たんたん、とことこ。 忍者ブログ

傾向
管理人の嗜好の傾向。
[CP]
・主人公は基本右。
・リバは基本的にナシ。
・公式イケメンは基本左。
・受けキャラ至上主義。
・受けキャラがいればあとはなんでもいい。
・かっこいくてもかわいい。
・かわいくてもかっこいい。
・お兄ちゃん/ギャップ萌え属性
・女の子/NLCPもすき。
-----------------------------------
・テニス(幸村くん中心)
 仁幸(仁)、282、白幸、柳幸
 跡幸など幸村右と、リョマ右も
・イナイレ(円堂さん右)
 ブレイク、海外、バンガゼ
 円春・ウル円
・FF7(クラウド右)
 セフィクラ至上
・ハルヒ(キョン右)
 古キョン、会キョン
 キョン長

[dream]
・男主and女主
・恋愛≦仲間・友情
-----------------------------------
(ただ今の萌え)
・片倉小十郎(BSR)
 伊達正宗(BSR)
 松永久秀(BSR)
・幸村精市(TNS)
 白石蔵ノ介(TNS)
・クロロ(H×H)
なんか趣味がばれる…
夢は読むのと書くのではジャンルに差異あり
dream menu
[Dream Menu]
メモ段階のようなものなので、いずれも名前変換に未対応。
一定以上溜まったらなんとかするかと…今は未定。
←↑古 新↓→

※BASARA作品について※
1、2英雄外伝、3宴のみプレイ済
他はプレイ予定ありません。3キャラは出る場合が無きにしも非ず、ですが3のストーリーに関することは無視する可能性高いです。武将について――特に伊達家については様々捏造しておりますので、史実が好き、捏造嫌いな方は読まずにお帰り下さい。
ちなみにアニメも映画も未視聴。基本的に英雄外伝のみで稼働してます。
※テニス作品について※
資料は20.5/40.5巻のみ、知識穴だらけです。
妄想や捏造、原作との相違をスルーできない方は閲覧をお控えください。

各話タイトルオンマウスで説明有
■男主人公
・戦国BASARA
「双竜と鳳雛」
[成長編] 01/02/03/04/05/…
[幼少編] 01/02/03/04(sss)/…
[番外編・梟と鳳雛] 01/…
・Hunter×Hunter
「愛本家と蜘蛛」
01/02/03/…
・One Piece
「夕暮」
01/…
・Whithle!
「青風」
01/…
・Lucky Dog 1
「黒猫ちゃん」
01/02/…

■女主人公
・戦国BASARA
「お嫁様」
「愛姫」
01/…
「家族シリーズ」
さみしがりな君へ5のお題(幼少期)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
夜露に濡れた仔猫(元就)
怖がらないで、甘えてごらん(佐助)
放っておけない(政宗)
躊躇いは捨てろ(小十郎)
いつでも近くにいるよ(幸村)
・The Prince of Tennis
「青い道」
01/1.5/02/03/04/4.5/05/5.5/06/
6.5/07/08/09/10/…
「立海大家族!」
設定とsss/病気の話/…
「学校の怪談」
01/
「チェリー」
01/…
「彼と彼と彼女の話」
01/02/…
「たまごの中の愛の色(仮題)」
01/02/03/04/05/06/6.5/07/…

■短編(男女混合/オンマウスで説明)
・戦国BASARA
戦国時代10題
[配布元:沈黙夜宮(ttp://karis.obihimo.com/c/)]
血生臭い夕焼けの戦場を駆けて行く
可憐なる姫よ、戦に出でよ
我が屍の先に天下があるのならば、越えて行け
華の武将に影の忍
・The Prince of Tennis
たったひとつのその椅子に、
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「そろそろ、機嫌を直してくれないか」
[オムニバス形式短編集]
もういい加減


その他メモ記事
Title/お嫁様メモ/夢設定/双竜ネタメモ/OPメモ
CP story
[CP story Menu]
CP要素のあるSSはこちら。
基本的に男×男のCPしかありません。
←↑古 新↓→

※テニス作品について※
資料が20.5/40.5巻のみなので、原作と相違する点が多々あるかと思いますが、それをご了承いただける方のみご覧ください。
捏造や妄想が苦手な方には全く向いておりません。

タイトルオンマウスで簡単に説明
■The Prince of Tennis
・幸村くんと仁王(仁幸仁)
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
即物的恋愛十題
「珍獣の飼い方10の基本」
まずはかわいがってきにいってもらいましょう
とてもきちょうで、めったにてにはいりません
かわったものにきょうみをもちます
だっそうにきをつけましょう
さびしがらせてはいけません
かまいすぎるのはあまりよくありません
おこらせるとおもわぬはんげきをうけます
かいぬしのへんかにびんかんです
きほんてきにマイペースです
ていきてきにけづくろいをしてあげましょう
・幸村くんとみんな
「果てなき世界と果てなき僕ら」
支部連絡会編
01/02/03/…

[短編]
・幸村くんと仁王(仁幸二)
[title by Discolo(ttp://discolo.tuzikaze.com/)]
この手には微かでも確かな温もり
・他幸村くん受けとか
[選択課題・恋する台詞]
[配布元:rewrite(ttp://lonelylion.nobody.jp/)]
「僕がいなきゃ駄目だって、気にさせるんですよ」


■涼宮ハルヒ[凍結]
・古キョン
スレてる3年前古泉と現代キョンくん 01/02
エイプリルフール
さくらんぼのへた
りんご飴 01/02/03
安眠と羊?
父と子 01/02
きょうだい
プレゼント
他お蔵入り1
女性向けブログサイトです。(詳細はABOUTにて)
[601] [597] [600] [599] [598] [596] [595] [594] [582] [592] [590]
2017/09/24 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/04/09 (Mon)

押し入れに押し込んだとも言う←
やだな、ちゃんと片づけたんですけどね!
さわやかな気分です


えっと、幸村くんがすきです
怪談の続き






*怪談続き。ほのぼののターン









その時、柳を除くテニス部のレギュラーメンバーは、昇降口で柳を待っていた。
時刻は少しもすれば午後7時になる頃で、時間も時間だから皆で夕食を食べながらミーティングでもしよう、と集まっているのだ。帰宅前に図書室に寄りたいと言った柳を待って、合流してから向かう予定で。

「おっせーなぁ柳。俺、腹ぺこぺこだぜぃ」
「俺もッス!早く来ないかなー、柳先輩」

ブン太と赤也が待ちきれずにぼやき始めるのを、柳生は苦笑しながら見ている。この場合口を出すのはジャッカルの担当だと割り切って、口はしっかり閉じたまま。その隣で、仁王は昇降口のガラス越しに見える空を見つめていた。その目はやけに真剣で、眉間には皺さえ寄っている。いつも飄々とした仁王らしからぬ様子に、だが気が付いたのは幸村だけだった。

「空…何か気になるのか?」
「……」

静かに仁王の横に並び、同じように外を眺めながら幸村は尋ねた。尋ねておいて、仁王が答えようと口を開くより一瞬早く、幸村が続けた。

「恐いくらいの夕暮だよね。…なんだか、嫌な予感がするんだ」

仁王は思わず幸村の顔を見た。その表情は先ほどまでの仁王と同じく、瞳は真剣で、どこか不快そうに眉間に皺が寄っている。漠然とした不安。しかし、落ち着かない何かに包まれていくような気がして、曖昧なだけに気分が悪い。それを感じているのが一人ではないことに、安堵と同時に、僅かに不安を煽られた。お互いに勘は外さないという自負も信頼もあるからこそ。

「……そろそろ戻ってもいい頃だが」

まったく、と二人とは別の意味で眉間に皺を寄せた真田が呟くように言った。と、バ

タバタバタ…

廊下の奥から慌ただしい足音が聞こえてきた。

「蓮二…にしては、おかしいね」
「?遅くなったんで走ってきただけじゃないッスか?」
「あー、ようやくメシ食いに行けるぜぃ!」

幸村の言葉をさらりと流して、ブン太と赤也の意識はすっかり夕食に奪われている。まあいいか、と流されたことを流しつつ、幸村は背を預けていた下駄箱から背を離した。足音がいよいよ昇降口へと入ってきたと思ったら、入口辺りでぴたりと止まった。すかさず、赤也がそちらへと走っていった。まるで忠犬のようなその姿に苦笑しながら、他のメンバーは赤也が柳と戻ってくるのを待った。

「柳先輩!遅かったじゃないス、か―――?」
「ひゃあ!?」

赤也の弾むような声に重なって、高くて細い声が聞こえて、思わず幸村は隣の仁王と顔を合わせた。何事だろうか、と向かった先で、呆然と立ったままの赤也と、その向こうに、しゃがみこむ柳と見慣れない女子生徒の姿を見つけて、多くは動揺した。
テニス部の、特にレギュラーメンバーともなれば、女子生徒にかなりモテる。しかし、レギュラーを勝ち取った者であるからこそ、テニス一筋のメンバーが多く、女子に意識を傾けている暇などないからと、今現在レギュラーの中に彼女もちは誰もいない。とりわけ柳はそういう話にも淡白で、興味のある素振りすら見せなかったからか、女子生徒と二人、しかも肩を抱いていたりとかなり親密そうにしているのが、他のメンバーにとってはかなりの衝撃だった。ただ幸村だけは、一瞬目を瞠ったものの、すぐに柳と、その女子生徒の異変に気が付いた。

「赤也…皆、待たせて悪かった」

そう話す柳の声も少し硬い。
何かあったのだろう。幸村は確信した。
ようやく立ち上がった柳は女子生徒を促して立ち上がらせるが、女子生徒は柳の背に半分ほど隠れるようにして立っていて、顔はよく見えない。

「何かあったんか?」

口を開いたのは仁王だった。仁王も、幸村とほぼ同じ思考を辿ったのだろうと、それは柳も気づいて、苦笑した。
何かはあった。しかしそれを口に出して説明することは柳にはできなかった。確かではなく非現実的で、自分でも信じられていないようなことを、人に話せるはずがない。

「…説明は、控えさせてくれないか。正直、俺もまだ戸惑っているんだ」

あの柳が。瞠目したのは全員だ。
柳の頭脳、その理解力や冷静な分析力は皆信頼していて、しているからこそ、そんな柳が戸惑いを口にすることにひどく驚いた。

「そうか。ま、それはいいんだけど、彼女は?蓮二の彼女かい?」

こういう時に口を開けるのは幸村だけだ。静かに柳の言葉を認めて流して、誰もが口にするのを躊躇いながらも気にしていたところをさらりと口にする。
その言葉に真っ先に反応したのは、当の彼女だった。柳にくっつくようにしていた身体を離して、ようやく顔を上げた。

「わ、あ、あ、ごめんね柳くん、ありがとう、も、大丈夫だから…!」
「…無理をするな。落ち着くまで掴っていろ」
「で、も…その…」
「構わない」

柳が、自主的に彼女の手を取って、つい今離したばかりの制服の裾へと導く。その動作をひどく珍しく観察しながら、幸村も仁王も、そして今度は真田も柳生もジャッカルも気づいた。

(む…?)
(…!)
(…なんだ?あれ…)

ただ、目の前の動きだけに目を奪われてしまった赤也は、いつにない先輩の様子に、納得がいかずにイライラを募らせていた。いつもの集まりの中に、女という異分子が入り込んできて、柳を変えてしまったようにしか、赤也には見えなかったのだ。

「アンタ、何なんスか?俺達これからミーティングあるんで、さっさと帰ったらどうッスか?」
「赤也」

わかりやすく不機嫌にそう言って名保を排除にかかった赤也を、柳が窘めるように名を呼ぶが、赤也は名保を睨むのをやめない。睨まれた名保は、へにゃりと眉を下げて、

「ごめんね、うん、すぐ帰るから…ちょっと、待っててね」

と言い置いて、ゆっくりと、深呼吸を三3回。その唇から洩れる吐息はか細く、僅かに震えている。その様子を見ながら、柳は僅かに眉間に皺を寄せた。無理矢理自分を落ち着かせてこの場を去るつもりの名保を気にしているのに、けれども柳はこれ以上手出しもできない。3回きっちりと深呼吸を済ませて、今度はゆっくりと柳から身体を離して、ぎこちなく笑った。

「うん。今度こそ大丈夫。…ごめんね、ほんとに…ありがとう」
「紅槻が謝ることじゃない。俺こそ、紅槻がいてくれて助かった」

今度は引き留めることもなく、柳もすんなりと頷いた。と、おもむろにバッグの中をあさって、柳は自分のジャージの上着を取り出すと、名保の肩にかけた。

「使用済みで悪いが、夏とはいえ夜は冷える。…そのまま変えるよりはいいだろう」

柳の言葉に、きょとんとしていた名保はハッとして全員に背を向けるように反転した。

「ご、ごめん…ありがとう。借りてくね」

もそもそと気持ち焦りながら袖を通す名保に、幸村はやはり“アレ”が関係しているようだ、と小さく息を吐いた。何があったのかを聞きたいけれど柳にああ言わしめるのならば今無理に口を割らせるのも悪いし、彼女のことをそういえばまだ答えてもらっていないし、と。そこでようやく柳は幸村の気持ちを汲んだようなタイミングでメンバーに向き直った。赤也はまだ名保を威嚇したままだ。

「騒がしくしてすまなかったな。彼女は俺のクラスメイトの紅槻だ。図書室からの帰りで偶然一緒になってな」
「あっ、何か色々とごめんなさい…!えと、紅槻名保です。柳くんとは同じクラスで…えと、皆さんは柳くんの部活仲間、か、な…?引き留めちゃってごめんなさい」

柳の紹介に急いで振り返った名保は、体格差でだぶつく柳のジャージの袖からなんとか掌を出しつつ、ぺこりとお辞儀をした。それから、戸惑ったようにメンバーを見渡してから、柳を見て、苦笑した。そんな名保の様子を見てぽかんとしたのは当のテニス部メンバーたちだ。柳はふむ、と頷いて名保に向き直り、口を開こうとして一度閉じた。そして、

「…、随分と、小さいんだな」

思っていたこととは違う言葉がするりと滑り出ていた。20cm以上の身長差に加えて男子と女子という体格差もあるからか、柳の思っていた以上に、彼のジャージは名保には大きかったようだ。柳の呟きに、仁王とブン太が噴出した。同時に複雑そうな表情をした柳生が「柳くん、それは…」と口ごもる。とはいうものの、柳生もまるで服に着られているような名保の姿に何も思わなかったわけではない。ただ、彼は紳士であるからこそ口には出さないが。

「私、女子の中じゃ小さい方じゃないよ!?柳くんが大きいだけだと思う!」

む、とした顔を赤らめて、名保は柳にかみついた。それは確かに正論で、身長順で並べば名保は最後尾とはいかずとも、半ばよりは後方に立っている。もちろん柳は最後尾だが。

「すまない、失言だった」

言いながらくすくす笑う柳にしばらくむっとした表情を浮かべていた名保だったが、不意に笑った。







>続く




--------------------------------------
長くなりすぎるので一端切ります
さいしょでさいごのほのぼの、の予定←


拍手

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

prevHOMEnext

ABOUT
ジャンル雑多の二次創作小説(&絵)置き場。
BLありNLありdreamありです。
二次創作、やおい、BL、夢小説(男主・女主どちらも有)等をご存じない、または苦手な方にはブラウザバックorクローズ推奨。
「ABOUT」及び左側「傾向」欄に必ず目をお通し下さい。
ここは自己満足サイトです。
出来うる限り閲覧者様の気分を害さないよう気をつけますが、自己責任で閲覧できない方はお戻り下さい。合い言葉は「見なかったことにする」です。
以上を踏まえての苦情等は節度を持って。感想等はひとことでも嬉しいです。
只今の取り扱いジャンルは以下の通りですが、変動したり固定したり落ち着きがないかと。
------------------
・イナズマイレブン
・涼宮ハルヒ(小説跡地のみ)
------------------
・BASARA
・テニス
・OP/W!/HH
・FF7
その他突発的に。

どの作品についても、原作者・会社等とは関係ございません。
完全に個人の非公式なファンサイトです。
また、当ブログにUPされる画像や文章は、著作者に権利があります。
無断転載・複製等は禁止です。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
くろつち(緇椎 宵)
性別:
女性
趣味:
絵描く。妄想。音楽聴く。
自己紹介:
プロフ画はあんくたん作のキョンくん!
連絡先
メールフォーム
・メールアドレス
eyes_2_moca☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて)
個人リンク
○管理用
管理画面
新規記事を書く
○趣味範囲
さぶろう。
 絵板。ログはこっちに持ってきてます。
ブクログ
 本棚。まだまだ追加中。
PIXIV
 オフラインで使ったもの中心にupしてます。
○OFFLINE
狂神
 参加サークルのHP。
最新コメント
[08/11 o-]
[10/23 つづ]
[07/26 o-]
[05/15 華月]
[04/12 つづ]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ[PR]