たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/07 (Mon)
そろそろ姉が部屋に侵入してくるのをなんとかしたい…
まったく来るなとは言わないけども、頻度をな…
わたしだってひとりになりたいぜ!
あとベッド周辺を己のものにされてるのがひどく不愉快なこの頃…
ただ、強く出ると不機嫌になられるしなあ、そういうの嫌いというか…
不機嫌な空気そのものが嫌いだし、怒るのにスタミナ使うからヤダし←



はっ、そういえば
うちに散らかしてるばさら文は英雄外伝の知識くらいしかもってない私が書いてますよー!
昨日おとといと緋鷹さんちにお邪魔してばさら3やらせてもらったけれども、その辺の話とかキャラとか知りませんよー出ませんよー
という注意書きをするのを忘れておりました…
3の内容って暗いのね
わたしやらせてもらうのはいいけど、きっと自分じゃ買わないや…
宴は未だに悩んでるけどね!
シリアスがキライとはいわないけど、そればっかりはキツイ上に、そういうのに作られたキャラじゃねえと思ってる節があるんで、ギャグが、欲しい…!←
歴史に忠実なのもいいけど、はちゃめちゃなのがばさららしいぜっておれは思う!
だからこそわたしの話もはちゃめちゃだ!うんうん!←
伊達について勉強すればいいんだろうけど、あんまり詳しく知っちゃうと捻じ曲げにくくなっちゃうからあえて知らずに書いてます…
なので歴史好きさんは読まないでください、お願いします。今さらですが



そして続きは双竜サンドの幼少編でーす









*双竜の宝玉のシリーズ、今回は幼少編
*幼少編なので主人公幼名で書いてます(若雪丸=わかゆきまる)
*丸、はよく付けられるアレなので、こじゅは呼ぶときには丸を取って呼びます
*こじゅ10歳、主人公3歳
*ゆえにこじゅがこじゅじゃないと思われ























この世に、前世のことを記憶している人間ていうのがどれほど存在しているものだろうか。
ほとんどの人間は前世があるってことすら知らずに生きて死んでいくのが当然で、それは俺だってそうだった。
違うのは、“新しい俺”の方。
俺として生きた人生を覚えて居ながらにして、今生まれた新しい命としてこれからを生きていく、なんて。
当然そんなこと、信じられるはずもなく。
夢とも現実ともつかない現象に呆然とする俺が産声を上げないことに周囲が焦りだすのを、まるで他人事のように眺めていた。




双竜  幼少編 01



俺には七つ下に弟がいる。
今年で三つになる弟は、母の高齢での出産の為に命が危ぶまれ、生まれた時には産声も上げられなかったと聞いたが、今ではすっかり健康な体で俺の後をよくついてくる。
家の世話役は何人かいても、子供の面倒を見るほどの手など雇っていないため、自然、年の離れた弟の面倒を見るのは俺の役目になっていた。
義姉上が居てくだされば、きっと義姉にその役が回ったのだろうが、弟と同じほど俺と年の離れた彼女は、随分前に城へ勤めに上がっていて、今ではほとんど家に顔を見せることなどない。
かくいう俺も、しばらくもすれば城仕えに上がることになっているのだが。
そうなればこの幼い弟の御守りも母へとお鉢が戻るだろう。
自分の後ろを疑いもなく全幅の信頼を寄せて歩く弟と離れるのが寂しくないかと問われれば、寂しくないなどとは言えないくらいには、可愛いと思っているのだが、こればかりは仕方がない。

今日も今日とて俺の後をほてほてとついてくるこの弟は、兄の欲目でなくても随分と頭のいい子だった。
産声を上げられず、その命の細さを心配された弟は、他のどの子どもよりも早く歩き始め、言葉を覚え、本を読んだ。
そして稀に、どこで覚えたのか知れないような大人顔負けの知識を垣間見せたりもする。
初めこそ鬼子と呼ばれたその弟を、それでも俺は誇りに思うことこそあれ、嫌うことなどできなかった。
それはひとえに、まさに子供らしくなく、諦観と悲哀に満ちたぎこちない笑顔を見てしまったから。
まだ三つでしかない幼子でありながら、大人の知識を持ち見透かすような瞳を向けてくる、と、家中や周辺の家々でこの弟がどのような目で見られているか、俺は知っていた。
それでも、俺が子供であるがゆえに、どうすることもできず、ただ、この哀れな弟の側に居てやることしかできない。
それで少しでも弟の心が救われれば、と。

「こじゅにい」

舌足らずな声で背後から呼ばれ、俺は進めていた歩を止めて振り返り、小さな弟に視線を合わせるためにしゃがんで顔を覗き込んだ。

「どうした?若雪」
「どこに、いくの?」
「…ああ。お前に、城を見せておこうと思ってな」
「おしろ?」

そうだ、と答えながら、小さなその身体を腕に抱え上げる。
畑仕事と、武芸のために鍛えられた腕に難なく抱えられるほど軽い若雪丸が、首にしがみつくのを確かめてからゆっくりと腰を上げる。
城の姿は家からでも木々の隙間から見ることは適うが、その全貌を目に収めるには裏山を少し上った方がいい。
しばらくすれば俺が務めることになり、もしかすれば若雪丸もいずれ勤めることになるかもしれない城――奥州で名を馳せ、荒れるこの地を平定せんとする伊達の御家が座する城を。

「兄はもうしばらくもすれば、お城へ赴き、そこでお勤めすることになる」
「…こじゅにいと、もうあえない…?」
「……そう、だな。これまでのようにお前の世話はできないし、会うことも滅多にはなくなるだろうな…」
「………」

いつものように、多少難しい言葉かな、と思いながらに口にした言葉でも、若雪は違和感なく受け取って言葉を返してくる。
その様に慣れすぎて、砕けた言葉を使うことをついつい忘れてしまう俺も俺だが、理解してしまうこの子もこの子だ。
これほどに頭がいい子であればやはり、そのうち輝宗様に御目通りする機会もあるかもしれない。
俺を城仕えに推薦して下さった伊達の御当主様を思い浮かべていると、眉をハの字にした若雪丸がくい、と袖を引いた。

「おれもね、がんばるね」

その小さな唇が描いているのは笑みのくせに、瞳はひどく不安定に揺れていた。

「いっぱいべんきょう、して、はやく、やくにたてるようにね、がんばるね」
「若雪…」
「へんなこと、しないように、がんばる…から、…だ、から…」

歳に似合わないのはその言葉だけではなく。
小さな体を俺から離れたくないのだと震わせているくせに、まるで物わかりのいいような振りをして。
若雪丸はいつもそうだった。
子どもにはできないような気の配り方をして、自分の言動がおかしいと思われていることで己を責めて、結局俺にだって甘えるようなことはほとんどしない。
言葉や知識はいい。
ただ、そうして子供らしい“甘え”ができないこの弟が、俺には何よりも哀れでならなかった。
右腕一本で若雪丸を支え、空いた左手でやわらかい、少し茶味がかった髪を梳いてやれば、顔を見せないようにと俺の胸へ額を擦りつけるようにし、小さく小さく、呟いた。

「……あいに、きて」

耳に届いた、ささやかで愛しいお願いに、俺はただ若雪丸を抱きしめて頷いてやることしかできなかった。
引きとめることが愚かなことであることも、俺が城仕えに上がることを喜んでいることも、この子はわかっている。
きっと、今の一言でさえ、相当に悩んだのだろう。
そんな、ささやかなわがままでさえも。
怒られることを怖がるような、顔全体で謝っているような情けない顔だが、それでも、それがひどく愛しく、俺の心を打った。
きっとそうそう家へ戻ることなどできやしないだろうが、少しでも時間が空けば、きっとこの弟に会いに戻ろうと、俺は心の内で密かに誓った。




ぎゅうと兄である小十郎の襟元を握りしめながら登った山頂から、城下町を見守るように聳える城を見た。
修学旅行先や写真でしか見たことのなかったような、純日本風のお城に、まさに時代を超えたような――ような、というよりは実際に超えたのだ――街並みが目に映る。
そうして、家の中と歩き回れる僅かな範囲からでは得られなかった“現実”に俺は唇を噛みしめた。
時を超えた。
生まれ変わったはずなのに、俺はまるで江戸時代にでも来てしまったのだろうかと慌て、周りの様子と交わされる言葉からそこが、戦国時代であることを知った。
そうして、今目に映っているお城には、もうしばらくすればきっと、「伊達政宗」が生まれるのだろう。
平凡な一般市民とは違って、神官の一族に生まれたらしい俺は、それでも自分の本質――ここよりもはるか未来にいた男であるということを隠し通せず、色々な人から奇異の瞳で見られ続けた。
鬼子と呼ばれたり、神童と呼ばれたり。
チートなだけでそのどちらでもない俺としては非常に居心地が悪く、家族なのに父や母とはほとんど一緒にいなかった。
代わりに俺の世話をして一緒に居てくれたのは、こうして俺を抱き上げてくれている、兄だけだった。
兄である小十郎は、俺の七つも上で、ひどく大人っぽい顔つきをした少年だった。
それでも、笑えば年相応にかわいらしいし、俺の相手をしてくれているときの、“俺が兄だぞ”と気を張った表情などは微笑ましい。
彼だけが、俺を三歳の“若雪丸”として可愛がってくれていた。
そんな小十郎は、しばらくもすれば家を出て働きに行くらしい。
それが、どうしようもなく寂しくて、精神年齢的には恥ずかしくてできやしない甘えやわがままを、つい態度に表してしまった。
頬をぺちぺちと叩いて心を落ち着かせようとすると、小十郎が苦笑しながら何やってんだ、と俺の頭を撫でた。
その時に、どうしてそれが過ぎったのかはわからない。
ただ、たびたび夢に訪れる不思議を思い出し、今朝見たそれが、目の前の兄と何故か重なったように見えて。
それを口に出すことは初めてだったけれど、するりと唇から抜けて行った。

「…こじゅにいは、おしろにいって、りゅうに、あうんだね」
「ん?」
「とってもきれいでつよい、りゅうだよ。こじゅにいの、とっても大切なひと」
「……若雪?」
「ゆめにね、りゅうがあらわれて、おれにおしえてくれるの」

その言葉に、小十郎ののどがごくりと音を立てた。
驚いたような瞳にかちあって、俺はただ笑った。
その時はただ、俺も小十郎も、特に何も思わず、ただの言祝ぎとその話はお互いの胸の内に沈んだ。


それが、人知を超える者からの託宣であることを知るのは、今少し後の話。









--------------------------------------------
今回は幼少編
なので幼名仕様
政宗との出会いをどうしようか考え中
本当は虎哉和尚で遊学中、に主人公を加えたいんだけれどもー…
いtからいつまでの話なのかっていうのをねえ…あとどうして主人公がそこにいるのかって理由もねえ…
神道と仏教じゃ宗派が違うしねえ…
喜多は主人公と面識なし、綱元は存在すら知りません
いつか兄弟みんなでの話も書きたいねえー!

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]