たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/12/05 (Wed)
4話目





 
 
 
木崎麗奈は幸せだ。夢のような現実に酔いしれ、毎日がひどく充実していた。
 
麗奈の世界は退屈だった。毎日同じ事の繰り返しで刺激などなく、刺激を求めて遊び歩くことで日々を浪費していた。周りに夢に見るような男性もいなく、特別感を満たしたい欲求も満たされぬままだった。麗奈は飽き飽きしていた。だからこそ、世界が一変したとき、自分の置かれている状況を理解したとき、麗奈は飛び上がるほどに喜んだ。己が“選ばれた”のだという幸福を喜ぶばかりで、以前の世界を失ったことを悲しむことなどしなかった。清々したとすら思っていた。
麗奈は己の特別性にすぐに気がついた。
麗奈がテニス部入ることは絶対だった。麗奈はこの世界が大好きだった漫画の世界だと知って、それならば文句なしに素敵なキャラクターを見てみたい、関わってみたい、好きになってもらいたい、自分のものにしたい、と思うようになった。そしてそれは、思わぬほど簡単に麗奈の手のひらへと転がり込んできたのだ。残念だったのは幸村がすでに入院した後だったからすぐには会えなかったことだが、それでも美男と呼んで差し支えない男達に囲まれて、麗奈は大満足だった。
原作にはいなかった女マネージャーがいたことには不快な気持ちにもなったが、麗奈が少し言葉を掛けるだけで、簡単に麗奈の前からいなくなった。部活を辞めないのは気に食わないけれど、それが麗奈にとってプラスに変えられる程度の障害であればむしろ喜んで使ってやろうと思うほどだった。麗奈にとって祥香は、少女漫画で必ず現れるライバルのようなもの、という認識でしかなく、自分がヒロインなのだから駆逐して然るべきだとさえ思っているのだ。そう、麗奈はヒロインになったのだ。
 
ヒロインポジションの麗奈には、補正があった。麗奈が特に何をしなくとも、周囲が麗奈を大切にした。テニス部の中に麗奈の居場所を作った。麗奈のことを、好きなのだと語る瞳で見つめ、姫のように扱い、なんでも言うことを聞いてくれた。異常だとは思わなかった。二次元を生きる麗奈のための世界に、麗奈の本当に不快に思うような出来事など起こりようがないのだ。
麗奈はこの世界の主人公。だから麗奈は誰からも愛される。誰もが麗奈を特別扱いしてくれる。だから、いくら麗奈が祥香を追い詰めても、それは麗奈にとって真っ白なページについた落書きみたいなもので、その程度の気安さで祥香の存在をテニス部から消していった。
あとは、部長の幸村に会って、彼を手に入れれば立海での麗奈の願望は実現されるのだ。そのために、麗奈は自分の知識をあたためていた。今幸村は容態が芳しくないということで真田と柳以外のメンバーにさえ面会を許していない。きっと精神は疲れ果てている。弱っているのに強く見せているだろう幸村を思うと、麗奈はついつい唇の端が持ち上がってしまう。楽しみだった。漫画の中では強い面ばかりで、病院のシーンで弱音を吐いた幸村の、その心につけ込むのが。どんな優しい言葉をかけてやろうか、どんな甘い言葉を言ってやろうか、面会の許されるそのときを、麗奈はコートの中で他のメンバーに囲まれながら毎日待っている。
 
麗奈の一番の標的は、仁王雅治と幸村精市だった。顔が文句なしにキレイで、個性的で、強い。くせ者でもあるだろう2人を手中に収めれば、立海は麗奈のものだ。仁王が他のメンバーより少しだけ陥落に時間がかかったのも、やっぱりレベルの高いキャラほど攻略は難しいものだと、それさえ楽しんだ。あとは幸村だけ。そんなときだった。仁王が麗奈を避けているように感じるようになったのは。
避けている、というほど明確さがあるわけではない。ただ、特別視をしてくれなくなったような気がするのだ。これまでは腕を組んでも文句どころか嬉しそうですらあったように思うのに、最近では長く腕を組むことはなく、すぐに仁王の方から離される。話しかけても時々上の空のようだし、麗奈は非常に不愉快だった。麗奈を見てるだけでいいのに、よそ見をされているようで。そしてその勘は、確かに当たったのだ。
 
 
 
仁王は麗奈に違和感を覚えるようになってから、麗奈の接触を避けるようになった。理由はわからない。だからこそ気持ちが悪くて、麗奈に関わっていたくないのだ。
計り知れない不思議な人、は仁王にとって興味の対象だ。それは例えば幸村の得体の知れなさであったり、名保の不可解な行動であったりした。そういう場合の仁王は対象を観察し、近づき、理解するのを楽しんでいくのだが、麗奈については少し違っていた。得体が知れなさすぎるのだ。麗奈自身のことはそれほど難しくなく単純に見えるのに、何か見えない靄のようなものに巻かれるように、こちらの意識を歪まされてしまうような、そんな気持ち悪さが常につきまとっている。だから仁王は最近、誘われても麗奈のいる遊びには余り顔を出さなくなった。
そうなって初めて、気づいたこともある。
遊びを断って帰宅した後、仁王は部屋で立ち尽くすのだ。簡単に言ってしまえば、部屋での暇の潰し方を知らなかったのだ。何故だ、と考えて、思い至った。
これまでは、遊びに行くのはもっと夜に近い時間だけで、部活をこなし、時間外の練習をこなし、その後にゲーセンに寄るくらいで楽しんでから帰宅。その頃には日々の習慣をこなして思い出せば課題をやる程度で、耐えきれないほどの睡魔に襲われる。なぜなら、疲れ切るほどに身体を酷使していたから。
仁王は名保の言葉を思い出していた。
 
“ここはどこなの。アンタは誰なの。アンタ達は“何”なのよ。見失ってないって、言えるの?”
 
ここは立海大附属中だ。己は仁王雅治。仁王達は、立海大テニス部の、レギュラーメンバーだ。そのことを忘れた日など無い、見失ってなど、いないはずだ。
単純な答えならば出ているのに、今、多分仁王はそれを面と向かって名保には言えない。そんな気がしていた。何かがおかしい。スッキリしない。けれどそれが何かを考えようとすると、麗奈を前にしたときのように靄に巻かれてしまって考えが続かない。
ため息をついて、今日も仁王は屋上に上がった。授業中であることなど、今は本当にどうでもよかった。冷えた風に当たって、頭を冷やしたかった。そして、あわよくば、名保に会って話しがしたいと思った。
屋上の扉を開けて、下げていた視線を上げる。今日は良く晴れた青空で、灰色の校舎が浮き上がって見えた。そんな視界の中央に、名保がいた。
 
「……酷い顔」
 
開口一番、名保は仁王に向かってそう言った。自覚のある仁王は小さく笑って、わざと大げさに反応してやる。
 
「紅槻さんのせいじゃっちゅうんに、冷たいのぅ」
「…その様子じゃたいしたことなさそうね」
 
言って、立ち上がろうとする名保の腕を、以前のように仁王が掴んで引き留めた。今度は最初から無表情に、お互いが瞳を交わした。名保の手を掴む仁王の腕は、以前の痛いほどの力が嘘のように軽く、本気で拒否すればきっと逃げられる。けれど、それを振り払うにはあまりにも、仁王の姿が頼りなく見えてしまった。
ドキドキと波打つ心臓も最初の頃の自分とは比べものにならないくらい落ち着いていて、名保は小さくため息をついてから再び腰を下ろした。その隣に仁王も腰を下ろす。
 
「逃げんのか」
「………逃げたいと、思ってない訳じゃないわ。ただ、」
「ただ?」
「……あたしも考えようと、思っただけ」
 
そう言った名保の目は悲哀と苦渋に満ちていて、仁王は目を眇めて名保を見た。こうして話して知ったことがある。名保は仁王を、いや、テニス部レギュラー達を見るときはいつもこんな目をする。それが何を意味しているのかはわからないが、それが避ける理由になっていることは明白だ。そして今、名保が言った考えること、がそれ関連であることもわかった。聞いてみたいとも思ったが、仁王自身にその余裕はなく、ただそうか、とだけ言って口を閉じた。
しばらく無言で、お互いにただ空を見ていた。不思議と心が落ち着いていくような気がした。
 
「…なんかがおかしいんじゃ」
 
ふいに、ぽつりと仁王の口から言葉がこぼれた。空を眺めていた視線を仁王に移せば、仁王は屋上のフェンスを睨み付けるようにして見ていた。
 
「なんなのかがわからん。どうにもスッキリせんのじゃ。おかしいことはわかっとるつもりなんじゃが、何がどうおかしいのかがわからん。気持ち悪いくらいじゃ」
 
そう言って余裕無く表情をゆがめ、髪を掻き上げる仁王を、名保は冷静に見ていた。
名保の知っている仁王雅治はこんな表情を浮かべたりはしない。何故か?そういう“キャラクター”だからだ。では何故この目の前の仁王雅治はこんなに表情を変えるのか。答えは単純だ。
 
仁王雅治もまた、ただの中学2年生の、14歳の少年でしかないのだ。
 
髪が銀色で、目は金色、およそ日本人離れした容姿に、中学生とは思えない体躯。姿形だけならば確かに彼は仁王雅治だ。けれど、その中身は同じではない。なぜなら、名保は仁王を表面しか知らない。学校生活を送る仁王も、悩む仁王も、見たことはないのだ。今までずっと、知っているつもりだったけれど、全然知らない1人のひとでしかない。
それでも抵抗がなくなったわけではない。今だって名保の現実は以前の世界なのだ。けれど、目の前で悩む年下の少年(身体的には同い年だが)を、放っておくことも名保にはできない。そっと手を伸ばして、掻き上げて乱れた仁王の頭をぽん、ぽん、と叩くようにして撫でた。子どもの扱いなど知らない名保の、精一杯の甘やかしだ。
それに驚いたのはもちろん仁王で、驚きのあまりに顔を上げれば、名保の腕は簡単に離れていった。
 
「なに、しとるんじゃ」
「…考え事は、煮詰めたって苦いばっかりよ」
「考えさせた本人に言われても説得力ないぜよ」
「それは…そうね」
 
そうね、とは言っても、名保は決して謝ったりはしなかった。もしかしたら現状が正しいのかもしれなくても、名保はやっぱりあんなテニス部を見ていたくはなかったから。そして仁王を見て、あの現状が異様だということを確信した。それでも悩ませてしまったことをまったく悪いと思っていないわけではないから、撫でたのだ。
少しだけ口元をゆるめて、名保は視線が合ったまま、もう一度仁王の頭を軽く叩くようにして撫でた。今度は仁王もそれを、目を細めて受け入れた。
 
「…アンタ達の、自信と誇りに裏付けられたテニスは、憧れるよ。そんなプレイを、いつか、…見て、みたい」
 
揺らぐ瞳にはいつもの苦しさが浮かんでいた。けれど、喉を詰まらせながら告げた「見てみたい」に、偽りも誇張も陶酔もなかった。いつか、という名保に、見せてやりたいと仁王は思った。自分をではない。自分が誇りに思う、立海大テニス部のプレイをだ。仁王達のプレイを“自信と誇り”と評した名保に。
そして同時に、仁王は気づいた。今のテニス部の、ぬるま湯のような現状に。何故か考えると靄がかかってしまうのは相変わらずだけれど、今のテニス部が名保に向かって胸を張って“これが立海だ”と言える現状ではないことには気づいた。
仁王の呪縛は、徐々に、しかし確実に、ほどけていっていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]