たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[633] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/12/05 (Wed)
6話目
このへんから迷走




 
 
 
その日、名保は登校したところをブン太に呼び止められた。久々に込み上げた非現実感に眉が寄るが、初めて仁王に対峙したときほど足が竦まなかったのは、ひとえに仁王との交流のおかげだろう。
 
「ちょっと付き合え」
「………」
 
頭ごなしの命令形には少し腹が立ったが、名保は無言で大人しくブン太の後について歩き出した。全体の出席を取る朝のHRには一応顔を出すようにしているが、とはいえ余裕を持って登校しようという気になっているわけでもないので、すでに時間は予鈴が鳴った後だ。ブン太もサボる気なのだろうかと考えて、そういえば仁王ほどではなくとも、ブン太も割とサボり魔だったと思い直す。
連れだって向かったのは屋上で、見慣れた景色に少しだけ目を細める。朝の光が眩しかった。給水塔の裏、人目に付きにくい場所まで移動すると、ブン太は名保に向き合うように振り向いた。
 
「俺がお前を呼び出した理由くらい、わかってんだろぃ?」
 
日の光に照らされて明るく発色する髪の色とは真逆に、ブン太の目は冷めた蔑みの色を湛えて名保を見ていた。名保はブン太の質問に頷きもせず、ただじっとその目を見つめ返した。その様子にブン太は小さく舌打ちして、再び口を開く。
 
「前原が俺らに何したのか、お前、知ってんのかよ」
 
刺々しい言葉が名保に刺さる。しかし、名保はなんでもないようにブン太を見て、「知らない」と答えた。名保は祥香に何も聞いていないし、祥香は何も言わなかった。仁王も何も言わなかったし、むしろ、言えない様子だったのを知っている。“何”があったのかなかったのか、当の本人達が一番悩んでいるのを、名保は知っていた。だから、それに対してブン太が盛大に眉を寄せて、声を上げた時に、理由が聞けるかとも思ったのだ。
 
「お前、知らないで前原と付き合ってんのかよ!?つか、仁王からなんも聞かなかったわけ!?」
「聞くも何も、雅治は何も知らないわ」
「んなわけねーだろ!あの時はメンバー全員がいたんだ、仁王だけ知らねぇってこと、あるはずねぇだろぃ!!」
「じゃあアンタは、何がどうしてこうなったのか、わかるの?」
「そりゃあ…!」
 
反射的に声を上げて、ブン太はそこで言葉に詰まった。妙に空いた間に、名保が眉を寄せるが、それすら見えてはいない。当然のことで、あんなに憤っていたはずのことが今、まるで靄でもかかったかのように曖昧で不確かで言葉にならないようなものに変わっていて、混乱した。
 
「どうかしたの?」
「!なんでも、ねぇよ…!」
 
名保の訝しげな声にハッと意識を戻したが、しかし、ブン太の頭の中は混乱したままだった。心臓がドキドキと脈打っていた。
 
「…部外者に言うようなことは、何にもねぇの」
「…まあ、そうね。でも」
 
とにかく今は何も考えたくなくて、この場をさっさと立ち去りたくてたまらなかった。自分で連れてきておいて話したいことの半分も消化できていないのに。けれどそんなブン太の様子におかしいとは思いながらも、名保は自分が部外者であることをしっかりと分かっているからこそ、聞き出すことはせずに頷いた。名保はいい。知らなくて当然なのだ。けれど、それを知っておかなければいけない人がいる。
 
「雅治には話しておいて」
「……お前に言われるまでもねーよ」
「それなら、よかった。………ねえ」
 
言って、さっさと背を向けたブン太に、名保は少し考えてから、小さく呼び止めた。
 
「アンタは、不自然には感じないの?今までは“こう”だったの?それで、いいの?」
 
言わずにはいられなかった。きっとチャンスさえあれば、名保はひとりひとりにそう問いたかったのだ。麗奈のことも祥香のことも置いておいて、ただただ、テニス部としてそれでいいのか、それが本当に望んでやっていることなのかを、知りたかった。現実とは認めたくなくても、真実としては認めていたのだ、ずっと。
ブン太はそれに一瞬だけ足を止めたが、振り返ることなく、ただ小さく「……わけわかんねぇよ」と呟いて、屋上を後にした。
残された名保はフェンスに背を預けて空を仰いだ。まるでマリオネットのように、生きている人間に見えない糸を絡ませて操っているような現実。“本当の現実”ならば知ることなどなかっただろう、不可思議な現象がこうして起こっている。信じられないことだけれど、悲しいことに名保はそれを信じられる程度には不可思議に耐性ができてしまっていた。いや、耐性ができている、というのとは少し、違うのかもしれない、と唇をゆがめた。
 
「、と…メール?」
 
ついついマナーモードにし忘れていた携帯が軽い音を立ててメールの受信を伝えてきた。買って貰った当初は、両親と担任の教師の連絡先しか入っていなかった携帯にも、最近になって祥香や仁王が追加され、メールも度々来るようになっていた。特に仁王は暇なのか、意味のない内容のメールを送ってくることが多く、今回もそうだろうとメールを確認すれば、祥香からだった。
 
『今日、部活前に話したいな。第3音楽室でもいい?』
 
こうして事前に時間と場所を決めて会うのがいつものことで、だから名保は、すぐに返信で『いいよ』と返した。第3音楽室は特別科目棟の2階にあり、第1、第2音楽室が使用できないときに使用する程度の使用率で常に人気はない。第3、というだけあって室内も広くはないため、大所帯の音楽系部活動の活動場所にもなってはいない。そんな、人気のない場所で会うこともいつものこと。だからこそ、名保は疑いもしなかった。
そのメールを、祥香以外が送った可能性など。
 
 
 
その週のブン太の掃除場所は特別科目棟1階の男子トイレだった。それも一人で。というのも、授業中に上の空を重ね、体育の授業では珍しく失敗してサッカーボールで校庭のプランターを割ってしまった罰なのだ。校庭の花イコール幸村のイメージの強いブン太はその瞬間血の気の引くような気分になったが、罰掃除を言い渡され、こうして仕方なく掃除をしている間にその気分も紛れていった。残ったのは、朝からブン太を悩ませ続けている、名保の言葉だった。そして、名保の質問に答えることのできなかった己の態度だった。
祥香がテニス部に何をしたのか、それまでは確かな“理由”があったはずなのに、名保を前にしたとき、あの時には、答えられる言葉を何一つ、ブン太は持っていなかった。答えられなかったのだ。信じていたはずの事実が消え失せた、そのことが今日1日ずっと、ブン太を悩ませ続けたのだ。それは、名保という場所を確保する前の仁王と、同じだった。だがそれにブン太が気づくはずもなく、ただ焦燥だけが募っていく。
適当に掃除を終え、ともかくテニスをすればこんなに悩むこともなくなるだろ、と部活へと向かおうとしたそのときだった。ブン太の耳に、何か重いものが落ちるような音と、うめき声が聞こえたのは。掃除場所である男子トイレの側には階段がある。音が聞こえたのはそこからだった。何事か、と部活に向かおうとした足を返して、ブン太は階段へ顔を出した。
 
「!!」
 
投げ出された腕、広がった髪、その間からは染みが広がるように見慣れない液体が流れていく。
一瞬のうちに血の気が引き、足が竦んだ。けれどそれは一瞬で、考えるよりも先にブン太は彼女に駆け寄った。最初は誰だかわからなかったが、顔を確認しようと近寄ってわかった。
朝に会ったときよりも顔色が悪く、髪も乱れているが、それは間違いなく、名保だった。
 
「おいっ!!大丈夫かよ!?おいっ!?~~っ、なんだよこれ!!」
 
こんな場面に遭遇したことなどない。いや、似たような状況ならば一度だけある。幸村のときだ。あの時の肝の冷えるような、魂を凍らされるような冷たさが、足下から這い上がってくるようだった。
ともかく、血を止めないと。でも頭は動かしちゃだめだよな。ぐるぐると付け焼き刃の知識だけが滑って、ただ、ブン太の手は携帯に伸びていた。名保とブン太を繋ぐ一人に、連絡を取ることしか考えつかなかったのだ。
片手で仁王を呼び出しつつ、片手でシャツを脱いでなんとか止血をしようと試みているうちに、電話口に仁王が出た。
 
『なんじゃブン太、』
「紅槻が階段から落ちた」
『…あ?』
「どうすりゃいいんだよこれ、仁王。血、止まんねぇの、動かしたりしちゃだめだよな?でもど、どうすりゃいいんだよ、呼んでも起きねえし、し、死んでねえよな?なあ仁王…!!」
『今どこに居る?』
 
話す内にどんどんと混乱を極めてきたブン太に、仁王は一際強く、それだけを尋ねた。その声に打たれたように、ブン太は少しだけ冷静さを取り戻して、触れた名保の体温がまだ暖かい事も確認した。
 
「と、特科棟の1階トイレ脇の階段とこ」
『すぐ行くから、ブン太はとりあえず救急車呼んで』
「おう、」
 
言い切る前に仁王から電話を切って、音の途切れた電話と名保を一度見比べてから、ブン太はようやく119をダイヤルした。
説明が終わる頃に姿を現した仁王は真っ先に名保に近づいて、その頬に触れた。ほのかに伝わる熱に安堵して、すぐに側に丸めて置いてあったブン太のシャツを傷口に当てて圧迫した。それが正しいのかどうかもわからないが、何もしないよりはいいだろうと。頭からの出血は量が多く、酷く見えやすいものだからきっとたいしたことはない、と自分を説得するように心の中で唱えながら。
 
「……ま、さ…」
「!」
 
胸元から聞こえた声に、仁王と、電話を終えたブン太も視線を移した。しかしすぐに、ブン太は名保のことは仁王に任せて、教師を呼びに行く、とだけ告げて場を去った。
 
「名保っ…!すぐ救急車来るからな」
「……へへ…あま、く…みてた」
「なに…?」
「ふ…っ、わた、し…やっぱりすき、だから…、ぜんこく、おうじゃの…」
「今は喋るな!後でいっぱい聞くから、黙ってろ」
 
知らず震える仁王の声に、名保はすぐにでも途切れてしまいそうな意識をつなぎ止めながらも、気づいていた。泣きそうな瞳も、揺らぐ視線の中でちゃんと見えていた。また“仁王雅治”らしくないその姿に、自然と笑みさえ浮かんだ。キャラクターでしかなかった存在の中に、そうではない少年の姿を見つけることが、名保にとっていつからか楽しみになっていたのかもしれない。ただ、泣きそうなこの目の前の少年を癒したくて、鈍く痛む手を上げた。なかなか上がらない手がもどかしかったけれど、辿り着いた仁王の頬に、いつも頭を撫でるように、優しく触れた。
 
「だいじょ、ぶ……まさは、る、なら…とりもどせる」
「………」
「あんたたち、は、にんぎょ…なんかじゃ、ない、もの……こころは…じゆう、よ」
「仁王!!!」
「こっちです!」
 
ばたばたと、足音を立てながら、ブン太を先頭に教師と救急隊員が到着した。そうすればもう、仁王は名保の側にはいられない。最後に一度、頬に添えられた手を握ってから、仁王は名保にだけ聞こえるようにそっと、耳打ちした。名保はそれに答えるように微笑んで、到着した隊員の手へと移動した。
 
 
 
名保が階段から落ちたことは翌日には全校に広がり、様々な憶測まで飛び交った。ただの事故から、仁王ファンによるもの、仁王との痴話げんかの果て…などなど。ただひとり、真実を知る一人だけが、歓喜と開放感に満ちた幸福に、陶酔していた。これで、とうとう邪魔者は消えたのだ、と。
そしてさらにこの日、さらなる噂が名保の事故の噂に重なって燃え上がった。
 
仁王はこの日から、麗奈のとりまきに戻ったのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]