たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/11 (Fri)
ブレイクかわいいよブレイク…
オーガ見たり本編見直したりしてみました

結果:ブレイクたまらんウルビダちゃんかわいいよ円春うううううう////

書きかけの円ウルくらいやっぱり仕上げたい
あと円春はやっぱりまだ描きたい
今は見てない(というか何話か撮りそこねた)GOの、無印組がやっぱり気になるウズウズ
南沢さんの衝撃予告の回から見てないんだったよ
吹雪君出たらしいね?
あれ、円堂さんがシュウジに会ったとか?


それでもそればっかりってことはない、かなー
ばさらってるもんね、相変わらず
こじゅがたまらなく好きなんですがどこ行ったら会えますか
もしくは松永に誑かされて爆破されたい←
限りなく敵対してるこの二人…でもどっちも好きだ
仁義も突き抜けた悪も好き
悪なんてのは突き抜けてしまえばかっこよさになるんだよ
そしてそういうキャラが好きだ



続きは双竜幼少編そのさん






*双竜 幼少編そのさん
*仲良くなりましょう、ということです
















「さて、ここに住む以上は皆、己が事くらいは己でするように。もちろん、梵天丸も時宗丸もじゃ、わかったな?小十郎は最低限の手しか貸してはならんぞ」

ぴしり、とその場に固まったのは、それを好々爺然として笑って言い放った和尚と、いまいち言葉を掴みきれなかった時宗丸様以外の、小坊主を含めてみんなだった。





蒼竜   幼少編 03




神社の敷地内に住んでいたこれまでも、現代人の精神からすれば大変な一日(日が射す前の起床に雑事をこなす日課、掃除、神事や参拝者の御事聞き、手習い、畑仕事から炊事、洗濯などなどなど)だったけれども、こちらはそれ以上になんだかハードだった。
まあ、主に精神的に、ではあったのだけれど。
こなす仕事自体は人数もいるし問題なく、また人数が居るからこそ楽しくできるのだが、一緒にいる相手が相手なのと、手習いでは時たま何故か師事を乞われることまであったりして、それが非常に疲れる。
これから先国を背負うことがわかりきっている子供たちに教えられるようなことなどないというのに、虎哉和尚ときたら俺がそれに目を白黒させているのをあからさまに楽しんでいるのだから性質が悪い。
癒しといえば、小十郎と共に任されている畑仕事の時間くらいかもしれない。

「“この寺にいる以上は領主の子どもだろうが他の小坊主どもと同じじゃ”なんて言われても、困る……」

そう、特に参っているのはそれだ。
特別に敬う必要はない、と言われてもそう簡単に立場を捨てられるはずなどなく。
特に小十郎はここに来るようになってから目に見えて渋面が増え、逆に口数は減っていた。
俺なんかはそもそもそんな高貴な方々と接する機会もなかったせいで、子どもは子ども、と割り切ることも難しくはない(とはいえ理解はしているのだから抵抗はある)けど、小十郎は傍で仕えている身で、秋を越えて城に戻ればまた身分の中に戻ることになるのだから複雑、というよりは“出来ない”のだろう。
でも虎哉和尚は小十郎がふたりに傅く様子を見せるたびにペナルティを与えるのだから本当に容赦がない。
小十郎が無口になるのも頷けるというもの。
でもそれだと、俺が、そして口には出さないけどふたりが、ちょっとさみしいのだ。
そう、さみしい。

「………」

その日の、僅かな休憩時間、庭で遊ぶ幼子ふたりと、それを見守る小十郎を見て、不思議と心がざわついた。
その意味に気づきながら、俺はくしゃりと自分の髪の毛を掴んで、頭を掻いた。
心の年齢なんて今の身体年齢の何倍だと思ってるんだ、と自嘲しながら。
俺は確かに、さみしい。
久しぶりに長く時を共に過ごせる兄を目の前にしながら、その兄の視界にはもう、俺ではない子どもが映っていて。
本当は俺の方が、この場の誰より兄であるべきなのに情けないことに、幼い体に感情が引きずられている。
縁側に腰掛けて足をぶらつかせながら眺める光景は、本当に本当の兄弟のようで。
甘えることができない俺とは違って素直に甘える子どもが、俺の違和感を浮き彫りにしていく。
でも、その光景が歪でひどくぎこちないことも、一目で見て取れる。
時宗丸様と違って梵天丸様は素直に甘えたりなされないし、時宗丸様だって梵天丸様に先んじようとはなされない。
なにより小十郎が臣下でありつづけているのだから。
俺よりもよほど完璧なピースなのに、お互いに色々噛みあっていない、それがなんだか悲しくて、その時ふいに、和尚の“この寺に居る間は皆同じ”という言葉を思い出した。
この寺に居る間だけ、皆、同じ。
ぐ、と唇を噛んで、ひとつ息をする。
目の前で野草を摘んで遊ぶ子どもたちと兄の元へ、俺は足を向けた。

「…こじゅ、兄!」
「!…若雪、若君の前では兄と呼べと…」
「聞いて、こじゅ兄、梵天丸様も時宗丸様も、」

四年経ってもあまり近づかない身長差に小十郎の顔を見上げながら、渋面を濃くする彼に笑顔で俺は言う。
袖を掴んで小十郎の気を引き留めつつ、野に夢中の子どもふたりを呼ばわれば、何事かと顔を上げて俺を見上げてくる。
きっと小十郎には怒られるのだろうけど、俺は何より、楽しく過ごしたいから。

「梵くん、時くん、このお寺に居る間は、俺とこじゅ兄がふたりのお兄ちゃんになるよ」
「なっ…!?」
「此処にいる時は、梵くんは伊達家の跡取りじゃなくてただの梵天丸、時くんだって伊達家の子どもじゃなくてただの時宗丸、こじゅ兄だって輝宗様の小姓でもなくお二人の守役でもなく、ただの小十郎。肩書も御家もなんにもない、ただ此処にいる梵くんと時くんだから」

俺の言葉に驚いて制止しようとした小十郎を尻目に、俺は笑顔で、でも真剣に、ふたりに言葉を重ねる。
生まれてからずっと、人の目のあるところで暮らしてきて、肩肘を張って、背伸びをして、そうして生きてきたふたりに、この四か月は、息抜きになってほしいと思う。
そうでなくても、ただの子どもとしての過ごし方を、知ってほしいと思う。
そしてよかったら、小十郎とはもっと、打ち解けてほしいとも。
そしてもし許してもらえるのなら、俺もその中に入れてもらえたら、と。

「遊びも悪戯も、やりたいことは何でも一緒にやろう?和尚はきっと、日課さえちゃんとこなせば怒らないよ。お父上様に言伝ることもないから、何も気にする必要なんてない、やりたいことをやりたいだけ、やろう」
「いたずらも?していいの?」
「時!無礼だぞ、若雪!父上が学友に選ばれたからといって、立場を弁えろ!」

吠えたのは梵天丸様だった。
いくら父が推薦した者とはいえ、まるで侮られたような心地なのに違いないだろう。
それでも、俺はそんなつもりなどないし、そもそも考えていることが全然違う。
それを、わかってほしい。
この先四か月、何かを学んでここを去る、梵天丸様の為にも。

「ですから、“学友”として、御師様の御心に沿いませんか、とご提案させていただきました」
「若雪っ、いい加減にしねぇか…!」
「こじゅ兄もです。…なぜ、御二方が此処で、私のような者と共に学べと輝宗様が仰せられたのかをお考えください。お城では学べないことを、此処にて学べと、そういうことでございましょう?家事や掃除などもそのひとつですが、私には、輝宗様はきっと、御二方に…こじゅ兄にも、子供らしく過ごしてほしいと、思われたからだと思うんです。だから、虎哉和尚様も皆平等と仰ったのだと。………なんて、小難しいことなんて、ほんとはどうでもいいんだけれども」

少し真剣な表情になっていただろう顔面をへらり、と緩ませれば、梵天丸様と小十郎が同じように変な顔をした。
案外に気が合うのかもしれない、この二人。

「折角、四月も共に学ぶことができる機会を頂けたのだから、堅苦しいことは忘れて、楽しみたいと、思ったんです。俺に、畏れ多いことだけど、弟ができたみたいだなって、こじゅ兄とも、久しぶりにたくさん一緒にいられるし、みんなで、できるだけ気兼ねなく、楽しみたいなあ、って…」

言い募るほどに段々と恥ずかしくなってきて、自然と視線が下がる。
要は俺の勝手な解釈であり、我がままなのだ。
輝宗様や虎哉和尚の名前を出してしまったけれど、お二人が本当にそんなことを考えているのかどうかなんて俺が知るはずもなく、ただ、そうだったらいいなというだけの、願望にすぎない。
思わず情けない顔で、にへ、と笑って、いや、もうそうするしかできなくて。
失敗したかな、梵天丸様に嫌われてしまっただろうか、と落ち込みそうになった俺の手を、小さくてあたたかい手が握った。

「俺は、竺の兄なんだ、俺に兄上は必要ない」

梵天丸様が、唇を尖らせて俺を見ていた。
竺、が誰なのかはわからなかったけれど、「兄と思ってくれ」と言った矢先に「必要ない」と言われてしまって、ショックで眉が情けなく下がってしまった。
歳は上なんだし、兄と思ってくれるのが一番、この子どもにとって甘えやすいだろうと思ったのに。
早速兄役失格だなんて泣けてくる、そんなに年上らしくなく見えるのだろうか。
落ち込みかけた俺に、僅かに耳を赤くした梵天丸様が。

「お前は情けないし、へらへら笑ってなんとなく危なっかしいし、俺がお前の兄になってやる!」

なんて、仰るから。
驚いて目を丸くする俺、と小十郎も。

「あっ、ぼん、ずるいー!おれも、若雪のあにになる!」
「馬鹿か、時。お前は小さいんだから、弟に決まってるだろ!」

驚きから戻ってこられない俺達兄弟をそっちのけでじゃれ合い始めた梵天丸様と時宗丸様のやり取りに、突っ込みたい気持ちになりながらも、その微笑ましさにそんな力もすぐに抜けた。
ずるいずるいと駄々をこねる時宗丸様を抱き上げて、何かを言いかけた小十郎を見て、梵天丸様を見る。

「えへ、」

何かを言いたかったような気もする。
でも、口からは笑い声しか出なくて。
そんな俺に、三人ともきょとん、と目を丸くしてから、楽しそうに、小十郎は呆れたように、笑った。

さみしくないね。
みんなとこうしていられるなら、誰もきっと、さみしくない。

これ以降、寺での生活がそれまで以上に楽しくなったのは言うまでもない。












---------------------------------------------------
こういう予定だったかと聞かれると困るけど
何を書くつもりだったのかあんまり考えずに書いたんだからこうなる←
寺での共同生活の始まりです
これから何話かはそういうほのぼのストーリーで行きたい
後にシリアスが控えてるから

ちなみに、小十郎が梵天丸の側役になるのは罹患した後なので、この時点では梵天丸に仕えているわけではないです
あと、虎哉和尚への師事もたぶん罹患後なのですけど、まあ都合上大分早く一度お世話になってます

三人以上がいるとまんべんなく喋らせてあげられなくてわたしがつらい…くっ…

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]