たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[539] [543] [542] [541] [540] [538] [537] [536] [535] [534] [533]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/17 (Thu)
ばさらってるとたまに姉が横からテニスを差し込んでくる、これいかに
しかも白石さんがイケメンだから拒否もできない
あああ最近の寝る前の音楽ずっと白石さんだよおおおくそイケメンめええええ!!!
ま、原作途中であきらめた人なので白石さん、歌とヴィジュアルしか知りませんけどね!←

しかし姉ひどい
政宗様が英語しゃべると笑うんだけどどうなのコイツそろそろ締めてもいいんだろうか
クールガイなんだよおおお政宗様は国際派なんだよおおお!!

明日は姉のアッシーか……ついでに同人誌売りに行ってこようかな…
なんか箱が中途半端で微妙なんだけどねえ…


続きは双竜の成長編4










*双竜 成長編 04です
*シリアス突入前の似非シリアス
*歴史とか役職名とか仕組みとか、捏造と創造と妄想でできているので突っ込みは胸の内にしまっておいてください
*突っ込みいれたくなっちゃう方にはおすすめできません(このシリーズ全体通して言えることですけど)
*ぼかした言い回しが多数出ますが、仕様です
*時間軸バラバラに書いてる弊害ってやつです←























双竜 成長編 04





ようやく医者からの安静宣告を解かれた辰生は、片倉の屋敷に備えられている鍛錬場で汗を流していた。
丸々二週間以上を寝床で過ごし、起き上がるようになってからも何かと甲斐甲斐しい家中のおかげですっかりと鈍ってしまった体力や感覚を、少しでも取り戻さなければと始めたことだ。
もちろん、小十郎に話を通すことは忘れていない。
この屋敷の家長は小十郎であるし、そうでなくとも自分に心を配ってくれているあの兄は、辰生が無理をしているのではと色々気に掛けてくれているのだ。
辰生としては幾分か過保護ではないかと苦笑もするが、小十郎にしてみれば、熱があっても「大丈夫」といい、倒れても「問題ない」という甘え下手な弟のことが心配でたまらないのは仕方がないことだった。
特に今回は命の危機であったのだし、本人の気軽さとは裏腹に、辰生を気に掛けている全ての者が普段以上に過保護になっている。
とはいえ辰生も初陣を済ませた一介の武将。
今は多少穏やかな毎日を過ごしてはいるが、雪の季節までにはまだまだ時間がある。
それまでにはいくらも越えなければならない戦もある。
政宗率いる伊達軍は未だに第一目標である奥羽、ひいては奥州全土の統一に至っておらず、周辺の小大名達との小競り合いが続いている。
最大勢力のうちの最上については輝宗と義姫の婚儀によって抑えられてはいるが、決して仲が良いわけでもなく、輝宗の力無くしては危うさも出てくる。
内紛も抱えた伊達内で、政宗に信を置いてもらえているという自負のある辰生が、じっと静観などできようはずもない。
小十郎や成実、政宗のような武芸者には比べるべくもなく弱い辰生でも、“あの時”に決めた意志を歪めるつもりは毛頭ない。
もともと弱いのだから、むしろ人一倍の鍛錬を積んで強くならなければならないのだから。
幸いにも辰生の体は至って健康且つ丈夫で、小十郎程筋肉はついていないが、展望はある、はずなのだ、小十郎と肉体的なつくりは一緒なのだから。
小十郎配下の一兵卒の鍛錬場としても使われている道場の片隅でひとり、辰生は黙々と木刀を振るった。
見つめるのは切っ先、そしてその向こうにあるもの。
“あの日”見た、“現実”という名の重く、苦く、辛いもの。
忘れてはいけないあの光景を、刻みつけるようにして、辰生は無心に身体を動かした。





教わった基本の型を何度も何度も身に馴染ませるように繰り返す辰生の耳が、感覚が、道場の雰囲気が変わったことを察した。
同時に、振るった木刀の刃先を下ろし、型を中断する。
よく知った気配が近づいてくるのを感じながら振り向けば、案の定、強面の兄が辰生の元へと近づいてきていた。
僅かに寄った眉間の皺を確認して内心で苦笑しながらも、近づいてくる小十郎に向けて立礼すれば、目前で足を止める。

『お早いお戻りですね。如何なされたのですか?』

まだ日のある時間帯に小十郎が屋敷に戻るのは酷く珍しいことだった。
政宗の側役としてその身辺警護からスケジュール管理まで、辰生のいた前の世界での秘書以上の働きをしている小十郎は、普段夜も更けた頃に屋敷へ戻ることが多く、むしろ戻らない日さえ多くあるほどだというのに、今日はまだまだ活動時間中に城を辞してここにいるのだから、辰生だけでなく道場にいるすべての者がどよめくのも無理はない。
とはいえ、辰生がこの屋敷で静養し始めてからはたびたび見られる光景でもあったため、異常事態へのざわめきというよりは、仲の良い兄弟を微笑ましく見守る、そんな雰囲気であったのだが、そういう気配には揃って鈍感な兄弟がそれに気づくことはなく。

「辰生、話があるから室へ戻れ」
『?、』

小十郎の早急な態度に首を捻るも、辰生は言葉を返すより早く頷く。
できるだけ声を出すような真似をさせないようにと小十郎が気遣っていることを知っている辰生は、つい反射的に出そうになる空声を押しとどめて、マイムで示す訓練をこっそり行っている。
とはいえ、鍛錬場など、筆を扱えないような場では意思を示すために唇での伝達は欠かせない。
それが小十郎にも政宗にも不満なのだが、どうしようもない。
斯くいう辰生も、音が出ないのに唇だけを動かすのがひどく違和感を感じて好きではないのだが。
ともかく鍛錬はここまでと木刀を戻しに小十郎の前を辞そうとする辰生に、小十郎は手に持っていた手拭いをふわりと頭に乗せる。

「それほど急いでいるわけじゃねえから、しっかりと汗を拭いてから来い」

小十郎の気遣いに笑顔で応えてから、辰生は手拭いを握りしめて道場を後にした。
残った小十郎はそんな後姿をため息を吐きたい気持ちで見送ってから、ふと道場へと視線を戻す。
じっと兄弟の動向を見守っていた兵士たちは急に向けられた小十郎の視線に思わず肩を揺らして、慌てて各々の鍛錬へと無理やり戻るが、その頃にはしっかりと小十郎の眉間に皺が増えていた。

「おいテメェら!!たるんでんじゃねぇのか!?気合入れてやれ!!」

小十郎の怒号に、藪を突いてしまったような形になった兵士たちは泣きそうに顔を歪ませながら、小十郎が道場を辞すまで、死ぬ気で木刀を振るう羽目になった。





「お前を輝宗様の小姓に戻すことになった」

汗を軽く流し、衣服を整えて室に戻った辰生を出迎えた小十郎は、静かにそう口火を切った。
政宗の実弟に当たる竺丸の世話役となり、失声のためにその任を解かれた辰生は今、所在のない状態に相違なく、療養中は良いとしても、快復した後のことは決まっていなかったのだが、今日になってその先行きが決まったため、小十郎が辰生に知らせに来た。
竺丸の世話役となる前、輝宗の小姓としてその傍に仕えていた辰生だからこそ、輝宗の小姓へと再び戻ることになったのだろうが、しかしそれは明らかに異例のことだ。
小姓という仕事は機密性も高く、信頼がものを言う立場でもある。
一度離れた者を戻すなどということは前例がない。
思わず小十郎を凝視する辰生の言わんとすることを正確に読み取った小十郎は軽く一度頷いてから、言葉を続ける。

「とはいえ、それは一時的なものだ。お前の年齢のこともあるし、精々がこの一、二年のことだろう。その間に」

一度言葉を区切って、小十郎はじっと辰生を見据えた。
七つ年下の弟は、小十郎からして見ればまだまだ子供だ。
甘いところも多いし、何よりも心が柔すぎる。
己の実弟とは思えぬほど、戦での心構えもその実力も未熟だった。
昔から人一倍頭がよく大人びていた辰生だが、実家を離れて伊達へその身を捧ぐようになってから避けて通れない武人という道に、小十郎とは真逆に神経をすり減らしていた。
強い子どもだと“勘違い”していた辰生を目にしてから、小十郎はそれまで以上に兄として、先達として辰生を導く役割を己に課した。
辰生が、己で選んだ道に押しつぶされないように。
そして今回のことも、辰生には辛いことになるかもしれないが、避けては通れないのならば目を逸らさせるようなことにはしないよう、確りと辰生を見据えて、告げる。

「己でその身を立てて見せろ」

言葉のない身では厳しい現実の、どれほど多いことだろう。
戦場をいくつも経験して、幸いにも未だ五体満足でいられる小十郎には、考えの及ばない領域であることは確かだ。
それでも、そんな環境を跳ね除けてでも、辰生には立って欲しいと小十郎は願っていた。
己の側に。
政宗の側に。
あの鬼姫の思惑通りに潰されるなど、そんな未来は小十郎も政宗も出来るなら己の手で切り裂いてやりたい。
しかしそれでは、どうしたって辰生の為にはならないのだ。
男として、武人として生きるのならば、与えられ、守られることに慣れてはならない。
政宗が筆頭となったことで、城内も軍内も開放的になっては来たが、古狸どもを退けることなどできるはずもなく、故に耳に届く刃も多いだろう。
それでも。

「声の一つでお前の価値が揺らぐことなどないのだと、証明して見せろ」

待っているから。
声なき声が、辰生に届いた。
本当はきっと、実家に戻すことをも小十郎は考えたに違いない。
それでも、それを辰生自身が望んではいないことも、きっと小十郎はわかっている。
辰生は“あの日”決めた決意を胸に呼び起こす。
守ると決めた。
背負うと決めた。
忘れないと誓った。
今を生きると、決めた。
そして、政宗の独眼を思い出す。

『俺達が信じていることを、お前が諦めるな』

小十郎の思いも、政宗の思いも、自分自身の決意も、すべて受け止めて前に進むのだ。
唇に笑みを浮かべて、辰生は深々と頭を下げた。

『拝命、仕ります』




斯くして、病床よりの復帰を果たした辰生は、輝宗の小姓として、政宗の居城である青葉城を後にした。






---------------------------------------------------
さて、お父様編になります
わたし、長編を書くの苦手なんだね、って書きながらほんとに思ってますうおお…
なんだか淡々と、素早く終わってしまいそうで、そこが悔しい…
もっとぐるぐる重々しく色々を交えて長く書きたいんだけれども…技量の問題か…っ!
さて、しばらく成長編は殺伐とするやもしれません
そしてオリキャラ出張ります出張ります
ちょっぴり史実に沿う形になりますが、BASARAで得た程度の情報しか基になってませんから、細かい部分も大まかなストーリーもオリジナルになりますから、やっぱり歴史の伊達家が好きな人は読まれない方がいいですよ
あと、捏造するので
ばりばり史実変更しますので
そこはほらね、ねねちゃんを殺しちゃうような秀吉がいるBASARA歴史ですから
頭いい設定にしたせいで主人公くんどうしたらいいのか(わたしが馬鹿だから)困ったりしている…←
いつ異世界だってことに気付かせようか…もう気づいてる設定にすべきか…


拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]