たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[575] [576] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566]
2017/09/24 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/02/18 (Sat)
気づいたらこんな時間?
あれ…明日に備えないと
準備なにもしてへんし
ちょっとプレイ動画見すぎた




続きはテニス
*テニス続き










その日は朝からずっとそわそわしっぱなしだった。
隣の席の子に心配されるほどにそわそわしていたせいで、昼休みに白石君から「ちょっとは落ち着いたらどうや」と言われてしまった。

「別にオサムちゃんは恐いことあらへんし、変やけど。テニスについてはめっちゃええ監督やで。せやから、紅槻さんのことも理解してくれるはずや」

不思議と、白石君に言ってもらえると楽になった。
精市に励まされたときみたいで、ちょっと落ち着かないけど。
同じ年なのに、どうしてこうも説得力があるんだろ。
やっぱり2年で部長やるような人って、どっか違うのかもしれない。

「だといいけど…。せっかく打ち合える人に早々に会えたんだし、こう、逃がしたくないというか…!それに、地区大の締切もあるし」

まだ先の話とはいえ、大会に出ることが目的のあたしにとっては重大な問題だ。
学校で出させてもらえなかったらスクールに入って出させてもらうしかないけど、そうなればスクール探しの時間と手間がかかる。
そんなのに割く時間があるなら練習したいし、もったいない。

「俺も口添えするつもりやし、前向きに考えとこーや。どのみち、部活までオサムちゃんも見えへんやろし、試合ん時みたいにどっしり構えとけばええねんて」
「…うん、だよねえ。なんか、色々ありがとーね、白石君」
「ええって。紅槻さんとの試合は刺激的やったし、俺としてもええ練習相手、そう簡単に逃がしたないだけやから」
「ははっ、同じだ」

あはは、とふたりで笑う。
本当に白石君はいい人だ。
ジャッカルから不憫を抜いたらこんな感じになんのかな?
…いや、あれだ、顔が。
ぶんぶんと頭を振るあたしを不思議そうに見る白石君になんでもないと答えて、机にくっつきながら呟く。

「あー白石君モテるんだろうねー。いい人だもん。変だけど」
「変は余計やろ。モテるとかはわからんけど。今はそんなこと考えてる余裕、あらへんし」
「全国、行くんだもんね!」

結局はそこに落ち着くな、と笑いながら言えば、白石君も歯を見せて笑った。








そして放課後。
昼休みの白石君の会話以降、落ち着きを取り戻したあたしは、通学カバンを手に立ち上がった。見れば白石君もちょうど席を立つところで、どうせ行先は同じだし、と白石君と一緒に部室へ向かうことにした。

「今日からは今までみたいにコート使えないのかー」
「それはわからんで?紅槻さんの頑張りとオサムちゃん次第や」
「あー…!もう、テニスしたくなってきた!」
「あかんで~?紅槻さんのそれはただの逃避や」
「…あい…」

また落ち着きのなくなってきたあたしとは対照的に、白石君は至極冷静に諭してくる。
なんだか本当に同じ年か疑わしくなってきた…。
そうこうしているうちに部室前についていて、とりあえず顧問が来る前は待つしかないあたしはそのままでいいけど、白石君は着替えないといけないから、「ここで待つよ」と声を掛けようとした。

ガチャ

ドアノブの回る音がして、中から誰かが出てきた。
見慣れないひとだ。

「あ」
「ん?」
「お久しぶりです、先輩」

開けたまま止まったその人たちとあたしを置いて、白石君は軽く笑顔を浮かべてそう言った。
(先輩…3年生?あ、そっか、何か合宿?行ってたんだっけ?)
白石君の言葉でそこまで思い出して、納得したあたしは先輩たちを見た。
特にオーラがないと言うか…、要は大して強くなさそうだな、と思って一瞬にして興味が失せた。
我ながら現金だとは思うけど。

「よぉ白石。今日から俺達3年も参加すんで。よろしゅう頼むで、“部長”」

その“部長”の言い方に含みがあるのはあたしでさえ分かった。
あからさまな嫌味を言ってきた先輩が、脇に避けて道を空けた白石とその隣に並ぶあたしを見た。

「おいおい、俺達がおらへんからて彼女連れで部活とは、新部長さんは大胆やなあ!」
「彼女連れ!?わ、ホンマや!なん、白石固い顔してよーやるわ」
「こりゃ今年は“期待”できるってことやんなあ?」

…あー、めんどくさいところに遭遇しちゃったもんだ。
あたしは、これが年功序列にあぐらをかいていた奴らの姿なわけだ、と冷めた心の内で呟いた。
立海のときは精市と弦一郎、蓮二の三人が、それこそまさに実力で黙らせてしまったから、こんな文句を言うやつはいなかったし、いたとしても潰してきたから問題にすらならなかった。
でもここは違うみたいで。
白石君は硬い表情をしているし、“先輩”という人たちを叩き潰したいわけではないみたいだから。

「先輩…勘弁してください。彼女はオサムちゃんに用がある言うんでここにいてるだけですから」
「オサムちゃんに?女子が何の用や?」

怪訝そうに尋ねてくる先輩さんに何か言おうと口を開く白石君に先んじて、あたしが口を出した。

「あたし、2年に転校してきたんですけど、この学校、女子テニス部がないと聞いたので、練習に混ざらせてもらえないかなと思って交渉に来たんです。無理でも大会の後ろ盾が欲しいので」

にっこりと笑って言えば、驚いたのか先輩さんも白石君も動きを止めた。
あたしの問題ならあたしが解決すべきだし、白石君ではきっと余計な波風が立つだろうし。
あたしは最悪ここでテニスができなくなってももともとないわけだからいいけど、白石君は違うんだし。

「へえ、君テニスすんの?」
「男テニに混ざろうとか、白石とちゃうて彼女の方やったんやな、大胆なんは」

ひゅう、と軽く口笛さえ吹いてあたしをあざけって見せる先輩に、白石君はさすがに口を出そうとしたみたいだけど、それより早く、私はにっこり笑顔を保ったままに言い切った。

「男子くらいの球威とテクニックがないとつまんないんで。白石君くらいのプレイヤーがいてくれて安心してたところですから。あ、先輩さんたちももちろんお強いんですよね?後で是非試合させてください」






*






先輩たちに向かってそう堂々と言い切った紅槻さんは、まるで試合の時のようで、先輩たちは完全に紅槻さんに気圧されていた。
先輩たちは、紅槻さんをからかっていたはずが、もう二の句が継げなくなっていて、さすがに俺も驚いた。
何しろ彼女は、自分の潔白と共に、俺の実力を認めるような発言をして、先輩たちが俺より上手いはずがないと挑発して見せたのだ。
紅槻さんをただの女生徒だと思っていただろう先輩たちは、彼女の自信に満ちた発言に戸惑いが隠せないようだった。
沈黙が落ちる場でそれを破ったのは、紅槻さんが待ち望んでいた人、オサムちゃんだった。

「あかんあかん、そいつらに女王様は荷が勝ちすぎや」

軽く言いながらゆるゆると向かってくるオサムちゃんは、俺達の前に立って驚いた様子の紅槻さんを見た。
…ってか今オサムちゃん、なんて言った?

「立海の女王様がうちに来てる言うて聞いとったけど、ホンマやってんなあ」

ズレた帽子を直すオサムちゃんにきょとんとした紅槻さんが俺を見た。
ああ、言いたいことはよーくわかる。

「紅槻さん。こんなナリしとるけど、この人が“オサムちゃん”や。テニス以外じゃ信用ならへんけど、テニスについてはめちゃくちゃ信用できる人や」
「ちょ、おいおい白石。自分とこの監督やん、もうちょっとええこと言えや」
「これ以上ないて紹介やったと思うけど。で、…オサムちゃんは紅槻さんのこと、知ってる風やけど…?」

立海、と言っていたことから、紅槻さんがどこから来たのかは知っているようだし、そうなればオサムちゃんのことだ、紅槻さんがテニス部だったことも知っていておかしくはない。
でもただ知っている、というだけではなく、俺達の知らないことを知っているようで、俺は「なんで知ってんねん」、と空気に含めてオサムちゃんを見やった。
オサムちゃんはまるでなんでもないことのようにしれっとした顔で俺を見て、言った。

「知ってて当たり前や。お前ら、全国行くんやったら、全国区の学校くらいちゃんと調査しとき。彼女はな、去年の全国大会女子テニスの優勝者やで」

…いや、情報収集が大切なのは紅槻さんから立海大付属中学のことを聞いてからわかっていたことで、今小春にその辺を任せているところだったんだけれども。
さすがに女子の試合結果までは小春だって調べてないだろうのになんでこの人知ってるんだ、っていうか。

「えっ?!紅槻さんてそんなスゴかったん!?」
「あれっなんか今のちょっと失礼だぞ…?あたしが全国覇者じゃおかしい?」

俺の口からつい毀れた言葉に紅槻さんはムスッとした顔で俺を睨んだ。
その様子に慌てて否定する。
おかしいどころか。
脳裏によみがえる彼女の、まるで王者のようなオーラ、そしてそのテニス。
まるで、なんかじゃない。
彼女はまさに、だったのだ。

「おかしいなんてことあらへんわ…むしろ納得や。半端な強さじゃあらへんなって思てたけど、そっか、すごいねんなあ、紅槻さん」

すでに彼女のテニスを知っている俺は、素直に納得した。
それを知らない先輩たちは驚きに目を瞠っていて、若干青ざめて見えるのはさっきの彼女の言葉の意味に気付いたからかもしれない。
俺の賛辞に照れることもなく当然とばかりに自信満々で笑う紅槻さんは、彼女らしく、そして実に王者らしかった。

「それで、女王様がうちの部に何の用や?」

わかっているだろうにわざわざ聞いてくるオサムちゃんに内心で若干呆れた。
なにもかもわかってます、という顔を隠しもしないんだから相当だ。
オサムちゃんに向き直った紅槻さんは、不遜な程の態度を一瞬にしてしまいこみ、真剣な顔で頭を下げた。

「あたしに、全国大会に行くチャンスをくれませんか」
「…うちに女子部はないねん」

紅槻さんの真剣さに応じるようにオサムちゃんも軽薄な笑いを引っ込めて、真剣な顔で彼女にそう言った。
それに勢いよく顔を上げて、紅槻さんは睨むようにしてオサムちゃんを見た。

「わかってます。ただ、後ろ盾になって下さればそれでいいんです。できればコートもお借り出来たら嬉しいですけど、コートだけならどうとでもなりますから。…たまあに、白石君とか忍足君とか、貸してもらえると嬉しいですけど」
「ははっ、うちの部長を早々簡単に貸したることはできひんお願いや」

笑いながらも、オサムちゃんは冷静に言う。
なんでそんなにも厳しく対応するのか理解できないながらも俺は、口を出すタイミングを計っていた。
紅槻さんと打ち合うのは本当に力になるのだ。
自分の癖や苦手を的確に当てて眼前に晒してくるのだから克服せずにはいられなくなる。
彼女にとって本当に俺が練習相手として適っているのかはわからないが、こちらとしては本当にありがたいと思っているのだ、逃がしたくはない。

「オサムちゃん、」
「ひとつだけ聞かせてくれ」

俺が話しかけようとオサムちゃんを呼ぶのと同時に、オサムちゃんが紅槻さんに向かって言う。

「なんで、大会に出たいんや?テニスするだけやったらわざわざこんなとこで頭下げんでもどこででもできるやろ?部活っちゅーのを選んだ理由も聞きたいわ」
「オサムちゃん、ひとつじゃなくなってんで、質問」
「やかましわ、白石」

思わず突っ込んだ俺の頭をオサムちゃんが小突く。
それを目で追った紅槻さんが軽く苦笑した。

「部活を選んだのは、そこに白石君がいたからです。正直、部活で全国区の腕をもった人なんていないだろうなって思ってたんですけど、いたから。スクール探したって同年代の女子じゃもう相手になんないですもん。てっとり早く、自分の実力に合った場所を選んだつもりです」
「…全国区、て、俺?」
「うん?うん。白石君、あんまり実力試したりしてないの?結構強いよ、センスもあるし。忍足君も、石田君もきになるけど。あ、でも石田君の相手はさすがにあたしには無理だけど…パワーありすぎ」
「自信家やなあ、女王様は」

色々な意味ですごい紅槻さんの発言に、俺も、さすがのオサムちゃんも言葉に詰まった。
また、紅槻さんの評価にも俺は驚いた。
歯に衣着せぬ、オブラートも誇張表現も必要としない彼女の言葉は、真実としてまっすぐ俺に突き刺さって、戸惑った。
どうする必要もないはずなのに、どうしよう、と無駄に脳みそが空回りする。
そういう風に言われたのは本当に初めてだった。

「テニスに嘘も誤魔化しも謙遜も必要ないですから。あたしの周りがそうだったから、ていうのもありますけど。で、大会についてですけど…あたし、約束があるんです。絶対に、負けないっていう、約束が。それを守りたい。それに、転校ごときで頂点を譲ってあげるほど無欲にもなれないので」

さらり、と言い放つ紅槻さんは本当にまっすぐ立っていて、少し眩しいくらいだった。
この眩しさには覚えがあった。
初めて紅槻さんと試合をしたとき、楽しそうにテニスをする彼女を見た時と、同じ。

「ほーか。…なら、白石貸したろ」
「えっ?」
「ただし、部活外の奴には貨さへんで」
「…え?」

「紅槻、テニス部に入り。全国常連校の教え、こいつらに見せてやってくれへんか」


オサムちゃんの言葉に、紅槻さんも俺も、そういえばずっといた先輩たちも驚いていた。
ただオサムちゃんだけが、不敵な笑みを浮かべてじっと紅槻さんの反応を見ている。

「え、え、でも、え、いいんですか?」
「なんや、やっぱり嫌とか言うんちゃうやろな?」
「いーえいえいえ!!とんでもない!めっちゃくちゃ嬉しいです!でも、いいんですか?男テニ部ですよね?女子が入っても…」
「うちは『テニス部』であって『男子テニス部』やあらへんもん、ええやろ」

なんつー適当な。
つい頭を押さえたくなったが、結果がオーライなので黙殺しておく。
とりあえずこれで、紅槻さんはこれまでのようにコートが使えるし、俺達も紅槻さんとの試合が組める。
テニス部員なのだから大会に出るのも問題ないし。
全部が一気に片付いて、俺と紅槻さんはひとたび視線を交わしてから、どちらともなく笑った。









C



----------------------------------------------------
つーづーき!
オサムちゃんとしてんほうじテニス部の雰囲気

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]