たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[584] [583] [580] [581] [579] [577] [575] [576] [574] [573] [572]
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/10 (Sat)
あ、車はラパンになりそうです
アニバーサリィー
色は変わりなく


困った困った、なんてSS書いてんだ
とりあえず、幸村くんと仁王のおはなし
お題に沿って、10話でできればいいな的な
仁幸仁で、とかね、おい俺!どうした!←

*20.5巻は手に入れたけどやっぱりわからないことが多い立海の、捏造あはは←
*仁幸仁を目指して
*名前呼びしてる範囲がわかんなすぎて、三強はみんな名前呼びしてますってことにしといた











【珍獣の飼い方】 by. [r e w r i t e(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]


1.まずはかわいがってきにいってもらいましょう
(てなづけるところから)




「蓮二」
「…精市か。例の事についてだな?」
「さすが、話が早いね」

フェンスの傍でノートを片手に立つ“参謀”を呼べば、彼はまさにといった風にさらりと俺の意図を汲んで言葉を返してきた。
中学に入って正式に仲間として組み始めたばかりとはいうものの、各種の大会で顔はすでに見知っていたし話をしたこともあったことが幸いして、俺と蓮二、そして弦一郎はひどく自然な距離で付き合えている。
ただでさえ聡い蓮二のこと、今のように何を語らずとも俺の意を汲んでくれるのが、やけにくすぐったく、それ以上に頼もしく誇らしい。
俺は蓮二の隣に立つと、弦一郎が声を張り上げているコートの方を見ながら笑った。

「まったく、おかしなものだと思うけど…蓮二がこうして俺の横にいないのが今まで普通だったなんて、変な感じがするよ」
「…そうだな。俺もそう思う」
「ところで、どう?」

くす、と軽く微笑んだ蓮二に満足して、俺は本題に触れた。
すると、わかっていた、というように蓮二はひとつ頷く。

「ざっと見た限りでは1割だな」
「てことは、10人弱?思ったより絞ったね。そんなに悪い?」

伏せた目をコートにやりながら、疲れたように蓮二が言った数字に、俺は少し驚いて振り向いた。
もう少し上くらいだと思っていたのだけれど。
思わず問い返した俺に、蓮二は困ったような、やっぱり疲れたような表情で軽く息を吐きながらつぶやく。

「悪い、と一概には言えないが。精市が望むレベルに達する者などそのくらいのものだ。今はまだいいが、この先の状況次第ではもっと減るだろう」
「へえ…。でもまあ都合がいいかな?最低でも5人、居れば事足りるわけだし」
「…お前は、多くの選択肢は望まないな」
「別に、そんなつもりはないけど、」

だって絞ってそうなるなら、余計なものはいらないもの。
蓮二には、立海大付属テニス部の新入部員――つまりは同学年の部員たちのデータを見て、『使えるか使えないか』を絞ってもらっていた。
俺の目的の為に。蓮二の目は確かだと信じているから。
今年はまだ無理だろうし、来年もどこまでできるか未知数だ。
けれど最終的に、俺と一緒に戦ってくれるのは、同学年のプレイヤーだけだ。
俺は全国王者になる。そのために、一緒にそれを目指してくれる“仲間”を見つけておきたいと思ったから。
先輩たちが嫌いなわけじゃないし、先輩たちや多くの同輩を仲間だと思っていないわけではないけれど、それでも、肩を並べられる仲間というのはやっぱりどうしたって違うんだから。

「どうせお前のことだ、何人か、自分でも目星をつけているのだろう」

わかりきった表情で蓮二が俺を向いた。
俺は少しだけ、はぐらかすことも考えたが、それが蓮二に通用した試しがないことを思い出してあっさりと頷く。

「うん。そうだな、3人…くらい」
「曖昧だな。誰だ?」

ノートを開いて尋ねてくる蓮二に、俺は再びコートを向いて視線を彷徨わせた。
目立つ頭をしているのが印象的だったから、そうして眺めるだけで目当ての人物は容易に見つかった。

「ええっと…あの、赤毛の」
「赤毛…丸井ブン太か。そうだな、体力面に不安はあるが、技術はずば抜けている。性格に多少の問題と、あとはカロリー摂取量が多いのが難点ではあるが…」
「そうそう、丸井。一回話したかな。性格、問題?面白いと思ったけどなあ」
「…(なるほど、そういう基準か)…他は?」

俺の言葉に蓮二が僅かに筆を滑らせるのを止めたのを見て、俺の判断基準を読んだな、とわかったけれど、俺は気にせずに続けた。
あえて一人をスルーして、もう一人。

「うーん…どこだろ、彼、目の前に立ってくれたらわかりやすいんだけど。こうなっちゃうと…あ!あれあれ、柳生!」
「柳生比呂士、特に目立ったところはなさそうだが…見た目に反してパワー…というより、球速があるな」
「そう、結構速い球打つんだよ。それもだけど、あの眼鏡が気になるよね!蓮二と一緒でさ、見えてんのかな、あれ」
「…見えていなくばさすがにプレイできないだろう」
「そっか、だよねえ」

ふふふ、と笑えば、蓮二は複雑そうに眉を顰めた。
俺がこんなふうに蓮二のことを言うのが初めてではないから、大分扱いなれてきた蓮二だけど、まだ少し、素直にスルーするには引っかかるのかな。
だから言いたくなるって、解っているくせにね。

「あとは、――仁王」

ふ、と視界を過る銀色。
冬の色をしたそれはゆらゆらと、暖かい日差しの下で揺れていた。




*



そんな話をした日の翌日。
屋上で俺は冬の色を見つけた。
それは、入学して美化委員に入ってからこっち、俺の庭のようになってきた屋上庭園の端っこ。
少しだけ背の高い花に紛れるように、きらきらと輝く銀の髪が揺れていた。
今は授業中だから、サボりかな、と人のことも言えない癖にそんなことを思う。
俺は昨日様子のおかしかった花がどうなったのか気になって居ても立ってもいられずに様子を見に来たところで、今は一限の授業中だと理解はしていた。
あくまでも理解だけは。
俺は世話のためにと持ってきた如雨露と軍手を入り口に置いて、ゆらゆらと揺れる銀色に近づいた。

「サボりかい?仁王」
「………噂の“神の子”がサボりとは、驚いたのう」

ひとつも驚いたような様子など見せずに、仁王はそう言って少しだけ視線を俺に向けた。
空を仰ぐようにして、組んだ両腕を枕にして寝ていたようだ。
俺の疑問形に応える気がないようで、俺を見た瞳はすぐに瞼に隠される。

「昨日見た時に枯れそうなのがあったから心配になってね。様子を見に来たんだ」

言いながら、仁王の傍に腰を下ろす。
今日はいい天気だ、仁王が寝たくなる気持ちもわかる。

「……お前さんは、怒るのかと思ったが」
「サボりのこと?俺もサボってるのにそんなことするわけないだろ」
「…そりゃ、そうじゃ」

ぱちりと仁王の右の目だけが開いて俺を見る。
よくもまあそんな器用なことができるものだなあ。
しばらく、ぼんやりする。
俺も仁王も何も話さず、身じろぎもせず、ただ息をしてそこにいた。
不意に喋ったのは、仁王だった。

「花は、ええんか?」
「うん?…ああ、昨日調子悪かったやつのことだね。うん、枯れてるだろうから、あとで抜いておかないと」
「…わかるんか」
「まあ、花を育てるのが好きだから、見ていればだいたいわかるよ」

ふうん、と素っ気なく息が漏れる。
俺が仁王の傍から離れて行かないのが不満なのかもしれない。
早く世話をして出ていって欲しい、とまで思っているかはわからないけれど、花の世話をしに来たと言ったくせにその様子を見せないのが気になるのだろう。
でも、俺はこうしてせっかく仁王と二人きりで話をできるチャンスに恵まれたのだから、この機会を逃すつもりはなく、少しでも仲良くなりたいと思っていたりするから、仁王の思うようには動いてやらない。

「今日は、天気もええしの」

ぱちり、と、思わず大げさに瞬きしてしまった。
つい、空から仁王へと向けた視線の先では、仁王がうっすらと笑っていた。
びっくりした、見抜かれていた。

「…やるなあ。いつ気づいたの」
「おまんが花を理由にしたときにはわかったぜよ」
「なんだ、最初から?」

あれはあれで本心だったから、見抜くのはきっと蓮二くらいだと思っていたのに。
俺が屋上庭園に来た理由。
花が枯れたから、とか、そんなのはどうでもいいことだった。
いや、どうでもいいわけではないけれど、本当のところは少し違う。
ただ、なんとなくサボりたくなったからサボっただけ。
こんなこと、弦一郎にバレようものなら鉄拳制裁も免れないのだろうけど、そのための本心の隠れ蓑が花だ。
仁王とはほとんど話したこともないのに、よく俺を観察していたな、と素直に感心した。

「変な奴じゃの、おまえさんも」
「も、っていうのは、自分のことを含めてるのかな」
「………プリッ」

よくわからない言葉を吐いて、仁王はあさっての方向を向いて沈黙した。
対して俺は、そんな仁王が面白くて、ついつい声を立てて笑ってしまう。
面白い、やっぱり面白いよ、仁王。
目をつけたのはそこではなかったはずなのに、接してみれば想像以上で、なんだかひどく満足した。

「仁王」
「………なんじゃ」
「俺はお前のテニススタイル、面白いと思うよ」

笑ったのが不満だったのか、俺の呼びかけに溜めて返した仁王に、俺はやんわりとそう声をかけた。
ひくり、と仁王の肩が少し揺れたのが見えて、自然と笑みが深くなる。

「仁王にしかできない、仁王のテニスだ。まだまだ甘いけど」
「…ダメ出しか」
「やだな、認めてるんだよ、仁王雅治というプレイヤーを。わからないか?」
「………」

つん、と指先で、屋上に広がった仁王の髪に触れる。
春の日差しに温められたそれは、色の冷たさに反して少し熱い。
まさに、この男のようだと思ったのは、心のうちに秘めておく。

「仁王。いつか、俺をも騙してくれるんだろう?」

仁王の目に俺がどう映ったのか、それは仁王にしかわからないけれど。
仁王は俺をしっかりとその、琥珀色の目に映して、にやりと口角を上げて笑った。

「やっぱり、変な奴じゃ」
「うるさいな」

ぺしり、とその頭を叩けば、今度は声に出して仁王が笑った。
俺も笑った。
それが仁王なりの人を受け入れた証であることは、しっかりと気づいていた。






(ぺてんしというちんじゅうにきにいられたかみのこと、かみのこというちんじゅうにきにいられたぺてんしのおはなし)







------------------------------------------------------
要は一番最後の()の部分がテーマになるわけですが
ぐるぐるしているのでまとまりなく…
個人的に、立海の本当の意味での大人組は、柳と幸村と仁王だと思うわけです
真田は顔が大人だけど、心の純粋さは赤也に引けをとらない、そういう意味でこどもです
3人に次いで大人なのはブンちゃんですが、ブンちゃんはちょっと3人とは方向性の違う大人です
おにいちゃんらしい大人らしさというか
そういう面では3人よりも大人かもしれません、ほんとのほんとのほんとの部分で自己中心的になりきれないから
ジャッカルと柳生はきれいな大人です
なんか考えてたら逆っぽくなってきた、なんでだ
まあとにかく幸村くんと柳と仁王が好きですって話



拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]