たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/02/08 (Wed)
立海が一番好きなんだと思う、学校的に
氷帝も好きだけど、キャラひとりひとりの好き度合い的には立海が上
青学はリョーマくらいだけどね…

うう、眠い眠い


続きはそんなテニス





*テニスの続き
*幸村君とのTEL編






















生意気だけどいいセンスを持った子だったなあ。
今日試合した後輩となるだろう財前君のプレイを思い出しながら、あたしはベッドに鞄を投げた。
スプリングに跳ねるそれを見ることなくあたしもベッドに弾みをつけて座ると、同時にポケットにしまっていた携帯が軽快な音を立てた。
この音は精市だ。
電話帳登録をしているうち、家族と精市、弦一郎、蓮二だけは着信音が違う。
それというのも、基本的に電話を取るのが面倒で聞き流してしまうあたしにキレた精市が設定したという悲しいエピソードゆえだ。
それ以来、通常電話の呼び出し音以外のメロディには必ず出るようになったりした。
…まあ、怒られる怒られないは別としても、3人ともと連絡を取るのはあたしも嫌いじゃないから、設定してくれたことに文句などあるわけないんだけど。
流れるメロディを聞きながら、急ぐでもなく通話ボタンを押して耳に添えれば、唐突に『出るのが遅いよ』とダメ出しが飛んだ。

「ごめんごめん、今帰ってきたとこで携帯手元になかったの!」
『ふうん…?まあいいけど』

あからさまに信じてないような精市の声にどきりとするが、どうやら向こうも上機嫌らしくすぐに話を切り替えてくれた。

『ところでさ、今日はおもしろいのに会ったよ』
「おもしろいの?」
『うん、そう。もったいないな、名保、やっぱり転校なんてやめておけばよかったのに』
「今更そゆこと言う?わかってるくせに」

言いながら、ポーズでなくすねている自分に気付いて恥ずかしいやら寂しいやら。
それだってきっと、精市にはばればれなのだろう。
くすくすと笑う声色は、それでも楽しそうというよりは苦笑に近くて、決して精市があたしの転校を快く受け止めてるわけじゃないってことがわかって気分が浮上する。

『でもほんとに。名保なら絶対、気に入っただろうし』
「さっきからなに?もったいぶらないで教えてよ」
『ふふ、せっかちだね、相変わらず。ほら、こっちも今新入部員来てるじゃない』

言われて、去年のことを思い出す。
そういえば、自分が女テニ部の入部届け片手に突っ込んでいったのもこのくらいだったかもしれない。
電話越しで相手に伝わらないのに小さく頷いて、そうだねと相槌を打つ。
もちろん、今年の立海大テニス部の新入部員の集まりぶりなど知らないけど、去年でさえすごかったんだから、全国の頂点に立った後の今年は、想像するまでもなく予想が立つ。

「すごかったんだろうね、数が」
『去年の1.7倍だって。柳によると』
「去年で…100人強でしょ?じゃあ200人は軽いのか…なんつーか、面倒ね」
『名保ならそう言うと思ったよ。篩にかけるのも面倒くさいったらないよ』
「ま、弦一郎のしごきで早めに根を上げてくれるのを待つしかないんじゃない?先輩たち、ベンチ譲ったんでしょ?」
『うん。当然だけどね』

立海大附属中の男子テニス部は実力主義だ。
先輩だろうと弱ければ蹴落とされるし、後輩だろうと強ければ頂点に立てる。
精市はまさに後者の典型で、いま、テニス部はまさに彼の手の内だ。
精市と弦一郎、そして蓮二の三人―向こうでは彼ら三人を合わせてビッグスリー(3強)なんて呼んでいる―が、本来ならば先輩が座り、コーチング等指示を出すベンチを牛耳って、まさにテニス部を塗り替えた。
あたしも彼らと一緒にいたのだからそれ以前のテニス部なんて知らないけれど、きっと今よりはずっと年功序列だったに違いない。
でもあたしは、今の、精市たちのやり方が好きだったから、完全に精市たちがベンチに就くようになったと聞いて単純ながら喜んだ。

「やっと上も気にしないで好き勝手できるね!」
『今までも割と好きにさせてもらってたけど、うん、やっぱり比じゃないね。俺が選んだ俺のチームで勝負できるんだから、こんなに楽しいことはないよ』
「しかも、おもしろいのも入ったことだし、って?」

そこでようやく精市が電話をかけてきたその本題に触れる。
常になくわくわくして楽しそうな精市にこっちまでわくわくしてきて、電話するうちに寝ころんでいた体を起して完全に聞く体勢をとる。

『そう!そうなんだよ。もう、この先が楽しみで仕方ないんだ!』
「精市がそこまで言うなんて、珍しいじゃん」
『ふふ!だって、うん、そう、名保』
「あたし?」
『そう。まるで名保みたいな奴でね!すっごくしごき甲斐がありそうなんだ』
「え、そこ?」

あたしみたいだ、って言われてどんな奴だろうと興味を持ったのは一瞬、続く精市の言葉になんとも言えない気持ちを味わわされたのも一瞬。
そして見たことも名前さえも知らない、精市の後輩になる子に同情を覚えた。
今、精市すっごいきらきらしてるんだろうなあ…。

『まあ名保はさすがに校門に登って叫んだりなんかはしなかったけど』
「え、なに、その子そんなことしたの?やんちゃあ~」
『うん。猪突猛進タイプなのかな。名保に似てるよね、仁王に騙されやすいところも』

言葉に思い出すのは銀髪の同級生。
世間の全てを騙しているようなよくわかんない奴で、あたしは詐欺というよりは彼の軽い嘘に何度となく騙された経験がある。
決して頼りがいがないわけじゃないのに、頼るのには相当の勇気が必要になるあの詐欺師に、あたしに似ているというその子は早速騙されでもしたのかもしれない。
ってか新入生まで騙すなって話!

「ほんっとーに仕方ない奴だなあ、雅治は!」
『テニスコート聞いて、どうやら生徒会室まで行っちゃったみたいだよ?あとで柳生がため息ついてた』
「あはは!まー、比呂士がいるの知ってて生徒会室に行かせたんだろうからまだ優しい方かー。これから大変だ、その子!」
『そうだね。真田も珍しく気に入ってるみたいだし』
「で、強いの?」

ずばり、と言葉が音を立てるものであったなら、そんな音が聞こえてきそうな切込みで、あたしは精市に尋ねた。
聞きたいのはそこであって、それ以外にない。
これだけ精市が気に入った様子を見せているのだから、答えは聞くまでもないんだろうけど。

『まだまだ、成長途中だけどね。俺に喧嘩売る度胸もあるし、あの反骨精神は力になる』
「うは、精市に喧嘩売ったの?弦一郎キレたでしょ。あ、あー、でも、うん、わかったかも、弦一郎気に入ったの」
『ふふっ、俺と、真田と、柳、三人ともぶっ倒してやるって啖呵きって、まあ弦一郎にぼろぼろにされてたけど』
「精市はやんなかったの?」
『俺?俺はだって、最後の砦だからね。そう簡単に相手してあげるわけにはいかないよ。まあ、次、向かってくるようなら、叩き潰してあげようとは思ってるけど』

楽しそうに語る精市の言葉に、あたしは頬がひきつるのを感じた。
ほんとに悪趣味なんだから、精市は。
でも、それはその子が“そう”することで伸びるんだということが分かったからに他ならない。
むしろ、精市がそこまで本気になっているなら、その子は絶対に伸びる、絶対にだ。
確かにそれは、その子の成長に立ち会えないのは、ひどく残念な気がする。

「今度そっち戻ったら、会わせてよ。あたしも試合したい!」
『そうだね…それまでに名保の相手になる程度まで育てばね。名保とやっとくのもいいだろうし』

やった!とベッドのスプリングを利用して軽く跳ねながら、あたしは小さくガッツポーズをする。
どんな相手でも、試合は楽しいけど、精市が目を付けた子なら間違いなく楽しいはずだ。
いいなあ後輩、と思って、そういえばと今日のことを思い出す。

「そういえばこっちにもいい一年生、いたよ」
『ふうん?強いの?』
「そっちと一緒。まだまだこれから!だけど、技術はあるし、7セットやったけど、減らず口叩けるくらいには生意気だし、結構楽しみにしてる」
『それじゃあ、いつかそっちの一年とこっちの一年がコートで会うことになるかもしれないね』

精市の言葉に、あたしは楽しくなってうん!と首まで振りながら頷いた。
それは今年かもしれないし来年かもしれないけど、確かに来るだろう未来だ。
どこも生意気なルーキーのようだけど、成長が楽しみな子が来てくれたのは本当にうれしかった。

『ところで、名保は今年、大会どうするの?』
「うん?…うん、まー個人では意地でも出るよ。実力以外のところで負けるなんてありえないもん!」
『うん、それでこそ名保だね。もう立海ではないけど、俺達の“常勝”は、名保にだって言えることなんだからね』
「当然!あたし、立海からは離れちゃったけど、精市たちと気持ちは一緒にいるから」

胸に過るのは去年の夏大会。
離れていても、あたしの心はまだまだ、立海に残されている。
これから先、大会の出場は四天宝寺中の名前になってしまうけど、それでも名保に負けは許されない。
それが、精市たちとの約束だ。

「ま、そのためにはまず週明け!テニス部顧問を陥落させないとね!」
『応援してるよ。全国で名保のテニスが見られるのを期待して』
「うん!絶対行くから」

そう、週明け。
テニス部の顧問“オサムちゃん”が戻ってくる来週が、あたしの勝負どころだ。
話を聞いてOKがもらえればよし、ダメでも何度でも頼み込んでやる。
精市の言葉に背中を押された気がして、あたしは月曜日に向けて意気込んだ。






C





----------------------------------------------------
何がしたかったって、幸村君と後輩の話をしたかったんですよね
それだけなんですよね
幸村君とのTEL話はちょくちょく噛ませます
もしかしたらTEL相手変わることもあるかもしれないけど基本3強かな
 

拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]