たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[629] [628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/12/05 (Wed)
3話目





 
 
どうにも自分の中で納得ができなくて、名保はその日、この世界に来て初めて、テニスコートを見に行った。祥香と出会ってからも足を向けたことのない場所だったのに、どうしても頭から離れない仁王の表情と、自分の心が納得を見いだせない現状に、考えても仕方がないと諦めた末の行動だった。行きたくも見たくもないけれど、確認せずにはいられない。テニスコートを辛うじて見ることができる程度の場所で、名保は葛藤を噛みしめて立っていた。
祥香には伝えていない。祥香の姿を見たいわけではなかったし、祥香とて見られたいとは思っていないだろうから。そして、いざ現場を見たときに、祥香の望むような行動をとれるかどうかもわからなかったから。できれば、祥香の姿は見ずにおきたい、と思った。
揺れる思いのまま、じっとコートを見ていると、一方的に見知った姿の生徒たちが集まるのが見えた。レギュラーたちだ。こうして全員が揃っているのを見てしまうと、地面が崩れていくような気がして、吐き気までしてくる。側に木がなかったら、膝はすでに頽れていたかもしれない。
不意に、彼らの中に、ひとつだけ小柄な姿が見えた。名保は、瞬時にあれが“木崎麗奈”だとわかった。祥香と同じテニス部のマネージャーで、この冬転校してきてその座に居座った女生徒だ。祥香のいじめの、大元締めでもある。
彼女はレギュラー達に囲まれて、ふわふわの長髪を結うこともなく背に流し、子ども特有のあどけなさと女の狡猾さを秘めた瞳と唇で楽しそうに微笑んでいた。その頬はピンク色で、確かにかわいらしい女の子だった。けれど名保はその少女の不自然さに、思い切り眉を寄せるしかなかった。なぜ、という思いしか出なかった。麗奈の存在は、名保にとっては“立海大テニス部”に酷く不釣り合いで違和感ばかりの存在にしか、感じられない。それなのに、そんな違和感などないかのように彼女はテニス部の中に入り込み、そしてレギュラー達はそれを当然のように受け止めている。不思議を通り越して、異常でしかなかった。
 
「幸村精市が不在とはいえ、何これ…これが、あの立海テニス部だっていうの…?」
 
自分にも他人にも厳しく、己を律することを課しているようなストイックな集団だったと思っていたのに。今名保の目に映っているのは、ひとりの女にうつつを抜かす、馬鹿みたいな男達の姿でしかない。部活中というのに髪を下ろし、その爪先はつやつやで、薄く化粧もしているように見える女を、咎めることなく側に置き、休憩時間でもないのに声を掛ける。こんなの、異常と言わずになんと言えばいい。
テニス部なんてどうでもいい、現実なんて見たくないと逃げていた名保だけれど、いざ見た光景を“どうでもいい”とは言えなかった。ショックだった。認めたくなかった。こんなの違うと言いたかった。
名保は、何をどう言ったとしても、やはり“彼ら”を嫌いにはなれなかったし、きっとずっと憧れを抱いたままだったのだ。突然送り込まれた奇妙な世界を信じたくも認めたくもなかったけれど、それは好きだと思っていた“彼ら”を嫌いになる理由にはなりはしない。丸一年と少しをこの世界で生きてきて、名保自身、“彼ら”に慣れてきていたから余計に。2年になって同じクラスになった柳生が、知っていたのと同じだったことに、恐怖の奥底に僅かでも楽しみを感じてしまっていたから余計に。
こんな異常の中で、祥香は抗っているのか、と名保はようやく気づかされた。けれど、祥香の話を聞いたところでは、祥香さえもこの異常に飲み込まれていて名保にしてみれば正常ではない。不可思議な現象のように感じてはいるのに、その原因が見えず、ねじ曲がって祥香の所為になっているのだ。けれど、部員の変化には気づいているから、元に戻したいと願っているのだろう。唇を噛んだ。
何が起こっているのかはわからない。けれど、この異常は正直気持ちが悪い。柳蓮二や真田弦一郎でさえも、麗奈をちやほやしているとは信じたくない。関わり合いになりたくない気持ちは今でもある。これを現実とは、今だって認めたくない。でも。それでも。これ以上こんな異常を、名保は見ていたくなかった。
 
「珍しいのぅ、紅槻さんが見学に来とるとは」
 
不意に聞こえた声に驚いて視線を上げれば、先日のように近距離に、あの金色の瞳が細まって名保を見ていた。思わずレギュラー達が固まっていた方を確認するが、そこにもちろん仁王の姿はない。いつの間に近づいてきていたのか、名保にはわからなかった。
 
「…仁王…雅治」
「お前さんがわけわからんこと言ったき、昨日は散々じゃったぜよ」
 
見下ろしてくる仁王の視線は探るようなそれで、居心地をさらに悪くさせた名保が視線をずらせば、レギュラー達と麗奈が見えた。とっさに、名保は仁王の陰に隠れるようにして、彼らから自分を見えないようにした。何故か強く、麗奈に、見られたくないと思った。
 
「今日は逃げんのじゃな。…いや、逃げとるんか?」
「仁王雅治」
 
ちらりと自分の背後を確認しておもしろそうに表情をゆがめる仁王に、昨日の面影はない。どこか少し安堵して、名保はからかおうという姿勢の仁王に呼びかけた。日本人離れした個性に、足は竦んでいても、目はなんとか逸らさなかった。仁王は表情を消して名保を見る。
 
「アンタ達は異常だわ。それに気づいてないことが何より異常。柳蓮二はどうしたの。参謀の名が泣くわね」
「前原のことか」
「祥香のことは今関係ない。アンタ達自身のことを言ってるの」
「何のことじゃ」
 
名保の真剣な瞳に、ありえないと思いながらも仁王は、確かに気圧されていた。そんな自分に、仁王は戸惑った。今まで気の強い女に会ったことくらいはある。それでも仁王は己を揺さぶられるようなことは決してなかったと思うのに、先日から名保の瞳、そう、あの目で見られるとどうにも仁王は居心地が悪いような気がしてくるのだ。まるで仁王の本質を見抜いているような、見透かしたようなあの目が。
たじろぐ仁王に、しかし名保はそれに気づく余裕もなく、ただ言葉を重ねた。
 
「あの女があの場にいるのが、あたしには到底“普通”に見えない。1人2人が傾倒するのはまだいいけど、アンタ達全員がそうなの?そうだとしても、公私の区別はつけてるものだと思ってたわ」
 
特に真田はそれが顕著だろうと名保は思っていた。名保の知る真田はそれこそ女の影どころかその存在を頭の隅にも入れてるのかどうかさえ怪しいほどの男だが、さっき名保の視界に映り込んだ真田は、その見る影もなく、微笑んでさえいたように思う。たとえ女ができたとして、幸村の倒れた後の立海を背負うという責任感を持っているはずの男が、麗奈の存在を見逃すとは到底思えない。それなのに現実は。
 
「お前も麗奈を悪く言うんか」
「悪く言っているように聞こえるなら、やっぱりアンタもおかしいわ。よく見てみなさいよ、仁王雅治。ここはどこなの。アンタは誰なの。アンタ達は“何”なのよ。見失ってないって、言えるの?」
 
フェンス越しに指を突きつけられて、仁王は怯んだ。真っ直ぐすぎる名保の瞳に、不意に今はいない、立海テニス部を背負う男の目が重なった。自分でもひねくれていてプライドの高い男だという自負のある仁王でさえ認めざるを得ない、仁王たちにとって唯一の頂点である男。帰りを待つと約束した。三連覇を成し遂げるのだと約束した。
 
「………」
「…あたしはアンタ達のテニスは、その、嫌いじゃない。から、」
 
ふ、と名保は仁王の瞳から目を逸らして、突きつけた指でフェンスを掴んだ。眉を寄せて、苦しみをはき出すように言うその姿は仁王にはひどく不思議に映った。言っている言葉はその辺のファンの女子と似たようなものなのに、その姿には欠片もこちらへの陶酔や恋情のようなものがなく、そんな態度を向けられたことは一度もなかった。それに、仁王達テニス部のレギュラーをことごとく避けているはずの紅槻名保から出た言葉、というのも信じがたい。その様子を放っておけずに追求しようと仁王が口を開くのと同時に、背後から仁王を呼ぶ声がした。
 
「におくーん、もう練習始まってるよ~!」
 
甘ったるい声に、名保の肩が揺れた。ぞわりと鳥肌まで立つような気がして、咄嗟に仁王から離れて背を向ける。走り出した背に仁王の呼ぶ声が聞こえた気がしたが、名保は振り返ることはしなかった。
 
 
 
残された仁王は名保の背を見送ってから、ゆっくりとコートに向き直った。仁王の元へと走ってくる麗奈に目を留めて、そのとき初めて仁王は麗奈に対して眉を顰めた。けれどそれはほんの一瞬で、麗奈が側に寄ってきて仁王の腕を取る頃には小さなしこりを残しただけで、それが何のことだかわからない程まで薄れてしまった。
 
「におくん、誰と話してたの?だめだよ、練習中におしゃべりしちゃあ。真田君に制裁されちゃうよ!」
「それじゃったら、赤也は毎日ボッコボコじゃな。話しとらんでも毎日殴られとるが」
「あっそうだよね!」
 
ふふふ、と笑う麗奈はかわいいと思う。幸村が不在で沈みがちな部活の雰囲気を明るくしてくれていると思う。けれど今仁王は麗奈を見ていたくなくて、名保が去った方を追うように視線をやった。当然すでに名保の姿はなく、フェンスと植木と校舎が見えるだけだったが、仁王は心に残ったしこりを確かめたような気持ちで、目を眇めた。いつもは多少なり嬉しいと思うはずの麗奈の腕を自分の腕からおもむろに外して、仁王は麗奈を振り返ることなくコートへと戻っていった。
その場に残されることになった麗奈は一瞬ぽかんとしてから一度、仁王が目をやった名保が居た場所を見て眉を寄せてから、自分の名前を呼ぶ丸井の方へと走っていった。仁王に駆け寄る直前、彼が呼んだ“紅槻”という名前を刻み込んで。
 
 
 
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]