たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[618] [617] [616] [615] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606]
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/06/20 (Wed)
やっぱり男前な幸村くんが好きなんだよね


軍パロ続き。














上座に幸村、すぐ下に真田と柳。次に丸井と仁王、ジャッカルと柳生が続き、最も下に赤也が着く。皆が席に着き、資料が行き渡ったことを確認して、幸村が口を開いた。


「まあ、資料見てくれたら話はそれで済むんだけど…昨日急に連絡が回ってきてね」


身も蓋もない前置きをして、皆の視線を集めてから、ちょっとばかり困ったような表情を作って、幸村はゆっくりと本題を告げた。


「来月、本期の支部連絡会があるのは皆なんとなくわかってたんじゃないかと思うんだけどね。本来なら今年は青学で行われるはずだったんだけど、ちょっと無理そうならしいんだ。昨日手塚から、今年は立海でやってくれないか、と言われて、うん、って言っといたから、皆、よろしく頼むよ」


さらりと、何でもないことのように幸村が告げると、話を告げられていた柳生以外の全員がピタリと固まった。いや、赤也だけはその頭上に疑問符を浮かべて、そもそも話についていけていない様子だったが。


「ちょっと…待ってくれ、精市。来月と言ったか。支部連絡会はいつの予定だ」

「ええと…確か10日で…ああ、あと2週間だね」

「2週間!?ま、マジかよ…!」


柳の冷静な質問にあっけらかんと返答した幸村に、周囲は今度は唖然とした。いくらなんでも期間が短すぎる。通常であれば何週間、何ヶ月も前から準備してしかるべき会議だというのに、残された時間は2週間と恐ろしく短い。そんな呆然と混乱を内包した空気に、そろりと挙手が差し込まれて、全員の思考が一度止まる。幸村が小首を傾げて促すと、手を挙げた本人――赤也がごくりと唾を飲み込んでから、へらりと笑って疑問符を放り投げた。


「…支部連絡会って、何スか?俺、関係あるんスかね??」


ここで、真田の鉄拳及び怒声が落ちなかったのは、ひとえに幸村の一瞬早い行動のお陰であった。揺らめく気焔さえ見えそうな程の怒気は、隣に座る丸井がその横のジャッカルを盾にする程。左手一本でそれを収めた幸村に、丸井は内心で喝采を送った。


「…まあ、赤也は初めてだろうからね、本格的に関わるのは」

「あくまでも“本格的に関わるのは”だろう…!どんな下級士官でも、支部に在籍している以上無関係では居られんはずだ!」

「駄目だよ真田、赤也の脳みそに期待しちゃあ」

「…ぬ…!」

「あれ、今俺なんかナチュラルに馬鹿にされませんでした…?」


幸村の酷い言い回しにもそれに納得を示した真田にも釈然としない感情を抱きながらも、そうまで言われるということは、それなりに大変なことを知らないのではと、さすがの赤也も思い至る。そこで柳が、呆れを含みながら静かに口を開いた。


「赤也、俺たちの属する立海が、日本特務執行軍中部支部だというのはわかっているだろう。そして、立場的には並列に、東京支部の氷帝、東部支部の青学、関西支部の四天宝寺、九州支部の不動峰、沖縄支部の比嘉がある。ここまではいいな?」

「あー、ハイ。なーんか東側が大雑把だなーとか思った記憶あるッス」


確かにそうだが感想それだけか、と丸井が内心で呆れのため息を吐くのと、幸村がくす、と笑いを漏らしたのは同時だ。本来もっと北に設置されるべき東部支部が東京に置かれていることはあからさまな違和感だが、そうなっているものは仕方がない。北海道支部は確かにあるのだが、並列ではなく青学の下に置かれていることからも仕方がないとしか言えないのだ。俺も思った、と内心同意した幸村はだが、沈黙を守って柳の説明に耳を傾けた。


「各支部は基本的に中央本部の最高司令室からの司令が無い限りは、判断は各支部に委ねられている。防衛、攻撃、諜報、それに伴う部下の育成諸々全てな。とはいえ、日本特務執行軍という組織に属しているからには、組織としての活動も必要だ。わかるか?」

「…ッス。万一日本に戦争吹っ掛けられた時に、支部が全部バラバラにやってたんじゃ、勝てるモンも勝てねえってことッスよね?」

「まあそういうことだ。それに、支部に閉じこもっていては軍全体の質も落ちる。だからこそ、定期的に支部間で武術訓練や作戦会議等を行っているわけだ」


ふんふん、と頷きながら真剣に耳を傾ける赤也に、2人以外の全員が、やれば出来るくせにやらないから貧乏くじを引くのだとそろそろ気づけばいいのにと思っていることは、本人だけが知らなかった。実際、こうして幹部の会議に顔を出すことを許されているのは、少佐という立場では赤也だけだった。戦闘能力のズバ抜けた赤也だが、それだけではさすがに幹部会には出席できない。その意味に、しかし赤也はあまり気づいても意識してもいないようだった。


「それで、ようやく本題だが、今回の議題であるところの支部連絡会というのはだな、その年1年間の支部間訓練や合同演習等の日程、内容等を定め、また支部長同士の交流を図る会議だ。つまり、各支部から、すべての支部長が一カ所に集まる、非常に重要な会議ということだ」


眉を寄せて告げた柳に、しかし赤也は余りピンとこないのか、へえ、とだけ呟いてまだ先程の先輩らの驚愕に納得がいっていないようだった。それを横目で確認した丸井が、ため息と共に言葉を添える。


「わかんねぇ?ココに全国を牛耳ってる支部のお偉方が全員集合すんだぜぃ?まー険悪ってこたねぇけどよ、仲良いわけでもねぇだろぃ、幸村君」

「んー…、まあ、東京の2人はよく会うからあれだけど、他3人はこういうときしか顔も合わせないからねえ。沖縄は特に、去年と代替わりして今年は新顔ばかりだと聞いたから、どうなることかな、とは思ってるよ」

「敵ってわけじゃねぇけど、まあ、ピリピリすんのは確かだぜぃ」


丸井の補足に、赤也はげえ、と顔を歪ませた。今まで赤也は、確かに他の支部との模擬訓練に参加したことはあったが、その前振りにそんなものがあったとは、知らなかったのだ。支部全体で支える会議だというのに知らないで過ごせていたことがまず奇跡と言えるだろうが。


「それに、よぉ考えてみんしゃい。全国からそのトップとも呼べる連中が集まるんじゃ、何が起こるか、“何を起こそうと思われる”か、考えんでもわかるじゃろ?」


仁王の言葉に、赤也は怪訝そうな顔を一瞬だけ浮かべ、すぐに何かに気付いたようにハッと目を瞠った。


「――って、じゃあめっちゃ大変じゃないッスか!!」

「うん、そうなんだけどねえ。もう“うん”って言っちゃったし、昨日のうちに跡部にはもう伝えてるから」


東京支部、本部の足元に座を置く跡部に伝えてあるということは、それは決定事項ということだった。それも昨日のうちに済ませているということは、今頃はきっと跡部の口から本部の総帥へと話が進んでいるだろう。もう進む以外に道がないことを悟らされてしまった真田と柳は、これが幸村精市だと知ってはいても漏れ出るため息を抑えられなかった。


「さて、赤也がちょうどいいところまで理解してくれたところで。俺としてはここが本題なわけなんだけどね」


あ、資料は各自目を通しておいてね、と軽く伝えてから、幸村は指を組んで椅子に深く腰掛けた。その瞳は僅かに眇められているが斬るように冷たい。それとは相反して吊り上った唇に、ぞわりと背が冷えるのを全員が感じ取った。


「各支部長には悪いけど、この機を逃すつもりはないよ」


一体何のことだ、と誰も問わない。幸村の言葉の指し示すところを、誰一人として違わず理解した。


「手塚は申し訳ないって言ってたけど、俺としては渡りに船だ。いい加減煩わしいと思ってたところだし」

「このことは…跡部には話したのか?」

「ハッキリとは言ってないけど、まあ跡部のことだ、気が付いてるんじゃないかな」


それで、だ。

ぐ、と上体をデスクへ寄せて、組んだ指の上に細い顎がのる。近づいた幸村の表情は先ほどよりもハッキリと笑んでいた。冷え切った瞳とは正反対の、愉悦に満ちた燃える瞳で。


「仁王には“いつもの通りに”。任せる」

「りょーかい」

「詰めるのは蓮二に任せるよ」

「ああ、任せてくれ」

「真田は警備を全面的に任せることになるけど、問題ないよな」

「当然だ」


次々と指示を出していく幸村の、言葉と意図を読みつないでいく。それこそが立海の幹部における最重要項目だ。無駄な質問も指示もない。どうしようもなくバラバラであるはずで、そうであることを幸村自身が望んでいるのに、自然と一つに統率され収束し、最後は幸村の元へ戻る。酷く頑強で、逆に言えば酷く脆弱なシステムこそが、立海だった。


「柳生は苦労をかけるけど、当日俺の傍にいてくれ。“どっちでも構わない”けど、必ず柳生がね」

「ええ、心得てます」

「ブン太は当日、俺を任せることになると思うから、よろしく頼むよ」

「任せとけって!」

「あ、あとほんと悪いんだけど跡部の舌を唸らせるようなの、用意してもらえる?2週間じゃ難しいかなとも思ったけど、ブン太なら大丈夫だよね」

「あったり前だろぃ!!跡部にゃもったいねーくらいのモン、用意してやるぜ!」


付け加えるように告げた幸村の言葉に、丸井は一瞬きょとんとしてから、挑戦的に笑った。それはきっと、幸村以外から告げられればただの無茶振りに違いなかったのに、その声に滲む信頼に、応えたいと思わせるところが幸村のすごいところだ、と丸井は常々思わされる。彼の信頼に応えるためならば、2週間でそれなりの量と質の材料を確保することくらいなんてことはないのだ。

会議そのものは1日だけの設定になってはいるが、滞在はその限りではない。公表の後に各支部長からの申請で決まる。当日で帰路に着く者もいれば、数日滞在する者もいる。今回は急な為に長期滞在ということはないだろうが、どのみち昼食、夕食は饗されることとなるのだから、立海の台所を預かっている丸井にとっての勝負の、ある意味本番はこちらだ。


「で、ジャッカル、ブン太がそんな感じだから、当日はお前にも苦労かけることになると思う」

「まあ、慣れてっから、任せとけよ」

「赤也は――…」


苦笑を浮かべたジャッカルに笑み返してから、すい、と一番下座に座る赤也に目をやって、幸村はちょこんと首を傾げた。つられるように赤也も首をかしげて、こちらは同時に疑問符も飛ばす。


「特にないからいつも通りにしておいで」

「――へ?」

「今は特に何も指示は無し、ってこと。あ、でも当日はお前も俺の傍に付いてもらうから、今のうちに柳生に作法とか教わっとくといいかもしれないね。頼める?柳生」

「…ふふ、これは鍛え甲斐がありそうですね」


きらりと眼鏡を光らせて笑う柳生に、赤也は幸村の時とは違った意味で背筋が冷えるのを感じた。


「つ、つか、俺だけ指示無しってどういうことッスか!」

「指示、出してあげたじゃないか、柳生とレッスンって」

「ちっが!そーいうんじゃなくってですねえ!!」


指示への不満をぎゃあぎゃあと喚く赤也を適当にあしらいながら、幸村は2週間後のことを考えた。今まで度々手を煩わされてきた。大した問題じゃないと言えばそうだったが、それでも目障りなことに変わりはない。


「ほらほら、いつまでごねてるの。もう決定事項ですー。文句は受付ませーん」

「~~~ズルいッスよー!」


まだ渋る赤也の反論を断ち切って、改めて幸村は椅子に座り直した。さっきまでの緊張感などすでに霧散し、ゆったりと、余裕と威厳だけを纏って。


「今日この後に公表するから、多少大げさに動いてくれて構わないよ。差し迫った事態に多少は見逃されることだろうからね。そうすればこの機を向こうも逃さないだろ。タイミングは仁王に任せるから、とにかく俺は関西以南に連絡だけ取っておくよ」


一度言葉を切って、細めた瞳で一同の顔を眺めてから、幸村は徐に立ち上がった。肩に掛けた上衣がふわりと翻る。


「色々と急な話だ、簡単には行かないだろう」


大きく取られた採光窓からの光が、幸村を背から照らしだす。その表情にも立ち姿にも、一切の気負いも不安もなく、自信ばかりに象られたような眩さでもって見る者の瞳を灼いた。


「それでも俺は、俺の選んだお前たちを信じている。我らは立海、何者にも負けは許されない、王者だ」

 

 

----------------------------------------------------next 3------------------


ほんまに説明入れないでいってるけどいいかな
設定一部出たのでメモ

・日本特務執行軍
要は軍隊
ただ、自衛隊ではなく、軍隊なのでちょっとネーミング悩みました
日本軍でもいいんだけどさーもしかして後々の設定で日本軍とは別個の一軍として、という意味合いを持たせる可能性あるなーと思って

・支部
支部の分け方についてはほんと適当です
だってテニス関東がメインで東側特に出ないんだもの

あー、本部を北海道にあることにしてもいいかもしれないと今思いついた←

ま、支部は今のトコ下記の通り
・東京支部氷帝
支部長(最高司令官):跡部景吾
東京のみ管轄
・東部支部青学
支部長(最高司令官):手塚国光
埼玉以北管轄
・中部支部立海
支部長(最高司令官):幸村精市
愛知、岐阜、富山で線引き、以東管轄
・関西支部四天宝寺
支部長(最高司令官):白石蔵ノ介
中部支部以西、四国含む
・九州支部不動峰
支部長(最高司令官):橘桔平
九州管轄
・沖縄支部比嘉
支部長(最高司令官):木手永四郎
沖縄管轄

なんとアバウト!
ちょっと考察の必要あるからまあ、メモ程度に
あとは六角とか山吹とか、銀華とか名古屋聖徳とかいれればいいの、だろうな…
不動峰を九州に置いたのも無理矢理なのに…どうすっかなあ…日本を何等分にするか、って問題だな…
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]