たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[524] [523] [522] [521] [520] [519] [517] [516] [515] [514] [513]
2018/10/20 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/10/22 (Sat)
なんか嫌な予感してコピーしといてよかったマジ安心した
書いた記事パアになったけど、夢消えなくてよかったこれ消えてたら以降書く気さっぱりなくなってたわマジで

初めてアロマ線香←を焚いてみたんだけどこれ、結構減り早いのね
かめむしの臭いに対抗したくて焚いたんだけど、部屋の中煙いです←
なんだろう、わりかしあったかいからかな、かめむしいっぱいでて気分最悪ですー

あっ今日は幸村の外伝やったけど、佐助がいとしくなって終わった
師弟はもう勝手にやってろwww
そしてほんとに英雄外伝のアニメーションなんとかならんのかあれwww
あれでこじゅ見るの勇気いるわあーHP削られそ…
でも鬼かっこいいはずだから←明日にでもやる!


続きにお嫁様


*こじゅ夢お嫁様の続き
*でもやっぱり会話してない
*あとオリキャラ出ます→綱元さん(こじゅの義兄上)
*プロット練って書きだしてるわけじゃないんで、めちゃくちゃな文章だよいつも通り















祝言から一月、名保は唖然とした心境のままに過ごしていた。

初夜を迎えるはずだった室に困惑顔の侍女が訪れ、彼女から小十郎の言伝を認めた文を受け取ってから数日は、本当に魂が抜けたのではないかといったような呆然具合で過ごし、正直名保は5日間ほどの記憶があいまいだ。
無駄に何がしか考えてはいたような気もするけれども、少し落ち着いた今ではただただ混乱していただけだと客観的に己を評することができる。
名保がなんとか落ち着きを取り戻したのは上弦の月が下弦へと形を変える頃になってようやくだった。
小十郎に告げられたことの意味がつかめず、その文面に悩まされて、でも本人に問いただそうにも彼はその間…だけでなく一月を過ぎた今をもってしても、一度としてこの屋敷へと戻っていない。
妻となった女をないがしろにし、悪くすれば紅槻の御家を敵に回すような態度に困惑し、名保は怒ってもいい立場であったが、名保が周囲にわかりやすく腹を立てて見せることはなかった。
全く腹が立たなかったかと言われればそんなことは全くなく、ただ混乱に怒りが追いつかず、態度に出る前に実家から連れていた侍女の方が先に表情にも態度にも露わに怒り狂ったせいであっただけ。
彼女が憤慨してどれだけ無礼な行いであるのかを力説し続けたために、名保はむしろ彼女を落ち着かせ、彼女と、そして片倉の御家に勤める侍女や侍従をとりなすことに労力を費やすはめになり、気づけば怒りはすっかり沈静化していた。
そうなれば、浮いてくるのは疑問でしかない。

(どうして片倉様は――ああ、もう夫となった方なのだからお名前の方がいいのかしら…顔もろくに合わせていないせいでどうにも呼びにくいけれど――あんな文を私に寄越したのかしら)

小十郎に嫁ぐことが決まってから一月の間に、名保は多少なり小十郎のことを知るように努めていた。
とはいえ、嫁入りの合間に、ということで大したことも知れず、名保でさえ耳にしたことのある評判の、裏付けのようなもの程度。
それでもその聞きかじった中に、“智の片倉”という異名、そしてその名に恥じぬ切れ者ぶりは特によく耳にし、並み以上の頭脳の持ち主なのだろうと思わせるには十分だった。
実際にちらと合わせた視線からも、智慧の程が窺い知れるほど理知的な印象を受けていた。
そんな彼が、あんな適当な文だけよこして、形式上でも、娶った妻の待つ室へ訪れなかったのは、なぜ?
そんなことをすれば妻となった女だけでなく、彼女を送り出した御家さえもないがしろにすることになり、いかに政略的な思惑の薄い婚姻とはいえ、御家同士の矜持の問題となる。
特に今回のように、奥州における地位は小十郎の方が高いとはいえ、家柄だけを言えば妻となる女の方が格式高い場合などは、争いの火種にすらなるほどの問題だ。
それを智将と名高い小十郎が知らぬはずがない。
むしろ政宗の側に控え、有事を事前に防ぐ役割を担っている彼は熟知していてしかるべきであり、実際に小十郎はきっとわかっていてあのような態度をとったのだ。
一月、新生活に身体を慣らしつつゆっくりと考える中で、名保はただただ痛感していた。
妻の仕事は支えること。
しかし支えようにも、その対象のことを、名保はあまりにも知らなかった。
只管に「ご実家へ戻りましょう」と説いてくる侍女をなだめすかし、この一月ただずっと、名保は小十郎のことだけを考えていた。

最初に考えたのは、とにかく片倉小十郎景綱という人がどのような人であるのか、噂などではなく、実際に接した人からの言葉を聞きたい、ということだった。
思い立てば早速、まずは嫁いでから付けられた侍女に聞き、次に女中、そして屋敷の警護に当たる者など、家中の者すべてに小十郎という人物について尋ね、その人となりを推察した。
そうして得たのは、頑ななまでの信念を持つ御仁であること、御家存続には然したる興味を持っておられないこと、自分にも他人にも厳しい反面仁義に篤く、懐に抱いた者へは酷く優しいこと、畑仕事がご趣味なこと、上役である奥州筆頭が彼の行動理念・生きることの総てだということ。
特に多く耳にしたのは、小十郎その人と、奥州筆頭たる伊達政宗公との信頼の篤さについて。
そしてその中に、今回の婚姻に関わる話もいくつか耳にした。
とかく、御家存続に対する興味を示さない小十郎に、しびれを切らしたのは政宗で、政宗が正室を娶るまでは一考することもなかったほどだったと。
それを聞けばようやく、なぜ政宗の仲立ちで小十郎との縁談を持ち出されたのか納得がいった。
いっそ眩しいほどの関係ではないか。
いや、だがしかし、ということは。
八つ時を終え、ほかほかと日の注ぐ縁側で落ちそうになる瞼をなんとかつなぎとめながら考えていた名保はそこでふと、思った。
そもそも小十郎にとってこの縁談こそ寝耳に水もいいところで、本人にその気など微塵もなかったのでは。
そして現実そうなってしまった今でも、彼は真実受け入れたりはしていない。
そしてそのつもりも、ない。
そうして考え至るのは再び、初夜に届いた素っ気ない文。
妻としての務めを果たさせることはないとのことば。
小十郎の言うところの“妻としての務め”とは、では一体何のことか。
考えるまでもない、継嗣を産むことについてだ。
政宗が正室を娶らねば妻を娶らずを貫いたお方だ、政宗が嫡子を儲けてもおらぬのに、己が子を持とうと考えるとは思えない。
そうしてそのために妻を娶らなかったのだと思い、更には祝言の晩の、憐れみにも似た小十郎の視線を被せて、そこでようやく名保は息を吐いた。

(……ああ、なんて)

やさしいひと。
あの人は、己は政宗のものでしかないのだから、妻となる女のことを顧みることはないということを、期待を持たせることさえさせずに最初から、態度で示して見せたのだ。
それで己にどのような傷がつこうとも、政宗の思いを多少傷つけることになったとしても、構わないのだと。
むしろ期待を持たせることさえさせなかった分、彼は本当に、ひどくやさしい。
きっとここで名保が腹を立てて実家に戻ったとしても、彼は形式上以上の謝罪も弁解も怒りもしないだろう。
やさしいとともに、不器用な人だなと。
名保はまだほとんど会話さえしていない夫を思ってひとり微笑んだ。

(いっそのことすっきりしたわ。これほどに潔い方とは。武人としての私としては頭の上がらぬ程に尊敬できる)

一月でようやく、夫という立場以前の、一人の人間として片倉小十郎景綱という人物を意識したような気がした。
そうなればあとは、

(そのうえで、私にできる、妻としての務めとは、いったい何かしら)

良くも悪くも、名保はあきらめが悪い性質で、また頭が良かった。
ただ、名保が小十郎をそう表したように、名保もまた、不器用な人間であるのも確かで。
まだ自分の居場所でさえ確りと確保できているとは言い難い中、そんなことは些末なことと、とにかく夫となった男の妻として、今後どうするべきかを悩む名保の姿に、性質を見抜いていた古参の侍女は淡く微笑みながら嘆息した。
ようやく、主らしい表情に戻ってきたと。
ただ、その彼女も気づいていなかった。
背後で、女主の様子に僅かに眉を寄せた者がいることなど。


かくして、名保は片倉家に身を置き、妻として今できる最善を模索し始めた。
ただ、一度でもいいから、小十郎とお話をしてみたいと、淡く心に思いながら。






水無月の頃





「今いいかな?小十郎」

執務室の外から掛かった声に、小十郎は運んでいた筆を止めて廊下側へと視線を移した。
日光を受けて障子に影を落とすその人物に当たりをつけて、仕方ないこととはいえ、小十郎は軽く息を吐いて入室を促した。
障子が静かに開けられて、光と共に入室してきたのは義兄・綱元だった。
柔和な笑みはいつも通りに、数枚の書を手に室へ入り、開けた時と同じ静かさで障子を閉める。
所作はどちらかといえば武骨な小十郎に比べ、優雅で流れるよう。
ゆるりと口を開いて手に持っていた書をまず小十郎に手渡し、急ぎではないのだけどと告げる。

「殿へ直接お持ちしてもよかったんだが、小十郎を通した方が安心かと思ってね」

まあ後でじっくりと目を通しておいてくれ、そう言って、言外に今はそれ以外に用事があるのだと、書を開こうとした小十郎の動きを止める。
そんな綱元の様子に、やはりか、ともう癖になってしまった眉間の皺が深くなる。
祝言を挙げて以来、暇があれば誰かが小十郎をちくちくと言葉の刃で刺しに来る。
一月を経た今でもそれは継続中で、自分で蒔いた種とはいえ、少々辟易としているのは事実で。
祝言の直後などは苛烈に声を荒げて叱責を喰らったことを思えば、大分優しくなったものだが。
針の蓆に座らされているような感覚は、じわじわと胃の腑を弱らせている。

「まあもういい加減言うこともなくなってきてはいるのだけどねえ」
「……それならば放っておいて下さっても構いませんよ。内輪の問題なのですから」
「だからこそ私が口を出しているんじゃないか。私の義妹となった女性のことだよ?この偏屈に嫁いでくださった娘さんの姿も拝まぬうちに御家へ戻られては残念なことこの上ない」
「………」
「それに、わかっているだろう?お前は内輪と言って私や殿を今回の話から遠ざけようとするが、私と喜多はお前の数少ない肉親であるし、殿に至っては此度の婚姻で仲立ちまでして下さっているのだから、そういう遠ざけ方は感心しないね。まあもっとも、殿については心配が高じすぎてご勝手が過ぎたと言えなくもないが、」

優しい口調で一片の容赦なく切りつけてくる綱元に、だが小十郎は返す言葉を持たない。
実際、小十郎は危ない橋を渡っていることを自覚している。
後悔などしたくはないしするつもりもないが、最善を選べなかった事実は小十郎の中に確かに凝りとして残った。

「まあ、あれだね。私の義妹となった娘が、賢い子で本当によかったよ」
「……?」
「おや小十郎。帰らずだけでなく、自分の屋敷の様子さえ耳に入れていないのかい?」

それは少々問題が過ぎるよ。
窘めるように綱元が言う言葉に、しかし何とも引っ掛かりを覚える。
確かに屋敷の様子を詳細に伝えるようには命を下してはいないし、そもそも積極的に情報を得ようとはしていなかった。
せいぜいが、何か問題があれば伝えろと言ったぐらいで。
そして大した報告もないから屋敷を顧みることなどしなかったのだが。

「まあそもそも殿が自ら吟味した娘なのだからあまり心配もしていなかったのだけれどね、本当に、短気を起こされていたら大変だっただろう?けれど彼女はどうやら、お前の元に留まるようだよ?」

これには、さしもの小十郎も瞠目した。

「姫君と言うから愛姫のような方を想像していたのではないかな?駄目だねえ、小十郎。自分の妻になる女性のことなのだから、事前にでも多少風聞くらいは聞いておくものだよ。ちなみに私は殿と、彼女の兄君から彼女の話は聞いているから、もしかしたら小十郎よりも色々と知っているかもしれないねえ」

やれやれと額に扇を当てて嘆息する綱元はだがしかし、小十郎とて娶る女性の多少の情報は耳に入れているのを知った上でそう宣のだ。
そうして、だからこそ危険な賭けともとれるような態度を小十郎がとったということも、綱元は確りと理解している。
何もかも知っていて小十郎を転がして笑う綱元に、もう苦い表情しか浮かべられない。
武では小十郎の方が秀でてはいるが、“智の片倉”と称される小十郎も、実はこの義兄たる綱元に勝てた例はそう多くない。
特に内政、また人の機微に関する面では、今でも学ぶところは多いと思うほど。

「分かってはおりましたが、悪趣味でございますよ、義兄上」
「なに、私も喜多にこれ以上叩かれるのは勘弁願いたいからね。…今だに喜多にだけは勝てる気はしないねえ…」

しみじみと告げる言葉には、小十郎も押し黙る。
このふたりの義姉に当たり、政宗の乳母を務め、現在は城の女中を一手にまとめる女中頭を務める喜多は、物腰は綱元同様にやわらかく、母のような温かさで微笑む姿はその美貌も相まって非常に好感の持てる女性だが、その反面、その血にはしっかりと小十郎や綱元と同じ武家の血が流れており、一度怒らせるとふたりはもちろん、政宗でさえ頭が上がらないほどの女傑でもある。
武を嗜まなかったのが唯一の救いだと、義弟ふたりは常々胸中で息を吐いていた。
もちろん此度の婚姻騒動で最も目を吊り上げたのは、妻である女性の立場を最も理解できる彼女だった。
仲立ちをしたにも関わらず無碍にされるような形になった政宗でさえ、彼女の怒りにその心を静めざるを得なくなっていた。

「まあ喜多のことはともかく。――小十郎」
「………は」
「お前の妻は頭のいい女性だよ。一度、確りと話をしなさい」
「……、…は」
「なんだい、竜の右目ともあろう男が、女から逃げるのかい?すべてを了承している女性に説明を渋るなど、男のすることではないぞ」

珍しく、いつも柔和な笑みを湛えている顔を真剣に張らせ、固い声で小十郎を呼ぶ。
そんな綱元の態度に、一瞬間驚いた小十郎はだが、すぐに表情を引き締めて確りと頷いてみせた。
文に書いた言葉の、奥と真意を理解されずとも、額面通りに受け取って帰るならばそれでよし、帰らずに屋敷に留まり鬱々と過ごすことになるのであればそのうち実家に帰そうと、小十郎はひそかに考えていたが、綱元の様子と言葉から、己の迎えた妻はそのどちらでもなかったことをようやく知った。
一月、気にならなかったわけではない。
帰った方がいいかと考えた日も確かにあった。
忙しかったのも事実だが、しかし、小十郎は帰ることをよしとしなかった。
屋敷を空けるのはこの先ずっと、当然のように己に起きることで、どのみちそれに慣れてもらわなければいけないのも確かだった。
それに己はいつ死ぬともわからぬ身。
子を作る気があるならばまだしも、それすらないのだから、己のいない生活を自分自身で見つけてもらう必要だってある。
小十郎は何も、妻そのものは否定していないのだ。
冷酷とも取れる己の態度に理由を見出し、それに理解を示してくれるような場合があれば、真実受け入れる気だってある。
ただ、その可能性をひたすら失念していただけで。
そこでようやく。
小十郎は片倉の御家に迎え入れた娘に、憐れな女ではなく己の妻として、興味を持った。


かくして、丸一月を超えてようやく、新婚の家庭に夫が足を向けた。









-----------------------------------------------------
そもそも旦那さんは奥さんを、奥さんは旦那さんをよく知らなかったって話。
ぐ、ぐぬう…綱元さん出しちゃったよ!
しかも喋る喋る。
何か全部綱元さんに丸投げしちった自覚はある←
すげえ捏造してるっていうかね…
こじゅの家系は複雑ですね、わたしもよくはわかってません
でもこじゅの御家の話はもうちょっと出ます
次…次はちゃんとこじゅと名保ちゃんの会話が書けたらいいなって
でも初めての会話は入らないよねえ一月後だから
なんかあったらあれです、また別に書きます
政宗様出なかったくそー!綱元に変えたからですけどね!
なんでかって、英語ができn(ry
まあでも、あにうえの言うことならこじゅも聞くでしょって!
こじゅの方については色々ギリギリアウトっぽいけどなんかもう、流してください。
つかこんなに綱元さんにこじゅ怒らせる予定じゃなかった…
ちなみに綱元さんはもうかわゆい奥さんもってます


拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]