるんじゃないかと思うくらいだ。
こんな漫画みたいな学校がほんとに存在するってことに、俺は最初驚いたものだ。

「まぁ暇だし?いいけど」
「よしゃ!てことだ、こいつらと夏祭り過ごしたきゃ、当日神社の前の公園に6時集合な!」

ちなみに、参加者は浴衣着用の義務が発生する!なんて、明らかに女子の浴衣姿が見たいだけの発言を最後に、授業終了のベルが鳴り、HRは終わりを迎えた。
お昼休み、クラスの中ではあちこちで、どうするー?あたしは行こうかな、あたしは彼氏がいるから、なんて会話が繰り広げられていた。
俺は…どうしようかな。なじむには、良い機会だと、思う。なじみたいと思ってるなら、行くべきだろうなとも、思う。
けど、行った先でもひとりじゃ、俺、寂しすぎるよな。あれ、っていうか俺、神社の場所知らないし。行こうと思っても行けないじゃん。
…仕方ない、か。
浴衣だって、無いだろうし。俺が着たって、誰も楽しくないだろうし。
ああでも、お祭りはすき、だけど…
昼食後、軽く散歩でもしてこようと、俺は中庭に出た。
ここは結構好きだ。日当たりが良いし、きれいにされているし、それなのに意外と人が少ないし。
さく、と音を立てながら芝生に立ち、うん、と伸びをした。気持ちいい。

「あの、」

びくり、と必要以上に肩が揺れた。
完全に気を抜いていたところに、背後から声をかけられた。びびった。うわ、すごいどきどきいってる。

「え、え?」
「あ、すみません、驚かせてしまいましたか」

ふんわり、と笑って、そいつは渡り廊下からこちらへ出てきた。
俺はまだ驚きの混乱が残っているのか、動けないまま、そいつが寄ってくるのをただ見ていた。
なんだ。なんなんだ?なんでこいつがこんなところに。なんで、俺の側に寄ってくるんだろう。

「あそこ、あの窓から、貴方がこちらにいらっしゃるのが見えたので」

追いかけてしまいました、とそいつは、古泉はにこりと笑った。
追いかけてしまいました、って、それなんだ。なんだって俺を。
俺は思わず、「はぁ?」と変な声を出してしまった。

「ええと、すみません…あの、聞きたいことがありまして、」
「聞きたいこと?俺、に?」

ああもう俺というやつは!こういうときくらい一人称なおしたりとか、したらいいのに!
スカートの裾を弄りながら、こいつが俺なんかに聞きたいこととはなんだろうな、とぼんやり思った。

「あの、さっきの話、あなたは、どうするんですか?」
「さっきの、話?って、あれか?あの、夏祭り、の…」
「はい」

どうするって、こいつは俺が行くかどうかを尋ねたいのか?なんで?どうして。
俺にはさっぱりわからなくて、でも別に隠すようなことでもないし、視線を彷徨わせたまま小さく喋る。

「えっと、俺、越してきてばっかで、神社の場所知らないし、浴衣、あるかもわかんないし、今回は、やめとこっかなぁと…」
「僕が」

あは、と軽く笑うと、古泉が、強い口調でそう言った。
その目もなぜか、なんとなく、どこか必死で、俺は焦った。なんなんだこいつ、さっきから、変だ。
無意識に、スカートを弄っている手に力がこもる。

「あ、えっと、場所!教えますから…行きませんか?」
「えっ?えっと…」

なんでそんな、必死、みたいに、言うんだろう。俺が行こうが行かなかろうが、古泉には全然関係ないだろうのに。
来て欲しい、のかな、なんて、勘違いしてしまうだろ。俺は、馬鹿だから。
違う、きっと古泉は、心配して居るんだ。自分のクラスでひとり浮いている俺のことを。
こいつ、見た感じも、今話してみた感じも、優しそうなやつだし。
良い機会だもんな、お祭りなんて。遊びの中でなら、俺だってそれなりに砕けられるだろうし、みんなももっと、開放的になって、きっと俺を受け入れてもくれる、だろうし。

「あ、う…、そ、そうだよな。いいチャンス、だし、俺、みんなとも、ちゃんと、仲良くなりたい、し、うん、じゃぁ、あの、教えてくれると、ありがたい、かも」
「え?あ、あぁ、はい。えぇと…」

古泉は一瞬驚くように目を瞠って、それからはにかみながら神社までの道順を教えてくれた。
その反応に俺の中の疑問は膨らむ一方だったが、もう考えるのはやめることにした。
こいつの笑顔が、なんだか好ましく思えて、俺は、こいつが俺の為に動いてるとしても、クラスの為に動いているとしても、そんなのどうでも良くなっていた。







続いてしまった。(゜□゜)ポカーン


書きたいところに入っていない故につらい。
あああ、また1話坊主にならないように頑張らないとでうー
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]