たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/09 (Wed)
部屋にある同人誌を整理しがてら読んでるんだけども
久々読むとたぎってくるねえー
やっぱりブレイクが大好きだってことは確認した
やっぱり14歳時代が一番好きなんだよなあ
10年後もイイけど、主人公な円堂さんが!
友情というか絆というか(アツさというか)、そういうのはやっぱり無印時代が一番だもん

そしてAB!久しぶりに見ようかな
勢いで買ったDVDだったけど、割と見返してる気がする、AB!
いい話だったさ…

減らそうと思ってたんだけどなかなか減らないわ(笑)



続きは幼少編そのに!








*幼少編そのに!
*歴史で関わってる系の人の名前だけ借りて中身オリキャラが登場します
*この先そういう人多いですきっと
*むしろみんな捏造…←




















その方が俺を訪ったのは本当に突然の出来事だった。
小十郎が居た頃は彼を訪ねて何度か、またそうでなくても祈願に訪れることが度々あったのだが、小十郎が城に上がるようになってからはほとんど訪うこともなかった貴人が。
小十郎と会うこともほとんどなくなって四年、俺が七つになった頃に突然訪れ、耳を疑うような言葉を残して去っていかれた。
言われた本人であるところの俺だけでなく、父も母も驚きすぎて固まったままだったことは言い添えておかなくとも察せられるところだ。
なぜならその貴人こそ、小十郎が仕え、奥州のほとんどの民が額づく対象であるところの伊達家御当主――伊達輝宗公であったからだ。
そして、彼の御仁より俺に伝えられた“お願い”――と輝宗公は仰られたが、それはもはや命令でしかない――というのは。

「片倉殿。良く働き良く気の付く息子殿を預けて頂きながらで申し訳ないのだが、そこな息子殿――神童と名高い彼をだが、我が子の学友として、共に学ばせてもらいたいのだが、良いかな?」

斯くして、断れるはずもない申し出に低頭して承るしかない俺は、初夏を迎える季節から、神道の家から僧寺へ居を移すこととなったのだった。





双竜   幼少編 02




チートで“神童”なんて大きすぎる称号を掲げることになってしまった俺は今、これから行われるご当主様とその跡継ぎ様との面会に胃の壁面をじわじわ削られていくのをただ感じていた。
大物ふたりに何か粗相をしでかしてしまわないか気が気ではないのを、輝宗様の小姓である小十郎が共に訪れるらしいとの情報でなんとか持ち直そうとするが、そう簡単にいくものでもない。
前の世で上司と一対一で向かい合うことは何度かあっても、社長と、なんてことは経験もないし、むしろ前世で例えるなら総理大臣とその息子だ、未知すぎる。
作法については父も母も相当厳しく、難しいこともままあったにせよ、もともとの日本人気質も幸いして割と見られるようにはなっているはずだとしても、所詮は庶民。
チートな俺をして完璧に見えた小十郎さえ勉強途中と称されるような場所で過ごしている方たちに失礼を冒さない自信など。
そもそも指名を受けたことさえ身に余る出来事すぎて小さくなっている俺はもう、精神的には倒れる寸前だった。
平伏して待つ俺を読めない表情で寺の和尚――これから俺がお世話になる、虎哉和尚が見下ろしていると、上座脇に控えていた小坊主の呼ばう声が聞こえてきた。
それと同時に現れる人の気配。

「面を上げなさい」
「…は」

挨拶ののち伝えられた言葉に、姿勢を崩さないように、焦って急ぎすぎないように、慎重に伏せていた身を起こしていけば、以前に顔を合わせた美丈夫――輝宗様と、その脇にふたりの子ども、そしてさらにその奥にひっそりと小十郎が座っていた。
小十郎の姿を捉えた瞬間、ふ、と緊張が飛んで行ったのを感じて、なんて単純な奴だと内心で自嘲する。
弟がこの高貴な方々に失礼を働かないかと緊張しているのだろう強張った表情に心配そうな影が揺らめく。
そのひどく“兄”らしい“兄”を見て、自分の中の大人の部分が宥められたのかもしれない。

「若雪丸。これより山の紅葉の深まる時期まで、この梵天丸、時宗丸と共によく勉学に励んでくれ。梵は四つ、時宗は三つでな、少々やんちゃだが、よろしく面倒を見てやってくれ」
「はい」
「お主の兄、小十郎も共にここで過ごすことになるでな、兄弟仲良く、ふたりの見本となってくれるよう期待しているぞ」

輝宗様にの示す言葉に促されるように、居並ぶふたりの御子を眺めるが、どちらが梵天丸様で時宗丸様なのかはっきりせず、後で小十郎にこっそり聞けるといいのだけど、と思った矢先に「兄弟仲良く」と仰せられて、小十郎と話をする機会を作っても良いことに素直に喜んだ。
多分きっと、寺での生活といえど、御跡継ぎ様とそうそう会話をすることなど許されないだろうとは思っているものの、せめて小十郎とは家にいる時ほどとは言わないから、多少なり会話を楽しむ時間が作れたらとは考えていた。
輝宗様の言葉につい、と視線を小十郎に向ければ、いつものように優しい瞳で俺を見ていてくれて、表に出さないように堪えたものの、きっと多分俺の表情も緩んでいたに違いない。

「…あに?」

なんとか真顔にならねばと顔を取り繕おうとしたところで、舌足らずな声が不思議そうに宙に浮いた。
小十郎に流していた視線を正面に戻し声の出所を見れば、僅かに小さい方の御子が首をこてんと傾げて俺を見ていた。

「そうだぞ、時宗。この若雪丸はな、小十郎の弟だ。お主の年の頃には字も操り大人顔負けの知識を得ていた“神童”だ、よく見習いなさい」
「はい、てるむねさま」
「あんまり似てないんだな、小十郎と」

不思議そうに首を傾げていた方が時宗丸様であれば、ぴしりと背筋を伸ばし、精一杯御当主の子どもを気負っているように見える方の方が梵天丸様か、と面映ゆい輝宗様の言葉を聞きながら頭を巡らせれば、当の梵天丸様が時宗丸様よりはずっとしっかりした発音で口を開いた。
言われた内容に小十郎を見れば、僅かに眉を顰めている。
俺よりもずっと実直で真面目、堅物ともいえるほど一本気な小十郎はその性格が顔に出ていて一目見て厳しいイメージを与えているようで、逆に俺は精神が大人だからかどこか悟ったような余裕っぽさが子供らしくなくは見せるものの、ついつい営業スマイルを浮かべてしまう程度にはにこにこしているせいで、小十郎と似ていないとはよく言われる。
けれど実際には小十郎はすごく優しいし、確かに稀ではあっても笑うのだから、そんなことないと思うのだけど。

「そう、でございましょうか」
「そうだ。小十郎はいっつもしかめっ面ばかりだし、笑った顔なぞ見たことないぞ」
「…それはきっと、梵天丸様のことをとても大切に思っているからにございましょう」
「大切…?」

むっつりと、小十郎の渋面が気に食わないと全身で訴えるような梵天丸様に微笑んでそう言えば、ぽかん、とくちと目を開いて俺を見返してきた。
大きい目から瞳が零れ落ちそう、と思えば、それは時宗丸様も同じで、輝宗様でさえ僅かに驚いたように瞠目していた。
そんな貴人方の背後で小十郎が焦ったような表情で必死に俺に「何を言うんだ」と視線で訴えかけているが、それを無視するように俺は言葉を続けた。

「そうでございます。大切に思うからこそ、厳しく接してしまうのでしょう。兄上は大変真面目で実直な性質ですが少々不器用ですから。大切に思うばかりに様々なことが心配になってしまい、ついつい険しいお顔になってしまうのです」
「……」
「根はとてもお優しい方ですから、少し時間はかかってしまうかもしれませんが、きっと梵天丸様にも笑顔を見せてくださいますよ」

そう言ってにっこりと笑った。
喋りながら、顔を青くも赤くもする小十郎が可愛くて面白くて、こっちが楽しんでしまった。
声を立てて笑うのはマナー違反だから、抑えて表情だけでこらえるのが意外と大変だったが、ぽかんとしたままの貴人方を目にして、はっと意識を取り戻した。
今、俺は実はとっても失礼なことをしてはいなかったか…?
話ながらつい、子供に諭すような話し方になってしまって、敬語は厳守できていたとは思うものの、話し方がまるで駄目だっただろう、あれでは目上に対する態度を逸してしまっていた。
俺は慌てて平伏すると、御三方に謝罪すべく口を開いた。
表情は先ほどとは打って変わって強張っていた。

「も、申し訳ございません!梵天丸様に向かって出過ぎた真似を…!」
「よいよい」
「し、しかし…!」
「面白い話であった、そなたを咎めるつもりはない。面を上げよ」

顔面蒼白で叩頭する俺を、笑いを含んだやわらかい声音で、輝宗様が止めた。
恐る恐ると顔を上げる俺に向けてやんわりと微笑みながら、すい、と視線を俺の横に座している虎哉和尚へ投げた。

「誠に面白い童よ。宗乙殿もさぞ鍛え甲斐がありましょうな」
「ほっほっほ…そうですなあ、輝宗公の御子ともども、この虎哉、しかと教えを刻ませていただきまするぞ」
「頼んだ」

にっかり、とでも表現すればいいのか、まるで楽しんでいるかのような表情で輝宗様も虎哉和尚も笑ってから、さて、と輝宗様が席を立つ。

「私もまだ若雪丸と話をしてみたく思うが、残念ながらなかなか空かぬ身でな。様子を見に幾度か寄ることもあろうが、しばらくは間も空こう。二人をよろしく頼んだぞ、宗乙殿、小十郎、若雪丸」
「お預かりいたしまする」
「御意に」
「はい」

輝宗様の言葉に三人が同時に返答し、叩頭して、お姿が見えなくなるまでその背を送った。
さて、ここからはしばらくを同じ屋根の下で暮らす者だけが残ることとなった。
虎哉和尚、小十郎が頭を上げたのをなんとなく気配で感じてから顔を上げ、改めて上座に座す少年ふたりを見る。
梵天丸様は褐色色の髪と瞳で、まだまだやわらかい子どもであるのに嫡子としてのプライドからか、しっかりと背伸びをして見えるのが逆にかわいらしい。
時宗丸様は逆にどこまでも子供らしい表情で、きょろりと周囲を確認しているさまも子どもの好奇心に満ちた瞳そのものだった。
ふと、梵天丸様の視線と視線が交わった。
特に何ということもなく、それは偶然だったのだけれども、不意に、城へ上がる直前のときの小十郎と同じように、ふわりとイメージが梵天丸に重なって見えた。

「…あ」
「?」

それはするりと梵天丸の表層を滑り、現れた時と同じように不意に消えてしまったのだけれど、あれは紛れもなく。
小十郎に夢を告げた時の、あの蒼竜だ、違いない。

(そっか、こじゅ兄の竜なんだ、梵天丸様が)

そう思えば何やら楽しくて、思わずにこにこわらってしまえば、正面に座していた梵天丸からは変な顔で見られたが、今の俺はそんなこと些末なことでしかなく、胸に去来した楽しさに、その日はずっと楽しかった。
けれどそのことを小十郎にさえ伝えなかったのは、何故だったのか俺にもわからない。










---------------------------------------------
幼少編そのに
子どものときの政宗様(梵天丸)と成実様(時宗丸)出しました
オリキャラ満載ですね!いや、史実の登場人物ですけどね名前だけは
和尚は食えない人ですけど私の表現力がおっつくかどうか…
輝宗様は楽しいこと大好きだし家族大好きなそんな子供っぽい大人のイメージです
しかししかし
4か月だけ和尚のとこに宿泊しつつ勉強→梵ちゃん翌年疱瘡にかかる→主人公はずっと和尚のとこに居る→またこのメンバーで勉強するようになる
という大まかすぎる流れがあります



拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]