たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [559]
2017/10/18 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/02/02 (Thu)
姉のお怒りスイッチが押しやすい位置にありすぎて困る
つか若干理不尽すぎて困る
自分不機嫌、周りどうでもいい、ってのがわかりやすすぎて困る

マジ雪ツラァ
なんでこんな降ってんだいみわかんねえ…

つか寝る前にホラー読んじゃったんだけどあたし今夜寝れんのかよ…寝るけど…図太いから…





続きはテニス
*テニス続き














「あれ?」

走っていた足を止め、立ち止まったのは昨日来たテニス部の門の前。
その向こうではすでに何名かの部員がストレッチや軽い打ち合いをしていた。
それを視界に収めつつもあたしが気にしたのは、門の外の、制服を着た少年の方。

「どないしたん?紅槻さん」

追いついてきた白石君があたしの背後に並んで、立ち止まったあたしに不思議そうにそう問いかけてくる。
昨日は道場破りかってくらいの勢いで突っ込んでいったあたしが立ち止まっているのが余程不思議だったのかもしれない。

「いや、あの子、部員さん?」
「あの子?」

首を捻って白石君に尋ねれば、気づいていなかったのか、首を捻ってあたしの指さす先、制服の男子生徒をようやく視界に入れたようだった。

「いや、部員とちゃうと思うけど……あっせや、もしかして入部希望者かもしれへん」
「入部希望?あーそうか、そういう時期だもんねえ!へええ~!なんだ、よかったじゃん!経験者だったら有難いし、未経験でも見込みあればオッケーよね!」
「せやな」

よかったよかったと白石君の背中をばしばし叩けば、困ったように笑って、そっと腕を掴んで離された。
いい加減痛かったのかもしれない、とあたしはそこでようやく思い至って、けど口から出たのは違うセリフだった。

「白石君あれだ、紳士じゃないけど紳士だ」
「なんや?急に」
「いや、つか今までの奴らがあたしに遠慮がなさすぎただけなのかもだけど、ゲンコツじゃなくて腕離されるだけって初めて」
「…なっかなかハードな環境におったんやな、紅槻さん…」

呆れたような表情であたしを見る白石君は、きっと冗談でも女子を叩いたりはしないんだろうなーと、なんとなく思った。
弦一郎に爪の垢煎じて飲ませてやりたいくらい!
本気で問答無用とばかりにゲンコツを降らせてくる幼なじみを思い出して、ついでにその痛みも思い出して顔を顰めると、ははは、と白石君が笑った。
そしてあたしをそのままにテニス部の門へと近づくと、門から中の様子を見ていたらしい入部希望者(仮)に声を掛けた。

「テニス部に用事か?」

声を掛けた白石にようやく気付いたその少年は、ゆったりと白石を見上げて、不愛想に一言だけ答えた。

「…見学っスわ」
「そか。中入ってくれてええんやで?」
「や、見れればええんで、どこでも」

どうにも愛想のない奴だなと、ちょっと離れた位置で彼を眺めれば、耳にピアスがいくつもついているのが見えて驚いた。
痛くないんだろうか。
不良、って感じでもないから、ちょっとやんちゃってところなのだろうか、まあどうでもいいけど。
あたしの思考など関係ないふたりの、簡潔な会話はすぐにでも終わってしまいそうで、それでも引き延ばしてる白石がすごいと純粋に思った。
あたしはどっちかといえば他人に構うことをあまりしたくないというか、あの場合ならほっとくか逆に引っ張り込むか、要は話なんてしようとしないタイプだから、軽く尊敬する。

「自分、テニス経験者か?いや、未経験も大歓迎なんやけどな、せっかくやし、打ってかへん?」
「制服なんでいいっスわ…というか、先輩、部活ええんですか」
「新入部員捕まえるんも部活動の一環や!ま、でもそろそろ俺も行かんとな。俺、部長の白石や。テニス部入る気んなったらまた声かけてや!」
「…ども」
「今日は好きなだけ見ていき。ホラ、紅槻さん!部活始めんで!」

ようやくあたしを思い出したように声を掛けてくる白石君に、聞き耳を立てていたあたしもハッと我に返った。
そうだったそうだった、貴重な部活時間を無駄に消費するなんてもったいなさすぎる!
せっかく蓮二(と精市と弦一郎)が作ってくれた練習メニューもあることだし、早速試さないと!

「あーい!ってか白石君、あたしどこで着替えたらいい?今気づいたんだけどね?」
「そーゆことは先に言ってや!部室つこてええで。俺扉の前立っとくし」
「ありがと!…あたしも新入部員だから、いや仮だけど…、入部したらよろしくね!」

白石君が指さす先の部室へと足を向け、立ち去る前に少年に向かってそれだけ言って、あとはもう頭の中はテニスできることしか考えずにテニスバッグを担ぎ直して部室へ急いだ。
背後で白石君が少年に「ほな」と言ってから追いかけてくるのを聞きながら、古めかしい部室の扉に手をかけた。
勢いよくその扉を開け放って、一番最初に見えたのは、


男と男の

抱擁シーン、だった。


ってこれどういうことなの!







*






部室に向かって駆けて行った紅槻さんが勢いよく部室の扉を開けて、そして、静かに閉めた。
その一連の流れがあまりにもスムーズで、俺はついぽかんと立ち止まった。
ていうか、今なんで閉めた?
もうほとんどの部員はコート内でアップ中だったように思うのに…と、そこまで考えて、ハッとした。
うちである意味一番危険な奴らが、そういえばまだコートに現れていなかった。
奴らが部室にいて、そして彼女は何かを見たのだ、彼らの、本気なのかなんなのかわからないアレを。
きっついわ。
うん、そりゃきっついわ!
しかも彼女は東の人だ、日常がギャグなこっちとはテンションも気構えも違うはず。
俺は何かをフォローしないとと慌てて彼女に声をかけようとした。
だけど俺の言葉は、部室から飛び出してきた奴の言葉にかき消された。

「紅槻さ…」
「女のコやないの~!!!!」

バンッ!!!と扉が壊れるんじゃないかという勢いで開き、飛び出してきたのは小春だ。
ああ、やっぱりこいつらが居たのか。
飛び出してきた小春にギクリと身体を強張らせた紅槻さんが目を白黒させている。
そんな様子に気づかないのか無視しているのか、小春はいつも通りのテンションで紅槻さんの後ろに立つ俺を見て、紅槻さんを見て、顔を赤くした。

「イヤ~ン!!蔵リンったら、いつの間に彼女できたの~!?で・も!部室に連れ込むのはアカンで~?」
「あ、え、」
「部室はウチとユウくんの愛の巣やもんね~ユウくんっ!!」

くねくねと身体をくねらせながら小春が室内に向かってそう問いかければ、少し機嫌の悪そうなユウジが「あったりまえや」と言いながら出てきた。
紅槻さんはもう許容量を超えたのか、ぽかんとしたまま、「ガチで…?」とつぶやいた。

「ちょい待ち、や、小春。紅槻さんは俺の彼女やあらへんし、部室もお前らの愛の巣ちゃうわ!」
「アラ、そうなの?それは残念ね~、蔵リン!彼女、可愛らしやんか~!お肌もツルツルやし、髪の毛ふわふわやし!」
「わ、わ!」
「やめえや小春、ユウジがキレんで」

呆然としたままの紅槻さんの顔や髪に遠慮なく触れる小春に、さすがに驚いたのか声を出す紅槻さんを見かねて…というよりは、紅槻さんに構うごとに機嫌が降下していくユウジを見かねて助け舟を出せば、小春はパッとユウジの方へ身を翻してまたイチャ付き始める。
そんなふたりをなんとかコートへ追いやり、座り込んだままの紅槻さんを立たせてひとこと謝る。

「なんや、うるさいのでごめんなあ」
「うん…あっ、てか、いやいや、うん、人の好みは人それぞれ、あたしの知らない世界もあるある…」
「はは…」

パンッと自分のほっぺたを叩いてなんとか現実を受け止めようとしている紅槻さんに申し訳ないような、あのふたりに呆れるような、とにかく疲れた笑いが俺から洩れた。

「あのふたりは…ダブルス?昨日見なかったけど」
「せや。うちの名物ダブルス、金色小春と一氏ユウジや。強烈なのが小春でバンダナがユウジな」
「強烈って…確かにそうだけど、白石君…ふふっ」
「せやかて、的確な表現やろ?でな、あの二人、お笑いコンビでもあってな。昨日は入学式の後にステージあったから、部活は免除しとったんや」
「ああ、だから。って、お笑いまでやんの?マジか。関西スゲー…」

なんとなく間違った方に関西を理解されてしまったのは否めないが、この学校については間違っていないのでわざわざ訂正はしないでおいた。
笑ってナンボ、笑わせてナンボなこの学校で、お笑いは避けては通れない道だから。

「さて、大分遅なってしもたし、はよ着替えよか」
「あっ!うん!じゃー、ごめんね、お先に借ります!」
「おん、はよしてな」

はーい、と間延びした返事を返しながら、今度こそ紅槻さんは部室に入っていった。
紅槻さんの着替えを部室の前で待ち、終わった彼女と入れ替わるようにして自分も着替え、律儀に待っていてくれた彼女とコートに向かったのは、すでに部活開始時間から30分は過ぎてしまってからだった。
こんなに遅刻するとは時間を無駄にしたようで落ち着かないが、まあ今日はイレギュラーだということで納得しようと思う。
一度集合を掛けて、少ない部員を前に、紅槻さんを紹介する。

「昨日見とったやつも多いから詳しいことは言わんで。とりあえず今週いっぱいは、紅槻さんに練習加わってもらうことになったから、みんな仲ような」
「紅槻名保です。昨日は突然、ほんとごめんなさいでした!今日からテニス部にお邪魔します!!宜しくお願いします!」
「ちょっとちょっと、蔵リン?彼女、マネージャーと違うん??」

ほとんどが昨日居たメンバーだからと経緯やら面倒なことは全部省いて紅槻さんを紹介すれば、昨日いなかった僅かなうちのひとり、小春が手を挙げる勢いで尋ねてきた。

「紅槻さんはプレイヤーや。それもごっつう強いで。みんなもええ経験になる思うから、紅槻さんに相手してもらいや」
「へえ~!ますます気に入ったわ!ウチ、金色小春や!名保ちゃん、これからよろしゅうね」

まるでハートを飛ばす勢いの小春に、しかし紅槻さんはさっきので多少免疫がついたからか、今度は戸惑うことなくにっこり笑って「うん!」と頷いた。





その日は一通りの基礎練のあとに打ち合いをして終わった。
部の門前に居た新入部員候補は、簡易試合を一通り終わらせる頃にはその姿を消していた。
入ってくれると嬉しいんだけど、どうだろうか。
強引な勧誘はするつもりはない、けど来る者は逃がさないつもりでいる。
生意気そうではあったが、その分伸びそうな気がする彼が、部活動決定のときにはうちを選んでくれることを願う。
…それよりも気になったのは、紅槻さんの持っていた個人練習用のメニューだ。
そこには並の運動部(しかも男子)以上の基礎練習がズラリと書き込まれていて、思わずこっちの頬がひきつった。
それなのに彼女はちょっと眉を顰めただけで、仕方ないと呟き、それを消化し始めたのだから驚きだ。
しかも全体練習、コートでの簡易試合をする頃には終わらせたらしく間に合わせてきたのだからあいた口がふさがらないとはこのことかと思った。
前に居た学校が全国区だと言っていたから、もしかして全国を目指すにはあれくらいは必要なのかもしれないと思い、気を引き締め直したのは言うまでもない。







C








-------------------------------------------------
ずるずる伸びるわー
つっかラブルス…出さないのが不自然すぎるから出したけど長い長い
光ちゃん、出たのに名前なしです
まだ入部しないので
次回はちゃんと光ちゃん回の予定
幸村とのテレフォンはその先にお預けです
ほんとは謙也さんに出張ってもらうつもりだったのに、次回さえ名前出演で終わりそうです←ひどい




拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]