たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618]
2017/09/24 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/12/05 (Wed)
書きためてたやつとりあえず放出
 
 
名保が初めて前原祥香と会ったとき、彼女は屋上で1人、ぼんやりとたたずんでいた。その時名保は祥香がどういった状況に置かれているのかを微塵も知りはしなかった。そもそも学校生活に興味もなく、身も心も中学生な集団に混じる気もなかったせいだ。だからこそ、名保は気負いなく祥香に声を掛けた。
 
「授業中だけど、アンタもサボり?」
 
自分のことは特殊故に棚に上げて、名保は祥香に軽く注意を促そうと思ったのだったかもしれない。その雰囲気があまりにも痛々しくて、気になっただけかもしれない。ただ、とにかく、放ってはおけなくて、結果声を掛けた。ブレザーのポケットに手を突っ込んで、片耳にはイヤホンをして、体重は片足に傾いていて、態度はお世辞にもよくなかった。けれどそんな名保に、祥香は堤防が決壊したように涙を流したのだった。
最初、名保は唖然とした。当然だ。声を掛けた相手が突然泣き出したらいくらどんな奴だって驚く。名保も例に漏れず驚いて、無意味に周囲を確認した。あたしが泣かせたんじゃないんだからね、と誰に言うでもない言い訳を胸中で叫びながら。そうして少しおどおどしてから、名保は泣き続ける祥香の異変に気付いた。異変、というのは語弊がある。違和感だ。
名保の目に映る祥香の、横髪は長い。けれど震える肩にかかるはずの後ろ髪は、ばらばらの長さで首筋さえ見えていた。それを見て、名保は苦虫を噛み潰したような表情になるのを抑えられなかった。彼女はいじめを受けている。それも、この様子では割と酷そうだ。子どもの、学校におけるいじめの陰湿さというのは本当にひどいし反吐が出る。話に聞くばかりで、自分が身近に感じたいじめは無視くらいで、漫画で紹介されるようなひどいものは見たことはなかったが、それが多分、今目の前に居る彼女に対して行われている。
名保は頭を掻いた。面倒事は嫌いだ。でも、それ以上に、こうして泣いている女子生徒を放っておくこともできない。偽善だろうが、自分の精神衛生上よくないのだから、声を掛けてしまった以上は責任をとらなければ。身体は子どもでも精神は大人の認定を受けた者として、とわけのわからない理由付けをしてから、名保はとりあえず屋上の扉の鍵を締めにいった。もしかして誰かがサボりに来たら面倒だったから。鍵のしまる音を聞いて祥香が震えたのも見えたけど、名保はそれだけをして屋上の扉からも、祥香からも離れてフェンスに寄りかかった。
とにかく、泣いてるうちは泣かせておく方がいい。無理に泣き止ませるのも負担がかかるし、何より泣くことはストレスの発散だ。ただ、嗚咽を聞き続けるのも趣味が悪いので、止めていたミュージックプレイヤーを再生して耳はふさいでおいたけれど。
 
どのくらい経っただろうか。落ち着いたのか、肩の震えも収まり、丸めていた背も伸びて空を見る余裕の出てきた祥香の様子を確認して、名保は再びイヤホンを外した。立ち上がると背もたれにしていたフェンスが鳴いて、祥香がゆるりと名保を振り返った。名保は祥香の表情が落ち着いているのを確認して、近づく前に声を掛けた。
 
「あたし、紅槻名保ね。ちなみに2年生」
「……え………?」
「自己紹介」
 
祥香は、今まで泣いていたのを忘れたかのように、きょとりと名保を見返した。何言ってんだこいつ、という類の視線に、名保はちょっとだけ恥ずかしくなったが、突然話しかけたり行動するより、名前を知ってる方が相手も気安いだろうと思ったのだから仕方がない。名前も知らない奴の言動は、今の祥香にとって恐怖の対象足りえる。誰だって、名も知らない人間との二人きりでは緊張も警戒もするものだ。
 
「あ、私……」
「…ああ、無理に言わなくていいけど」
 
名保の言葉に何か返さないとと思ったのか、祥香も自己紹介をしようと声を上げて、それから暫時戸惑った。それを察して、名保は言葉を留める。無理に話させるつもりはない。ともかくは名保は思いついたことをしておきたいだけなのだ。
 
「そっち行ってもいい?」
 
戸惑いを隠せない祥香に、名保は指を指してそう告げる。祥香は指先と名保の顔を何度も見て、それから視線を僅かに下げて、ことりと頷いた。それを見届けて、名保はゆっくりと祥香に近寄る。人一人分の余裕を空けて立ち止まり、またしゃがむ。自然と同じ位置にきた視線を、ゆるりと合わせた。
 
「髪、揃えたげる」
 
言って、名保はこの世界に来て家族以外に対しては初めて、微笑んでみせた。
 
 
 
前原祥香はいじめを受けていた。どうしてこうなったのか、理由はわからない、わかりたくなかった。けれど、気がつけば自分は全校を相手に孤立していて、特に、最も心を傾けていた部活では酷い扱いをされるようになっていた。それは本当に短い間の出来事で、祥香にとっては信じられないことだった。全幅の信頼を置いていて、かつ、向こうからもそれなりに信頼を置いてもらえていたはずの仲間からの突然の、裏切りにも似た行為に、心が酷く傷つけられた。何より、彼らが自主的にそうし始めたというのではなく、自分の行動が先に裏切ったのだと、身に覚えがないのにそういう理由を突きつけられて、彼らが傷ついていることがわかってしまったから尚のこと。それでも、祥香は“約束”のために部活は辞めたくなかった。部活そのものだって大好きなのだ。けれど、心は傷ついて、くじけそうだった。諦めないと、負けないと、最初の頃は思っていたはずなのに、繰り返される毎日の中でその気持ちが少しずつ摩耗していって、その時にはもう、ほとんど残っていなかったのだ。心が死んでしまいそうだった。
だから、祥香は屋上に足を運んだのかもしれなかった。その日はいつにも増して綺麗な青空だったこともあって。よくニュースなどでいじめを苦に自殺をする、屋上から飛び降りる、というのを聞いたけれど、それが今のこの気持ちなのかもしれないと、そこまで祥香は追い詰められていた。
目に映った青空はきれいで、あんなに綺麗な空を見ながら逝けるのならば、それはきっと幸せなのかもしれないと思った。けれど、“約束”を反故にしてしまうことは、ずっと祥香を小さく苛んでいる。少し前までの、楽しかった部活が思い出されて、見えない傷をえぐった。どうしようもなく立ちすくんでいた祥香に、聞きなれない声が掛けられたのはその時だった。
 
「授業中だけど、アンタもサボり?」
 
誰かいるとは思わなくて、驚いて視線をやった先にいたのは名保だった。あいにくと、祥香はこのときまだ名保のことを“紅槻名保”とは知らなかった。ただ、何気ないその言葉に、祥香の中の何かが外れて、止める間もなく涙があふれた。何に悲しんでいるのか、そもそも哀しいのかどうかさえわからないまま、衝動のように流れる涙と、溢れる嗚咽に、祥香はただただ身を任せるしかなかった。そんな祥香に戸惑った雰囲気を発した名保に対して、申し訳ないという思いは浮かんでも、声を掛けることも何をすることもできず、ただ泣くしかない。
不意に名保が動いて屋上の鍵を閉めた時には、何かをされるんじゃないかと身を強張らせた。恐怖に涙がまた溢れた。けれど、名保はそれから祥香に近づくでもなく扉の前に陣取るでもなく、静かにフェンスに寄りかかった。その姿を見て、祥香は唐突に理解した。そしてまた、涙が止まらなくなった。
名保は、祥香を閉じ込めるためではなく、外部から侵入者を寄せ付けないために扉に鍵を掛けた。そして、それを気にして祥香が屋上に居づらくなればいつでも出られるように、扉の前から離れた。恐怖と警戒に満ちた祥香を刺激しないために、近寄らなかった。名保を気にして泣くのをこらえないようにとイヤホンを耳にして嗚咽を聞かないようにしてくれた。けれど、祥香が心細くならないように、視界の中から消えようとはしなかった。
全部が全部、祥香の希望で想像で確証のないことだったけれど、そう思えるだけで、祥香の心は確かに救われた。そうして心行くまで泣いて、自然と涙が止まる頃には、祥香の心は少しだけ、すっきりと軽くなっていた。
その後に、おもむろに名乗った名保の名前を聞いて、祥香は驚きと、納得と、小さな憧れを抱いた。いや、憧れはそもそも最初からあったのだ。それは清純で真っ当な人生を歩んでいる人が不良に憧れるような、そんなささやかなものだったけれど。祥香は名保のことを少しだけは知っていた。噂の限りだけれど、部活の仲間からも聞いたことがあった。そう思うとやはり小さく胸が痛んだけれど、泣いたせいか鬱々とはならなかった。
だけれど、小さな憧れがあるせいで、その時に祥香は名乗れなかった。名保とは全く違った意味で、祥香も今や噂をされるに値する人間になってしまっていた。その噂を、もうこの状態では不可能だとは知りつつも、名保に知られたくないと思った。知っていたのだとしても、祥香からは言いたくなかった。そして同時に、そんなことを気にして名前さえ名乗れない自分が悔しくて情けなくて、また泣きそうだった。
そんな祥香のことを受け流して提案した名保の言葉に、やっとのことで肯定を返して、近づいてきた名保の、次の言葉と表情に、祥香は息を詰まらせた。
 
「髪、揃えたげる」
 
そう言って微笑んだ名保は、ひどく美しく見えた。
 
 
 
以来、名保と祥香は度々会って話すことが増えた。会うのはいつも、屋上か裏庭か、人目につかない場所ばかりで、その頃にはもう名保は祥香のことを知っていた。本当は深く関わるつもりもなかったけれど、接していくうちに、名保は祥香の人間性に好感を持ち、友人と思えるまでに時間はかからなかった。
卑屈な人間であれば、気弱でおどおどするような人間であれば、今の名保には鬱陶しい以外の何者でもなかったけれど、祥香は素直で優しく、優しいが故に言葉を飲み込むことはあっても、自分の意見はしっかりと持っているような子で、何より人の気持ちを汲むのがうまかった。だから、名保のことをあれこれとは聞かないし、祥香自身も自分のことはそう多くは語らなかった。ふたりでいて、無言ということも多い。けれど、祥香はそこに名保がいてくれるだけでよかった。
名保にとっての誤算は、祥香がテニス部のマネージャーを務めているということだった。彼女を介して“彼ら”と会うようなことがあるのは嫌だった。けれど、皮肉にも現状ではその可能性は限りなく低いと、祥香の噂と、彼女自身の口から聞いた話でわかってしまった。
そして祥香も、名保が何故かテニス部を、特にレギュラーの面々を避けていることに気がついた。その瞳に、嫌悪と同時に悲哀を感じ取ってしまったから、祥香はそのことについて触れることはしなかった。そして、名保からこう言われたときも、動揺も落胆もしなかった。
 
「あたしは、アンタを救うなんてことはできないよ」
 
祥香の現状を変えてやりたいと思う。いじめから救ってやりたいと思う。けれど、名保はどうしたって部外者で、できることにも限りがある。それに、祥香には祥香の望む収め方があると名保は思っていた。どんなにいじめを受けても決して部活をやめようとしない姿に、他人が、それも祥香の大事にしている部活を避けているような部外者が、口を出すことはできないと。そしてそれ以上に、名保はやはり恐れていた。この期に及んでまだ、この不可思議で信じがたい現実と向き合うことを恐れて、逃げたかったのだ。それに気づいているから、名保は祥香の強さが眩しかった。決して逃げない彼女と、逃げ続ける自分。告げた言葉は、自嘲でさえあったのだ。
そんな名保の心はわからなくても、祥香はその言葉がいっそ嬉しかった。救い出して欲しい気持ちはあるけれど、名保を巻き込みたくない気持ちの方が強かった。そして、いじめを摘発したいのではなく、祥香はあくまでも、内々に事を落ち着かせたいだけだった。ただ、側で皆を支えて、全国三連覇を果たせればそれで、よかったのだ。それが“約束”で、それさえ守れるのであれば、今の現状を維持することだって祥香にはなんてことないと思えるのだ。だから、名保の言葉には小さく微笑んで頷くだけにした。
 
「でも、髪切られたんなら揃えてあげられるし、怪我したんなら手当してあげられる。泣きたいんだったら泣ける場所を作ってあげられるから、耐えるのはいいけど我慢はしないでね」
「…名保ちゃんは、優しいね」
 
名保の言葉は、祥香にとって十分すぎるほど嬉しいものだった。孤独はつらく、寂しく、苦しかった。ただこうして、一緒に居られる人がいることが、何よりの救いだった。不器用で、でも精一杯与えてくれようとしている名保の優しさが、祥香の傷を暖かく包んでくれた。
そんな祥香の言葉に、名保はそんなことない、と苦く呟くしかできなかった。名保の方こそ、臆病で逃げてばっかりの自分を、そう言ってくれる祥香に、凍り付いた心が温められるのを感じていた。
 
 
 
そうしてお互いがお互いを支え合うように仲良くなっていく2人に、周囲が気づかないはずもなく。そしてそれに名保が気づかないはずもなく。だから、いつかはもしかして、誰かが自分に接触してくるかもしれないとは思っていた。わざわざ、レギュラーメンバーが来るとは微塵も考えていなかったけれど。一応忠告はした。祥香と違って、名保にとってテニス部はどうでもいい存在だ。いじめが露見して部が活動停止になろうが大会への出場権を無くそうが、どうでも。それがあの男から他の人間へ伝えられるかは知らないが、伝えたことは確かだ。容赦はしない。名保にとって祥香を守る手立ての最たるところは、名保自身が傷つかず、普段通りに祥香と接することだから。
それにしても、と名保は不意に思い出したくはないけれど、仁王の顔を思い出した。飄々としていて内面を悟らせず、人を騙すのを楽しみにしているキャラクター。それが名保の知る仁王雅治だ。なのに、名保の脳裏に思い出される仁王は、そんなキャラからは想像できないような表情を浮かべていた。あれが何だったのか、気になっている自分に嫌気がさした。立海大附属テニス部は確かに好きだった。そこに描かれていたキャラクターは魅力的で、読者だった頃の名保は主人公側よりも好きだったと思う。だからこそ、仁王のキャラとはかけ離れた表情が気になるし、王者と自負しているはずの“彼ら”の現状を軽蔑する。
現実を直視することが怖い癖に、どうしたって二次元であることを割り切ることができない自分こそを軽蔑すべきなのかもしれない、と帰路についた曇天の下で、名保はひっそりと自嘲した。
 



 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]