たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[617] [616] [615] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605]
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/06/19 (Tue)
テニス軍パロが楽しくてならない…

ということで続きはそれ
NOT夢
幸村くん総愛され的な
幸村くんがどんだけスゴイかを讃えるだけの文章になりそうな予感しかしていない←
ちなみに続く

説明は文章の中で出す程度にしかしないから私以外が読むとわかりにくいかもしれない…





 











「赤也」
 
聞き知った清流のような声音に、赤也は早めていた足を止めて声の方を振り仰いだ。
 
「柳先輩!どうしたんスか、こんなとこで」
 
ぱたぱたと足音をさせて近づいてくる赤也を、声音と同じく涼やかな表情で待つ柳は、まるで耳としっぽが見えるような赤也の反応にわずかに表情をゆるませる。己を慕ってくれているこの年下に、柳は多少なり甘い。駆け寄りつつ疑問符を浮かべて首を傾げる赤也をこうして迎えることが、その表れであることを、少なくとも柳自身は確りと把握していた。
 
「精市から呼び出しがあっただろう。お前がここを通る確率は97%だったのでな。迷子になる前に迎えに来た」

柳の言葉に、今までピンと立っていた耳が落ち、しっぽがしおれる幻覚を見せるほど極端に、赤也はふてくされた表情でそっぽを向く。決して方向音痴というわけではないはずなのだが、まだ1年目の赤也はこの建物内の構造を理解しきってはいなく、呼び出しがある度に迷い、遅刻を繰り返していた。今回赤也の通り道に柳が現れたのは、遅刻を防ぐべくとの愛情だ。それを仲間内では『甘い』と評されてしまうが、柳にも今の所、それを否定することはできていなかった。
 
「迷子って…俺そんなガキじゃねぇッスよ!そりゃあ…たまーに知らないトコに出る時とかありますけど」
「それを迷子と言うんだ。今日は偶々近くに居たから迎えに来たが、いい加減司令室くらい覚えておけ」
「俺だって覚えてーんスけど…ここ無駄な部屋多すぎなんス!!ぐねぐね曲がり角ばっかなくてもいいじゃないッスか!」
 
赤也の抗議には確かにもっともだ。ただし、ここがただの企業であり一般の施設であるならば、という前提の上では。はあ、と息を吐いて説明ついでの苦言を呈そうとしたところで、脇からおもしろがっているような軽快な声が割り込んできた。
 
「赤也のおつむじゃ説明したって無駄だって、柳」
「丸井」
 
赤い髪を揺らして角から現れたのは丸井だ。一緒に赴く手筈だったのか、背後にはいつもの如くジャッカルも居る。小馬鹿にしたように言った丸井の言葉にカチンと来たのか、赤也は血走った瞳で丸井を睨め付け、食ってかかる。
 
「ああ!?何スかそれ!それじゃまるで俺が頭悪いみたいじゃないッスか!!」
「その通りだろぃ」
 
ぷく、とフーセンガムを膨らませて躱す丸井は、“悪魔”と称される赤也の視線にも怯む様子など微塵もない。それが更に赤也を刺激して、上下の差なく手が出そうになるところを、ジャッカルが止める。大体パターン化してきてしまった、いつもの光景である。柳は騒がしくなった廊下を我関せずと一歩先へ行くだけで宥める気配などない。
 
「おいおい、今は喧嘩してる場合じゃねえだろ。早く幸村んとこ行かないと、真田に怒鳴られるぞ」
「げっ!今日は副司令居るんスか」
「お前…さっきの呼び出しちゃんと確認してねえのかよ」
「いや、してないわけじゃ…ないッスけど、え、そんなこと書いてありましたっけ?」
 
呆れたように赤也を見下ろす丸井に、赤也はしどろもどろに応えた。招集命令は大抵がメールの形で個人のデバイスへと届くようになっているが、赤也はそれをほとんど件名のみ確認して読み飛ばすことが多い。日時や場所くらいは目を通すが、それ以外の――例えば招集内容や議題、招集員、時には持参物までもを、読み飛ばしてしまうのだ。当然今回のみ例外ということもなく、招集されたメンバーの確認などしていない赤也は、目的地に鬼門とも呼べる真田がいることにも気づいてはいなかった。
 
「わかってはいたが、赤也。届いたメールくらいは細部まで確認する癖をつけろ」
「そうだぜぃ。特に、他の誰のを無視してもまあいいけど、幸村君からのメールくらい見とけって。痛い目見んの、自分なんだからよ」
 
言われて、赤也の脳裏に浮かんだのは最高司令官の静かな視線だ。副司令の怒声や拳骨はやっぱり何よりも忌避したい事態ではあるものの、言葉少なに視線やオーラというようなもので語る幸村の怒りは、普段が優しく柔らかな雰囲気である分だけ恐ろしい。赤也にとって幸村は恐怖の対象ではないけれど、しかしやはり、誰よりも逆らえない対象ではある。ごくり、と喉を鳴らして、丸井の言葉と脳裏の視線を噛み砕いてから、赤也は心の中で「幸村司令からのメールは絶対確認」を深く刻み込んだ。
そうこうしているうちに、4人は一際大きく造られた扉の前へとたどり着いた。その部屋を示すプレート等は一切ないが、この扉の向こう側こそが、この施設の要所の1つとも呼べる、司令官室だ。柳が先頭に立ち、脇に設置されているパネルにコードを打ち込めば、大きさと厚みに反して扉は軽い音を立てて開かれた。
 
「…遅くなったか?」
「いや、そんなことないよ、蓮二。いつも通り、5分前だ」
 
部屋の最奥、デスクの椅子にゆったりと腰を落ち着けている幸村が、ふわりと微笑んで4人を出迎えた。白手袋に包まれた指先をついと動かして、座るように示せば、柳が心得たようにそちらへ向かう。その後ろから丸井、ジャッカルと続き、最後に赤也が入室する。
 
「ちぃーっす、ぃでっ!!!!!」
 
気軽い挨拶を口にして部屋に踏み入れた瞬間、赤也の脳天に雷もかくやとばかりの衝撃が走って、たまらず床にしゃがみ込んだ。次いで響いたのは怒声。びりびりと皮膚が泡立つほどの声量に耳を打たれ、反射のように今度は直立して固まった。
 
「赤也ぁ!!何だその挨拶は!!目上に対する態度がなっとらんと、何度言えば分かるのだ貴様!!!」
「ふ、ふくしれぇ…ちょっとは手加減してくださいよぉ…」
「情けない声を出すな!!男子たるもの、この程度で泣くようでは話にならんぞ!!」
「んなこと言ったってマジ痛いんスよ!!副司令も自分の拳骨がどんだけ痛いか味わってみるべきだと思うッス!!!」
「痛いのは当たり前だ、痛くせねば意味がなかろう!まったく、たるんどる!!」
「…おーおー、うるっさいのう真田は…おちおち仮眠も取っとれん」
 
真田の怒声に次第にピリピリとし出した空気を、しかし呆れでもって誰も止めようとしない。止められる者もそうそう居ないが、その数少ない2人はのんびりとその様子を見ているだけで止める素振りさえ見せない。そんな中で、部屋の中央のソファから、気だるい声音で真田へと苦言が飛んだ。ふああ、とついでにあくびまで飛ばしてのっそりと起き上がった仁王は、半目で真田と赤也を見て、がしがしと頭を掻いた。
 
「おまんら、仲ええんは別に構わんが、場所くらいわきまえときんしゃい。鼓膜破れるき」
「場所をわきまえとらんのはお前だ、仁王!!」
 
吠えるような勢いで、真田は次に仁王に噛みつく。真面目、実直を通り越して堅物と称されるほどの真田にとって、その真逆を行く仁王の態度は度々真田の神経に障るのだ。今回も、会議のために集まった場で仮眠を取っている姿に思うところがあったのは言うまでもない。そんな真田に、しかし仁王が怯むことなどない。
 
「ここで仮眠取ってもええ言うたんは幸村じゃ。文句あるなら幸村最高司令殿に言いんしゃい」
 
にやり、と笑って幸村に視線を流す仁王を、まさに苦虫を噛みつぶしたような表情で真田が見やる。いくら真田といっても、上官であるところの幸村には強く出られない。それでなくとも、まっすぐな気性の真田をあしらうくらい、幸村には訳もないことである。
 
「つっか、俺は仁王が間に合ってることの方が気になるんだけど」
「あっそれ俺も思いました!」
 
はいはーい、と挙手するように、仁王のお陰で真田から逃れた赤也が場に割り込んだ丸井の台詞に続く。仁王は基本的にルーズだ。要領がいいため、ここぞという場面で出遅れることなど無いが、今回の様な“身内”の集まりは特に、10分15分の遅刻など珍しくもない。それが、今日は赤也を迎えに行っていたとはいえ柳を出迎える立場にいるとは、とジャッカルも不思議そうにする。
 
「今日は柳生を迎えにやれないからさ、仁王だけ集合時間早めに教えといたんだ」
 
赤也は蓮二に任せておけば問題ないしね。
そう言ってさわやかに笑う幸村に、全員が押し黙ってうなずいた。大抵の場合、遅れた仁王を呼びに行くのは柳生の役目なのだが、今日はどうやら手一杯だったようだ。結局全員が時間内にこの室内に集まっているのだから、幸村の采配(という程のことでもないが)は今日も狂い無い。
 
「司令殿は酷いナリ。徹夜明けなんじゃから遅刻くらい多めに見てくれてもええじゃろ?」
「何言ってんだよ仁王、俺は十分優しいだろ?会議にも遅れないようにしてあげたし、徹夜明けなの分かってるからソファで仮眠も許可したじゃないか。真田だったらこうはいかないよ」
「…優しい司令官殿で俺は嬉しいぜよ」
「ふふ、そうだろう?」
「幸村君、お待たせしました」
 
仁王と幸村が言葉遊びに興じているところで、隣室から柳生が姿を現した。その手には書類が束になって積まれている。
 
「ああ、悪いね柳生、苦労かける」
「いえ、この程度のこと、何ということもありませんよ」
「そう言ってくれると助かるよ、ありがとう」
 
にこりと笑顔を向けられて、柳生も眼鏡の奥で瞳をゆるませた。決して柳生は幸村の秘書でも執事でもないのだが、そういう役割を、柳生は自ら好んでやることがある。今回はこの会議の資料についてだが、急な決定で慌ただしくしているところを柳生が手伝っていたため、仁王の呼び出し役を担えなかったのだ。
 
「早速配布しますか?」
「そうだね」
 
一部を幸村に手渡して、真田、柳、そして他メンバーへと資料を手渡していく。ようやく会議らしい体裁を取り初めた室内に、幸村の声が静かに落ちた。
 
 
 
 
----------------------------------------------------next 2------------------
 
 


たぎった軍パロ
なんか色々捏造&無理矢理設定

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]