たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [580] [581] [579] [577]
2018/11/19 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/20 (Tue)
なんで雪降ってんだろうねえいみわかんない…

はるこみ楽しんできました!
でも東だけで疲れて西まわってないの、いまちょっと後悔して…うぬ…
まあでも、すてきな立海本を買えたし、後輩と先輩に会えたのでおけです!
なんかも、緋鷹さんには申し訳ないことを…新刊のコピ本、プリンタの反逆にあって5部しか刷れなかったというね…
いや、マジでえぷそんは冊子印刷できない子だったね、びっくりした
きゃのんはマシなのかな、父のはできるのに…



続きはテニスのゆめです
短編ですが、シリーズものの予定




*立海R陣相手オムニバス短編集(希望)の第一陣
*ブンちゃん相手です
*デフォ名「佐伯 碧(さえき あお)」
*オリキャラで別のR陣のお相手となる「伊達 桜珂(だて おうか)」さん出ます、ちょろっと











「丸井くん、また彼女と別れたんだって」

こそこそと囁かれる女子の噂話に、ブン太はふん、と鼻を鳴らした。
こうやって囁かれるのは初めてではなく、むしろ中学に入ってからは定期的に起こっているほどだ。
ブン太はモテる。
それをブン太自身も知っていて、彼女のいない期間なんてほとんどないほどには女に不自由することなく過ごしている。
それはそれで満足なのだが、満足しているはずなのだが、どうしても長くは続かない。
飽きっぽい性格は自覚しているところではあっても、それだけではなく熱くなれない。
どうにもしっくりこない、ハマらない。
だからすぐに別れて、でも告白されればすぐに付き合って、また別れる。
パートナーであるところのジャッカルや紳士と呼ばれる柳生なんかは苦言を呈してくることがあるくらいには、ブン太はくっついては別れる頻度が高かった。
なんとなくイライラするのを落ち着かせるために、ポケットに入れてあるガムを引き出して口に放り込む。

「ブンちゃん、いい加減にしたらいいのに」

突然、背後からソプラノで名前を呼ばれて、思わず立ち止まる。
けれど、すぐにその発信源が誰だかわかって、ブン太は振り返りながらも顔を顰めて、

「碧」

名前を呼ばれたのは小柄な少女だ。
碧は、学年一と呼ばれるほどの可憐な顔を無表情に、ブン太を見ていた。
その手には教科書、移動教室の途中だったらしい。

「お前には関係ねぇだろぃ」
「だって、気になるもん」
「うるせぇなぁ…」
「ブンちゃん。女の子はおもちゃと違うのよ?」

きりり、と目を眇めて、碧はブン太を見据えた。
ぐ、と喉が詰まる気がして、ブン太は口の中のガムを噛みしめる。
昔から、ブン太はこの幼なじみの目に弱かった。
普段は阿呆のようににこにこにこにこ笑っているくせに、一度スイッチが入れ替わるとこうして、責めるように、窘めるように、それでいてどこか泣きそうな目を向けてくる碧の目に。

「そんなこと別に思ってねーよ」

ふい、と碧から目を背けて、ブン太はまだじっとその背を見つめてくる碧の目から逃れるようにその場を後にした。
残るのは、なんだかわからない罪悪感と居心地の悪さ。
碧はかわいい。
噂が立つほどだ、ブン太だって気づいている。
けれど、いつからだろうか、碧はブン太の前であまり笑わなくなった。
ちくしょう、と心の中で盛大に舌打ちして、してから、どうしてこんなにイライラするのかわからずに、廊下の壁を蹴った。



***



部活前。
ブン太は着替えの為に部室に入って、荷物を置くと早々にジャッカルに声を掛けられた。

「そういやあ、ブン太」
「何だよ」
「お前の彼女って、佐伯と仲良かったっけ?」

はあ?
問い掛けの意味がつかめず、ブン太はシャツを脱ぎながらジャッカルを返り見た。
佐伯、が碧のことを指すのはブン太でもわかる。
彼女、の方に意識を向けて、今彼女なんていねえぞ、と素っ気なく返せば、今度はジャッカルがはあ?と声を上げた。

「お前、2週間前に付き合ったばっかじゃなかったのかよ」
「そーだけど、昨日別れたんだよ」
「おまっ…なんか最近だんだんひどくなってねえか?よくねえぞ、そういうの」

ついついと声を高くして非難するように言ってしまったジャッカルの言葉が言いきられる前に、ブン太はロッカーをわざと乱暴に閉めて口を閉ざさせた。

「うっせぇな、ジャッカルのくせに。人のことだろぃ、ほっとけっての」
「…ほっとけねぇだろうが。お前、いつまで自分に意地はってるつもりだよ」
「…はあ?何言ってんだよ、ジャッカル」
「お前、佐伯のことが好きなんだろ」

ビタリ、と音が立つほどに、ブン太はきれいに固まった。
ジャッカルは呆れたように、困ったようにため息を吐く。
この、身の軽いパートナーのことを、ジャッカルはこの3年隣で過ごして理解しているつもりだ。
だからこそ、ブン太の女遊びがどうして起きて、どうして続かないのか、ジャッカルは本人よりもずっとよくわかっていた。
ブン太は決して認めようとしない、その心はジャッカルにはよく見える。
本当はずっとずっと言ってやりたかった。
それでも、自分で気づくべきだとジャッカルは口を出さずにいたのだが、それも限界だ。
こうもイライラされていては、部活だってうまくいかなくなるのは目に見えている。

「な、何言ってんだよぃ!碧はただの幼なじみだっつーの!!」
「けどお前、今まで付き合ってきた彼女、全員佐伯と比べてきてんじゃねえのかよ。だから物足りねえんだろ?」
「うっせえな!!し、仕方ねぇだろぃ!アイツ、顔だけはレベル高ぇんだし!!」

言い訳を飛ばしてみても、ブン太は何故か否定ができなかった。
ちがう、と、一言が出てこない。
その理由に気付きたくなくて、気づいたら何かが変わってしまう気がして、ブン太はジャッカルから目を逸らす。

「ブン太」

そこで、今度は部室の入口から、静かな声が聞こえた。
ハッとして顔を上げた先に居たのは幸村、そして彼の幼なじみの桜珂だった。
静かに部室の入口に立ち、読めない笑顔をブン太に向けている。

「桜珂、」
「第一体育館裏ね」
「…なんだよ、幸村くん」
「部活に遅れるのは見逃してあげるから、今すぐ第一体育館裏までランニング、行っておいで?」

どうして、と言おうとしたブン太の口は、ぐ、と閉じたまま、ただ戸惑ったように幸村と、その後ろにいる桜珂を見ていた。

「あなたの元彼女さん、どうやら佐伯さんに言いたいことがあるみたいなの。女として言わせていただけば、」

立海で「姫」とあだ名される桜珂の、艶やかな声が、忠告の響きを纏ってブン太の耳を突いた。
一度、口内で舌打ちしてから、ブン太は幸村の脇を飛び出して行った。

「こういう呼び出しは、言葉で終わるとは思えないわ」



***



「あんた、丸井君の幼なじみなんですって?」
「そうね」

自分でも素っ気ない声が出たものだ、と碧は内心であくびでもかましてしまいそうなほど辟易としていた。
こういう呼び出しは初めてではない。
だからこそ、彼女が何を言うのかもするのかも大体想像がつく。
もう、いい加減面倒だった。
だからブン太に言ったのに、と碧はもともと高くないテンションがまた下がるのを感じた。

「っ、邪魔なのよアンタ!!幼なじみだからって、いっつも馴れ馴れしくしてっ!!ちょっと顔がかわいいからって、調子に乗ってんでしょ!!」

なんてよくある台詞だろう。
出そうになるため息を飲み込んで、あくまでも無表情に、碧は淡々と喋る。

「だって幼なじみだもん。いつブンちゃんと知り合ったのか知らないけど、私はあなたよりよっぽどブンちゃんのこと知ってるし、ブンちゃんだって私のこと知ってるもん。親しくて当たり前じゃない。わかっててブンちゃんと付き合ったんじゃないの?私がいるの、知ってたでしょ?私の顔のことだって知ってたでしょ?なんで今さらそんなこと、私に言うの?」
「う、うるさいっ!」

カッと頬を染めたブン太の元彼女の言葉さえ聞こえないように、碧は畳み掛けるように言う。
自分でもどうしてこんなに、と思うほど、今日の碧は言葉が止まらなかった。
もう、ほんとうに、いい加減嫌になっていたのかもしれない。

「ブンちゃんはアクセサリーじゃないのよ。私の幼なじみなの。あなたなんかに踏み込まれるようなそんな取ってつけの関係じゃないの、“彼女”にしかなれないあなたよりよっぽど、私の方が近くにいるんだから――っ!」

碧が言い切るのと同時、元彼女がその右手を振りかぶった。
いつもならもっと、穏便に事を済ますのに。
だって彼女たちは悪くない、と碧は思っている。
決死の告白を簡単に受け入れて、自分の都合でそれを切り捨てて、投げ捨てられた子の気持ちなんて見向きもしないブン太が一番悪いのだとわかっている。
それでも、碧がブン太の彼女でない限り、家族でない限り、口を出すのにも限度があるのだということも碧はわかっていた。
だからこそ苦しくて、はがゆくて、これはただの八つ当たりだ。
幼なじみという名の蜜と毒を同時に飲んでいるが故の。
碧は目を瞑った、甘んじて彼女の傷と怒りを受けるために。
けれど、しばらく待っても衝撃はこなかった。
恐る恐る目を開いて、視界が赤くて、わけがわからない、と混乱しながらも、こんな漫画みたいなことあるわけない、と心をなだめるしかできず。
元彼女と碧の間に飛び込んだのは、息を切らせたブン太だった。
背の高くないブン太よりも背の低い碧の視界は彼の赤い髪で遮られ、彼女の表情もブン太の表情もうかがえない。

「手ェあげんのは、勘弁してくんない?」
「あっ…、ま、まるい、くん…っ」
「…ブンちゃん…?なんで…」

彼女の、丸井、と呼ぶ声でようやく碧の意識が現状を把握した。
叩かれそうになったのを、ブン太が手を掴んで止めたのだと。
けれどどうしてブン太がここにいて、どうして彼女の手を止めるのかは碧にはわからなかった。
だって、ブン太は自分の手を離れたところで何が起きようと、基本的には気にさえしないような男なのだから。

「幸村くんと姫が言ってた」
「桜珂ちゃん…?あ…」

そういえば、彼女とは同じクラスだし割と仲良く付き合っているから、呼び出しを受けたことも告げてあるのだった、と思い出した。
幸村くんが知っているのはわからないけど、多分桜珂が言ったのだろうと納得して、そうであるならば、ブン太は自分の意志で来たわけでもなんでもないのだと思い至って、また少し気分が落ちた。
こういうことに口出しをするのなら、言われて出てくるのではいけない。
手を止めるのだって、理由がないとだめなんだと、碧は思う。
そこには人の気持ちと気持ちがあるのだから、見かねた、と、それだけで飛び出すには現場は軽すぎる。

「いいよ、ブンちゃん。部活戻ったら?私、言いすぎたもの。叩くので彼女の気が済むのならそれでいいと思う」

どこか投げやりに言う。
とにかくさっさとこんなことを終わらせて、碧ははやく帰ってしまいたかった。
ブン太の行動のひとつひとつに揺さぶられるのがもう、疲れてしまった。
そんな碧に、ブン太は勢いよく振り返って、頭上から大声で、怒鳴った。

「いいわけねぇだろぃ、こん、馬鹿!!」

べしり。
言葉と同時、碧の額にブン太の掌が勢いよく叩きつけられた。
唖然としたのは碧と彼女だ。
彼女はブン太に殴られるかもしれないとびくびくしていたし、碧はこの流れで自分が叩かれるとは思っていなかった。
状況についていけない女2人を置いて、ブン太は吊り上げた眉のまま腕を組んで続けた。

「言いすぎだろぃ、明らかに!!お前が何に怒ってんのかわかんねぇけどな、八つ当たりで人傷つけてんじゃねぇ!」
「…っ、ばかはどっちよ、ブンちゃんのばかっ!!!」
「な、なんでそーなんだよぃ!?今はお前の――」
「ブンちゃんがふらふらするからいけないんじゃないっ!彼女とっかえひっかえするからいけないんじゃないっ!!なんで私が怒るのかわかんないんだったら口出さないでよぉっ!!」

『何に怒ってんのかわかんねぇ』
その言葉に、碧の中で何かが切れた。
まんまるで大きな瞳からぼろぼろと涙がこぼれていくのももう止められない、それどころか、碧に泣いている自覚はなかった。
ただ、突き上げてくる衝動に流されるまま、喉からほとばしる言葉を止める手立てもないまま投げつけていくしかできない。

「な、泣くなよぃ…!」
「私はブンちゃんの彼女じゃないもの!彼女じゃないのに、どうして彼女たちから“邪魔”なんて言われなきゃいけないの!!どうしてそんな人たちから“幼なじみ”まで取られちゃわないといけないの!!わた、わたしのっ…特別まで取られないといけないの…!?がまんしてるのに、がまんばっかり、してるのにぃっ…!」
「碧…?」
「幼なじみは私だけだもん…!私だけのものだもんっ…!」

もう、碧は立っていられずに膝を地面について両手で目を覆って泣いた。
うわああん、と恥ずかしげもなく声を上げてなく碧に、今度はブン太が驚きで固まった。
幼なじみとしていつも一緒に過ごしてきたはずだけれど、ブン太は碧がこんなふうに大泣きしたのを見たことがなかった。
そして、泣きながら未だに喋り続ける内容も、聞いたことのないものばかりで。
おろおろとするブン太に、碧が泣き出して逆に冷静になった彼女が呟くように一言告げて、背を向けた。

「丸井君も、素直になったらいいと思うよ」

そう言って笑った彼女はとてもきれいで、それは確かにブン太の好みであったはずなのに、心は意識はずっと碧から離れなかった。
独占欲を示すような言葉を投げつけて、幼なじみだけは譲れないんだと、幾多の彼女がいてもそれだけは絶対に自分のものだと、ブン太の一番傍にいるのは自分なのだと、全身で、全力で、そう告げている碧から。
顔はぐちゃぐちゃに濡れて、子どもみたいに泣きじゃくっていて、こんなの好みじゃないはずだとブン太は思うのに、それでも、嫌いになれないし、むしろ可愛いと、こんなになっても、自分の所為でこんなになってる碧がいっそ、可愛いと思っていることにも気づいていた。
いや、ブン太はいつも気づいていたのだ。
ただ、見て見ぬふりを続けていただけで。
ブン太だってそうなのだ。
この、かわいくてたまらない幼なじみが、誰かに取られるのも嫌なくせに、無条件で信頼も好意も受けられる今のポジションを失うのがなによりも怖かった。
だからずっと、好きなのに見て見ぬふりをして、だけど心は正直だから、適当に付き合った女を碧と比べて、違うことに耐えられなくなったら別れて。
ひっく、と喉がひきつる痛々しい音が聞こえて、ブン太はもう言葉も紡げなくなった碧を見た。
この幼なじみのことはなんでもわかる。
それは自意識過剰ではなくて、絶対的な自信だ。
――碧はきっと、俺とおんなじだ。

「なぁ、碧」

泣きじゃくる碧は顔をさらに俯けて、ブン太から逃れるように身をそむける。
視線が合うようにとしゃがみこんだブン太は、目元を隠す碧の両手に手をかけて、ぐずるのを無視して力づくで手を降ろさせた。
見えたのは潤みきった大きな瞳。

「いい加減、俺の彼女になる?」

きゅう、と瞳が収縮して、大きな目がさらに大きく見開かれた。
桜色の唇は噛みしめて赤みを帯びていた。

「他人を碧と比べんのももうやめた。俺はやっぱ碧がいいし、碧もそうだろぃ?」

泣いた時はこうしていたな、と記憶を頼りにふわふわの碧の髪に手を差し込んで、ゆっくりと撫でてやれば、眉がくにゃりとハの字に歪んだ。
泣きすぎ、というだけではない理由で、碧の頬はもうすっかり春色に染まっていた。

「ブンちゃんじゃなきゃ、私、いや」
「あったり前だろぃ」

それがきっと、碧の最後の砦だったのだろう。
当然だ、と笑ってみせたブン太につられるように、今まで泣いていた碧は、その涙さえ輝かせて、鮮やかに微笑んだ。



その日、ふたりは幼なじみという関係に、もうひとつ、「恋人」という関係を追加した。






END







-----------------------------------------------------
立海R陣の、オムニバス形式短編集のつもりで練ってた設定のひとり
だから名前が名保ちゃんじゃありません
そんで、桜珂ちゃんは別のレギュラー相手のときにメイン張ります
出てきたし、次書くなら桜珂ちゃんだろうねえ
そういう感じで
オムニバスって言葉を曲解してなければ、それでいいは、ず…?




拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]