たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615] [612] [611] [610]
2019/05/27 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/06/28 (Thu)
悶々している今(?)流行りの傍観主
傍観主と、嫌われ主と、逆ハ主のコラボで、逆ハ主は設定が夢主だけどこの夢では扱いが敵というか嫌われのいじめてるほうというかそんな感じ
あとトリップと年齢操作まで混ぜた
めっちゃまぜこぜでわたしの脳みそ整理するのもたいへーん
ということで説明っぽい一話
すでに始まってる感じなので相変わらずわかりにくい
 
 
いつものように屋上に出た。寒風吹きすさぶこの時期はいつにも増して人気が無く、名保は小さく息を吐いた。白く凝固する吐息が風に流されるのを見送って、もう定位置になってしまった場所へと腰を下ろす。見えるのは灰色の屋上と灰色の空。耳に突っ込んだイヤホンだけが陽気な音を紡いでいた。
授業中にこうして屋上や空き教室に赴くのも、もう慣れたものだった。教師も、目が合えばこそ形式上の注意はするが、ほとんどは見逃してくれるようになった。触れなければ好成績を残す腫れ物。最初の1年に刻み込んだ印象は、入れ替わる教師にもしっかりと伝えられているのか徹底している。どうせ義務教育、出席日数だって関係ない。ぼんやりと空を眺めて音楽を聴くのが、名保の学校での過ごし方だった。



名保は大学4回生だった。卒業のための論文を仕上げるため、授業が少なくなった代わりに研究室と図書館を往復する毎日を送っていた。一人暮らしとバイトで忙しかったし、研究は思うようにはいかなかったし、それなりに挫折もした。けれど充実していた。確かにそこで名保は、地に足をつけて生きていたのだ。彼氏だっていた。大学の1回生のときに知り合って、付き合うようになってからは2年も経った。自慢ではないが、好き合っていたと自負もしている。結婚だって考えられるくらい、将来のことも現在のことも、明るく輝いていたように思う。

それを全て、ある日に名保は捨てさせられた。

目が覚めたときは気づかなかった。いつもの自分の部屋のような気がしていたから。けれど、起き上がって、覚醒していく意識と共に、目眩というのは優しすぎるほどの吐き気に見舞われた。確かにそこは自分の部屋だったものだけれど、それはもう何年も前の話のはずで。夢だと思いたいのに、はっきりしすぎている意識と視界に裏切られて夢だと思うことも許されない。何かを確かめるのが恐ろしくて動けずにいれば、こちらから動くまでもなく向こうからこの現実を押しつけるためにやってきた。母だった。実家にいるはずの、会うためには何時間も電車に乗らなければ会えないはずの、名保の部屋に訪れる時は事前に連絡を入れなければ気が済まないような性質の、母が。名保の部屋らしき場所の扉を開けて、起床を促していた。
夢だと思いたかった。けれど、寝ても起きても頬をつねっても、すべてのものが名保にこれが現実だと突きつけてきた。正直なところ、気が狂わなかったことがいっそ不思議でたまらないくらいだった。
けれど、親の心配げな視線と雰囲気に、通っていたらしい学校からの担任の訪問に、元来常識人で人に迷惑を掛けるのを嫌う名保は、次第に現実に慣れていった。慣れざるを得なかった。そうして通うようになった学校で、名保は二度目の衝撃を受けた。自分が学生服を着て学校に通うということ事態受け入れられないのに、その、行った先に、目を疑うような人物がいて、たぶんあのときは確かに発狂したのではないかと名保は思う。
しばらくまた学校に行かず、引きこもりを続けた。なんで、どうして。答えの出ない問いを繰り返し続けていた。それを変えたのは、またしても親だった。父も母も、名保に泣いて縋った。何があったのか、どうして話してくれないのか、名保のことをどれだけ心配しているのか。大学生だったときの名保でさえ見たことのない両親の姿に、二度受けた衝撃とは違う、心を裂くような衝撃が走った。同時に、何してんだろうあたし、と肩の力が抜けるような心地もした。
それからは、名保は学校に行くようになった。こうなってしまっては、これが現実であるからには生活して行かなくてはならない。名保は一度、社会というものに片足を突っ込んでいる。生活することの大変さを、少しだけならわかっていた。だから、学校には行く。授業は呆れるほど簡単で退屈だったけど、テストはしっかりと受けた。けれど時々、無性に逃げ出したくなって屋上や裏庭、空き教室でサボることも多かった。サボっても、両親は何も言わなかった。教師も何も言わなくなった。高校に行けばこそ生活態度は変えなければと思うけれど、この学校に居る間は、居なければいけない間は、名保はなじむことなくそこに居るだけの道を選んだのだった。それもすべて、“彼ら”に関わらないために。

二度目に受けた衝撃は、それこそ信じがたいもので、けれどすでに信じられない体験をしていた名保にとって、嘘だと思うのも難しいものだった。
名保は大学生だったとき、漫画やアニメに普通程度親しんでいた。王道と呼ばれるような発行部数の多いものなら大抵は読んでいたし、決まった時間に組まれているアニメも習慣のように見ていた。だから気づいてしまった。精巧なコスプレでも見ているんじゃないかと思ったけれど、1日、気が狂いそうになりながら観察をして、もしかしたらもしかして、本物かも知れないと思い至って絶望したのだ。
名保は二次元と呼ばれる世界にいる。実際に存在しているのは三次元だとわかっているのだが、“彼ら”が名保が知りうる情報を抱えて存在している限り、ここは二次元でしかない。“彼ら”を見ると必然的にそれを思い知らされる。見たくもないのに目の前に晒されるのは、耐えられない苦痛だった。だから、逃げたのだ。なんの試練かと思うほど、1年目も2年目も、名保の配属されたクラスには“彼ら”のうち1人は在籍していたから。

ふう、と息を吐いてイヤホンを取る。ずっと耳をふさいでいたそれがなくなると、冷えた風と静寂が耳を刺激した
。ぶるりと身体が震える。さすがにこの時期、外にいるのはなかなかつらい。寒くなってくると、考えも暗くなる。自ずと閉じていた目を開いて、そして映ったものに名保は声を出さなかった自分を褒めたいくらいに驚いた。
雪より鋭利な色の髪、同じくらい鋭く、色素の薄い瞳。およそ一般人らしからぬ風貌の男子生徒が、“彼ら”のうちの1人が、人1人分ほどの距離でじっと名保を見ていたのだ。

「紅槻さんじゃ」

にい、とまるでチェシャ猫のように笑って、仁王雅治は口を開いた。同時に、名保の眉間に皺が寄る。サボるに当たって一番気をつけていたのが、この男と出会う可能性だったのに、と舌打ちしたい気持ちに駆られた。
1年の時に同じクラスで、名保にこの現実を知らしめた存在が仁王だ。あからさまに浮世離れしている容姿に性格は、読んでいた本の中にいた人物と違うことなく名保の前に現れた。同じクラスだった頃はよかった。仁王がサボっている間は名保が教室にいればいいし、仁王が教室に居る間は名保が別の場所へ行けばいいから。けれど、2年になってクラスが分かれてからは、サボるのにも神経を使っていたのだ。どこにでも現れる、この男に遭遇しないために。

「………」

名保は黙って、手早くミュージックプレイヤーを片付けるとその場を去ろうと立ち上がった。と同時に仁王も立ち上がり、すり抜けようとした名保の手を掴んだ。

「っ」
「そう避けなさんな。ちょっとばかし、聞きたい事があるだけじゃけぇ」

仁王を睨み付けて、握られた手を引いてみてもびくともしない。暫く無言で掴まれた手を睨み付けてから、名保は諦めたように手から力を抜いた。

「…何」
「おー、冷たい反応じゃのう。…俺を避けとるっちゅーんは本当のようじゃの」
「それが、何」
「特に何かした覚えもないし、理由が気になってな」
「アンタも暇人ね。それともそんなに周囲の女子にちやほやされたいの?別にアンタを避けようがどうしようが、関係ないでしょ」

冷たく言い放つと、仁王の瞳が細く眇められた。気分を害したのだろうか。それだって別に、名保には関係ないし、どうでもいいことだけれど。とにかく掴まれた腕を取り戻したくて、早くこの場を離れたくてならない。そんな名保の心を分かっているかのように、逃がしはしないと仁王の腕の力が強まった。少し痛いくらいの力に自然と眉が寄る。

「そうじゃ、関係ない。じゃけど、俺がお前さんが避け続けとる理由を気にするんも、お前さんには関係ない」
「……そうね、まったく迷惑なことだわ」
「俺だけじゃったらまあ、色々心当たりあるんじゃがな。お前さんが避けとるんは俺じゃないじゃろ?テニス部の、それも新のレギュラーメンバーだけじゃ」
「………それが?」

ぎくりとした。今でこそあからさまに“彼ら”だけを避けるようなことはしていないが、1年のときから、名保は自分の知っている“彼ら”だけは徹底的に避けていた。特に最初はあからさまなほど。けれどそれは、避けられる側からすれば不自然で突拍子もないものだと、気づかされたのだ。
仁王は疑っている。結論はあり得ないようなもので、名保自身気づかれることはないとわかってはいるが、それでも仁王は疑って、そうして何かを確かめに来たのだ。
大丈夫だ、安心しろ。まだ仁王は何も確信など得ては居ないし、そもそも確信を得ることは不可能だ。そう心のなかで唱えて、名保は気づかれないように細く息を吐いた。

「話がそれだけならとっととその手を離してくれない?」

弱さを見せないようにと虚勢で仁王を睨み付ける。それの何が楽しかったのか、仁王はククッ、と喉を鳴らして笑ってから、いいやと首を振った。

「本題はこっからじゃ」

なんのことだと訝しむ名保に、仁王は底冷えするような瞳を向けた。一瞬、身体が震えた気がした。

「前原と仲良うしとるんじゃってな?」

今度は、名保の瞳から温度が消えた。そして浮かぶのは呆れと嘲りと僅かな落胆。仁王が本題だと言うその質問は、名保にとって先の質問に比べるまでもなくどうでもいいことだった。予想していたのもある。それが仁王だったのは予想外だったけど。

「だったら?どうだっての」
「お前さんは今、学校がどういう状態かわかっとって言っとるんか」
「だったら、どうだ、って聞いてるの」

ばからしい。言葉にこそしなかったが、名保は全身でそう告げていた。学校の様子も当然わかっている。いくらサボり魔でほとんど授業に参加しないとはいえ、一応この学校に通う生徒であって、そして名保は鈍い方でもない。今度ははっきりと仁王を見上げて睨めば、仁王も細めた目で名保を睨み付けていた。その様子に、思い返すように名保も目を細めた。今の仁王雅治を見ても、名保の根幹が揺らぐことにはならなかった。

「アンタ、本当に仁王雅治?悪魔をも騙せる男、なんて、身内贔屓も甚だしい言葉ね」
「何」
「今のアンタ、悪魔を騙してんのか、それとも悪魔に“騙されて”んのか、どっちなのかしらね」

名保の淡々とした言葉に、仁王は目を見開いた。同時に緩んだ手を振り払って、名保は仁王から距離を置く。ここで逆上しなかっただけ、まだ仁王は救いようがあるのかもしれない、と名保は思う。言われた意味を理解できなかったと言うことは、仁王雅治においては無いだろうと思うしと。何かを言いたげに口を開き掛けた仁王の言葉を、しかし名保は聞きたくなくて、重ねるように口を開いた。

「紅槻、」
「あたしが何をしようとあたしの勝手だし、アンタらが何をしようとアンタらの勝手。だけど、あたしは容赦しないし気に掛けてやりもしないから。…アンタらの顔なんて、見たくもない」

言い捨てて、名保は仁王に背を向けた。後には混乱した様子の仁王を残して。屋上を出て、名保はため息をついて髪をかき乱した。もう帰ろう、気分は最悪だ。ただ、心を過ぎった友人のことは少し、心配ではあるけれど。



屋上に残された仁王は、フェンスに近寄るとずるずるとそれに背を預けて座り込んだ。頭の中では、名保の言葉と表情がぐるぐると回っている。
おかしな奴だと思った頃にはすっかりと避けられていて、話をしたことどころか、顔をしっかりと見るのもこれが初めてだった。紅槻名保。仁王の1年の頃のクラスメイトで、同じくらいサボっているのに頭が良く、サボり以外の生活態度も悪くはないためか教師に見逃されている女。なぜかテニス部の、特にはこの秋から正式にレギュラーに選ばれた者を毛嫌いし、避けている女。そして、前原祥香と、現在唯一交流を持っている女。
最初は避けられているのも自分の女関係によるものだと思っていたが、それが現レギュラー全員に及んでいると知れた時点で考えを改めた。3強はともかく、選ばれる前から仁王は特に目立っていた自負もあるし、それで言えば丸井も目立っていたために、まだ辛うじて避けられるメンバーに含まれていてもいい。けれど、柳生やジャッカルにまでそれが及ぶとなれば、その理由が見当もつかないのだ。目立つ奴が嫌いということであればテニス部に限らず他にもごろごろ居る。けれどこうして会ってみて仁王が感じたのは、名保はテニス部レギュラーのことを限定的に避けているということだ。
そしてそんなことよりもよっぽど、前原祥香と友人関係にあるのかどうかということを確かめたかったはずだった。それなのに。

「なんでアイツ、幸村の言葉を知っとるんじゃ」

仁王を“悪魔をも騙せる男”と称したのは幸村だった。現在は病気療養中のテニス部部長。その言葉を聞いていたのは、仁王と幸村だけだったはずなのに。膨らむ名保への疑問と違和感、そして現在のテニス部の状況、己の立ち位置。考えることばっかりで、仁王は頭をかきむしった。考えても考えても答えは出ない。けれど考えるのをやめてしまうことは、仁王の中のどこかでひどく警鐘を鳴らしていた。
名保の言葉に思うところがないわけではない。けれどもなぜかそれを認めることができないのだ。常にない己の状況に、一番参っているのは仁王だった。そしてなぜだか、名保が答えをくれるような気がしてならなかった。得体のしれないあの女ならば、この不可解で気持ちの悪い現状を、なんとかしてくれるような気がして。
話しかける前の名保と同じようにフェンスにもたれて空を仰ぐ。どんよりと曇った空が、仁王の心とテニス部の現状を物語っているような気がして、吐き気がした。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]