たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[562] [561] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551]
2017/11/19 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/12/30 (Fri)
とりあえず明日は遅番で明後日は早番です
寝れるかな


続きは短編ですー


 *女主
*元就様の妹
*政宗相手











可憐なる姫よ、戦に出でよ



「南に?」

鈴を転がしたような、という比喩がしっくりと当てはまるほどの可憐な声が広い室内に響く。
しゃらり、と細い木の擦れる音をさせながら優雅にゆらめく扇から、ほのかに香る芳しい香りに、緊張が満ちた場の空気が少し和らいでさえ見える。
上座に座る、少女と呼ぶには色香を纏い、女と呼ぶにはまだ稚い女性を前に、居並ぶ男達は一様に低頭したまま。
己らの主君の、妹君である姫――名保は、それをするり、と撫でるように眺めてから、彼らの中で最も上座に座する男へ視線をとどめる。
視線を向けられた男はそれに応えるように、は、と短く応えを返してから言葉を紡いだ。
その声に滲むのは、焦燥。

「元就様が同盟締結の為にお出になられた直後、出陣してきたようで、すでに南方の村々に被害が出ております。すでに元就様は奥州へ到着されたと報告が参りました故、お戻りまでは少なくとも五日以上は…」

安芸を統治する毛利家の当主で名保の実兄たる元就は、今国を離れて遠く東北の地に降り立っている。
それを好機と見た南の小大名が、反毛利を掲げて攻めてきていた。
元就の手腕でもって動かされてきた毛利軍は、その司令塔たる元就を欠き、多少なりとも揺れていた。
なぜなら、毛利軍には元就以外に統率を計れる将が極めて少ないのだ。
元就の留守を預かり、代理として手腕を揮う者が。
気弱にすら映る男の焦燥の面を見やって、名保は可憐な造作の顔のなかで唯一兄とうり二つの、切れ長で冷たくさえとれるほどに澄み切った瞳を細めて、笑った。

「何の問題がありますか。わたくしがいますでしょう」

扇で口元を隠し、ゆるりと笑うその姿に、男たちは怪訝とも呆気ともとれるような表情で名保を見返した。

「何の為にわたくしがこの座に座っていると申すのか。兄上様は、何の為にわたくしに『毛利家当主代理』を言付けて行かれたのか。お前たちにはそれがちらともわからない?」

笑顔はうっとりするほどに美しく、可憐であるのに、その様は酷く、冷徹と怜悧の言葉の如き兄に似ていた。
元就という人物を身に染みてわかっている男たちは背筋を這う冷たさにぶるりと身を震わせた。
分かっていたはずだと、姫は言っているのだ。
元就はこの、南の脅威を、わかっていて奥州に発ち、妹姫に全てを委ねて行ったのだと。

「兄上様は確りと同盟を締結してお戻りになります。わたくしたちは兄上様をお出迎えしなければなりません。決定事項はそれだけ、南など、如何ばかりの脅威。何を俯き、兄上様に縋る必要があると?」

わたくしが出ます。
名保はそれだけを告げて、華やかな打掛を翻して室を出た。
出際に、

「二刻の後に出ます。用意を整えておきなさい」

とだけ告げて。






元就が南方襲撃の報せを受けたのは、すでに奥州にて同盟の締結も済ませ、帰途につこうかという時だった。
配下の忍が齎した情報にふん、と鼻を鳴らして、元就は帰り支度の手を速めた。
それを見ていた奥州王、伊達政宗は面白そうに目を細めた。

「Hey,毛利。何かあったのか?」
「…貴様に言う必要などない」
「つれねえな。同盟結んだ仲じゃねえか」

いかにも興味本位、といった姿勢を崩さずに声を掛けてくる政宗を、こちらも隠すことなく鬱陶しそうに顔を顰めてあしらおうとする元就だが、もともとこの同盟の盟主は政宗であり、立場は僅かに元就の方が低い。
そうでなくとも、元就はこの伊達政宗という男のことがどこか苦手であった。
いっそ右目のような男であれば好感も持てたのだろうが、掴みやすそうでいて掴みにくい竜の相手は勝手がわからないのだ。
故に大抵は押し切られてしまう。
大事な一線を譲ることは決してないが、痛手にならない程度の事柄であれば隠し通すことが面倒に思えてくるのだ。

「まったく五月蠅い竜よ。たかが領土の南方が襲撃された程度のこと。わざわざ吹聴するような事柄でもあるまい」
「what!?襲撃!?そんでなんでアンタはそんなcoolなんだよ。さっさと戻るべきじゃねえのか?」
「愚問だ。その程度の諍い、我が出向かずともついた頃には終結しておろう。ふむ、まあ、それに合わせて戻るというのも一計だが」
「アンタにしちゃあ部下の働きを信じてる風だな?心変わりでもあったのか?」

元就の口から伝えられた事柄に政宗は思わず声を大にするが、当の元就は素知らぬ風に手にした扇子をぱちりと閉じた。
そうして告げられた言葉に、政宗は今度は耳を疑った。
言い方はどちらとも取れるが、元就のその言葉からは、信頼が感じ取れたからだ。
優しくさえあるほどに普段と声色の違う元就の様子に、驚いていた政宗はしかし、すぐに面白そうに口端を上げる。
傍に控えたまま成り行きを見守っている小十郎が小さく息を吐いた。

「部下?違うな。名保を駒ごときと同列にするでない」
「名保?」

ここで初めて話題に上った人物の扱いに気など配るものかと牙を立てるより早く、違和感と名前が引っ掛かり、それはそのまま口からこぼれ出ていた。
言ってみて、改めて違和感の正体に気付いた。
元就は滅多に人の名前を呼ばない。
それが名前を呼んだ。
それも、聞く限り女の名前を、だ。
妻帯したという噂も聞かない上、どこかそういうものを寄せ付けない雰囲気を持つ目の前の男から出た名前に俄然興味がわく政宗が、それは誰のことかと元就に問いかけるよりはやく、己の右からその答えは返ってきた。

「毛利家の一の姫君の名が確か、名保姫と聞いたことがあります。歳は政宗様とそう変わらぬ、元就殿の妹君だと」
「妹?」
「とにかく我はもう戻る。使者は残してゆく故、好きにしろ」

これ以上は語らないと態度で示す元就に、政宗は一層唇をにやりと歪めた。
元就の言葉が竜の関心を引いてしまったと、肩を落とす小十郎を尻目に、政宗は立ち去ろうとする元就に告げた。

「俺も行くぜ」






馬上から戦況を見やりながら、すでに決着のついた未来を思って名保は息を吐いた。
身に纏うのは簡易ながらも戦装束。
纏うこと自体は初めてではないが、人前にこうして出ることは数えるほどしかないために少しだけ落ち着かなくさせる。
それを微塵も表さないためにそんな名保の心境には誰も気づかないのだが。
腰に佩いた刀をするりと撫でて、名保は馬首を返した。
これ以上は眺めていたとて意味がない。

「帰陣する」

一言を残して馬の腹を蹴り、後方、小高い丘に設置した陣に向かって手綱を操る。
その手に迷いはなく、供にと就いた者が目を丸くするほど見事な馬術だった。
深窓の姫君だったはずの毛利家の姫は、家臣の知らぬところで見事な戦女として成長していたようだった。
長い髪を一つにくくり、風に靡かせる名保の後ろを走りながら、侍従はだが、すぐに馬の足を止めた。
名保の葦毛の馬も足を止め、ただじっと前方を見つめている。
何事か、と視線を追った侍従は、即座に馬から転がり落ちるようにして降り、地に平伏した。

「兄上様」
「終わったか」
「…はい」

いつもの戦装束で慣れたように戦場に立つのは、名保の兄たる毛利元就その人だった。
さすがの名保も驚きに目を瞠ったが、どうにも不機嫌な様子の兄に小首を傾げながらも言葉に応える。
何か不備でもあっただろうか、と名保が元就へ更に声を掛けようとしたところで、元就の後方から聞きなれない声が聞こえた。

「Hu~m,アンタが毛利の戦女かい?確かに、似てるな」

青い戦装束を纏い、右目に眼帯をした若い男。
名保はそれがすぐに独眼竜と名高い伊達政宗だと気が付いたが、同時に何故こんなところに、という思いで思わず凝視したまま動きを止めた。
ぐい、と腕を引かれて、名保はようやく現実に還り、腕を引いた兄の姿を見た。
引かれるままに馬上を辞した名保はそのまま元就の側に寄り、一定の距離に控えて元就を見上げる。
どうして、奥州の竜がこんなところに?と。

「知らずともよい、名保。このような者の名前も顔も覚える必要などない、お前はさっさと帰城して茶でも点てているがよい」
「オイオイ元就、そりゃねえだろ?同盟国の国主に、身内の紹介くらいしてくれたっていいんじゃねえか?」

チッ、と勢いよく元就の口から舌打ちが漏れる。
いつになく不機嫌な様子の元就に、名保はぼんやりと、だが確信を持って、この奥州からの客人が元就の機嫌を損ねているのだと察した。
が、とはいえ名保にはどうしようもない。
名保の一番は元就だが、だからといって同盟を組んだばかりの国の国主に対して礼を失しても気にしないかと言われればそうでもない。
それに正直、名保は少し気になるところもあって、奥州の竜には興味があった。
元就の舌打ちに許可を得たと読み取り、名保は一歩進み出て簡易の礼を取ってから名を述べた。

「お初にお目にかかります、毛利家長女、名保と申します。このような場ですので簡略の礼となりますことをお許しください」
「名保だな、O.K.俺は奥州筆頭・伊達政宗だ。…顔を上げな」

言われてゆるり、と顔を上げて初めて、政宗と名保の視線が真正面からかち合った。
互いに興味関心に満ちた瞳で見つめ合い、いつまでも続きそうなそれを断ったのはもちろん元就だった。

「もうよかろう。さっさと奥州へ帰れ」
「No probrem!奥州には小十郎がいるんだ、ちぃっとばかし長居させてもらうぜ?」
「なっ!貴様、何を勝手なことを!」
「俺はそっちの姫君に興味が沸いた。一度手合せしたいってーのもあるが…なあ、kitty」

国主同士の口論に口を出さずにじっと行方を見守っていた名保に、ふいに政宗が声を掛ける。
Kittyが何を指しているのかは名保にはわからなかったが、政宗の視線は雄弁に名保へ語りかけていた。

「何でございましょう」
「お前、俺のところに嫁に来い。同盟の人質ってんでも構わねえが、できりゃあアンタの意志で、がいい」

瞬間、まさに光の速さで政宗の一瞬まで存在していた空間が裂けた。
間一髪で避けた政宗の動きに遅れた髪の数本が焦げをつくったそれは、いつも以上の無表情でその気だけを苛烈なまでに激しくさせた政宗の目の前にいた男――言わずもがな、元就からのものだった。

「貴様、今すぐ我の目の前から消し去ってやろうぞ」
「HA!アンタがそんな顔するとはな!嫁ってのは冗談だ――が、今回の同盟、人質の一人も預かっておくのが道理ってもんじゃねえのか?You see?」
「それならば適当な駒を貴様のところに送り付けてやろうぞ。名保を竜の妻に差し出すなぞ、我は決して認めぬ」
「それじゃあ意味がねえ。おいおい毛利よ、お前だってわかってんだろ?お前が簡単に切り捨てられるような駒じゃあ、人質の価値すらねえ」

その点この姫ならば問題ない、と政宗が視線を元就から名保へずらしたところへ、まるで空気も読まずにその当の姫から言葉が投げ入れられた。

「あら…御冗談でしたか」

ぽつりと零すように紡がれた言葉に、大の男ふたりは見事に固まった。
それでも政宗はすぐに気を取り直し、未だ固まったままの元就を尻目に名保へ一歩近づいて言葉を繋ぐ。

「Hey…アンタは『その気』だった、てのか?」
「その気…というよりは。わたくしは六爪の独眼竜と名高い貴方様に、とても興味が」

はんなりと、その可憐な面を緩めて、名保は政宗に向かって微笑む。
その姿はとても戦場に立つようには見えないのに、何故か政宗には、彼女には戦場を駆け抜ける姿が似合うと、見たこともないのに思われてならなかった。

「アンタ…名保は、誰に刀を習った」
「兄上様と…兄上様が連れていらっしゃる方々に」
「Hum…腕は?」
「そも、戦場に立ったことは数えるほどしか。けれど、兄上様以外にわたくしは負けません」

一国の主として、一軍の総大将として武名も高い元就と同等の腕だというのか。
元就は一見優男と見られがちだが、実際はその細腕のどこに、と思われるほどの力強さで、侵略を企むすべての国を叩き伏せてきた将だ。
そんな元就に並ぶというのか、この目の前の、花とも見紛う姫君は。

「――Ha,ますますアンタに興味が沸いた。安芸には2、3日いさせてもらうつもりだが、名保。俺の相手をしろ」

もちろん、刀のな。
にやりと秀麗な顔を楽しげに歪ませた政宗に、名保は一瞬きょとりと目を丸くしてから、蕩けるような笑みで頷いた。

「わたくしでは不足だと、言われぬように努めさせていただきます」

国主を差し置いて、交わされる約束事に、我に返った元就が猛烈に怒ったが、結局のところで名保に甘い元就が折れるしかなかった。
楽しみなのだと、言われてしまっては。







----------------------------------------------------
なんとなく尻切れっぽいけれどもこれで了
わりと好きなタイプの主人公
けれど何がどうって、結局奥州か、とか、元就偽物、とか…ね
こののち、主人公はしっかり政宗様の正室に迎え入れられます
元就は認めてませんけど、認めてないとはいっても止められない縁談に、絶対に正室以外は認めぬと圧力をかけまくるくらいしかできない、と
そんで政宗はもともと嫁取る気なかったし、名保なら正室も勤まると思っているからそもそも側室にするつもりが微塵もないとかそういう話
あと、こじゅさまはひとりひっそりとうれし涙(政宗様が正室を娶るということに対する)を流すわけです
輝宗様と義姫のときのような感じ

なんか色々書いてみたい主人公…

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]