たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [580] [581] [579]
2017/11/19 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/22 (Thu)
タグ構ったりしてます
今度は滅ぼさないHP作ろうと思って…
放置上等、ジャンル混ぜ上等、みたいな
まあ気長に
しかし久しぶりすぎてタグ忘れてるし
昔すんごく便利なタグサイト様あったんだけど、閉鎖しちゃったみたいだし悲しいんだよなあ…
見やすいしわかりやすいし豊富だしで重宝してたんだけどな

やばいなあやぎゅ、柳生さんの眼鏡の奥を妄想するだけで楽しくてしかたありません
紳士だけど似非で本性は仁王よりやばくてとかときめく
ギャップ萌えの心臓撃ち抜かれた
真実紳士でも眼鏡外すとめっちゃ目つき悪いとかそれだけでも十分悶える
てかやぎゅかわいいよやぎゅ…!
におーとやぎゅとゆっきーがごろごろしてるとかわいくてたまらんです
しかし柳もたまらん…
立海かわいいなあ立海…!


続きはテニス連載の続き






*連載8話目
*シリアス?ターン突入













中間テストも無事に(一部無事とも言い難いひとはいたけれど)済み、迫る地区大会に向けて本腰を入れての活動に充実した毎日を送りつつ。
最近あたしの周りでは「ちょっとした事件」がちょくちょく起こっていた。
とはいえ、事件なんていうほどの事でもなく、あたしはその理由をしっかりわかっているからこそ関係無いと無視もしていられるわけなんだけれども。
ただ、厄介なのは同じクラスで同じ部活の白石君に、それを見られてしまうと色々アレなので、そういう場面に遭遇した場合は速やかかつナチュラルに何でもないように振る舞わないといけないこと。
まあ、今のところ隠すことに面倒なことはされていないわけだけど。
幸いなことにクラスのみんなはそれに加担していないようだし。
朝練を終え、今日も今日とて白石君に先に行ってもらってからひとりで昇降口の下駄箱を開ける。
今日は落ちてくるものは何もないなと静止してアクションを待ってから、改めて下駄箱を覗き込めば。

「なんつーか…ベタなことを」

こんもりと、あたしの内履きの中に盛られているのは、画鋲。
というか、こんだけ詰めたら本来の陰険なイジメの要を成さないじゃないのよ。
あたしはポケットに最近になって常備されてきたもののひとつであるビニール袋を引っ張り出して、内履きに山のように盛られた画鋲を収めていく。
これ、後で職員室にでも持っていけばいいのだろうか。
ひとつ残らずビニール袋に詰め込んで、カラになった内履きにようやく足を通す。
しかしそろそろ内履きも持って帰った方がいいのかな、と思わないでもないけど、それはまた放課後に考えることにして、あたしは画鋲の入ったビニールを片手に教室へと歩く。
こういうのを見られると面倒くさいからとわざわざ始業ぎりぎりに教室に入れるようにと遅く来ているため、ぐずぐずなんてしていられない。
画鋲、どうしとこうかな、このまま教室に持って入るときっと白石君は何となく感じとってしまうかもしれない。
勘とか鋭そうだし。
けど今職員室に寄ったら確実に遅刻する。
少し悩んでから、いいや、一限終わるまでは廊下に置いとこう、と適当なことを思いついてその通りに廊下にビニールを放置して、あたしはチャイムと同時に教室に入った。



以前に忠告を貰った通り、あたしは今どうやら嫌がらせをされているらしい。
と言っても本当に些細なことばかりで…例えば今朝みたいな靴に画鋲、不幸の手紙、たまに聞こえる陰口…そんなものだ。
あたしは今地区大会間近で忙しいし、正直構ってなどいられないから、もちろん総スルーだ。
過激になっていくようであればちょっとなんとかしないといけないかもしれないが、今のところはほぼ無害、故に放置。
地区大会さえ終われば、とりあえずはひと段落つく、はず、とも思っているし。
だからこそ、テニス部の誰にも、今は何も告げてはいない。
あたしの問題であって、こんな些細なことに気を散らされでもしたら困るもの。
白石君も忍足君も、気にしそうだし。
白石君は特に、同じクラスだからこそ、最近あたしがわざわざ遅く教室に入るようになったことを訝しげに思っていて、うっかりバレそうになったことが何度かある。
けれど、彼が同じクラスなのは正直、すごく有難かった。
多分クラスであからさまに嫌がらせがないのは、好意の対象である白石君がいるからだと思うし。
これであたしがテニス部に関係のないクラスにいようものなら、状況は少しばかり違っていただろうな。
何をしてくれなくてもそこにいるだけで力になってもらえてると思うと、益々伝える前に自分で収拾を付けてやろうという気になってくる。
教室でないということは、部活に嫌がらせが波及することも多分ないだろうし、そのことだけはほっとした。
立海に居た頃は女子部があったからか、よく嫉妬に駆られた女生徒が女子部室を荒しに来たりもしていたし、ほんと、熱に浮かれて盲目になってる女子ほど怖いものはないったら。
でも、テニスに、部活にもし手を出されたら、あたしも何をするかわかんないけどね。



ふんわりとした嫌がらせが続き、それをあっさりと無視する日々が続き。

バシャリ

移動教室に、と窓の傍を歩いていたのがそもそも油断していたということなのか。
突如頭上から降ってきたのは水。
それも、肌の上を滑っていくその色を見ればどうにも黒色をしていて、上を見上げればなんというか、都合がいいというか悪いと言うか、そこは確か書道部屋だ。
いや、つうか書道でこんな水に墨混ぜました程度で済んで良かったと思うべきなのかなんなのか。
なんて、思わず立ち止まってしまったあたしの頭上、水が降ってきただろう書道部屋の窓から、顔は見えないが声だけははっきりとあたし宛に嫌味が飛んでくる。
曰く、

「調子のってんなや」
「白石君優しいからってつけこんで、ホンマ、最低な女やわ」
「男狙うためにテニスしとるんちゃうんか、こんビッチ」

馬鹿か!
ついカッとなって言い返したくなったのをなんとか堪え(こういうのは相手すると助長して手に負えなくなるし)、滴る滴に塗れてしまった教科書を軽く叩いて、何事もなかったかのように歩き出す。
こんな風に、誤魔化しが利かない程度の嫌がらせをされたのは初めてだ。
制服はぐっしょりと濡れて、墨液の独特な匂いが鼻を突く。
この匂い自体は嫌いじゃないけど、嫌いになりそうだ。
とにかく早く水洗いくらいしないとシミになる。
あたしは授業をさぼる決意をして、部室の方へ急いだ。
部室の傍には水場があるし、部室には着替えも置いている。
どうせもう残りは6限だけなのだから、いっそ好都合だと思っておこう。
今授業に出たとしても、多分全然集中できないと思うし。
頭の中を回る、最後に聞こえた嫌味。
ふざけるなふざけるなふざけるな、上塗りするように同じ言葉を何度も嫌味の上に塗りたくりながら、水場の近くに教科書を投げる。
ペンケース、ナイロン加工でほんと助かった。
新品だったはずの教科書は薄墨で黒くなっていて、改めて見て眉を顰める。
蛇口をひねって水を出し、とりあえず手を洗う。
うっすらと墨色に乾いてきていたのを軽くこすって落として、そのままの勢いで顔も洗う。
ていうかシャワー浴びたい、いっそ。
まだ初夏で、日差しを浴びていればこそ暖かいが、日蔭はまだ少し寒いくらい。
こんな中で水浴びをしたら風邪をひくだろうか、あ、タオル先に持ってきておけばよかった。
思いながら、水の中に頭を突っ込む。
冷やりとした水が髪を抜けて地肌を滑り、ぞわりと全身に鳥肌が立つ。
やべぇ冷たい。
冷たさに瞑った目を開けて、排水溝に流れていく水を見ればまだらに黒ずんでいて、また眉を顰める。
もういいか、このまま服も濡らしちゃおう。
そう思って水から顔を上げた瞬間、視界に真っ白な何かがかけられた。

「ぶっ!?」

驚いて変な声が出たことを気にする余裕もなく、あたしはその顔にかかった何かを引っ掴んだ。
ふわり、と抵抗なく引きはがせたそれは、まぎれもなくタオルで。
え、と思って声を上げるより一瞬早く、頭上から声が聞こえた。

「まだ水浴びするには早いと思うで~」
「……オサムちゃん先生…」
「それ、ムズがゆなるからヤメテってゆーたやんか、“女王サマ”」
「そっちこそですよ」

いつもの読めない表情を浮かべた顧問はあたしの呼び名にわざとらしく身体を震わせて見せたりして、そんないつも通りのオサムちゃん先生に、なんとか驚きを引っ込めたあたしは蛇口を捻って水を止めてから改めて先生を見た。
もしかしなくとも、タオルを投げてくれたのは先生なのだろう。

「なんかすみません、タオル」
「オサムちゃんの使用済みやけどな!」
「……」

言われた瞬間、水場の外、草むらの上にタオルを投げたあたしの反応は間違ってないと思う。うん。

「ちょっおま、なんしてんねん人の好意をやなあ!」
「あ、すみません、つい」
「そーゆうんが一番傷つくんやでぇ…?嘘や嘘!洗い立ての新品やから使い」
「それなら安心です」

もそもそと動いて放り投げたタオルで顔と髪を拭う。
確かに洗剤の香りがするくらいで、あたらしいものなのだろう。
鬱陶しく落ち込む先生を横目にそれなりに水気を拭き取って、クリアになった視界で先生を見る。

「紅槻、シビアすぎやで…笑いはもうちょっと朗らかにいかなあかん」
「あたし、お笑いしないんで!」

嫌いじゃないけど、何かにつけてお笑いを求められても困る。
わざとツンとした表情を作って宣言してやると、先生は泣き真似をしてみせる。
さすがのノリの良さに、あたしはなんとなく気分が正常値へ戻っていくのを感じていた。

「それで、オサムちゃん先生はこんなとこで何してんですか?」
「もう定着かいな………ホレ、要るやろ、コレ」

そう言って差し出されたのは部室の鍵。
そこでようやくあたしは、部室に入るには鍵が必要なことを思い出した。
鍵もなくあたしはどうしようとしてたというんだろうか。
一気に脱力して、あたしは素直に鍵を受け取った。

「なんかほんと、ありがとうございます…」
「ええよ。あとこれも渡しもんや」

そう言って投げられたのは鮮やかな黄色と緑が眩しい―――ジャージ。
四天宝寺テニス部の、正レギュラー用ジャージだ。

「公式戦やし、作ってもろといたで。女王サマはひとりやからレギュラーとか関係あらへんしな」

ビニールに包まれたそれは男子のものと同じデザインの、女子用のユニフォームと一緒にあたしの手に納まった。
今まで来ていた芥子色のそれとはなんだか全然違うものみたいで、不思議な気持ちだ。
歴史と伝統、常勝という「誇り」とは違う、生き生きと新しい風を感じる、どちらかというとこれは、「輝き」みたいだな、と思った。
もちろん、そこに誇りが含まれていることは言うまでもないけれど。
なんだか違うところに来たんだな、と改めて実感して、ちょっとムズムズする。

「これで、女王サマもほんまに四天宝寺の一員やで」

ジャージをぼうっと眺めていたあたしに降ってきたのは、なんとなく意味深な言い方をした先生の言葉。
なんとなく引っかかるものを感じながらも、あたしは気のせいと流しておいた。
この先生はまだそんなに知れるほど働いているところを見た覚えはないから、その裏を読み取ろうと思っても無理な話だし。
ほな、とあたしの濡れた頭を一回ぽん、と叩いて、先生はさっさと水場を去っていった。
その後ろ姿を少しだけ訝しく思いつつ眺めて、校舎に消えた頃ようやく、あたしは預かった鍵を持って部室へと移動した。






C







-----------------------------------------------------
いじめのターン
でも嫌われ展開にはなりません
つか、オサムちゃん回かよ…!
当初はキャラ出なかったんだからそれより断然いいんだけどね…!
次は一応地区大会までねじこみたい


拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]