たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[561] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551] [550]
2017/11/19 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/12/28 (Wed)
まかないおいしいし、着実に太っている…こわい、春こわいよ…

くそねむいです最近マジで
そろそろ冬眠するんだと思います
それを許してくれる環境に行きたいです


続きは短編ですー
*男の子主人公です
*若干グロい?
*奥州です
*短編です















血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
(戦国時代10題より)
ttp://karis.obihimo.com/c/  沈黙夜宮


緋に染まる。
白土と緑の草原が、今では見る影もない。
折り重なるように斃れ伏す亡骸を飛び越え、駆け抜ける姿もあかく。
時は逢魔、不釣合いな美しさを撒き散らしながら、夕日は地を緋に染めた。

ずるり、と引き抜いた刃を追って血潮がこぼれ出るのを見るともなしに見ながら、細く息を吐く。
明日へ持ち越しか。
沈む日を焦燥と諦観と高揚で混沌とした心で見つめて思う。
このままでは決着などつくまい。
どちらの大将にも首はあり、それを支えるいくつもの将も討ち取られたとは聞かない。
もしかすれば己の耳に届かないだけで討ち取られた将もいるのかもしれないが、それでも対手の士気が落ちないうちはそれはないのと同じだ。
血脂で濁った刃を一振りして申し訳程度に血を落とし、次に屠る相手を選ぶために視線を走らせる。
もうしばらくもすれば撤退の法螺貝が吹かれる。
その前にいくらか敵を削っておかねば明日がつらい。
長時間刀を握り、肉を骨を断ってきた腕は疲労を訴えているが、今しばらくの辛抱だ、と柄を握り直す。
その時、敵陣の動きが崩れたのが見えた。
それはたったの一瞬の出来事だったのだろう、それでも見えた。
敵大将のその、首が。
あとは何も覚えてはいない、ただ、ひどく眩しい光が、まるで導くかのように照らしていた。



「お前が、辰生か」
「は…。藤五郎様旗下、第一分隊にて長を拝命仕っております、辰生と申します」
「武家出身じゃねぇようだが?」

気が付けば俺は、陣幕内にて、何故か自軍の長たる独眼竜伊達政宗公の目前に跪いていた。
顔は上げられない、その程度の身分しか持たない俺が、何故こんなことに。
その理由などまあ、ひとつしかないのだが。
政宗公の問いに応えたのは、その後ろに控えた片倉様だった。

「農民の出のようで。先の戦で取り込んだ軍に居た者で、伊達軍としての出陣が此度がはじめてだと」
「Hum...農民、か…」

政宗公がどんなお気持ちで呟かれたのかは俺の知る由もないことだが、ただそこには、嫌悪よりも苦々しさが含まれているような気がして、内心で首を傾げた。
農民から兵士となる者は少なくない。
むしろ、もともと武家の、血統の正しい兵の方が少ないくらいなのだ。
片倉様や藤五郎様のように、将となるような方であれば、もちろん武家の出身者ばかりだが。

「戦自体は初めてじゃねえな?」
「、」
「許す。話せ」

政宗公からの直々の問い掛けに、応えを返すべきか片倉様を仰ごうと顎を上げたのを気取っていたかのようなタイミングで、政宗公は鷹揚に直接声を掛ける許可を出した。
それに片倉様の眉間に皺が寄った気がしたが、主の決定に俺如きが逆らえるはずなく、低頭して応える。

「初陣は十三を超える頃に。以来、戦のたびに従軍しております」
「十三?いくらなんでも、農民にしちゃ早すぎねえか?」
「農民の出、と、申しましても、私は武家へ売られた身でございますれば。鍬よりも刀との相性が良かったのでございましょう」

俺としてはただ、事実を述べただけだったのだが、途端に上座が不自然にシン、と静まった。
まさか同情なり責任なりを感じているのかと一瞬思わなくもなかったが、自分程度の境遇の者ならいくらでも、それこそ掃いて捨てるほどいる。
その中でも自分は幸運な方なのだと、思っている。
武家などという裕福な家に引き取られ、武芸を仕込まれたことで食い扶持を稼ぐのにも困らない。
一頻り黙り込んで自分なりの答えでも導き出したのか、異国語で何やら呟いたのちに、納得するかのように何度か頷いた。

「Hum,まあ何にせよ、武家で教えを得てるってんなら、今回のことにも納得がいく」

今回のこと、言いながら政宗公の視線はするりと俺の背後へ注がれた。
風に揺れるのはちぎれた髷からこぼれる髪。
虚ろな瞳はもう、今生を映すことはない。
家紋を染め抜いた鉢巻を紅に染めた、その男はこの戦の敵総大将その人だった。
緋の光に誘われるようにして駆け抜けた血色の原に、この手で沈めた男の首。

「あの動き、一朝一夕のものでも、つい最近まで農民やってたような奴のものでもねぇ」

眼光鋭く、俺を探るようにして見ながら、ただ政宗公の口元は、微笑んでいる。
その奥で、片倉様が酷い渋面で政宗公を見ていた。

「辰生、お前に褒美をくれてやる」
「は、もったいなきお言葉…」

今回呼び出された、その最たる目的にようやくたどり着いたことに、心の内で息を吐く。
期待ばかりをしていたわけではないけれども、将を、それも敵総大将を討ち取ったのだから、多少なり期待はあった。
そもそもこうして一国の主と面会していること自体が褒美と言えなくもないのだろうが、あいにくと俺にはそんな忠義心もないし、もらえるというのであれば何かの役に立つ『もの』が好ましい。
己の背後に控えている者も、それを期待していることだし。

「お前、成実んとこの所属だったな?」
「、はい」
「今から小十郎の下に付け」
「は…」

転属?しかもそれを褒美?
政宗公を崇拝しているとも言えるような、もともと伊達軍所属の兵たちならばまだしも、伊達軍に従軍して間もなく、政宗公を雇い主程度にしか認識していないとすら言えるような俺に対して、それが褒美?
余りのことに真っ白になりかけた脳を揺さぶって起こしたのは、他でもない政宗公の言葉だった。

「分隊やら小隊やらじゃねえ、小十郎直属、謂わば、小十郎の補佐だ。それなりの待遇は保障してやる」
「「は!?」」

図らずも、片倉様と声が重なった。
きっとたぶん、内心の、声にならない部分も重なっていたに違いない、何言ってんだこの人は、と。

「政宗様!御戯れもほどほどにして下さい!この小十郎、そのような話は一言も聞き及んでおりませんぞ!」
「That said.今初めて言ったことだしな」(そりゃそうだ)
「し、失礼ながら!お言葉、誠に有難く、身に余る光栄と存じますが、しかし…っ、私は出自も卑しく、刀も片倉様に比することすら許されぬ程度のもの。とてもそのような大役、こなせるとは思いませぬ…!」
Shut up.辰生、それ以上喋るんじゃねえ

ギラリ、と音をたてそうなほど鋭い視線に、射竦められたように喉がひきつった。
殺気すら含んだ視線が俺を捉えたまま、政宗公はゆっくりと口を開いた。

「反論は認めねえ、これはDetermination matterだ。俺はお前なら小十郎の右に立てると思った。農民だろうが何だろうが関係ねえ。必要なのは腕だけだ。You see?」(決定事項)

差し挟まれる異国語の意味は解らないが、拒否など許さないことはその瞳で悟った。
ごくり、と喉が鳴るのを、どこか他人事のように感じて、俺はただ政宗公を見返すことしかできない。

「いいか、その地位に見合う土地も禄も俺が直々に保障してやる。お前はただ、必死になって刀を振るえ。そして必ず、小十郎の隣に立ってみせろ」

ニイ、と持ち上がった口端に、まるで目が覚めたように鮮やかに、政宗公の姿が瞳に焼き付いた。
この人は、己の隣にまで登って来いと、お前ならばここまで来られると、そう言っているのだ。
気高く、遠い存在の目の前のひとに、自分はそこまで言われているのだと、気づいた時には震えが背筋に沿って脳髄を焼いた。
そうして、まるでそうするのが自然かのように頭を垂れ、俺はそれを拝命した。



楽しそうな様子の主君にため息を吐きたいのをぐっとこらえ、小十郎は苦みを含ませた声音で主へ、それでも呈さずにいられない苦言を漏らす。

「如何なさるおつもりですか。事実はどうであれ、奴が今の家から氏を与えられぬ限り、反発は目に見えておりますぞ」
「Han,頭の固ェ爺どもなんぞ、端から相手にする気なんかねえよ。小十郎、お前はわかってるだろう。俺の目指す、俺の軍を」
「もちろん、存じております」
「That's so good.なら何も言うことはねえだろ?俺の軍にはアイツが必要だ」
「…それが、辰生を利用することになってもですか」

まっすぐな視線のまま、政宗は言葉を止めた。
そうして、辰生の去った方を静かに見つめ、はっきりと頷く。

「それが奥州の、伊達の…そして辰生自身の為にもなる。犠牲じゃねえ。利用した分は、キッチリ払ってやるさ」
「…もう何も言いますまい。明日よりさっそく、扱かせて頂きます」
「クッ…ああ、頼んだぞ」

そうして。
奥州伊達軍に、竜の牙とも爪とも呼ばれる刃が誕生した。












----------------------------------------------
めずらしく短編
政宗様の英単語は「」のうしろに訳が伏せてあります
翻訳は自動翻訳さんにお任せしてるので多分変です

ねむいです←関係ない

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]