たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[607] [606] [605] [604] [578] [602] [601] [597] [600] [599] [598]
2019/10/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/04/13 (Fri)
白石君のキャラソン聞いてるとすごく白石君書きたくなるんだけど、短編苦手やわ…
と思っての集中的に短編書こうかな期間なんだけれども(しかし今決めた)
白幸も書きたいしなあ
ほんとは漫画で描きたかったけど色々久々なのと慣れてないのとでちょっと挫折してます
とりあえずネームでも…練るか

で、やぎゅ幸を先に
やぎゅ幸っつーか…仁王と柳生メインすぎて←



「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」





ここのところの柳生は驚くほど甲斐甲斐しく、甘ったるいほどに優しく、よく気が付く紳士っぷりを発揮しとって、正直、見とるこっちが胸やけするほどじゃった。その行為(好意、か)の対象であるところの幸村も、さすがに最初は戸惑っとったみたいじゃし。
雨が降れば傘を差しだし、試合を終えればタオルとドリンクを手渡し、幸村が苦手な化学の勉強も見てやっとるようで、本場の執事もビックリ並の尽くしっぷり。相方の、異変と言えば異変に、さすがの俺も疑問を持たないではおれず、一度尋ねたことがある。

なんで、そうまで幸村に尽くすんじゃ、と。

柳生はその時、やけに幸せそうに笑って言った。

『私がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ』

目を細めて、俺よりもよっぽど詐欺師のような顔で。日常の些細な部分に柳生という存在を刻み付けて捻じ込んで、幸村が気づかないうちに幸村の日常に柳生という男を紛れ込ませていく、それはまさしく、紳士の皮を被った立派な詐欺師の姿じゃった。





――というのに。
今目の前にいる柳生は、あのときの勢いやら輝きやらをどこぞに置いてきたんか、力無く部室の机に突っ伏している。あの柳生が、机に。珍しいこともあるもんじゃ、と思ったのは一瞬で、ただならぬ柳生の様子に、俺はなんとなく面倒事の気配を感じて、さっさと部室を出ようと着替え始めたんじゃが。
視線を感じる。じっとりと、だが鋭い視線を。出所は明白、柳生だ。
ここで柳生を無視してもいいが、どのみちダブルスパートナーとして一緒に練習する時間が多いんじゃから、確実にその時に絡まれるじゃろう。どうすべきか。俺が悩んでいる間にも何か言いたそうに視線を寄越してくる柳生に、俺は面倒事はさっさと済ますに限る、とため息をついてから柳生の正面にある椅子に腰を下ろした。

「何なんじゃ、一体。言いたいことがあるんじゃったらさっさと言いんしゃい」
「仁王君……君ならそう言って下さると思っていました」

…言わせた、の間違いじゃろ。内心で柳生に対してそんなことを思いつつも、それを口にして話が長引くのは得策じゃないことは明白じゃけ、とにかく流しとく。さっさと聞いてさっさと部活に参加したい。普段の俺なら考えもせんことを、今は切実に願った。
で、と話を促せば、柳生は視線を伏せて、ぽつりぽつりと話し始めた。

「私、もうだめかもしれません…」

話す、というほどの文章でもなく、柳生はそれだけ言ってまた黙った。これは、こっちから話を促せっちゅうことか?柳生ってこんなに面倒な奴じゃったか?

「…何がじゃ。はっきり言わんと何のことか俺にはさっぱりわからんじゃろ」
「幸村くんのことです」
「……じゃろうとは思っとったが。作戦は続いとるんじゃろ?何がダメだったんじゃ」

幸村に、柳生なしじゃいられないようにする作戦。まあ、あの幸村相手と思えば無謀ともとれるが、柳生だってそのくらいはわかっててしたことだ。それに、なんだかんだ幸村は“仲間”に甘い。そして与えられるものに慣れるのも、早い。悪くない作戦じゃと俺も思うとったが、何か不都合でもあったんじゃろうか、と俺は柳生に問いかけた。

「ダメというか…ダメなのは私自身です」
「……怖気づいたんか」

言い方に多少齟齬はあるが、要はそういうことなんじゃないか?当たりをつけて言ってみれば、肯定するように柳生が黙った。
つまりは、柳や真田の存在に幸村の中で勝れる気がしなくなったんじゃろう。確かに二人は幸村にとっては特別で、この部内でもあの3人はある種特異な存在だ。それはやっぱり出会ってからこれまでの時間と、何よりも幸村の期待に応えられるだけの能力を持ってることが大きい。
とはいえ、そんなことを今さら言っても仕方ないことで、柳生もそれを知っていて幸村を好きになったんじゃろうに。作戦を初めてしばらく、進展の見られない現状に不安になってきた、っちゅうところか。もともとそんな大きな成果の見られる作戦でもあるまいに。

「で、どうするんじゃ?諦めるんか?」
「いやです」
「…そこははっきりしとるんじゃな」

なら俺が言うことなんかありゃせんのじゃないか、と思う。たぶん柳生は、背中を押してほしいだけ、というやつなんだろう。

「なかなか…難しいものだと、思わされましてね。少し、落ち込んでしまいました」

情けないですね、と苦笑する柳生は、多少なり持ち直したように見える。誰かの“掛け替えのないひとり”になるのは難しい。それでもまあ、諦めないんなら、もともと柳生は幸村に好かれている範囲の人間なわけじゃし、希望がないわけじゃあないじゃろう。世間一般には受け入れられがたいことであろうが、俺がそれを否定するつもりもないしの。むしろ、まあ、それなりに気に掛けとる相方の恋じゃ、上手くいって欲しいと思うんは、普通じゃろ。

「まあ、頑張りんしゃい。望みはないこともないじゃろ」
「むしろ俺としてはかなり前向きに行っていいと思うけどな?」
「そう言っていただけると嬉し…い………え?」

突然割って入った第三者の声に、ぎょっとして視線を移せば、そこには渦中の人、幸村がにこにこと笑って立っていた。い、いつの間に来とったんじゃ、まったく気づかんかった…っちゅーか、部室の扉開く音せんくなかったか?つくづく、この男は恐ろしい、と俺は背を凍らせながらも、俺よりも余程驚いて固まってしまった柳生を見た。ああ、こりゃあかん。

「なかなか来ないから、呼びに来たんだよ」
「ほーか……幸村が来るとは珍しいの」
「まあ、ね」

いつもは真田か柳生、でなくとも柳が来るところだが、柳生はともかくとして、他二人がこうも易々と幸村を使いに出すとは珍しい、と俺は幸村を見て、その表情を目に映して、言葉を飲んだ。
…わかった。もうええ。

「…ほなら、俺は先に行くぜよ。…真田にはうまいこと言うとくき、ゆっくり話しんしゃい」
「……うん、今度何か奢るよ」
「なら、学食の焼肉定食じゃな。期待しとるぜよ」
「あっ、あの、仁王君…!?」

柳生の声が俺に助けを呼ぶように響いたが、俺は無視を決め込んで部室を出た。あれ以上部室に留まって、馬に蹴られるんは不本意じゃしの。そもそも助けなんぞいらんじゃろ、あの様子なら。
俺はテニスコートにぶらぶらと向かいながら、さっきの幸村の、珍しい表情を思い返していた。あれは、ついさっき来た、というよりは、しっかりと最初から最後まで聞いとった顔じゃ。
――柳生の気持ちが、嬉しくて嬉しくてたまらん、ちゅう顔じゃ。

「あー、まったく。腹ぁ、いっぱいじゃ」
「あ?お前なんか食ってたんかよ!俺にもよこせっつの!!」
「あんなもん食うたら胸やけ起こすぜよ」

丸井の的外れな言葉にさえ、今は楽しくて仕方がなく、喉を鳴らした。丸井が怪訝そうな顔で俺を見たが、気にもならん。明日から柳生をからかう楽しみが増えたのう、と、今頃お互い顔を赤くしているだろうふたりを思って、久しぶりに声を上げて笑いたくなった。
もちろん、後日、幸村にはきっちり焼肉定食を奢ってもらったのは、言うまでもない。




拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]