たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[523] [522] [521] [520] [519] [517] [516] [515] [514] [513] [512]
2017/09/24 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/10/22 (Sat)
でかいジャンルだけど、救いは腐女子方面ではまらなかったという一点
こじゅが好きですこたも好きですもちろん筆頭も大好きです奥州の双竜が好きすぎます
あとBASARAは女の子がいいですよね、女の子っつかおねーさま!
濃姫もまつ様もお市様もすき
姉が四国の鬼に一目ぼれして以来、毎日もとちかもとちか言ってます
夢に見たらしいことを朝一で報告されたりもした
こじゅが今一番つおい
もとちかに抜かされないように頑張ってます
ほんとは松永もやりたかった…松永…
しかし英雄外伝はOPアニメーションの悪さは評判通りでしたな…(笑
イラストは美しいのに…みんな美男美女すぎて目がしぬ
ふたりでやってるのでまだストーリーと外伝ストーリーはやってないというありさま
でも今週末姉いないし、もとちか以外はやろうかな
松永と戦うのめっさ怖いけどww



さて、どうする?自分…



お嫁様のつづきmore




*こじゅ夢のお嫁様の続き5月の頃
*残念ながら会話がない←夢?
*一人称なのか三人称なのか読みにくいったらないね、って読み返して気づいた
*嫁いだけど全然蜜月どころかある意味冷戦状態…あるぇ?





















皐月の中頃の吉日を以て、祝言は粛々と行われた。

名保は武家とはいえ領主の立場にある実家から、城主の家臣たる武家へ嫁ぐこととなるため、なるべく華美なものは残し、最低限の侍女と嫁入り道具だけを携えて片倉家へ入った。
姫という立場から武家の妻という立場へ移る、その明確なけじめだ。
父は様々気に掛けていたようだったが、名保はそれらを全て丁重に辞退し、身近に必要なものだけを選んだ。
名保としてはそもそも、華美な衣装も必要以上は不要だったし、侍女も多く侍らせなければ気が済まないというような気質でも高慢でもなかった。
ただ立場的に持たねばならない、実家と嫁ぎ先の両方を立てるぎりぎりの線を見極めて必要なだけを持ち出しただけだ。
それを迎え入れる側がなんと見るかはわからないが、立場を変えたのだから蝶よ花よと持て囃されるような状況を作らせたくはなかったのだ。
名保にとって婚姻とは、政治的な意味合いを持つという意識が高い。
とはいえ今回は信頼篤い御家同士(実際に親密なのは名保の実家と仲立ちをした伊達家であるが)の婚姻ということで、政治的な意味合いは全くと言っていいほどにない。
そもそも名保の実家である紅槻家の男子は嫡子ですら伊達に仕えているのだし、人質にもなりはしない。
完全なる属国、むしろ伊達の領地の一部でしかない紅槻家の姫が伊達家に対して人質という立場になること自体あり得ないわけなのだが。
そうして婚姻の意味合いから政治を抜けば、残るのは単純に妻と夫、そして継嗣の問題だけだ。
継嗣については妻のもっとも重要な役目であることは名保も重々承知している。
しかしそれ以前に妻と夫という立場と、その役割の大切さも名保は常々考えていた。
紅槻家は曾祖父の代からの比較的新しい御家だが、父が前伊達家当主である輝宗様と縁を持つまで、周囲が敵ばかり、という中を生き抜いてきたのだ。
苦悩したという父の話のなか、その父を常に支えたのが母だと教えられてきた。
残念ながら父の正妻である母は名保が5つのとき末の弟の命と引き換えに帰らぬ人となり、今ではあたたかさと美しさ、そして優しかったことくらいしか覚えてはいないが、生前の話は父や兄姉から聞き知っていた。
そうして、母として、妻として生きた女性の姿が、名保にとって“武家に嫁いだ女”としての目標であり到達点だった。
楚々とした居住まいでいて家中を治め、父を影に日向に支え、有事には父さえもはっとさせるほどの強さを見せたという。
名保が武芸を修めたいと願ったのは母のこのあたりに所以する。
母自身は刀を持つひとではなかったが、強さの形は様々だと思ったから。
心が母に追いついていないことなど十分承知していたからこそ、守られるだけの存在ではいないように、刀をとった。
とはいえ、普通の姫君は武芸など嗜まないし、兵法だって学ばない。
魔王と称される織田信長の妻や妹、織田軍旗下の前田利家の妻などは戦場に立つほどの手練れと聞くが、それは状況と立場が許しているだけだ。
通常、武を嗜むような所謂お転婆やじゃじゃ馬と言われるような姫君を、好き好んで妻に求める者などほとんどいないだろう。
何しろ、強い妻など男の世界には必要ないのだから。
支える側であるはずの妻が夫に先んじることなどあってはならないのだ。
しかし名保はそれを確りと理解し、また妻の立場をもまた、理解していた。
妻は夫を支えるもの。
たとえどんな事態に見舞われようとも、夫を支え、夫を信じ、時には道を正し、諌めることで夫の心と体を守る。
何度も繰り返し頭の中で呟き、心に染み込ませてきた考えだ。
しかし残念ながら、名保がそれを身を以て体験したことなどなく、事実は想像の域に納まるはずもないことを知らなかった。
良くも悪くも守られることに慣れた生活をしてきた名保が、心構えはそうとしても、事実その通りに実践することの難しさを、事前に知ることなどできるはずもなかった。
祝言ではじめて目にした夫の“難しさ”を、名保は知らなかった。


そうして。
初夜を迎えるはずの部屋に、言伝を困惑のままに運んできた侍女の姿に、名保はただただ唖然とするだけだった。





皐月の頃





小十郎は痛む頭をさすりさすり、注がれた酒を呷った。
結婚するつもりなど、小十郎には本当に、微塵もなかった。
それも、姫などと呼ばれるような身分の者となど。
己の身は主君である政宗のもので、政宗を軸とする以外の立場など煩わしいだけ。
特に家庭を持つとなれば政宗だけを只管に見続けることに不自由が生まれてしまうことなど考えるまでもなくわかっていた。
それに、小十郎は元来優しい男だ。
そのような自分を確りとわかっていたがために、放置することになるだろう家族を思うからこそ、家庭を持つのはどうしても必要に迫られない限り、政宗が天下を取るまでは考えようとさえ思わなかったのだ。
それが、その政宗直々に縁談を持ち出してきた。
日頃の胃痛に加えて頭痛までもをもたらした状況に、しかし小十郎が否を唱えられるはずもなく、己の祝言を挙げると告げられてから一月、何か月ぶりにか足を踏み入れる己の屋敷にて、楚々として祝言が執り行われた。
それは本当に質素なもので、仮にも領主の娘を嫁がせる列というのに侍女は数えるほど、嫁入り道具も駕籠ひとつで足りるほど。
腹心の祝言とはいえ政宗が参列するはずはなく、家族もそう多くない小十郎側の列席者も数えるほどであったがために、身内だけの本当にささやかな祝言だった。
こちらに気を遣っての質素さであるならば、その気遣いはありがたいものではあったが、そうさせてしまった事実は苦い。
そもそも、立場こそ政宗の次点を頂いてはいても、小十郎自身の出自はそれほど高貴なものではない。
もちろん政宗に仕えるにあたって、城の仕来りや目上に座す者の振る舞いなどは熟知しているつもりだが、それが小十郎自身に還ることかといえば、そうではない。
その得た知識はすべて政宗のためであって、自分のためではないからだ。
そして、その知識がまた、小十郎の出自を高貴なものに塗り替えることにはならない。
そんな、俄かの己へ嫁ぐことになった姫を、小十郎は確かに憐れんだ。
どういう経緯でこのようなことになってしまったのか、主の口から問いただすことはしなかったが、己はともかく、この娘には悪いことをしたと、祝言の間も小十郎はただ思っていた。
小十郎はこの妻となる娘に、妻としての役割を与えてやるつもりは毛頭なかった。
政宗にはまだ嫡子がいない。
愛姫との仲は不和とは聞かないが、どうやらお互いに兄妹のような交わり方をしているようで、まだ子は望めそうにない。
とはいえまだ政宗は若いのだから、この先を期待はしている。
しかし、政宗が子――特に嫡子となる男子を持つまでは、小十郎は子を成すつもりは毛頭ない。
妻については政宗がすでに正室を迎え入れていたことで強く突っぱねることはしなかったが、子は別だ。
作らないでおこうと思えば作らずにいられる。
それにそのことはまさに、他人にどうこうできることでもない。
ただ、嫁いできたこの娘は、きっと妻として嫡子を設けることを使命としているはずだ。
それを、果たさせてやれないことに、小十郎は苦みを感じている。
いつかは、子をつくるのもいいだろう。
だがそれは、今すぐでも、数年の話でも、きっとない。
すべては政宗の後に。
主に先んじることを、強固なまでの意志と決意で、小十郎は己を律していた。
妻としての役目は果たさせない。
それで妻が実家帰りをしてもいい。
“女の矜持”というものを、小十郎は傷つけることをいとわない。
むしろ、口にも態度にも出さないが、それを小十郎は嫌悪していた。
己の妻になるのであれば、我慢させる夫を受け入れるような器でなくてはならず、またそんな女などいないと、無意識下で小十郎は考えていたのだ。
ただ、そんな女がいた場合のことなど、微塵も考えずに。
付き合い程度に酒を呷り、先に室へと下がった名保の後姿を憐れみさえ込めた目で見てから、しばらくして小十郎も席を立ち己の室へと戻った。


そうして。
妻となった女へ、“妻としての役目を果たさせるつもりはないが、妻としている以上、家中を自由にしてもよい”という内容の文を認めて侍女に持たせ、己はその足で城へと戻っていった。





祝言の日。
夫となった男と妻となった女が言葉を交わしたのは、名乗りの一文、ただそれだけだった。











-------------------------------------------------
こんな予定ではなかった…おやあ…?
もちろんこじゅ様は後で政宗様に盛大に怒られたり呆れられたりします。
一月ごとを書こうと思ってるんだけどそんなにきっちりきっちり事がすすむ
訳でもないんだから難しいなあと…
あと、会話がないね、なにこれ、夢か?
今気づいたんだよ、会話がないってことに
すれ違ってる間はあんまりないかも…
次も多分、お嫁様のところにキャラが出ない…
そしてこじゅと政宗様だけがお話しするという感じになりそうな…

ちなみに俄か知識で得た、成実様と綱元様も出したい
結構キャラがたってて好きなんだよー
みなさん似たような性格でイメージつきやすくて
成実→明るくて豪快、犬っぽい、気さく、だけど抜け目ない(ちょっと佐助に似ているかも←あそこまで性格悪くない基本いい人だから)、目上だろうが部下だろうが女中だろうが気軽に声を掛けるがこれでも伊達家の跡取り(政宗は奥州筆頭、成実は伊達家の継嗣)
綱元→物腰やわらかく、常に笑顔、人より二歩三歩先を見ている、人懐こそうに見えて結構用心深い(懐は狭い)、のらりくらりとしていて何を考えてるのかわからないと小十郎でさえ思うようなゆらゆらしている人

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]