たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[543] [542] [541] [540] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/11/16 (Wed)
ちょっと部屋見渡してくまの多さに苦笑した
かわいいからいいけれどね!

つるりと飛び出したわたしの貯金の残高に、姉がしょっぱい顔したよ!ふへ!
そら半年無職で使うばっかりの生活してりゃそうなるっすわ
今日は姉に外に引っ張り出されたので、明日こそいらないものの整理するんだ!
それにしてもワンピをどこに片づけられたのか…探し出して本棚にセッティングしたいんだがね…

はあああん宴やりたいよ久秀やりたいよ久秀…!
最近もっぱら人取橋の戦いばっかりやってます
久秀と会話したくてさ、うん
久秀、キャラごとに言葉用意されてるもんだから、つい多くのキャラでやりたいとおもってしまってねえ…!
あと、政宗様プレイする時は必ず一度ザビーやる
こじゅを笑わせてあげたくてザビーやる
実は政宗様の最終武器(第8)あまり好きじゃないから、わざわざアイテム使って見た目だけ別のに変える小細工とかしたりして遊んでます
こじゅのも色々見た目変えて遊んでるんだけどどれもこれもかっこいくてたまりません(盲目)
スタイルがいいよスタイル…!

つづたんの入れ知恵でWii版宴買わないように自制する毎日です



続きは双竜成長編の3








*双竜、今度は成長編の続き
*政宗様のセリフで、全部英語の部分は台詞のすぐ後ろを反転すると意味が出ます
*ちなみにフリーの翻訳に頼ってるので英文の正誤は突っ込まない方向で
*ま、うちの政宗様は書き手に似て英語ほとんど喋らないのであんまり心配ないです!←

























双竜  成長編 03





片倉家常駐の医者に、『しばらく安静』と宣告を受けた日の翌日。
小十郎がすでに登城し、家長不在となった屋敷で辰生はひとり、ぼんやりと天井を眺めていた。
生死の境から帰還し、体調も少し回復してきた今頃が、一番暇でたまらない。
とはいえ安静を宣告されては気軽に読書もできないし、気晴らしに庭に出るなどもってのほか。
こうしてぼーっとしていると、脳みそが溶けていってしまいそうだ、などと考えていると、軽快な足音と共に、聞こえてはならない人の声が聞こえてきた。

「Hey,辰生。調子はどうだ?」
『政宗さま…!?』

にやり、と笑みながら部屋へ入ってきたのは、今の時間は城で政務をこなしているはずの政宗だった。
あんまりな人物の登場に、思わず身体を起こせば、すぐさま政宗が肩に手を添えて眉を寄せた。

「おいおい、急に体起こしたりすんな。毒は粗方抜けたとはいえ、まだ完治したわけじゃねぇんだぞ」
『あ、わ…、申し訳』
「No,謝る必要はねぇよ。Ah-…紙、紙…」

唇で謝罪をかたどった矢先に、指先でそれを制される。
その仕草に、多少は自分の責任も感じてはくれているのだろうが、軽い調子の政宗の姿に辰生はただ、城に残されているのだろう小十郎に同情の気持ちを向ける。

(…こじゅ兄の胃に穴が開かないといいんだけど)

今度お医者さんに診てもらうときに、ついでに小十郎に胃薬も処方してもらおう、と、紙と硯を用意し始める政宗の姿を見つつ辰生は心に決めた。
政宗の破天荒はいつものことだが、今回は己にその要因があることもわかっているために怒るわけにもいかず、ただくすぐったいような気持ちになる自分に苦笑を向けることしかできない。
不謹慎ながらも、こうして心配して見舞ってくれる心は本当にうれしいのだからしょうがない。
部屋の隅に片づけてあった文机から必要なものを準備すると、辰生の身体をまたぐようにして文机を置き、いそいそと紙と筆をセッティングしていく。
かいがいしいまでの姿に慌てて止めようとすれば、俺がしたいんだから黙ってされてろ、と返されて閉口する。

「ほら、こっちで話せ。紙が足りなくなりゃ、また持ってきてやる」
『ありがとうござ』
「敬語はナシだ。誰もいねえんだ、普段通りでいい。それにその方が早いだろ」

礼を認めようと筆を滑らせてすぐ、政宗に筆ごと手を取られて書くのを止められ、何故かと見上げればそうあっけらかんと言う。
今では昔のように気さくに言葉を交わし合うような身分でもないのに、無茶を言う。
とはいえ、その申し出が嬉しいと思うのは確かで、話し言葉を書き起こすのに、敬語だと時間がかかって仕方ないのを気にしていたのは辰生とて同じだ。
それに、昔のように話せるのは、素直に嬉しい。

『それなら、同じ読むでも唇を読んだ方が早いじゃないか』

潔く敬語を脱ぎ捨て、照れ隠しにそう書き連ねれば、ぴくりと政宗の眉が寄った。
途端に不機嫌そうな表情になる政宗に首を傾げれば、じっと辰生の瞳を見ながら、ぽつりと言う。

「唇、動かすたびに息が漏れてんだよ。喉使わねえようにしろって医者に言われたんだろうが」
『!』

言われた言葉にはっとした。
喉の調子を診てくれた医者によれば、万が一にも、の可能性ではあるが、じっくりと長く時間をかけて治療していけば、喉はもしかしたら声を取り戻すかもしれないが、そのためには声を出すようにして喉を使ってはいけないと言われていた。
僅かな可能性で、そんな微かな希望に縋らせるのは良いことではないかもしれないが、と、それを聞かせてくれた医者は辰生に謝ったが、正直、辰生はそれを大して信じてはいなかった。
良くも悪くも、辰生の精神は大人で、しっかりと諦めというものを学んでいたから。
それでも、政宗はその医者の言葉を信じてくれているのだ。

「俺はお前の声を諦めちゃいねぇ。それは小十郎だって同じだ。俺も小十郎も諦めてねぇのに、お前が諦めるな、辰生」

そう言った政宗の視線があまりにも強くて、弱い自分を暴かれたようで、辰生の手は無意識に拳を作り、微かに震えた。
そうだ。
諦めた、なんて納得しようとして、辰生はただ、己の現実に向き合うことから逃げただけだった。
だから、希望なんて抱こうと思わない、叶わなかった時が怖いから。
本当は、医者がそれを口にしたときに、殴り倒してしまいたい気持ちになっていたのに、物わかりのいい振りをしてごまかした。
本人がそうして逃げたのに、諦めたのに、政宗は、そして小十郎は、信じてくれるという。
信じて、いるのだという。
己の声が、戻ることを。
こみあげてくる何か熱くて、大きなものを、唇を噛んで、拳を握りしめて、耐えた。
耐えて、目の前の優しくて強い、自分よりもずっと年若い少年に、なんとか、笑って見せた。
辰生には、笑って見せることでしか、気持ちを伝えられなかったから。

「…Then, it is good.」(それでいい)

随分と幼い頃、政宗は辰生に向かって「俺が兄になってやる」と言った、その通りに、政宗は辰生の頭を優しく撫でた。
それは小十郎のものとは違って荒っぽくもあったけれど、辰生にとってはやはり大切な“兄弟”の手だった。
言葉無く、ただ無言でそうしていた二人の耳に、突然慌ただしい足音が迫ってきた。

『?』
「What?何だ、騒々し…「辰生ッ!!!」

がばっ!
まさにそんな効果音と共に、政宗の言葉を遮って登場した人物が辰生に思いきりしがみ付いた。
突然のことに、持っていた筆は文机に転がり、硯に磨ってあった墨は跳ねていくらか飛び散ってしまった。
驚きに固まるしかない政宗と辰生を差し置いて、しがみ付いてきた人物はぎゅう、とさらに力を込めて辰生を抱きしめ、ぐりぐりとその頭を首筋にこすり付ける。
さすがに苦しくて辰生が背を叩いても、離れるどころか一層力を込めるばかりで。
声を上げられなくては態度で示すしかないのにそれを封じられてはもう手の施しようもなく、これは大人しく意識を旅立たせるべきなのかとよろしく無い方へ意識が流れそうになった頃、やわらかくも鋭く、救いの手は現れてくれた。

「こら、成実殿。辰生をこの上殺す気か」

しがみつく成実の首根っこを一片の容赦もなく掴み上げ、引きはがしたのは、義兄にあたるところの綱元だった。
助かったとばかりに咳き込めば、ようやく現実に舞い戻ってきた政宗が背を摩りながら成実に向かって吠える。

「テメェ、成実!!お前は加減てモンを知らねえのかッ!!」
「ひ、ひでぇ…」
「ひでぇのはテメェだ!」

がるる、と唸り声さえ聞こえてきそうな政宗を相手に、成実は情けなく眉を下げるが、視界に咳き込む辰生を映せば、更に眉が下がった。
もう情けないを通り越して泣きそうだ。
片腕に抱くようにして辰生を抱えて威嚇する政宗、今にも泣きそうな成実、それを無視して文机の惨状を片づける綱元に、辰生は息を整えながら苦笑した。

「起きていていいのか?」

汚れた紙を避け、真新しい紙を準備した綱元が、政宗とは逆側の辰生の隣に腰を下ろし、辰生の髪を撫でながら問う。
ちなみに成実は入り口からこちらへ近づかせてもらえていない。
無論、政宗の睨みによって。

『体調も随分回復したし、大丈夫』
「本当は安静なんだけどな」

大丈夫、と書いた部分を指でコツコツと示しながら笑んで見せ、強調してみせる辰生の思惑を読んだように政宗が口を挟む。
せっかく「安静宣告」を伝えずに済みそうだったのに、おかげで台無しだ。
じろりと政宗を見れば知らぬ顔で、心配させたり怒らせたりすると小十郎よりもやっかいな綱元を仰ぎ見れば、思った通りにきれいな笑顔を浮かべていて思わず辰生の口元がひきつった。
彼がこんな笑顔を浮かべる時は良くない、非常に。

「辰生、医者というのはその道の専門家であることは分かっているね?その先生の言葉を取り払えるほどに、君は医学を極めたのだったかな?…まったく、気持ちはわかるが、自分の体調を軽視してはいけないよ。それは君の為でもあるし、君を心配している多くの人の為でもあるんだから、それを忘れてはいけない。本当に今日は体調がいいのかもしれないが、嘘や誤魔化しは、心配して訪れる私たちに対して失礼だ。辰生、…わかるね?」

案の定始まってしまった説教に、それでも綱元の言うことは正しくて、辰生はただただ頷くしかない。
心配させたくなかっただけなのに、裏目に出てしまった。
ごめんなさい、と唇を動かしてから頭を下げれば、ふわりと手が乗せられて、二度、三度と軽く叩くようにして撫でられた。
それから、するりとその手が頬を滑り、顔を上げるように促してくるのに従えば、珍しい表情の綱元が辰生を静かに見下ろしていた。
その眼は、まるで今にも泣きそうな。

「…辰生」

静かに名を呼ぶ。
ゆっくりと、存在を確かめるようにして髪に指を滑らせて、今度は首筋に触れる、大人の指先。

「戻ってきてくれて、ありがとう」

そう言って、優しく優しく、綱元は微笑んだ。
たまらず、辰生は綱元にしがみついた。
上品な青墨色の羽織に皺がついてしまうかもしれないけれど、力の加減などできないまま。
この義兄とはそう長い付き合いではないのに、こうまで大切に思ってくれていることが、ただただ嬉しかった。
自分を待っていてくれる存在が、こんなにもたくさんいるということが、ただ只管に。
その内の一人であるところの成実が、そ、と、今度は先ほどとは対照的に恐る恐る、綱元にしがみつく辰生の手に触れた。

「辰生、」

まるで捨てられた子犬のように、辰生に及ぶほどの上背を丸めて、普段の元気を何処へ潜めてしまったのかと思うほど大人しく、成実は辰生を呼ぶ。
綱元の胸から顔を離して辰生が成実を捉えれば、ぶわりと成実の瞳に涙が浮かんだ。

「声、…話せなく、なったって、本当なんだ…?」

ぎゅう、と手を握りしめて問うてくる成実の優しさに、辰生は眉を下げながらも笑って、うん、と頷く。
途端に、ぽろぽろと零れ落ちていく涙、それは成実の心そのものだ。
暖かいそれを握られているのとは反対の手で拭いながら、ただ、

『ただいま』

それだけを唇に乗せて伝えた。
泣かないでくれとも、泣きやめとも、辰生は言わない。
ただ、そうして自分を案じて、思って、心を動かしてくれる人に、自分は確かに戻ってきたのだということを、伝えるだけ。
そんな辰生に更に泣き出す成実の髪を撫でてやりながら、辰生はただ、幸せを噛みしめた。





『ところで、お二人は政務は…?』

暫く、静かに見舞いと近況の報告をしていたのが落ち着いてから、辰生はそろりと心配事を書きだした。
それもそのはず、この場には奥州のトップを張る面々が揃いも揃っているのだから。
まだ小十郎がいないだけマシなのかもしれないが、それにしても、ここは城の中ではないのだから由々しき事態だ。
ひとりふたりが席を外すことも珍しくはないのだが、外している顔ぶれが悪い。
まず政宗がここにいることが論外なのだけれど、彼の代理を唯一勤めることが可能な成実までここにいて、内政の要である綱元までここにいては、いくら小十郎がいると言っても問題だろう。
辰生の不安に、応えたのは成実だ。

「俺はもともと辰生に会うために予定作って来たんだから大丈夫。話は小十郎に通してるし、そこんとこは綱元も了承済み」
「ああ。私も仕事に一区切り付けてきたから問題はないよ。何より、小十郎に後のことは任せているし。………いつもであればね」

そうか、と頷こうとした辰生を止めたのは、綱元の含んだような呟きだった。
それに首を傾げる辰生の隣で、それまで黙っていた政宗がぴくりとその身を揺らした。
それに気づいていることをさらりと流しながら、綱元は困ったように言葉を続ける。
もちろん、その顔は微笑んでいる。

「私や成実殿が暫し城を空けたところで、城にはまだ“二人”、頭脳が残っておいでだし、問題はないと思っていたのだけれどねえ」
「なーんか、知らないうちに、いなくなったみたいでさあ?」

にやにやと楽しそうに笑いながら、成実の視線が一人を射る。
ちくちくした言葉の棘に、さすがの辰生だって気づく。
そうして、小十郎を思う。

「政宗様?何故、ここにいらっしゃるのか、理由をこの綱元にお話しいただけますでしょうか…?」
「Shit…!!」

顔を青ざめさせて慌てて席を立つ政宗と、笑顔の後ろに般若を背負った綱元を見て、ほんとに今度、特性の胃薬を注文しておこうと胸に決めた辰生だった。








--------------------------------------------------
こじゅがいないと綱元にーにがこじゅの代わりを務めるようです
さすが兄弟ですね!←
こんなシリアスチックになる予定ではなく、成実がしがみつだけのお話だったはずがいつの間にか
予定が狂う話ばっかりで、予定立ててる意味を最近見失ってます
しかしこじゅ出さなかったのが地味に切ないぜ
でもやっぱり人数出すとおろそかになるなあ…いけないとは思いつつも…
そして成長編は無駄に三人称
うーん
これから先は少し、物語を動かしたい…


拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]