たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621]
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/12/05 (Wed)
5話目





 
 
ある噂が立海大附属中学校を席巻していた。それはここしばらくでは珍しく華々しい話題で、特に女子生徒が浮き足立っていた。そこには落ち込んでいる者も悔しさを怒りに変換している者もいるが、概ね歓迎しているような雰囲気だ。女子生徒と男子生徒の恋の噂。中学校という場にふさわしい噂は、多くの羨望の中にひとりの憎しみを隠して広まっていった。
 
その噂の的は、仁王雅治と紅槻名保だった。
 
あの屋上以来、ふたりは度々時間を共有するようになった。それを見て、噂が立たないわけがない。どちらも個人的に噂される身であるからこそ余計に。不良に近い生活態度で雰囲気が似ている上、顔のレベルも釣り合っている。名保は派手な美人ではないが、大人らしい雰囲気と態度が中学生の憧れを集めるには十分で、人気にしても申し分ない。一般の女子生徒であれば針のむしろだろう仁王の隣は、名保ならばと涙を呑む女子生徒は少なくない。
しかし、涙を呑まない女子ももちろんいる。麗奈はその筆頭だった。当然だ。麗奈は自分が愛されるべき人間で、仁王は麗奈を愛すべき人間であると思っているのだから。せっかく手に入れたのに、突然現れた女に盗まれるなんて、許されないのだ。
紅槻、という名に聞き覚えがあった。仁王が麗奈を避け始めた最初の日に、仁王が呼んだ名前だ。あのときは歯牙にもかけなかったけれど、この布石だったのか、と麗奈は唇を噛んだ。今まで、祥香を含め、どんな女子生徒もモブと同じで麗奈にとっては全く敵ではなかった。他の女に何を言われてもレギュラーメンバーは麗奈を愛し続けたし、よそ見などしなかった。それなのに。
あの女は何か違う。麗奈の本能がそう訴えていた。そして、彼女こそが真の“ライバルキャラ”なのだと麗奈は思った。麗奈に与えられた補正を躱して麗奈を脅かせる存在。そう思うと、少しだけ麗奈の心は落ち着いた。なぜなら麗奈はヒロインで、名保は所詮、ヒロインのハッピーエンドを彩るだけのただのライバルキャラなのだから。そうであれば、麗奈は名保を駆逐しなければ。名保を消して初めて、麗奈は真実幸せになる。そうであるべきなのだ、と、麗奈はひとり、中庭の仁王と名保を見下ろしてほくそ笑んだ。
 
 
 
「おい仁王」
「…なんじゃ、ブンちゃんか」
「なんだって何だよ。つかブンちゃんヤメロっつっただろ」
 
げし、とブン太が仁王の足を蹴った。軽く蹴っただけで痛くもない癖に、仁王は足をさすりながら痛みを訴える。それをうさんくさい目で見つつ、感情のあまりこもらない声でブン太は続ける。
 
「なんでお前、あの女と仲良くしてんだよ」
 
あの女、というのが名保を指すことなど、仁王には言われなくとも察せられた。そしてブン太が何を言いに来たのかも。
 
「俺が誰と仲良かろうがブン太には関係ないじゃろ」
「あの女が前原と繋がってんの、お前だって知ってんだろぃ!」
「知っとるけど、それがどうしたんじゃ」
 
肩を怒らせて詰め寄るブン太を、仁王は静かに見やった。名保が祥香と友人同士であることはもちろん知っている。名保の言葉からも聞いたし、実際に鉢合わせることこそないものの、名保と祥香が一緒にいる場面は何度か見たこともある。だが、そんなことは今の仁王には一考に値しない程どうでもいいことだ。むしろ、祥香に対して今まであったはずの嫌悪感がかなり薄れ、どうして彼女をあそこまで嫌えていたのかと考える余裕さえ生まれた。
以前名保が仁王に言ったように、“それがどうした”と、今度は仁王が口にした。
 
「お前…!前原が俺たちに…麗奈にしたこと、忘れたわけじゃねえよな!?」
 
怒りで震える手で仁王の襟首を掴んで、ブン太は唸るようにそう言った。祥香が、立海テニス部に、そして麗奈に、何をしたのか、と。仁王は目を細めた。“思い出せない”のだ。何かあったような気はするし、逆に何もなかったような気もする。いつもの気持ち悪さで自然と眉が寄る。こういうときは無性に名保に会いたくなる。名保の側で話をしている間は、仁王はこの靄や気持ち悪さにとりつかれることがないから。
 
「とにかくじゃ、ブンちゃん」
「何だよ!?」
「俺は俺の思うようにやっとる。詐欺師の狩り場には、不用意に首突っ込まん方がええぜよ」
 
力任せにブン太の拘束を解き、仁王はそれだけを言い残して背を向けた。ブン太ならばこの言葉を、向こうの都合のいい言葉に捉えてくれるだろう事を予測して。仁王とて、部活に支障が出るのは避けたいし、なんだかんだと言っても、テニス部の仲間は大切なのだから。
その足で屋上へと向かえば、昼休みも終わりに近いせいかまばらな人影と、あとは見慣れた姿を見つけた。迷うことなく名保の元へ向かえば、近くに女生徒が数人いるのが見えた。名保はあからさまに相手にしていないが、女生徒達はそんな名保に腰が引けながらも何かを言っているようだった。噂のことか、と適当に考えながら、仁王は歩みを止めることなく近づいた。
 
「何の話しをしとるんじゃ?」
「!」
「に、仁王君…!!」
「…………雅治」
 
ぽっと頬を染める女子生徒と、相変わらず特に感情もない名保の瞳が一斉に仁王に向かった。仁王はその様子を楽しそうに眺めてから、おもむろに名保の腰に腕を回した。名保はそれにぴくりと眉を動かしはしたがそれだけで、黙って受け入れた。
 
「すまんな名保、遅うなった」
「約束してたわけじゃないじゃないの。ていうか、居場所言ってないのによく見つけるわね」
「そこは愛の力じゃろ」
「…はいはい」
 
ぽんぽん、と、いつからか癖のようになった動作で仁王の頭を撫でる名保に、仁王は目を細めた。こうしてもらうのが、仁王は好きだった。名保に言うことはないけれど。靄や気持ち悪さが消えて行くようで、安心するのだ。周りにわからないように小さく息を吐いてから、仁王は横目で女生徒達を見た。
 
「というわけじゃ。こっからは2人の時間じゃけぇ」
 
どっか行け、とは言葉にしなくとも、彼女達は赤い顔で唇を噛んでから、足早に屋上を出て行った。ちらほらと残っていた生徒達ももういない。仁王は片腕に抱いたままの名保が欠伸をするのを見てから、ゆっくりと手を離した。
 
「眠いんか」
「……まあね」
 
言いながら、ふたりはいつもの場所へ移動して腰を下ろす。
 
「あんなことしなくてもいいのに」
「まあ、虫避けみたいなもんじゃ、気にしなさんな」
 
実際、仁王自身がそうやってアピールせずとも、ほとんどは名保が仁王の隣にいることを認めている者ばかりだ。そのほとんどに含まれない一部も、仁王が名保を気に掛けているという姿を見せておけばそう下手なこともしないだろう。とはいえ、もとより名保は女子生徒の呼び出しどころか仁王との噂さえ特に気にしてはいなかったのだが。否定して回るのも面倒な上、本人同士が現実をわかっていて勘違いしないという自信もあるから放置しているのだ。
 
「どーしたらええんかのう…原因がわからん限りは何したらええんかさっぱりじゃ」
 
ごろり、と横になって仁王は呟く。あるはずの原因にたどり着けないもどかしさと、その不自然さから来る気持ち悪さにそろそろ耐えられないかもしれない。けれど、部活への危機感は募るばかりだ。練習量が明らかに落ちたし、比例して質も落ちている。それとなく柳に尋ねてみても一考さえしてもらえない。そんな柳の姿が不自然すぎて、正直最近は部活に顔を出すのもおっくうだった。それでも、仁王の中によみがえった“立海”がある限り、テニスを辞めたりはしない。葛藤だった。本当ならばいの一番に幸村に話をしにいきたいのだが、仁王は面会を許されていなかった。
 
「柳蓮二も、気づかないの?真田弦一郎は?」
「ダメじゃ。ふたりとも俺の話を聞いてくれん」
「…ふたりは幸村精市と意志を同じくしているんじゃないの?一番、気づいて然るべきだと思うのに…」
 
幸村不在の立海を、その不在を補って力強く率いていくのが件の2人だと名保は思っていたのに、今の2人からはその覇気を感じはしない。けれども、2人とも幸村に託す思いも、立海の矜持と自信も、テニスへの思いも人一倍で、信念をもってプレイしているはずで、頭も悪くはないはずなのだ。だからこそ、不可思議で、奇妙なのだ。
1人で悩み続けている仁王の、背は高いはずなのに小さく見える姿に、名保はまた手を伸ばした。結局、仁王を焚きつけた名保は部外者で、理想を押しつけているだけなのかもしれない。それでも、名保の知っている立海に戻したいのだと仁王が思ってくれるならば、名保はその、悩み疲れた頭を休ませる場所を与えたかった。祥香にそうしたように。
名保が“雅治”と呼ぶこの少年は、滅多に見ない美少年で銀髪で金色の目で、まったく中学生らしくない少年だけれど、その中には確かに、未成熟で危うい、14歳の男の子がいる。名保は、“仁王雅治”は名保の根幹を揺らがせる恐ろしい存在で直視さえしたくないけれど、“雅治”のことは年下の少年として、自分の方が年上の存在として、守りたいと思った。仁王を見ると“仁王雅治”を思い出すけれど、もう重ねることはなかった。名保は仁王をそうして受け入れたのだった。
 
「名保の側は落ち着く」
「…そう」
 
それだけを呟いて、仁王は瞼を閉じた。名保も特に何をするでもなく、指先に触れる仁王の髪を手慰みに撫でつつ、雲の浮かぶ空を眺めた。隙間から僅かに注ぐ光が、冬のモノクロの世界を照らしていた。
 
 
 
 
 
 
 
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]