たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[619] [618] [617] [616] [615] [612] [611] [610] [609] [608] [607]
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/06/21 (Thu)
言われて悩んだ

幸村VS真田のDVD買うべきじゃね、おれ…
しかも「あ、そうだわ買わないと」と抵抗の一言も浮かばなかったところがなんとも…



軍パロ続きここまでは順調、本番が今詰まっている←
















「絶好の機会だ」
 
誰かが口火を切った。
暗闇の中、わずかに輪郭を捉えられる程度の光源で男達は発言者の表情を伺った。その瞳は、何れも微光の中にあっては不釣り合いなほどにギラギラと不穏に光っていた。
 
「我々を誘き出す罠かとも思ったが、どうやら今回は真実のようだ」
「幸村が関西、九州、沖縄と連絡を取ったのも確かだ」
「公表に偽りはないようだな。…しかし」
 
口元に髭を蓄えた恰幅の良い男が、うむ、と鷹揚に一度頷いてから、苦々しげな表情を浮かべて逆接を呟いた。各々、沸くように口を開いていた者達は口を噤み、その男に視線が集まる。
 
「あの食えんガキが、そうすんなりと了承したというのがそもそも信じがたい」
 
憎しみと侮蔑の混じった言葉を吐き捨て、言い落とした男の言葉に場が静まる。そうして、さわさわと男に同意するような言葉の細波が端から起きて、先程までの喧騒とは真逆の雰囲気が包んだ。それを裂くように、男と対面する位置にいた別の男が「いや、」と口を開いた。
 
「あの男にも都合が良かったと見える。青学の手塚は通例通り、次回会場提供予定支部へ順に打診していくつもりだっただろう。だからこそ立海だが、さらにその次は沖縄の比嘉だ。比嘉の代替わりは今年、それもクーデターに近い、若年層の“乗っ取り”だったと聞いている。万一沖縄支部が会場となれば、手駒を規定数以上随行できない参加側は不利。あの男に限ってはそこで怯むなど有り得んだろうが、ここで了承をしておけば来年への足掛かりもでき、何よりも手塚に恩を売れる。立海は唯一青学だけには辛酸を舐めさせられているからな、律儀な手塚相手ならば“恩”も有効な“駒”だ」
「ふむ…」
 
冷静な指摘と考察に、髭の男は一理ある、と同意を示した。数年前、公式に行われた支部間武術大会で、常にトップに立っていた立海は手塚率いる青学に惜敗した。敗北を許さない風潮の強い立海にとって、それは大きな衝撃だった。男はそれを覚えている。今、己の憎しみと嫌悪の全てを一身に集めている幸村が、膝を付いた瞬間を、そのときの歓喜を。負けたにも関わらず、今でも変わらぬ地位で己を踏みつけている事実を。再び沸き上がってきた怒りと憎しみを、ギラつく瞳に込めて、男は宣言するように告げた。
 
「では計画は支部連絡会当日。他支部長の前で幸村精市…≪神の子≫に最大の屈辱を味わわせてやる…!!」
 
微光の中、誰かが笑った。
 
 
 
 
*
 
 
 
 
午後のハーブティーを傾けて、幸村はモニターを眺めた。薄いパネルに映し出されたそこには、幸村と同じく白い軍服を身に纏った男が映っていた。その男の髪先を見ながら、ハーブティーじゃなくてミルクティーにすればよかった、と幸村が思うのと同時に、その髪色に似て柔らかな声が届いた。
 
「ああ、すまんかったな、幸村君。ちょお、ウチのゴンタクレがまぁたしでかしよってな。手ぇ離されへんかってん」
「構わないよ、白石。俺をこうして待たせるのは君達くらいのものだよ」
「言いよる。何だかんだ、幸村君は優しいから待っとってくれてるんやろ」
「さあ、どうかな。ただ、俺は八方美人ではないけどね」
 
くす、と声に出して笑うと、画面の向こうで白石も笑った。どうやら本日はそんなに忙しくは無いようだ。“ゴンタクレ”というのが何のことだかは幸村にはわからないが、それをいちいち確認しようとまでは思わない。軽く近況の遣り取りをしてから、それで、と白石が本題に切り込んだ。
 
「幸村君が俺に連絡取ってくるなんて珍しいやん。何かあったんか?」
「ああ。支部連絡会のことでちょっとね」
「あー…来月の10日やったっけ。メンバー決めんとなあ…。そんで?」
 
軽く頬を人差し指で掻きながら、ぽそりと独り言のように呟く。支部連絡会には支部長と、規定の人数の随伴が許可されているため、支部の運営を滞らせないように、そして支部長の身を守り、サポートできるようにと人員を分けなければならないのだ。そこに思考をふと飛ばしながらも、すぐに先を促した。本年度の会場提供支部である青学ならまだしも、同じく参加者の立場の幸村から連絡が来た、ということがどういうことなのか、白石には見当も付かない。
 
「今年の開催会場は青学になってただろ?アレ、うちに変更になったんだ。神奈川でやるから、間違えないでね、って連絡」
「えっこの時期にか?あと2週間無いで?」
「昨日手塚から急に連絡が入ってね。特に断る理由もないし、俺も楽できるから代わったんだ」
 
にこにこと告げれば、幸村の周囲の苦労を察してか、白石は苦笑した。2週間で支部連絡会を設置するのがどんなに大変で面倒なことか、すでに会場経験のある白石には容易に想像がついた。とはいえきっと、この幸村の率いる立海ならばそつなくこなしてしまうのだろうとも、思う。
 
「了解や。神奈川やったら俺んトコも、うるさいのに絡まれんでも済むかも知れへんし、有り難いわ」
「うん?うるさいの、って?」
 
何かあっただろうか、と首を傾げる幸村に、白石は疲れたように笑った。
 
「ウチのゴンタクレ…ほら、“あれ”んとき、時間稼ぎに飛び出してきた小さいの、おったやろ?遠山金太郎っちゅーんやけど」
 
言われて、幸村は記憶を掘り起こす。“あれ”と振られて示すものがひとつしかない今では、掘り起こすほど沈んだ記憶でもないけれど。鮮烈な夏の記憶。その一端に、そういえば確かに、小さくて元気な、爆弾(というよりは花火かもしれない)みたいな印象の子がいた。あのときの幸村は今よりももっと子どもだったから、ちょっと容赦なく相手をした記憶があるなあ、と同時に思い出す。
 
「…あ、あー。うんうん、遠山君ね。元気?」
「元気すぎてアカンわ…手ぇ付けられへん。こないだは謙也に噛みついとったしな」
「…まさか、文字通り?」
「おん、文字通り、見事な噛みつきっぷりやったで。しばらく歯形くっきりやったからなあ」
 
あははっ!
白石の言葉に遠慮無く声を上げて幸村が笑えば、きりりと真面目な顔を作って白石が窘めてくる。
 
「笑い事やないんやで?幸村君。そんなゴンタクレがな、越前君のこと気に入ってもーて、青学行く言うたら俺まで噛みつかれかねんねんで?いっくら俺がイケメンや言うたって、歯形じゃなんの効果にもならへんやろ」
「いや、男前、っぷりが、上がるんじゃ、ないかな…?」
「そんな笑いながら言われても信憑性無いわぁ…」
 
はああ、とわざとらしいため息をついた白石に、またも声を上げて幸村が笑えば、今度は白石も同じように笑った。白石とは頻繁に会うことも連絡を取ることもなく、支部連絡会のときに会話をする程度の中ではあったが、幸村としては割と、白石とこうして話すのが好きだったりする。支部の配置的に跡部や手塚とはよく連絡を取るが、ふたり相手ではこうはいかない。幸村の中の茶目っ気や悪戯心をうまく引き出して会話を繋ぐのが、白石はとても上手いのだ。
 
「はー、久しぶりにこんな笑ったよ」
「アカンでぇ、笑いは健康にもええし、いっぱい笑わな」
「そうだね。…そんな、良いことを教えてくれた白石君に、俺からもひとつ、良いことを教えてあげようかな」
「ん?」
 
悪戯っぽく笑った幸村に、白石が小首を傾げる。
 
「当日の随伴は、少数精鋭をオススメするよ」
「?」
 
笑んだまま言う幸村の言葉に、しかし白石はピンとこない。確かにぞろぞろと大勢で押しかけるつもりは毛頭無いが、“少数精鋭”と、幸村の言い方が気に掛かる。白石が理解できていないことを分かっている幸村は、一度くす、と笑ってから、今度は敢えて瞳に笑みを浮かべないで微笑んだ。
 
「――少し、苦労を掛けることになると思うからね」
「っ、幸村君、君…」
 
さすがに意図するところに気づいた白石は、眉を寄せて幸村を呼ぶ。やろうとしていることは、協力体制を作るための会議とは真逆の行動。しかも幸村はそれを白石に悟らせた。そんなの卑怯だ、と白石は内心で舌を打った。ここで話を蹴っても構わなかった、これが支部連絡会でなければ。情報交換の重要さや協調性の向上は必要だとは思うが、それだけであれば蹴っても構わなかった。それでも蹴れないのは、この会議が『支部間の協力体制強化のための会議』であるからに他ならない。その名目がついた時点で、支部の長は何れも、否やを唱えることが許されないのだ。その上で、幸村は白石に計画の端を気づかせた。つまりは、『知っていて巻き込まれるのだから文句は言わないよね?』ということだ。全く恐ろしく、卑怯で、狡猾だった。
 
「相変わらず、性質悪いなあ…幸村君は」
「やだな、頭がキレるって言ってよ。あと俺は優しいよ、事前に教えてあげるだけ」
「うーん、まあ…無いよりマシやけどな…」
 
悪びれない幸村に頭を抱えたくなった白石だが、すぐにはあ、と、ため息と共に考えてもしょうがない考えを吐き捨てた。
 
「まあ、どのみち決まっとるもんはしゃあないし。行った先で何があろうが、俺んとこに影響ないんやったら何でもええわ」
「うん、白石達の身の安全は保証するよ。勝手されると対象外だから、遠山君は連れてこない方が賢明だとは思うけどね?」
「そうするわ。俺もせっかくの遠出でまであのゴンタクレの世話焼くんは嫌や」
「…ははあ、そうか」
 
真実嫌そうに手を振る白石に、幸村は何かに合点がいったように手を打った。
 
「なんかこう、白石見てるとね、毎回会う度に“お母さん”っぽくなってくような気がしてたんだけど、遠山君の所為か、そうかー」
 
すっきりすっきり、と冷めたハーブティーを口に含んだ幸村とは対照的に、言われた白石はピシリと固まった。
どころか、うっすら涙さえ浮かびそうだ、心境的には。嬉しくない言葉を、それでも白石自身否定するほどの言葉も思い浮かばず、妙に納得してしまったことに自分自身で落ち込んだ。
 
「まあとにかく、当日はよろしくね。滞在人数と日数、後でまた報告してくれると助かるよ」
「…ああ、おん。できるだけ早う決めて知らせるわ。連絡おおきにな」
「ふふ、こちらこそ、苦労かける。それじゃあ」
 
空いた手の指をひらひら、と揺らめかせて、それに苦笑で返した白石を確認してから、幸村から映像を切った。ふう、と椅子に背中を預けて、手にしたままのティーカップを両手に持ち直す。この調子で他の2カ所もすんなり終われば楽なんだけど、と独りごちて、先程まで喋っていた白石を思い出す。
1から10まで説明をしなくてもいい人間のことが幸村は好きだ。それはきっと幸村じゃなくても誰だってそうだが、白石はまさにそれだ。立海の幹部連は幸村に限定して割とそういうところが見えるが、いつもではない。真田なんていい例だ。だが白石は汲んだ。幸村の言葉で、多分、どういうことをしようとしているのか、その細部まで想像できたに違いない。差異無く完璧に、というわけにはいかないだろうが、いやしかし、これだから楽しい、と幸村は笑う。
白石には、気づかれようが気づかれなかろうが、実のところどうでもよかった。どのみち、当日に巻き込まれて何かあったとしてもそれは、それに気づかず、巻き込まれてしまった方が悪い。もちろん招いた身であるからには幸村も責任を負うが、“こちら側”の計画を公表するとは誰も言っていないのだから。
跡部には、少々問題が起きやすいために先にそれとなく告げてある。手塚については特に問題もないと判断して告げていない。他の2カ所についてもそうするつもりだ。ただ、白石に告げておくべきか否かは少し迷っていたのだ。結果的に、カマを掛けて釣れた、というところだ。
ふと、そういえば白石と手合わせをしたことがなかったな、と思う。支部長官としての在任期間はほとんど変わらず、支部としては幾度か訓練や演習でやりあったことも当然ある。けれども、相性が悪いとでも言うのか、幸村と白石が手を合わせたことはまだ一度もなかった。今回のことが落ち着いたなら、一度手合わせしてみるのも良いかもしれないな、と1人頷いて、幸村はカップに揺らめく琥珀を喉に流し込んだ。
 
 
 
 

----------------------------------------------------next 4------------------




ということで連絡編←?
次回は当日に飛ぶはず

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]