たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[557] [556] [555] [554] [553] [552] [551] [550] [549] [548] [547]
2018/09/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/12/17 (Sat)
寒い寒いと思ってたら雪降るんだもんねー
今年豪雪なんじゃね?ううう…
年賀状が一向に進みません
こりゃ無理かなってなったらみなさん既成になるという…




続きは現代パロ~












*現代パロ3つめ、政宗様
*幼少期
*だけどかなーりしっかりしたお子様。年齢は気にしない方向で←
*あと、こどもなのでまだ英単語入ってません、政宗様











紅槻家直系の男子につけられる護衛兼世話役は、主となる子が5歳を迎えてから、10歳離れない程度の年齢の少年が(護衛兼世話役とはいえ、子どものうちは主の身代わりという意味合いの方が強い)その任に就く。
ただし、三男・幸村については1歳を迎えてすぐに佐助が世話役として宛がわれた、例外である。
そのような例外が生まれた影には、次男・政宗の誘拐騒動が係わっていた。
紅槻家の子どもは旧家ゆえに、狙われやすい。
嫡子として本宅に住み、不自由を感じるのではと元親が思うほどに守られている元就とは違い、別宅にて過ごす政宗は、3歳の時にその身をかどわかされ、運よく身は戻ったものの、それ以降、右の目が日の光の元にさらされることはなくなった。
それ故に、当時1歳になったばかりの幸村には早々に佐助がつけられることとなったのだ。
また、政宗自身にも、その騒動の後すぐに小十郎が傍に上がったのだが。
3歳で目を失った政宗は当時、その傷跡も相まって人から避けられ、また本人も人を避けて過ごしていた。
内に引きこもり、誰をも信じず、部屋の隅にうずくまる毎日。
それを壊したのは、世話役を拝命したばかりの小十郎だった。
そんな過去を持つ政宗も当初、弟妹に興味など抱かなかった。
むしろ、小十郎以外の人間など自分を忌避するか憐れむかのどちらかだと思い込んでいた。
幼いながらも、元就とは違った意味で「大人」や「ひと」を理解してしまった政宗にとっては、無関心を表した元就はむしろ好意的にさえ思ったくらいで、そんな元就ともしょっちゅうは会わないというのに、未だほとんど見たこともない弟妹に会おうと思えなかったのだ。
だから、小十郎がセッティングした場を何度も抜け出し、やんちゃ坊主の呼び名を恣にしながら政宗は弟妹から、人と向き合うことから、逃げていた。
最初の一年は療養のため、その後の一年はひたすら逃げたため、政宗は双子が3歳を迎えるまでまともに顔を見たこともなかった。
ただ双子が4歳を迎える前に、一度だけ興味本位で双子の様子を覗いたときには、双子は二人仲良く世話役の佐助を交えて遊びに興じていて、政宗は「なんだ」と失望にも似た不愉快さだけを感じた。
政宗が覗いていることなど知らぬ双子は、お互いを見て楽しそうに笑い、見ているだけでもあの二人は二人でひとつなのではと思わせるほどに楽しそうにしていて。
『きょうだいというのは家族の中で最も近しい存在です。きっと政宗様の助けとなります』と懇々と説いていた小十郎に怒鳴りつけたい気持ちで己の部屋へと戻った。

(あの二人は俺なんかいなくても寂しいと思うことも、一人だと感じることだってない。わざわざ俺が行く必要だってない!)

政宗には小十郎しかいなかった。
ひとりぼっちだった政宗を救ってくれた、小十郎しか、彼にはいないのだ。
だからこそ、いつだって傍にいる片割れを持って生まれてきた弟妹たちが、羨ましかった。
その日以降、政宗は今までに増して弟妹たちと会うことを拒否し続けた。

――その、半年後。
政宗は庭で己よりも小さい少女がうずくまっているのを見つけて舌打ちをした。
それは奇しくも、数年後の元就と名保の様子に酷似していたが、それを知る者はその場にいない。
だがこの時、名保は政宗の舌打ちにも反応せず、ただじっと、垣根の端に蹲ったままだった。
その様子を訝しく思いつつも、名保と幸村に嫉妬する心のままに、政宗は刺々しい口調で名保に声を掛けた。

「おい!お前!そんなとこで何してんだ!」

それでも名保は動かない。
その様子に腹を立てた政宗は、ずかずかと大股で名保に近づくと、その小さな手を取って無理やり立たせる。
そこでようやく政宗を見た名保だったが、その名保の目を見て政宗は言葉を失くした。
涙を浮かべて虚ろに彷徨い、けれどぎりぎりのところで泣くのを我慢している表情。
自分より2歳も年下の少女が浮かべるような顔じゃないことは、政宗にもわかった。
その名保の唇が、ちいさく動いた。

「なほ、おんなのこだから、ゆきちゃんのちかくにいちゃ、だめなの」

つたない言葉で紡がれた言葉に、最初政宗は意味が解らず、「は?」と聞き返した。
するとすぐに名保は口を閉ざして、今度はしっかりと政宗を見た。

「おにいちゃんは、だあれ?おにいちゃんも、おとこのこだから、なほ、いっしょにいたらおこられちゃう」

あ、と気づいたように顔を歪めて、名保は言いながら政宗の手をぐいぐいと引っ張った。
離してくれと言わんばかりの様子に、嫉妬に駆られていたはずの胸中はすっかり冷め、むしろ今目の前にいる少女の言動に眉を寄せた。

「何言ってんだ?わかるように言えよ。なんで『ゆきちゃん』とやらと一緒にいちゃダメなんだ?男の子だから?」
「う、ん…そうなの。ゆきちゃん、おとうとだけど、『おとうと』はおとこのこだから、いっしょだとメッて。『おにいちゃん』もおとこのこだから、なほはひとりでいないといけないの」
「ひとりで?」
「なほ、じゃまだから、いっしょにいたいけど、ゆきちゃんといっしょがいいけど、だめなんだって…じゃまなんてしないよって、いっても、だめなの、なほだから、だめなの」

言いながら顔を歪めていく妹に、政宗は怪訝な表情をするしかない。
なんで名保と幸村が一緒にいちゃ『駄目』で『邪魔』で『怒られる』ことなのか、政宗にはわからない。
前に見た時には、そんなこと思いもよらぬほど仲良く一緒にいたのに、どうして。
あの時の面影もないほど、今の名保からは悲痛と孤独しか感じられなかった。

「誰が、そんなことお前に言ったんだ?佐助か?」

妹にとっても身近な存在を口にすれば、名保はぶんぶんと首を振って全身で否定した。

「ちがうよ!さすけはやさしいの、いっしょにいてもいいんだよっていってくれるの。でもね、…おねえさんもおじさんも、……おかあさまも、だめっていうから」

おかあさま。
政宗の頭の芯と右目の奥が、熱く疼いた。
政宗の爛れた右目を誰よりも厭った女の姿を思い出して、ぎりりと奥歯を噛んだ。
自分を孤独にさせた女は、今度は妹を孤独にしようとしている。
その理由は自分にはわからないが、小十郎なら何か知っているかもしれない。
理由なんて今はどうでもよく、ただ、目の前の妹が、自分にあまりにも似ている気がして、放っておけなくなってしまった。

「独りでいないといけないから、こんなとこにいたのか?」
「うん。おへやはおねえちゃんたちがきれいにするからいちゃだめって。でもおそとにはでられないの。だからおにわにいようかなって。でもね、おにわはひろいから、」

さみしいの。
言って、名保はぽろぽろと涙を落とした。
最初に名保を見つけた時、垣根の陰で蹲っている姿。
それに政宗は酷く覚えがあった。
自分だ。
小十郎もいなくて、自分の中に閉じこもりっきりだった頃の自分。
あの時の己に酷く似ていて、そして全く違っていた。

「なあ、名保」
「なあに?」

一緒にいてあげたいと思う。
誰だってひとりはいやだ。
寂しいのはいやだ。
それがわかっている己が傍にいてやりたいと、政宗は思う。
それでも、もし名保が周りの奴らと『同じ』なら、それは政宗が耐えられない。
だから先に、この小さな妹に、もっと感情を傾けてしまうその前に、先手を打っておきたくて。
政宗はおもむろに、己の顔の右半分を隠していた髪を避け、白い、医療用の眼帯を名保に晒した。

「おにいちゃん、おめめ、どうしたの?おけが?」
「……ああ、そうだ。怪我で、こっちの目が見えないんだ」
「いたい?だいじょうぶ?」
「――なあ、名保」

小さな手を伸ばして政宗を案じる名保に、ぎゅう、と引き絞られるように胸が痛んだ。
純粋に、怪我と聞いて痛みを心配する妹を、政宗は今から試そうとしている。
自分を守るための行為が、ひどく罪悪感を刺激して政宗を苛むが、でも、それでも、そうしなくてはいられないのだ。
名保の問いを無視するように、政宗は静かに名保に問いかける。

「俺はお前を守ってやりたい。一緒にいてやりたい。だけど、俺の右目は、怖くて醜くて…気持ち悪いんだ。それを見て名保が俺を怖いって思うなら、俺はもう二度と、お前の前に現れない。お前は?俺と一緒にいたいと思ってくれるか?」
「おにいちゃん…?」
「なあ名保。これを見ても、一緒にいたいと、思ってくれるか?」

言って、名保の反応も見ずに――いや、正確には見ることなどできずに――政宗はゆっくりと、眼帯の下を名保に晒した。
爛れて融けた皮膚が下がり、肌とは違う赤黒い肉が波打つそこには、瞼がくっついてしまって瞳を見ることができない右目があった。
今日、ほとんど初めて会った自分より年下の、それも女の子に、自分で見ても顔を歪めるような傷跡を見せるなんてどうかしていると思う。
それでも、仲良くなってから跳ね除けられるくらいなら、もう今から傍を離れたい。
未来の己を守るために、政宗は己の傷を名保に見せた。
一瞬、息をつめたような気配を感じて、政宗は身を固くした。
顔など見られない。
残された左目はただ、地面を睨み付けるようにしていて、でも、動く様子のない名保に、政宗は恐る恐る視線を上げて――思わずのけぞった。

「な!なにす――」
「おにいちゃ、いたいのー!とっちゃだめー!」

名保の、ちいさな掌が、政宗の右目に向かって伸ばされていた。
それはもう、触れるほどの位置に。
思わずのけぞったおかげで触れることはなかったが、それに名保は不満げに、どこか心配そうに、政宗を見た。
その口が紡ぐ言葉に一瞬理解が及ばず、しかしそれをゆっくり飲み込んでから、政宗は明らかに落胆した。
ああ、この妹も所詮は他と同じで、己の右目を醜いと言うのだと。
だから、眼帯を付けさせたいのだろう、と。
表情をこわばらせて、自分にしがみつく小さな妹を跳ね除けようとした矢先。

「おけが、なおらなくなっちゃうー!ばんそーこ、とっちゃだめえー!」
「―――え」
「おにいちゃんのおめめ、まっかなの、いたいいたいなの!なほ、おてあてするから、」

名保の言葉が飲み込めず、呆然と動きを止めた政宗の右目に、ふわりと優しく、あたたかいものが触れた。
思わず肩を揺らせば、驚いたようにそれは一度引っ込んで、また、今度は先ほどよりもゆっくり、恐る恐ると触れてくる。

「い、いたい?いたい?おてあて、だめ?なほ、おててちいさいから、だめ?いたいの、とんでかない?」

手と同じくらいに恐る恐る、名保が言う言葉が、少しずつ、ようやく政宗に届く。
ただただ傷を案じる、醜いだとか怖いだとか、そういうことがわからないのか気にしていないのか、ただ、患部の赤みに傷がとっても痛そうだと、政宗を案じている名保の様子が、政宗には信じられないもののように見えた。

「怖く、ないのか…?」
「う?なほ、こわい…?」
「………いや、いい。なんでも、ねえ…」

怖いのかと、聞かずにはおれずに尋ねても、名保はその意味がわからないのか、ことんと首を傾げて、的外れなことを言う。
それに答えを得たような気になって、政宗は口を閉ざした。
小さな掌は、まるで右目を癒そうとするかのように、柔らかく暖かく、傷跡を覆っている。
まるで、見えない傷跡まで癒されているような気がして、必死に『手当』する名保に、政宗は自然と唇を緩めた。

「政宗様!」

よく聞き知った声、己の世話役の声に、政宗は名保を腕に抱えて振り向いた。
突然抱え上げられた名保は驚いて一度手を政宗の右目から離してしまったものの、腕の中で安定すればすぐにまた手を伸ばして『手当』する。

「よ、小十郎…」
「まさ、むね、さま…これは、いったい…」

近づいてきた小十郎は、探していた主の腕の中に子どもがいること、それが妹君であることにまず驚き、次いで、その妹が何故だか政宗の右目に触れていることに酷く驚いた。
小十郎が知る限り、政宗はその右目を誰かに触れさせるということはなかった。
なにがどうなってこんなことになったのか見当もつかない小十郎はただ呆然と主を見やる。
当の政宗はしかし、怒る様子もなく、むしろ嬉しそうに小十郎を見つめていて。

「おにいちゃん!おにいちゃんのおめめ、いたいいたいなの!ばんそーこ、ある?なほ、おてあてしてるから、ばんそーこ、ちょうだい!」
「は、絆創膏…?」
「あー、小十郎。新しい眼帯、あるか?」

名保のつたない言葉に何を欲しているのか汲み取れなかった小十郎は頭に疑問符を浮かべて主を見る。
それに苦笑で応えた政宗は地に落ちた眼帯を指さして意図を伝える。
まだ色々と尋ねたいことはあったが、何より先に眼帯だと、小十郎は短く頷いて眼帯を取りに元来た道を足早に戻る。
その背を見送りながら、一生懸命に己の右目に手を当てる名保の背を二度、軽くたたく。

「ありがとな、名保。名保のおかげで、いたいのみーんな、なくなっちまった」
「ほんとう?」
「ああ、本当だ。…ありがとう」

深く、意味を込めて名保に告げ、表情を緩めれば、ここにきて初めて、名保が微笑んだ。
子どもらしく無邪気な笑顔は、眩しいくらいに政宗の目に焼き付いた。

「名保、お前、笑ってる方が可愛いぜ。これからは兄ちゃんがいてやるから、さみしくなったら俺を呼べ。…ああ、いや、俺が行く。だから、待ってろ」

目を合わせて、小さな体を抱きしめて、政宗はこの時、誓うように言った。

「絶対に、俺はお前をひとりになんかしない」

確かに政宗を救った小さな妹を、全力で守って見せると。
自分に似ているからほっとけないだけだった。
でも、自分よりもよっぽど綺麗で優しい妹を、政宗はこの先、どの兄弟よりも大切にする。
傷跡ごと己を温めた小さな手を、放すことはできないと確信しながら。







--------------------------------------
あれです、見切り発車したのでさっそく元就のとこと矛盾ありますけどまあするっと忘れてください←
しっかし佐助の短さが際立つことに…
多分幸村も短いんだけど、こじゅは同じくらい長引きそうで…
いやでも幼少期だからいいか…うん…?
ほんとはもっとこじゅ喋らせる気だったんですけど(『手当』についてとか)、眼帯取りに帰っちゃったんでそのままフェードアウトに
まあ次こじゅだしいっか

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]