たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[585] [584] [583] [580] [581] [579] [577] [575] [576] [574] [573]
2019/06/16 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/13 (Tue)
久しぶりによろよろになる程度には酔った

春色バッグとアウターが欲しいです
でも、どうやらオートライトシステムをつけてくださったようで、あたしのお金が車につぎこまれることも決定したので、やっぱり金欠のままです

とりあえずワンピースを生かす方向でカーデ買ってきた
あとフリーサイズのリング

あーお父さんがお金の心配してる理由わかった
はみ出た分払うよって言ってたけど、めっさ心配されてたの、前に、一番ギリギリだった時の通帳見られてるからだ
とりあえず3か月働いた分は入るから、はみ出た分くらいは、将来のこと微塵も考えない感じだけど、出せるには出せるんだけれども
とにかくはしごと…ね、4月からのね
母さんに言われるたびに萎えていく気持ちに発破かけないとな


つづきはCP(仁幸仁)もの続き






【珍獣の飼い方】 by. [r e w r i t e(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]


2.とてもきちょうで、めったにてにはいりません
(えさをあたえあうのもあいじょう)





あの屋上庭園での出会い以降、俺と幸村精市はたびたび同じ場所で会話を交わす程度には仲良くなった。
部活でも、(決まって向こうから話しかけてきて)立ち話をするようにもなった。
とはいえ、相手はテニス部では3年生を押しのけてレギュラーの座に居座った“神の子”だ、そうそう頻繁ではない。
幸村は同じく別格の強さを誇る真田弦一郎と柳蓮二と共に居ることが多く、彼らはレギュラーとして俺達一年とは練習のメニューも、そもそも立場も違う。
同じ一年でありながら人の上に立つ彼らの、その中でも最も高嶺である幸村と話す機会が増えたなんてこと自体がすでに少しおかしい。
しかし、俺は“神の子”幸村にももちろん興味は尽きないが、屋上庭園で見る“幸村精市”の方にはもっと興味があった。

見た目はそんじょそこらの美少女も真っ青なほど、男にしては線が細くたおやかで、儚げな美貌を持ち、背は運動のおかげか一般的な男子より幾分か上だがその身は細い。
一体この男のどこにあの恐ろしいまでのテニスの腕が隠されているのかは、人間観察が得意だと自負している俺にも未だ謎だ。
なによりも恐ろしいのは、笑顔だ。
花のほころぶような、という表現のよく似合う、優しく、柔らかな笑顔を浮かべる癖に、その内実はひどく冷たく、厳しく、刺々しい。
薔薇のような男だと、常々思う。
屋上庭園で花を育てている幸村は顔に似合うほどの慈愛に満ちて、触れる指は優しいが、間引きの花には厳しく、それがどんなに美しく咲いていようとも、他のひとつの為に切り落とすことを躊躇うことはない。
腐った葉や枝についてもそうだ。
幸村は躊躇いを知らない、いや、ためらう必要性を持たない男だ。
そんな裏表のあるように見える幸村だが、その真実はただひどく大雑把で面倒くさがりでどこにでもいるようなただの中学生男子そのものだと、話すたびに気付かされていった。
騙されていたのは俺の方だったと、おかしくなって幸村の前で笑えば、そもそも騙していたつもりもないよ、俺は、と呆れられた。
幸村は変な奴だ。
俺のような変わり者に好意的な意味で目を付けるのだから、奴も相当な変わり者だ。

「で、そんな変わり者の趣味の時間を邪魔して、お前は何がしたいんだ」

丹精込めて育てているらしい花の間からひょこりと顔を覗かせて、幸村は不機嫌そうに俺を睨み付けた。
屋上庭園で4限をサボったついでに昼休みもそのままそこで過ごしていた俺と、昼休みに決まって花の様子を見に来る幸村はいつものように特に何を話すでもなく、でも時々意味があるのかないのかわから無いようなどうでもいいやり取りをしつつ過ごしていた。
そして幾度目かの無言の後にぽつりと俺が呟いた(もちろん聞こえるように言った)言葉に、幸村は愛しい花の世話をする手を止めて俺を睨み付けてきた。
おお、怖い怖い、なんて適当に言って見せれば、すぐに興味を失くして花に戻るのだから相変わらず遊び甲斐のない奴だ。

「お前さん、確か絵にも興味あったじゃろ?」
「あるけど」
「なんじゃらっつー画家の展覧会のチケットがあるんじゃが、要らんかの」

幸村が、あきれた表情を隠すこともなく、花から顔を上げた。

「なんじゃら、ってなんだよそれ。画家の名前くらい憶えてから声かけなよ。もらうけど」
「もらうんか」
「当たり前じゃない。興味の範囲内でただでくれるんならもちろんもらうだろ」
「タダとは言うとらんじゃろ…」
「何、お金取るの?…それこそ画家によるけど」

何て人?と、今度こそしっかりと作業の手を休めて、幸村は俺の傍へと寄ってきた。
軍手を外す間に、俺は尻のポケットに突っ込んでいた紙切れを取り出して軽く皺を伸ばしてから掲げてみる。
『ルノワール展』
油彩だか水彩だかの絵をバックに、文字が沈み込むように書き込まれてある。
聞いたことあるような無いようなその名を口にすれば、途端に幸村は目を輝かせて飛びついてきた。

「ルノワール!?それ、東京であるやつ!?7月の特別展示!!」

俺はその勢いに思わず面食らった。
あの幸村精市が、今はなんだか犬にすら見える。
おかしい、これは目の錯覚か。
心の中でそんなことを思いながらも、目は手に握ったチケットを滑る。
チケットには確かに、開催地は東京、開催期間は7月中のみと書かれている。

「行きたいと思ってたんだ!!え、ほんとにこれ、もらえるの?いいの?結構するだろ?というか、なんで仁王がこんなの持ってるんだ?お前、明らかに芸術に興味ないだろ?」
「ちょ、っと、落ち着きんしゃい。キャラ変わっとるぞ…」
「あ、ああ、そうだね、うん。ごめんごめん、俺としたことが取り乱した」

そう言って苦笑すると、ようやく幸村精市が戻ってきたようで、わけもなく息を吐く。
絵が趣味なのは知っていたが、ここまで本気で好きだったとは、正直思いもよらなかった。
というか、いつもの幸村があそこまで喜色を表に出すのが異常に感じるほど珍しく、驚きついでに面白く思ったのは確か。

「それで、どうしてこんな素敵なものを仁王が持ってるんだい?彼女からもらったとか?」
「違う。姉貴じゃ」
「おねえさん。仁王、お姉さんいるんだ」

へえ、意外。でもわかる気もする。
興味深そうに俺を見て、それからくすっと笑う。
予想でしかない今幸村が思い描いた俺の姉貴像が、きっと現実と寸分違わないだろうなとげんなりした。
我が家では女子が強い。
最強は話題の姉貴で、多分幸村はそれを感じ取ったんだろう。
だがそれに反応してやるのは悔しいから、俺はスルーして話を続けた。

「姉貴が彼氏さんからもろたんじゃ。けど、俺とおんなじで姉貴もこういうのに興味無いけえ、俺に押し付けてきたんじゃ」
「それで、仁王も興味ないし、俺に回ってきたわけだ」
「俺の知ってる範囲でこういうのが好きそうな奴はおまんだけじゃったからの」

といきさつを話しきったところで、呆れたような笑い方で幸村はわざとらしくあーあ、と言って息を吐いた。

「まったく、仁王姉弟はひどいな。その彼氏、お姉さんと行きたかっただろうに。ま、俺は嬉しいから同情なんてしないけど」
「俺もか」
「お前もだよ」
「……」
「で、くれるんだろ?」

再び、わくわくした表情で俺を見て、幸村は掌を差し出してきた。
それは“下さい”ではなく、明らかに“渡せ”という種類のものだ、間違いない。
このまま大人しく渡してしまうのは少しつまらないが、それ以上に幸村に逆らう気が微塵も起きないのだからまったく“神の子”さまさまだ。
差し出された掌にチケットを落とすと、幸村は満足そうに笑った。

「ありがとう」
「ええよ。持っとっても俺には必要ないもんじゃしの」
「じゃあ俺からは、」

言って、おもむろに傍の花壇に手を寄せて、綺麗に咲き誇っていた紫色の花を躊躇いなく手折った。
何をするのか、と黙って眺めている俺が動かないのをいいことに、幸村は殊更にっこりと笑って、素早い動きで俺の背後へと手を回した。
何だ、と警戒する間もなく、さっと俺の髪に触れたかと思ったころには、幸村の手は手ぶらで元の位置に戻っていた。
あいにくと敏い俺は…というか、こうまでされて気づかないわけもなく、若干重みの増した頭に何が起こったのか、瞬時に理解した。
紫色の花は、俺の髪の結び目にしっかりと差し込まれたようだ。

「似合うじゃないか、仁王」

にやにやと笑って、幸村は俺をすっと眺めた。
俺自身はどうなっているのかさっぱりだが、なんとなく想像して、軽く目を細める。
まあ似合わんこともないだろうが。
いつもはない違和感につい髪に手が伸びるが、それは幸村に止められる。

「取るなよ、似合ってるって言っただろ?」
「取らんが、気になる」
「携帯持ってきたらよかったなあ、そしたら一石二鳥だったのに」

俺の姿を写メに撮れて、またそうすることで俺に俺自身を見せることが出来て、ということか。

「まあええよ。せっかくじゃ、今日はこのままにしとく」
「えっ」

幸村が似合うと言ったのだから、真田辺りに見つかったとしてもそれを言い訳にしてしまえばいいし、教師は無視で事足りる。
面倒になればここに来ればいいのだし、どうせ部活では外さざるを得なくはなるし。
なんてこともなく言えば、幸村は驚いた顔をして、だがすぐに面白そうな笑みに変わった。

「うん、それがいい!ふふっ、あげた甲斐があったな」
「珍しいモンを貰ったからのう。すぐに外してしまうのももったいないじゃろ」

幸村は花を育てている割に切り花にはしない。
大体こういうのを育てている奴というのは、育てた花を職員室だとか教室だとかに飾りたがるものだが、幸村はここから間引きの花を除いて切り取ることはないし、間引いた花も飾ることはなく捨てられている。
つまりは、こうして自ら手折って誰かに贈るのが珍しいことだということを、俺はしっかりとわかっていた。
同じようにきっと幸村も、わざわざ己を選んでチケットを受け取ってきたということを分かっているのだろう。
お互いに恥ずかしいことをしている気がするのに、それを口にしないだけで随分と心は救われるものだ。

「部活じゃ外せよ。散らしたりしたら許さないよ?」
「わかっとるぜよ」

言って、お互いに満足して、笑った。






(ぺてんしのおくりものとかみのこのおくりもの、ぺてんしのえがおとかみのこのえがお)





「仁王君、その…それは、どうしたことですか」
「柳生か。似合っとるじゃろ?」
「にあ…ってますけど…風紀委員としては見逃せませんね」
「女子の髪ゴムと同じようなもんじゃろ。固いぜよ、柳生」
「さすがに生花を挿している人など見たことありませんからね。どこかに飾るのでは駄目なのですか?」
「無駄だ、柳生」
「柳君。どういうことです?」
「仁王、…それは、精市がしたのだろう」
「…プリッ」
「えっ幸村くんが?えっ」
「まあ、似合っているのだからいいのではないか、柳生。弦一郎もきっと文句は言うまい」
「…仕方ありませんね。では、ティッシュでも濡らしてきてあげましょう。そのままではすぐに駄目になってしまうでしょう」
「それがいいな。仁王、枯らすのも問題だと思うぞ」
「……さすがは参謀じゃ。柳生、枯らすんじゃなかよ」
「えっ私ですか!?仁王君、貴方の花なんですからお世話くらい自分で…!ちょっと、仁王君!」
「世話はできん。任せたぜよ」
「はは」
「笑い事ではありませんよ、柳君…!ああもう、まずは手洗い場です!行きますよ、仁王君!!」






-------------------------------------------------------
おまけつけた
なんかよくわかんないおまけに
あと、お題に添えてないよ、ね…ううう
そもそも思いついた時点でお題を読み間違ってたんだからどうしようもない…

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]