たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[608] [607] [606] [605] [604] [578] [602] [601] [597] [600] [599]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/04/14 (Sat)
ということで、バースデー関連のゆめ
連載主です


*テニス連載の6.5話
*白石君ハッピーバースデー!










6.5




その日、いつも通りに学校に登校して、あたしは眠たくて閉じかけていた瞼がぱかっと開くのを他人事のように感じた。
なにこれなんなの今日何か特別な日だったっけ。
月曜から土曜まで休みなく行われる朝練にのそのそと向かっていたあたしの目の前には、いつも朝にはいないギャラリーの姿。
きゃいきゃいと高い女子の声が、そわそわとした雰囲気と共にフェンスからこちらへと流れてくる。
放課後は早めに部活が終了する部やサボりの子などで大層な賑わいを見せるフェンスは、いつもならば朝はもっと閑散としている。
朝練は7時からと他の部よりも少しばかり早いし、そもそも朝練を毎日行っているような部活動はテニス部の他にはあまりないみたいで、自分の用事もないのにわざわざ朝早く登校してまで雄姿を見たいという女子は今のところほとんどいなかったから。

「あれ、紅槻?どないしてん、こんなとこで」

呆然とコート傍に突っ立ったまんまのあたしの背後から、聞きなれた声が呼びかけてきて、ようやくあたしは身体を動かすことを思い出した。
振り向けば、そこにいたのは思った通りに忍足君で、あたしと同じように、制服のままテニスバッグを肩にかけて、不思議そうにあたしを見ていた。
あたしは無言で、ただ、ちょいちょい、と指先をフェンスへ示して見せる。

「あん?…うおっ、こりゃまた…」
「ねえ忍足君、なんなのあれ。みんな今日から本気出すぞってこと?それともこぞって早起きしちゃったから来てみた系?」
「なんやねんそれ。ちゃうやろ、今日は」
「ふたりとも、何してんねん」

忍足君が何かを言おうとした瞬間、漫画みたいなタイミングで白石君が忍足君の言葉を遮って登場した。
おお、おはよう、と口を開こうとするあたしよりも一足早く。
それこそ漫画みたいな現実が目の前に広がった。
さっきまでフェンスにかじりついていた女子たちが白石君の登場に気が付いたのか、一斉にこちらに向かって走ってきたのだ。
さすがにびびって、あたしは突撃対象と思われるふたりから咄嗟に距離を取る、と、隣に忍足君まで逃げてきた。
ちょっと、あの女の子たちの半分くらいはあんた目当てじゃないのか!

「ちゃうって、今日は俺関係あらへん!全部、白石や!」

え、と思って忍足君から白石君へと視線を移せば、女子に囲まれてかなり困った表情の白石君が見えた。
本当に、女子はみんな白石君の傍に駆け寄っていて、何やら手に手に持っていた何かをしきりに白石君に押し付けている。
その勢いは餌に群がる肉食獣のようで、白石君の顔が引きつっているのを見てあたしは心から同情した。
そんな白石君の様子を呆然と見ているうちに気付いた。
彼女たちが白石君に押し付けている(渡しているとか、そういう優しい表現じゃ生ぬるいくらいの光景だし、実際)ものを見れば、それはどれも綺麗にラッピングされた、一目でプレゼントとわかるようなもので、さらに彼女たちは口々に、「おめでとう!」を告げている。
ピンときたあたしは忍足君を見て、確信を持って尋ねた。

「白石君、誕生日?」
「……おん」





あの後、部活を理由になんとか彼女たちを振り切った白石君と一緒に、女子の熱い(あたしへは痛いくらいの鋭利な)視線を向けられつつ部室へ入った。
扉を閉めた途端に漏れるのはため息。
もちろん出所は白石君だ。

「お疲れねえ、蔵リン」
「やっぱり追っかけられたんやな…大丈夫か?」

口々に声を掛けるのは、先に部室に居た小春ちゃんと小石川君だ。
面白がっているように見受けられる小春ちゃんとは対照的に、小石川君は心配げに白石君を気遣っている。
ほんとにこの人は、地味で目立たない(けなしてるわけじゃないよ!)けどすんごくいい人だと改めて思う。

「大丈夫やあらへんわ…朝っぱらからこんなんなるとは思てへんかったで…」

疲れ切った様子の白石君の腕にはたくさんのプレゼントたち。
どれもこれもがきらきらと美しく飾り立ててあって、なんだか、まさに彼女たちの用意したものだなあと納得した。
『見て、私を見て!私だけを見て!』そんな声が今にも聞こえてきそうで、なんだかちっとも羨ましいと思えない。
白石君もその辺は感じるところがあるのか、普段の彼からは想像もつかないほどぞんざいな手つきで受け取ったプレゼントを部室のテーブルに置くと、それとはまったく違って丁寧な手つきでテニスバッグを自分のロッカーへと立てかけた。

「朝練前でこんなんで、教室行ったらもっとすごいことになるんじゃない?もしかして」
「言わんといて、紅槻さん…なんや、今日はずっとココにおりたい気ぃしてきた…」
「ノートなら貸すけど」
「アカンアカン、こいつ、こんなんで真面目やからサボったりとかようせえへん」

とねぎらいの言葉をかけていると、再びガチャリと部室の扉が開いて、財前君が顔を出した。

「おはようさん、財前」
「…っす。ところで、なんなんすか、あのギャラリー」
「白石君の誕生日を祝いたくて早起きした女子の集団」
「なんすかそれ…ああ、言わんでもわかりましたわ」

不機嫌そうな表情、と思えば、実際に財前君は不機嫌だったらしく、挨拶もそこそこにイライラした口調でフェンスの女生徒について口にした。
それに端的に答えれば、さらに不機嫌な表情になってあたしを見た後、その後ろのテーブルに積まれたプレゼントと、疲弊した白石君を見て察したらしい。
呆れたような表情に変わって、大変すね、とだけ声を掛けた。
ほんとだよ、どうやってあのプレゼント持って帰るんだろうな。
精市たちも誕生日やバレンタインなんかでは恐ろしいくらいのプレゼント攻撃を受けていたけれど、可愛くないことにそういうのに慣れているせいで、困ることと言えば処分方法くらいで、持ち帰り用のカバンや紙袋を別に持っていたりしたけれど、白石君にその様子はない。
そこまで思い至って、あ、とあたしは通学カバンを漁った。
突然のあたしの行動に、部室内にいるメンバーの視線が集まる。
しばらくごそごそして、目当てのものを見つけたあたしは、それを引っ張り出して白石君の前に突き出した。

「はい、白石君」
「?…なん??」
「それ、持って帰るの大変でしょ。あたしからの誕生日プレゼント、ということで、エコバッグ。あと、昨日買ったテーピング」
「えっ。ええよ、そんな気ぃ使わんでも!」
「別に気を使ってるわけじゃないよ。今日誕生日だってさっき知ったから何も用意してないし、でもなんかしたいなって思ったから、あたしの今持ってる中で一番使えそうなの選んだだけ。ね、だってそれ、実際どうやって持って帰るの」

ニッと笑って見せれば、一度プレゼントの山を見たあと、あたしの手の中にまだ納まったままのエコバッグとテーピングを見て、少し迷ってから、でも結局、いつもの笑顔を少し困らせて、そっと受け取った。

「ありがとな、紅槻さん。テーピングまで。今度使わせてもらうわ」
「うんうん。あ、あと、」
「なん?」


「ハッピーバースデー!」





*




「ハッピーバースデー!」

そう言って笑った紅槻さんに、正直どきっとした。
今まで女子に同じ言葉を言われたことは何度もあったけど、それらとは全然違っていた。
いつも通りにカラッとした声音で、強いまなざしで、楽しそうだった。
紅槻さんに続いてメンバーからも口々に祝いの言葉を贈られて、俺はようやく今日は嬉しい日だったんだということを思い出した。
朝っぱらから、あれはあれで有難いことなのだろうけど、正直、こっちの都合をまるで考えていない押しかけのような誕生祝いは全然嬉しくなかった。
今日は特別な日のはずなのに、いつからかそれを素直に喜べるのは“仲間”と呼べる友人たちに祝ってもらって初めて感じる程度で。
それなのに今日、それも始まったばかりの時間に、彼女の素っ気ないプレゼントとありきたりな言葉だけで、『嬉しい楽しい特別な日』としての誕生日が、謙也バリの速度で戻ってきた。
それが今まで友人に言われてきた祝いの言葉と何がどう違っていたのかなんてわからないけれど、多分、それを言ったのが彼女だから。
それだけはわかっていた。

「おおきにな、ほんまに」

飾り立てたプレゼントは俺に向かってきらきらと輝いて見せているけれど、俺は手の中に納まったピンク色のエコバッグ(これを渡してくるっちゅーのがもう既に紅槻さんが紅槻さんたる所以やわ)と医療用のテーピングの方が、何倍も輝いて見えた。
俺のことなんてまだ何も知らないはずの彼女が、誰よりも俺のことを分かっているように思うくらい。
プレゼントをもらってこんなに嬉しいと思ったことが今まであっただろうか。
俺は自然に笑顔になっていたのに自分で気づかないまま、迫った朝練開始時間にガタリ、と席を立った。

「さ、そろそろ着替えて行くで!今日は俺からも皆にサービスや!外周20周追加な!」
「えええ!!!なんやそれ、それのどこがサービスやっちゅー話や!!」
「謙也はもっとサービスして欲しいっちゅーことやな?ほな、10周追加や!」
「…アホっすわ、謙也さん」
「ちょっ!おい!マジか!?マジなんか?!てか財前!お前、先輩に向かってアホとはどーゆー…」

財前にヘッドロックをかましながら騒ぐ謙也を尻目に、ロッカーの中にエコバッグとテーピングだけをしまってプレゼントはそのままに、俺は部室を出た。
着替えはレディファースト、がここ最近の暗黙の了解で、俺に続いて出るメンバーと反対に、今まで俺が居た奥側へと移動する紅槻さんに、まだ言い足りなかった俺の心が、口をついて出た。

「ホンマにエコバッグもテーピングも、めっちゃ嬉しいで。ありがとな、紅槻さん」

すると、一度きょとん、としてから、女王然としたいつもの笑顔よりもずっと子供っぽい笑顔で笑った。






C




----------------------------------------------
白石君誕生日おめー!
そういえば差し挟むべきイベントやったわ!と思って6.5、割り込みです
正直、四天宝寺の部室とコートの位置関係がわかってなさすぎてぐだぐだな文章ですううう…
白石君は無駄が嫌いなので、過剰包装とかないプレゼントでも喜んでくれそう
ってのと、実用的なプレゼントの方が好みだと思う、という妄想でできています


拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]