たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[616] [615] [612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605] [604]
2017/09/24 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/06/09 (Sat)
あたしが書くと仁王君がだんだん嘘っぽくなっていけないなあ…

仁幸に彼女ができる話の走り
仁王編、幸村編、主人公編からの三つ巴、って展開だけは決めてるんだけど如何せんすすまね…

 

 

 


あの夜以来、俺はたびたびあの公園に行くようになった。そして、そのたびごとに、あの女と滑り台のてっぺん争いをしていたりする。とはいえ、俺は数度で女が何時頃に現れるのかを確かめていたから、確信的に奪ったり譲ったりしていたわけだが。

そんな間接的なやりとりをしても、俺と女は話したこともなく、ただ同じ空間に暫く居て、どちらからともなく帰宅する、そればかりを繰り返していた。興味のない他人が近くに居ることがこんなにも居心地の悪くないものだと思ったのは、初めてだった。それも、女を相手に。

夜に会うことばっかりで、薄闇の中ではよほど近づかないと互いの顔も判別できないのは確かだが、俺は女の顔を知っていたし、だから多分向こうも俺の顔を知っているだろうと思うのに、女は初日以降、俺に話しかけることはなかった。自惚れでもないが、俺の顔は異性を惹きつけるようで、何もしてなくても女の方が寄ってくることなんか日常茶飯事。それがひどくうっとおしかったのは確かだからこそ、これは有り難いことなのだが、こうなると逆に気になるのも確かだった。もしかしたら、見たところ大人びて見える彼女は俺よりも年上で、年下には興味がないとかそういう理由かもしれないが。

ともかく、今日はなんとなく。そう、ただの思いつきでしかないくらい簡単に、今日俺は、ついに均衡を崩しにかかった。居心地の悪くない時間がもしかして今日までと思うと惜しい気はしても、代わり映えのない毎日に飽きてきたのも真実で、居心地の良い場所をすでに知っている俺は、ただこの惰性を壊すためだけに、いつものように公園に入ってきた女を呼び止めた。


「今日は滑り台、やめといた方がええよ」


少しだけ離れた場所にある街灯が、ぼんやりと薄闇に俺と女の顔を浮かび上がらせている。そういえば、こうして同じ目線の高さにいることも、初めてかもしれない。と言っても、彼女は俺より目線が下にあるのは当然で、少しあごをそらして俺を見上げている。


「え、どして?」

「昼にガキが悪戯しよったみたいでのぅ、腰も落ち着けられんくらいにどろっどろじゃ」


ぱちぱち、と女の目が開閉して、俺から滑り台へと視線を滑らせた。その目がなんとなくがっかりして見えて、俺は軽く喉を鳴らして笑った。


「お前さん、滑り台好きなんじゃな」

「滑るのは嫌いだよ?てっぺんに登るのが好きなだけ」

「じゃから滑り台が駄目な時はジャングルジムなんか」

「うん、そー」


でも今日はブランコで妥協しとく。そう言って離れていこうとする女の腕を、俺は引き留めるように引いた。驚いたように俺を見る女の顔は、よく言っても悪く言っても普通。しているとわかるほどの化粧はなく、髪もパーマやカラーで傷んだ様子も特に見えない、普通の女だった。まあ、周りに寄ってくる女と比べるならば、多少なり地味とは言えるが。


「どしたの、なんか。話しかけてきたのにもびっくりしたけど、何?」

「ジャングルジムは滑り台ほど狭くないき」


肩を落として、困ったように俺を見る女に、俺は目を細めてそう言った。


「それはそう…だけど、ええ?」

「いけんの?」

「いけんくはないけど、って、おーいコラ!」


彼女の発言を無視するように、俺は掴んだ手をそのまま引いて、いつもならどちらかが1人で居るジャングルジムに向かった。掴んだ手は軽い抵抗を感じはしたが、引くままについてきて、ただ困ったような顔をありありと浮かべたままだ。ジャングルジムの前に着くと、さすがに手を引いたままでは登れないからと手を離し、戸惑う彼女をそのままに、俺だけがそこに登った。てっぺんに着いて空を見上げて、街灯が離れているおかげで割と多く星が見えるのをなんとなく眺めていれば、ようやく彼女も、観念したように登ってきた。


「君、干渉すんのもされんのも嫌いそうだなーって思ったのに」


なんでこんなことになってるんだろ、と独り言をつぶやいて、でも横目で見た彼女はすでに困惑も抜けてなんともない顔をしていた。俺は言われた言葉に、多分最初に会った時のことを思い出してるんだろうと見当をつけた。


「まあ、嫌いじゃな」

「…気まぐれ?」

「同じようにここに来とるお前さんのことが知りたくなったんじゃ―――ちゅうたら、信じる?」


隣に座った彼女に視線を流して悪戯に言ってみる。そうしてなびく女なら、今日はここまで、この公園も今日限り。自然と浮かんだ笑みもそのままに彼女を眺めれば、彼女の顔はみるみると胡乱げな表情に変わっていった。


「君さあ、あれだね、遊び人だね。そんなん言われてもなびきませんよー」

「酷い言われようじゃ。ホントのことなんに」

「じゃあ茶化さないで言ったらいいのに」


あいにく、イケメンにそういうことされてもぜーんぜんときめかないの、とそっぽを向く女に、俺が驚かされた。この女、まさか…


「別にちょっとお顔がアレな人が好きとかじゃないからね。付き合うなら人並みにイケメンがいいからね。勘違いやめてよ?」

「お前さんが微妙な言い回しするからじゃ。ちょっとアレな趣味の奴かと思ったぜよ」


慌てて俺の思考を遮って訂正してくる女に、にやにやと笑ってやれば、苦い顔で眉を寄せた。こんな顔の女は姉以外に見たことない。正直、大して美人でもない顔がさらにかわいくなくなって、いっそおもしろい。


「じゃあ、なんでなびかん?」

「えええ。ってか君別にあたしを引っかけたいわけじゃないでしょ?なんでそんなこと聞くわけ」

「そんなん、お前さんがおもろいからじゃ」

「えええ、嬉しくない!」

「くっく…」


食ってかかるような物言いが思いの外楽しくて喉を鳴らせば、不機嫌な顔で押し黙る。けど雰囲気は軽いもので、反応ほど気にしていないのはすぐに知れた。こっちの言葉一つにいちいち大げさな反応を示さないのはおもしろくないと言えばそうだが、人間としてはこのくらいのほうが好ましい。心を揺らされやすい奴の相手は、そのうちめんどくさくなることはわかりきっていることだし。


「じゃあ、ナンパだとかは思わんかったん?」

「ナンパ?………ああ。何で声かけてくるんだろ、とは思ったけど、そこまでは思わなかったかも」

「なんで?」

「……………縁なさすぎて?」


俺の問いかけに、たっぷりと間を空けてから、彼女はそれだけぽつりと言った。さすがに思うところがあってか恥ずかしかったようで、顔も俯いていて表情は見えなかった。が、憮然とした表情を隠しもしてないだろうことは予想がついて、俺はまた遠慮無く笑った。つまりはこの女、男に縁がなさすぎるからこそ、俺の誘いに好感でも嫌悪でもなく困惑し、俺の言葉をからかいと受け止めて胡乱に見たということか。なんだかなんとなく不憫な気もしたのが一層俺の笑いを刺激した。


「そんな笑う?…あってか、てことは君、あたしが声掛けたとき逆ナンだと思ったってわけ?」

「おーう。1人になりとうて夜中にこんなとこまで来たっちゅーんに、めんどくさいのに絡まれたと思っとった」

「……イケメンて面倒だね」


呆れた顔をしてから、そこでようやく、彼女は笑った。からからと笑う様子はなんとなく、“似てる”と思った。見た目も性格も違うけど、ただこうして笑った顔だけは、なんとなく。“あいつ”に似てるとか、思う日が来るとは思ってもみなかったが。


「お前さん、名前は?」

「え、聞いちゃう?」

「呼ぶんに不便じゃろ」


言えば、まあそうだけど、と苦笑した。名前なんて聞かないでいても問題はなかったが、でもまあ、この先も話すことのある人間の名前なら、聞いておいてもいいだろう、と。彼女が苦笑する意味もわかるが、俺は好奇心の方が強いし、変わらない毎日より変えられる毎日の方が好ましい。


「じゃあ、名保で」

「名前?」

「だって、名字だったらすぐどこの誰とかわかりそうじゃん」

「警戒しとんの?一応」

「…ってよりは、その方が秘密っぽくておもしろいもん」


にやりと笑って、女…名保は俺を見上げた。それがなんとなく楽しくて、俺も同じ顔で笑って、そうじゃな、と同意した。じゃあ、と、今度は向こうが口を開く。


「君の名前も聞いていい?普段使わないからさあ、“君”っていうの、さっきからちょっと鳥肌立ちそうなんだよね」


言いながら腕をさする仕草をしてみせる名保は、言葉は軽口なくせに目が意外と真剣で、また喉を鳴らすことになった。ほんとに、周りにいないから珍しい、それだけだった興味を引き延ばしてくる女だ。


「くっく…いいぜよ。そうじゃな……じゃ、“マサ”」

「…えっずるい!それ名前の一部分とかじゃないの?」

「そうじゃなあ。けど、ズルイ言われるんは心外じゃ。お前さんがぺろっと喋っただけじゃろ?」

「~~うわー、だまされた!確かに正論なんだけどなんかすごい騙されたような気持ち!!」

「人聞き悪いのう」

「君は人が悪いね!!」


ポンポンと出てくる言葉が、まるで中学の時の後輩のようで、だが赤也ならもっと単純で頭の悪い切り返ししかできないだろうと思うとおもしろい。抗議する名保の声が、夜の公園に不釣り合いに響いた。さすがに気にしたのかすぐに声量を落としたが。


「まあいいや」

「帰んの?」


ふう、とわざとらしく息を吐いてから、名保はジャングルジムの鉄棒の上に立ち上がった。危なげないのは連日そこにこうして立っているからだろう。視線が俺より高くなった名保を見上げて聞く。


「うん。そろそろ帰んないとうるさいもん」

「そか」

「マサは?いいの?」

「もうちょっとおるよ」


そう答えたのにもう一度「そか」と言って、名保は立ったままジャングルジムの端まで歩いて、そのままそこから飛び降りた。自分の身長よりいくらか高いそこから飛び降りるのに、ためらいはなかった。膝を折って着地した名保は俺を振り返って、何かを思い出したように「あ」と言ってポケットに手を突っ込んだ。


「飲まなかったからあげる」


言いながらアンダーで投げてきたそれはいつも飲んでる銘柄の缶コーヒー。の、ブラック。確か名保は微糖派だったはずだが。


「珍しいのぅ。ブラックも飲むんか」

「今日はそんな気分だっただけ。…ってか見てたんだ、微糖飲んでんの」

「人間観察が趣味じゃけ」


胡乱な瞳で見てくる名保からわざと視線を逸らして言えば、悪趣味!と言葉が飛んできた。


「そんじゃね、おやすみ」

「ああ」


ひら、と一回手を翻してから名保は笑って、今度は振り返らずに公園を後にした。

俺はしばらく名保の背を見送って、それから手元に残った缶コーヒーのタブを空けた。いつもの味が喉を通っていく。視線を空に向けて、狭いてっぺんで身体を倒すともう視界には星以外の光が見えなくなる。さっきまでの時間が、余韻を残して消えて行くのがなんとなく惜しい気がしたところで、ようやく、“考えたくないこと”を考える暇さえなかったことにも気づいた。ふうん、と空につぶやいて、目を閉じる。『おやすみ』と言った名保の声と、“あいつ”の声が重なって消えた。

 

この日から、俺と名保はたびたびここで話をするようになった。


 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]